8月13日

ピンポーン

梓「麦茶飲みます?」

配達員「ありがとうございますー」

梓「お疲れ様でーす」

梓「今日も大量だぁ」

梓「まずは自転車からかな」

梓「おお、赤いフレームがかわいい。唯先輩こういうの好きそう」

梓「ぬふ。ちょっと電話してみよう」

ぷるるるる

『あずにゃん?』

梓「はい、こんにちは」

『こんにちわ。今日も暑いねぇ』

梓「そうですね。ところで私自転車かったんですよ。すごくかわいいやつ」

『へえ~どんな感じの?』

梓「まずボディが赤くてですね」

『おお~!』

梓「タイヤが小さくて……」

『サドルのパイプが長くて?』

梓「そうそう! ……ん?」

梓「唯先輩……どうしてそれを」

『多分その自転車私も持ってるよ~』

梓「え」

『高1の時にね!』

梓「そ、そうですか……失礼します」

『へ? あずにゃ――』プチ

梓「……」ピポパ

ぷるるるる

梓「あ、澪先輩ですか?」

梓「あの、実は私自転車を買いまして……」

梓「赤くてタイヤが小さくて……そう! そんな感じです! ……あれ?」

梓「……あ、ああ、澪先輩も持ってたんですか」プチ

ぷるるるる

梓「律先輩、私自転車買ったんですけど」

梓「赤くて、タイヤが……そう、そう、まさにそれです」プチ

梓「……その後ムギ先輩に電話して、お揃いで嬉しいという結論に達しました」

梓「はあ、ラジコンで遊ぼう」

梓「エイブラムス、つまり戦車」

梓「おお、ライトが光る! 砲撃音が鳴る! 走行音も! 本物の戦車みたい!」

梓「よし今だ撃てー! おおっ反動と音が再現されててリアル!」

梓「いけー机の下も難なく走行!」

梓「汚節をふっとばせー」

梓「はっ!?」

梓「いい年してブンドドに夢中になってしまった……」


梓「……雑誌でも読もうかな」

梓「カーミラか……聞いたことない雑誌だなぁ」

梓「み、魅惑のアソコ……? 勢いで買っちゃったけどどういう雑誌なんだろう」

梓「愛されるマ★コって何?」ペラ

梓「!!」

梓「にゃ……////」

梓「……」

梓「す、すごい……こんなことが……」

梓「え、ええー!? 女の子同士で!?」

梓「こ、こういうのもあるんだ……」

梓「……ゴクリ」

梓「え、えーぶい……PSXで見れるかな」

梓「ば、いぶ? ……そうか! これを前に買ったやつに入れればいいのか!」

梓「……」

梓「病気怖い」


梓「ふー……何だか今回は濃かったな」

梓「色々勉強になった気がする。女の子が女の子を口説いたりするんだ……」

梓「そういえばあの配達員さん美人だなあ……」

梓「……」

梓「まずは注文から始まる」



***************

Azunyan.co.jpからのお知らせ

お客様からご注文いただいた 商品 を本日発送させていただきました。

ご注文の処理が完了しましたのでお知らせします。

Azunyan.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

今回発送する商品は以下のとおりです。
----------------------------------------

  • 今日から俺は!! 全巻
  • 唯先輩
  • とある魔術の禁書全巻
  • はっぴぃにゅうにゃあCD

----------------------------------------

Azunyan.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。

8月14日

ピンポーン

梓「こんにちはー」

配達員「こんにちはー」

梓「いつもありがとうございます」

配達員「いえいえ、仕事ですから」

梓「それにいつも丁寧ですし」

配達員「お得意様ですからー」

梓「美人の配達員さんだと親しみやすいです」

配達員「えー? そんなことないですよー」

梓「あはは、それじゃお仕事頑張ってください」

配達員「ありがとうございまーす」

梓「……ふう」


梓「とある魔術の禁書」

梓「やっとPSXが役に立つ時が来た」

梓「……」ポチ

梓「ああっ、そんな子供の頭を踏みつけて……」

梓「……セリフが長い」

梓「……」





梓「ふう、全部見終わった。2期も見てみようかな」

梓「……」

梓「美琴かわいいな」


梓「うちのオーディオ機器は結構いいと思うんだよね」

梓「といっても親のなんだけど」

梓「なんていうのかな、大音量時の音の迫力が違うんだよね」ポチ

にゃあ~♪

梓「!?」

んでんでんでっ! (にゃあ)
にゃーんでっ!
かまってかまって欲しいの♪

梓「」

ソレソレソレ! (にゃお)
LOVE!
もらってもらってください♪

梓「に……にゃん!」

梓「わがままそのままねこまんま~♪ 上から目線のてんこ盛り~♪」

母「ちょっと梓!! 何やってるの!?」



調子にのっちゃだめーwwwwwwwww♪

……

梓「今日から俺は!!全巻」

梓「PSXで見れ……見れないや」

梓「そりゃあVHSは見れないよね」

梓「やっぱり漫画かOVAにすればよかったかな」

梓「どうしてVシネ版買っちゃったんだろう」

梓「ビデオデッキ出すの久しぶりだぁ」

梓「……」ポチ

梓「……」

梓「私も髪型変えてみようかな」





梓「……今日から生まれ変わる、か」


梓「……」

梓「……」

ピンポーン

梓「はーい」

配達員「お届けに来ましたー」

梓「……何をですか?」

配達員「さて問題です。配達物はなんでしょう?」

梓「頼んでません帰ってください」

配達員「ああんっあずにゃんのいけずぅ!」

梓「……あがっていきますか?」

唯「うん。おじゃましまーす」


唯「うわっ!? あずにゃんどうしたのこれ?」

梓「ちょっと通販で……」

