紬「あらあら~♪」

律「急に何口走ってんだー唯ー」

唯「だって律っちゃん!見てよホラ!天使の輪っか!!」

律「ほぉー、言われてみれば……」

澪「ムギの髪、ふわふわで綺麗だもんな」

紬「み、澪ちゃんの髪だって、綺麗な天使の輪っかになってるわ」

唯「澪ちゃんも綺麗だけどー、ムギちゃん髪の色も金だし!ふわふわだし!だからマジ天使ぃ!」ダキッ

紬「なんだか……恥ずかしいわぁ」

梓(確かに……、澪先輩のさらさらストレートも素敵だけど……)

梓(ムギ先輩のゆるふわヘアーも、可愛くていいなぁ……)

律「どしたー、梓?さっきからぼんやりしちゃって?」

梓「ふぇえ!?」

律「ははーん……、さてはムギの天使っぷりに見惚れてたなぁ?」ニヤリ

梓「ち、ちが……」

律「ムギ先輩ステキっ!でも私には、澪先輩という心に決めた人が……!!」

紬「あらあらまあまあ!」

唯「そうなのあずにゃん!?」

梓「何でですかっ!!」

律「ああっ、私には選べない……。神様、梓は悪い子で――

澪「いい加減にしろ!」ペシン

律「いちゃいぃ……」キュウ

澪「まったくもう」

紬「くすくす……。あ、お茶のお代わり淹れるわね?」

唯・律「わぁーい!」



帰り道

律「――で、カーテンの隙間から血走った眼が……ギロリと!!」

澪「ひいぃぃぃ!」ガクガク

唯「怖い、怖いよ律っちゃん!!」ブルブル

梓「文化祭のライブの話してたはずなのに……」ガタガタ

律「あははっ、みんな怖がりすぎだろー。なあムギ?」

紬「うふふ……♪あ、ごめんなさい、私今日、こっちに用事あるから」

律「ん、そっか。買い物?」

紬「うん、そんなとこ。それじゃあみんな、また明日ね」

梓「はい、また明日」

唯「じゃーねームギちゃーん!」

澪「また明日な!」

律「転ばないように気をつけろよぉ?」

紬「大丈夫~♪」スタタ



唯「いやぁ……後ろ姿まで天使だねぇ……」

澪「うん……、本当に天使さんだな……」

梓「天使"さん"?」

澪「あぁいや!!これはっっ!!」

律「くぷぷ、澪ちゃん可ぁ愛いぃ~」

澪「うるっさい」ゴチン

律「あひゃうぅ……」

梓「あの……、ムギ先輩って、もしかしてハーフなんですか?」

唯「え~?どうだろぉ?どうしてあずにゃん」

梓「いや、すごく綺麗な金髪ですし……、瞳もうっすら青みがかってません?」

律「んー、確かに」

唯「でも、ムギちゃんからそんな話聞いたことないよぉ?」

梓「そうなんですか?」

澪「そういえば、ムギは自分のこととか、あんまり話さないよな……」

律「そうだっけ?じゃさ、今度ムギに聞いてみようぜー」

唯「賛成ー!私もムギちゃんの中学時代のこととか、聞いてみたい!」

澪「本人が嫌がらなかったら、な」

梓(それにしても――)

梓「不思議な人だな……」



紬「…………」

紬(天使……かぁ)

紬「…………」

紬「きゃん!」ステーン!!



翌日 音楽室

紬「みんなお待たせ~」

澪「や、ムギ」

梓「こんにちはです」

紬「こんにちは♪……律っちゃんと唯ちゃんは?」

澪「律は部長会議に参加してるから、遅れるって。唯は……なんか、憂ちゃんに話があるとか……」

梓「……『柿ピーを埋めて柿の木を育てよう』って、憂に熱弁してましたけど……」

澪「なにをやってるんだあいつは……」

紬「柿ピーから柿が育つのっ!?」

澪「ち、違うぞムギ!」

梓「育ちませんからね!!」

紬「そうなんだぁ……」シュン

梓(可愛いなこの人)

梓「そういえばムギ先輩」

紬「どうしたの?」

梓「ムギ先輩の髪って、地毛なんですか?」

紬「え、えぇ?えっと……どうしたの急に?」

梓「いえ、結構明るい色なんで、染めてるのかなー、って気になって」

紬「あ、うん……いえ、じ、地毛なの、地毛。染めてないわよ?」

澪「ああ、じゃあやっぱり、ハーフとかクォーターとか」

紬「えっ……!?」ビクッ

澪「いや、地毛が金だから、外国の血筋がはいってるのかなぁ、って……ムギ?」

紬「ああ、な、なるほどねぇ!えっと……ど、どうだったかしらぁ?」アタフタ

澪「あー……、言いたくなかったら……ゴメンな、ムギ」

紬「ち、違うのよ澪ちゃん、なんていうか――」



ガチャ

律「おぃーっす!おまたー!!」

唯「あっっずにゃあーん!!!!」ダキッ

梓「ちょ、ちょっと唯先輩いぃ~~……」

唯「聞いて聞いて!柿の種からは柿の木は育たないんだって~。がっかりだよねぇ~」

梓「そりゃそうですよ……」

唯「だからね、代わりに柿ピーのピーを埋めるの!」

梓「」

唯「来年にはピーナッツ食べ放題だよ!!」フンス

律「いや、唯……」

紬「すごいわね唯ちゃん!」

梓「違いますよ!?」

律「ピーナッツも育たないからな!!?」

唯「えぇー……」ショボン

紬「そうなんだぁ……」ショボン

律(可愛いなこいつら)

