8月16日

ピンポーン

梓「はいはーい」

配達員「じゃあこれでーす」

梓「はいでーす」

梓「これこれ。ミニ四駆サーキット。昔男子が使ってて欲しいって思ってたんだよねえ」

梓「……ミニ四駆ないけどね」

梓「戦車で……だめか」

梓「どこに置こうかなコレ……」


梓「トランスフォーマー」

梓「またまた心を擽られるものが」

梓「変形っていいよね」

梓「……あ!」

梓「これをサーキットにおけば……!」

梓「まあ、自走はしないけど」

梓「あれ、あと一つ何か忘れているような」

ピンポーン

梓「配達のお姉さんかな?」

梓「はーい」

「Godan daginn」

梓「あ、あなたは……!」

梓「ええと、何でしょうか」

ゴオオオオオオ

梓「え、また何かくれるんですか?」

梓「でも私そんなに貰っても困ります」

梓「え、きゃあ!」

梓(ハ、ハグされた!)

梓「いったい何なんですか!?」

「アナタ、ニホン人だから、ニホン製にシマシタ。Eg bid a Islandi。Bless」

梓「……ええと」

梓「あれから少しアイスランド語を勉強したからだろうか、少しだけ言葉が分かった」

梓「アイスランドで待ってますって……どういうこと?」

ゴオオオオオオオオオ!

梓「さっきからこの音は何!?」

梓「飛行機かなぁ……うるさい」

梓「それにしてはやけに……!!」

梓「いた!」

梓「あのシルエット……F-2!?」

梓「わ、私の家の近くを飛んでいる……はは、まさかね」

梓「さっきのアイスランド人がくれた……? はは、まさかね」

梓「……」ガクガクブルブル

梓「こ。こここおいうときは通販にかぎるなあー!」



***************

Azunyan.co.jpからのお知らせ

お客様からご注文いただいた 商品 を本日発送させていただきました。

ご注文の処理が完了しましたのでお知らせします。

Azunyan.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

今回発送する商品は以下のとおりです。
----------------------------------------

  • 秋山澪 おっぱいマウスパッド
  • PC-9801
  • 人間革命全巻

----------------------------------------

Azunyan.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。




8月17日

ピンポーン

梓「やま!」

配達員「かわー」

梓「えへへ」

配達員「あはは」

梓「……」

梓「ええとまずはPCから行こうかな」

梓「わあ、これがあのPC-9801かあ」

梓「9801のどの機種だかわからないや……」

梓「ええと……ディスプレイは……あれ?」

梓「どうしてディスプレイがないの……?」

梓「……買ってない」

梓「せっかくかわいいマウスパッドかったのに……」

梓「マウスパッドの使い道がなくなっちゃった」

梓「うーん……」

梓「飾ろう」


梓「お次は……結構な量があるなあ……」

梓「読み切れるかな……?」

梓「これははじめの一歩よりも読むのが大変そう」

梓「ハッ!!」

梓「よし! 頑張れ自分! ファイトだ私!」

梓「……」

梓「これを読んでいる間にもさらに新刊が数冊出そうな勢い……大丈夫かな私」









梓「愛・革命☆」


梓「それでは」

梓「通販を」

梓「再開しましょう」


***************

Azunyan.co.jpからのお知らせ

お客様からご注文いただいた 商品 を本日発送させていただきました。

ご注文の処理が完了しましたのでお知らせします。

Azunyan.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

今回発送する商品は以下のとおりです。
----------------------------------------

  • けいおん! 平沢 唯 (1/8スケールPVC塗装済み完成品) アルター
  • 武豊

----------------------------------------

Azunyan.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。




8月18日

ピンポーン

梓「やまー!」

武豊「えっ」

梓「えっ」

武豊「こんにちは、武豊です」

梓「え……ええっ!?」

梓「あ、あのあのあの……どうしてうちに?」

配達員「実は私の遠い親戚なんですよ」

梓「お姉さんの!?」

武豊「ええと、これを渡せばいいのかな?」

梓「あ、どうも……う゛っ!?」

梓(なんでアルター唯がダンボールに入ってないのよぉー!?)

梓(これが宅配テロってやつなの!? 初めて味わったわ……)

梓「あ、ありがとうございました……」

武豊「それではこれで」

梓「あ、はい……」

配達員「どうもー」

梓「……」

梓「ち、違うの。私はいつもフィギュアを買ってるわけじゃなくて……たまたまで……唯先輩が……」

梓「……それにしても生身で来るなんておかしい……陰謀だ。そうに違いない」

梓「恥ずかしい、イライラする……そうだ」

梓「通販しよう」

梓「おっとその前に」

梓「んー……ずるい! 先輩ばっかりタイツでカバーして! 私だってパンツ見せたくなかったのに!」

梓「でもかわいいから許す」

ぷるるるる

梓「もう、せっかくの通販タイムなのに」

梓「もしもし」

『もしもーし、あずさー? 暇?』

梓「暇じゃない」

『またまたぁ。どうせひきこもってネットとか通販とかしてるんでしょ?』

梓「んなっ! そんなことないもん!」

『じゃあ遊びに行こう! もう憂も誘ったからさあ。てか今梓の家の前なんだけど。あ、鍵空いてる』

梓「げっ!?」

梓(宅配テロのショックで鍵閉め忘れたぁ!)