唯「すごいねぇ。あ、何これかわいい~」

梓「ねんどろいどです。ていうか自分でかわいいって言わないで下さいよ」

唯「えへへ、えっとじゃあじゃあこれは?」

梓「そっ……それはええとあの……お、おな」

唯「トンちゃんげんきー? ちゃんとご飯食べてる?」


梓「聞いちゃいねえ」


唯「この本は何かなー?」

梓「これ以上漁らないで下さい」

唯「魅惑のアソコ……?」

梓「わーっ! わーっ! やめっ、やめて!」

唯「あずにゃんて意外とすごいね……」

梓「ひぃ」

唯「部屋も凄いし。だめだよあずにゃんこんなに散らかしちゃ」

梓「唯先輩には言われたくないです。それよりどうしてここへ?」

唯「どうしてと言われても……ねえ?」

梓「な、なんですか」

唯「あずにゃんの欲求を解消してあげるってことだよ」

梓「えっ!?」

唯「そうでもしないとこのままじゃ通販中毒になっちゃうよ」

梓「あ、ああ……そっちですか」

唯「何だと思ったの?」

梓「いえ、何でもないです」

梓(だめだ……あの本を読んでから私おかしい)

唯「それじゃあ何して遊ぼうか?」

梓「……ではこの本の裏表紙を見て下さい」

唯「さっきの本だね。カーミラ?」

梓「ここ、ここの匂いをかいで下さい」

梓(裏表紙に媚薬の香り付きとはこの雑誌デキる)

唯「……あずにゃん」

梓「はい?」

唯「ちょっと、いいかな」

梓「はい?」

唯「あのね……こういう事を騙してやるのはよくないと思う」

梓「ばれてる!?」

唯「だからね、あずにゃんがこういう事に興味があるのが悪いんじゃなくてね――」

梓(うわー唯先輩に本気で説教されているー! ついさっき説教するアニメ見た気がするなあ)

唯「あずにゃん聞いてる?」

梓「は、はいっ! ていうかさっきのはほんの冗談でして」

唯「……」

唯「……何か悩みでもあるのかい?」

梓(だめだ……こうなった唯先輩はもう止まらない……)


小一時間後

唯「いつでも相談に乗るからねっ!」

梓「ハハッ……」

唯「それじゃあ私はもう帰るね! あずにゃん! 軽音部はあずにゃんの味方だよっ!」

梓「ああ……ありがとうございます」

梓「……」

梓「なんかもう……」

梓「通販しよ」


***************

Azunyan.co.jpからのお知らせ

お客様からご注文いただいた 商品 を本日発送させていただきました。

ご注文の処理が完了しましたのでお知らせします。

Azunyan.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

今回発送する商品は以下のとおりです。
----------------------------------------

  • Vii(威力棒)
  • 俺の塩
  • バトルドーム
  • KAGEROU

----------------------------------------

Azunyan.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。




8月15日

ピンポーン

梓「はーい」

配達員「今日も大量ですねー」

梓「えへへ、照れます」

配達員「それではー」

梓「ありがとうございましたー」

梓「さってと」

梓「まずはこれかな」

梓「……なんだか卑猥な名前だなあ」


梓「威力棒……またの名をVii」

梓「早速プレイしよう」

梓「……あ」

梓「意外と楽しい」

梓「テニスが面白いな」

梓「……」

梓「PSXにViiか……」

梓「私と友達になってくれる人、いませんか」


梓「ちょっと休憩しよう」

梓「俺の塩、大きいねえ」

梓「食べきれるかなぁ」

梓「ちょっと置いておこう」

梓「話題の小説でも読もうかな」

梓「あ」

梓「半月ほど通販生活してるけどKAGEROUはかなり普通っぽい」

梓「やっぱり変なものばっかり注文してると誤解されちゃうしなあ」

梓「……読もう」

梓「おもしろい」
梓「ちょっとあれだけど」
梓「んでんでんでー」
梓「ぽっきりで読めた」
梓「もうほんと良作」
梓「ゲル状」
梓「ろうそく」
梓「うん、よかった」

梓「さてと」

梓「バトルドーーム!!!!」カコカコ

梓「ボールを相手のゴールにSHOOOOOT!!」カコカコカコカコ

梓「超! エキサイティン!!」カコカコカコカコカコカコ

母「あーずーさー?」

梓「あっあっ」

梓「……」

梓「あっ」

梓「誰か読んでみんなでやればよかった……」


梓「……」カコカコカコカコカコカコカコカコ

梓「くおお……」カコカコカコカコカコカコカコカコ

梓「すごい」

梓「すごい手が疲れる」

梓「あ、でも握力を鍛えるのにいいかも。ギターは握力も大事だし」

梓「うん」

梓「だから無駄じゃない」

梓「……」

梓「きょ、う、の、注文はぁ~?」


***************

Azunyan.co.jpからのお知らせ

お客様からご注文いただいた 商品 を本日発送させていただきました。

ご注文の処理が完了しましたのでお知らせします。

Azunyan.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

今回発送する商品は以下のとおりです。
----------------------------------------

  • ミニ四駆ホームサーキット 立体レーンチェンジ
  • 三菱F-2支援戦闘機
  • トランスフォーマー UN08 TFユナイテッド オートボットドリフト

----------------------------------------

Azunyan.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。