紬「今お茶淹れるわね~♪」

律・唯「わぁーい!!」

澪「…………」



さらに翌日 放課後の職員室。唯と律がさわ子に叱られている。

さわ子「――もう、あなたたちも3年生なんだから、授業中に手紙回しなんてしないの!いいわね!?」

律・唯「ごめんなしゃい」

唯「律っちゃんがあんな面白いこと書くから……」

律「だからって、あんな爆笑したらバレるに決まってる――」

さわ子「あ・な・た・た・ち・~!?」

律・唯「ごみぇんなちゃい」

さわ子「まったくもう……」

律(そういえば……)

律「ねぇねぇさわちゃん」

さわ子「せめて職員室では先生って呼んでよね……」

律「ムギってさぁ、ハーフだったりすんの?」

さわ子「えぇ?どうしてまた」

律「ん~、見た目でなんとなく……。あ、これってプライバシーシンガイ?」

さわ子「うーん……、でも私も聞いたことないから、分からないわぁ」

唯「じゃあじゃあ!さわちゃんがムギちゃんのおうち行ったとき、ムギちゃんのおうちの人とか見なかった!?」

さわ子「えぇ?いつの話よ、それ」

唯「ほら、とんちゃんの水槽をムギちゃんの家に取りに行ったとき……」

さわ子「あぁ、そんなこともあったわねー。でも、おうちの人は見なかったような……」

律「んじゃさ!家の中ってどんな感じだった!?」

さわ子「どうって……、すごかったけど……」

律「具体的にさぁー。ほら、庭が東京ドーム10個分だったー!とか、いかにも高そうな絵が沢山ー!とか」

さわ子「うぅん……、よく覚えてないし……。あら?」

さわ子「やだわ……ホントに思い出せない……、すごいって印象は強かったんだけど……」

律「……」

唯「さわちゃんそれって老化現しょ」

さわ子「あぁん!?」ギロリ

唯「な、なんでもありまひぇん……」

さわ子「っていうか!そんなに気になるなら本人に聞いたらいいじゃないの!」

唯「あぁ、それもそだね」

さわ子「分かったら、ほら。部活行ってらっしゃい」

唯「はーい!じゃあねさわちゃんー」

さわ子「やれやれ……。どうしたの、田井中さん?」

律「……へ?ああいや、別に何でも……」

唯「律っちゃーん!早く行こうよー!!」

律「待てよぉー!じゃ、じゃあねさわちゃん!」

さわ子「……?」



音楽室

唯「んふぅぅぅ、おいひいよぉ~♪」モグモグ

紬「よかったわぁ」ニコニコ

律「そういえばムギー」

紬「なぁに?律っちゃん?」

律「ムギの家ってさ、どんな感じなの?」

紬「え……えっと」

唯「あぁ、そうそう!さっきさわちゃんに聞いたんだけどね、全然覚えてないって言うんだよ~。おかしいよね~さわちゃん~」

梓「でも、ムギ先輩のお宅っていったら、絶対豪邸ですよね……」

唯「東京23区の10倍!」

澪「いや、でかすぎだろ……」

唯「庭にキリンが放し飼い!」

律「サファリか」

紬「え……えっと、そんな別に……普通の家よ?」

律「いや、ムギの普通はあてにならないぞぉ?庭にプールがついてるとか」

梓「お姫様ベッドとか」

唯「オオアリクイが放し飼い!」

律「だから何故サファリ」

澪「ムギ……あんまり家のこととか、話したくない?」

紬「そうじゃないんだけど……、ごめんなさい、うまく説明できないわ」

澪「そっか……。ごめんな、昨日といい」

紬「違うの澪ちゃん……、私の方こそ……。――あ、お茶のお代わり淹れてくるわね?」

ぎこちない動きで、紬が席を立つ。

律「……澪、昨日って?」ヒソヒソ

澪「あぁ、律が来る前に、ちょっと……。ほら、帰り道で話してた、ハーフとか、ってやつ」ヒソヒソ

律「聞いてみたんだ。それで?」

澪「今みたいに濁された……」

律「……」

唯「ねえねぇ、何の話してるのー?」

律「ムギは謎多き美少女、って話だよ」

唯「おぉ!確かに!!」

梓「先輩たちも、ムギ先輩のこと良く知らないんですか?」

律「恥ずかしながら……」

紬「みんな~、お茶のお代わりいる~?」カチャカチャ

唯「ムギちゃん!」

紬「ひゃ!は……はいっ!」

唯「今からムギちゃんの独占インタビューをはじめます!」

紬「はい……え、え?」

律「スクープ!謎の美少女の真実に迫るぅ!!」

澪「おいおい……。ムギ、嫌だったら言ったほうがいいぞ?」

紬「えっとぉ……」

唯「第一問!ムギちゃんは中学生のとき、どんな子でしたか!?」

紬「えぇ……ふ、普通の子?」

律「ムギの中学校時代の同級生とか、この学校にいる?」

紬「ど、どうだろ……。いないかも……」

唯「ピアノをはじめたきっかけは!?」

紬「な、なんとなく……。よく覚えてない、かも……」

律「ムギの進路は!?」

紬「某女子大……だけど」

唯「……って、どこ?」

紬「……」

唯「……」

梓「……ムギ先輩は、どうして軽音部に入ったんですか?」

紬「それは……」

律「そ、それはほら!私と澪がさぁ!」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~

紬「あのぉ、見学したいんですけど……」

律「おおぉ、軽音部の!?」

紬「いえ、合唱部の……」


律「澪!あのときの言葉は!嘘だったのかよ!!」

澪「その回想が嘘だ」

律「あり、そおだっけ?」


紬「ふふっ……くすくす……」

紬「なんだか楽しそうですねー」

紬「私でよければ、入部させてください」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~


2