純「やっほー! 元気にして……え」

梓「な、なによ」

純「ちょ、ちょっと……梓怖い」

梓「怖いって何よ!」

純「怖いよ! ねえ憂!?」

憂「うん……ちょっと怖いかな……」

梓「憂まで……そんなこと言う人にはバトルドームやらせてあげない!」

純「いやいいし。それより梓は外に出るべきです。強制連行」

憂「らじゃ」

梓「はーなーせー」ズルズル

梓「これから注文した品がいっぱい来るんだからぁああああ!」

純「はいはい、遊んだあとでね」

梓「うがーーーーー!!」

憂「というわけで梓ちゃんのこと暫く借りますね」

梓「たくさん注文してやるーーーー!」


***************

Azunyan.co.jpからのお知らせ

お客様からご注文いただいた 商品 を本日発送させていただきました。

ご注文の処理が完了しましたのでお知らせします。

Azunyan.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

今回発送する商品は以下のとおりです。
----------------------------------------

  • スウィンキー
  • もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら
  • 蛸壺屋 『THAT IS IT』
  • 納豆
  • リトルビッグプラネット
  • ぶたの貯金箱
  • マルイ AK47 本体+バッテリー+充電器+放電器 フルセット
  • 日産・セドリック
  • Intercontinental ballistic missile
  • REAL GRADE 1/1 RX-78-2ガンダム
  • イリヤッド-入矢堂見聞録 全巻
  • M4A1
  • beatmaniaⅡDX16 EMPRESS + beatmaniaⅡDX アーケードコントローラー

----------------------------------------

Azunyan.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。




8月19日


梓「ああ……」

梓「あの後なんだかんだで純の家に泊っちゃった……」

梓「今日は注文の品がいっぱい来るっていうのに」

ピンポーン

梓「ほらきたあ」

梓「はーい」

配達員「どもですー」

梓「はぁい。うわぁい大量だ」

配達員「ちょっと台車に乗り切らなかったのでまだありますよー」

梓「いつもすいません」

配達員「いーえー」


梓「まずはスウィンキー」

梓「えへへ、たまにはこういうのもいいよね」

梓「んしょ」

梓「んー……別の髪型にした方が似合うかも」

梓「とりあえずつけておこっと」

梓「♪」

梓「ふむ……」ペラ

梓「……」ペラ

梓「……」ペラ

梓「もし軽音楽部の後輩が『もしドラ』を読んだら」

梓「あのだらけきった部活を立て直すことができるだろうか」

梓「……」

梓「もっかい読んでおこう」ペラ

梓「THAT IS IT……表紙に惹かれて買ってしまった」

梓「どれどれ……」

梓「え……私襲われてる」

梓「ゆ、唯先輩が……」

梓「……」

梓「音楽って怖い」

梓「……気を付けよう」


梓「しかしこれだけ買っちゃうと確認するのも大変だよ」

梓「次は……納豆食べながらPS3のゲームしよう」

梓「モグモグ」

梓「どうしてひき割りにしただけで味が変わるんだろう。おいしい」

梓「……私PS3持ってないや」

梓「……あ、ぶたの貯金箱買ったんだっけ」

梓「貯金しておこう」

梓「それから意味のないものを買うのは控えたいなぁ」

梓「でも注文してる最中は夢中になっちゃって気が付いたら変なものまで注文しちゃうんだよね」

梓「……これってまずいかな?」


梓「この貯金箱トンちゃんに……にてないや」

梓「でも壊すのもったいないかも……」

梓「……」

梓「AK47」

梓「これフルオートで撃てるんだ」

梓「」ソワソワ

梓「」カチ

パララララララララ!

梓「あっ!!」

梓「ぶ、ぶたさーん!」

梓「……よかった無事だ」

梓「でもお父さんのレコードが……」


父「おーい梓?」

梓「ふゃあい!?」

父「? なんか家の外に車が止まってるんだけどまさか梓のじゃないよな?」

梓「え、どうだろ」

父「……買ったのか?」

梓「……」

父「免許もないのに?」

梓「お……お父さんにプレゼ――」

父「後でリビングに来なさい」

梓「はい……」