~~~


梓「うわああああああーーーーーっ!!!!」ガバッ

純「な、何!?どうしたの梓!」ガバッ

梓「ハッ、ハッ、ハァ、ハァ……夢?」

梓「………………私が、あんな夢…」

純「大丈夫?梓、怖い夢見たの?」

梓「……」スウゥゥッ

梓「うわああああああああああ!!!」ガバッボスッゴロゴロゴロ

純「」ビクッ

梓「ああああああああああ」ダダダダダ

梓「ふんっ!ふんっ!」ガン!ガン!ガン!ガン!



純「梓、あずさぁーっ!やだよお!しっかりしてよお!!」ポロポロ

憂「ふわぁ…梓ちゃん、朝から元気だね…」



梓「ていうか何の虫なのっ!?」



梓「……」

憂「はい、お水。落ち着いた?梓ちゃん」

梓「うん。ありがとう」

純「ホントにびっくりしたんだからね…梓が変になっちゃったのかって」

憂「純ちゃん大泣きしてたねー。それで、なんであんな発狂してたの?」

梓「…変な、夢見た」

純「へえ。どんな?」

梓「…虫になって、虫の唯先輩と交尾して最後は子供に食べられる夢」ボソッ

憂「キャー♪」

純「なんかゴメン、梓ゴメン」

梓「二人が昨日変なこと言うからだよー…」ムスッ

―――



憂「お姉ちゃん言ってたよ。あずにゃん分が足りない、って」

梓「逃げようかな…」

「あーずにゃん!」ガシッ

梓「ひぃっ!ゆゆ唯せんぱ…誰このミイラっ!?」

純「不審者だー!」

憂「梓ちゃん今助けるよ!……シッ!」シュッ

唯「酷いなあ、私だyごはあっ」ドサッ

梓「あぎゅっ」

純「見事な延髄切り…梓も巻き添え食らってるけど」

梓「」



憂「ごめんねお姉ちゃん、気づかなくって」

唯「憂がこの格好にしたんでしょー?ドジなんだからあ」

憂「だってお姉ちゃん、帰ってきたとき全身が腫れ上がっててグロかったんだもん」

唯「てへへ、やりすぎました♪」ペロ

純(何やったんだろう…)

梓「」

唯「あ、そうだ。あずにゃん貰ってくね」

憂「断らなくても梓ちゃんはお姉ちゃんのものでしょ?」

唯「そでした!じゃあね、二人とも!」グイッ

梓「」ズルズル

憂「おさわりは厳禁だよー!」

純「…いっつもあんな感じなの?」

憂「うん♪可愛いでしょ?」

純「何が?」



梓「………はっ!?」

唯「あはっ、あずにゃんおはよー♪」

梓「唯先輩…。ここは…」

律「やっと起きたかあ。一週間も眠ってたんだぞ?」

紬「もう目を覚まさないのかと思った…」グスッ

梓「私…そんなに長い間」

澪「おまえら変なところで連携するなよ…梓が信じてるだろうが」

梓「え…それじゃあ何日経ったんですか?今何曜日ですか?」

唯「月曜日だよっ!」

梓「やっぱり一週間経ってるんだ!!どうしよう!」

律澪「落ち着けっ」



紬「では改めて、今日のお菓子はお土産の生八ツ橋よー♪」

梓「定番ですね。超ありがたいです」

唯「虫のアメとかは売ってなかったんだよね。ごめんね?あずにゃん」モグモグ

澪「虫といえば梓、この前の約束なんだけど。修学旅行の間、考えてたんだ」

律「こいつ、修学旅行の間中ずっと悩んでたんだぜー?」

澪「だって、自分で考えるの苦手だし」

紬「結局みんなで考えようって話になってね?」

梓「澪先輩がいいなら構いませんけど…」

澪「話し合いの結果、梓には猫嫌いを治してもらうことになった」

梓「へー…って、ええええっ!?」

律(お約束だなあ)

梓「無理無理不可能できませんっ!猫は大嫌いなのに!」

澪「何でもするって言っただろ?約束は守らなきゃな」

梓「確かにそうですけど…」

唯「別に直さなくてもいいよ、あずにゃん。私もあずにゃんを泣かしてみたいし!」

紬「私、ナマイキな後輩をいじめるのが夢だったのー♪」

梓(冗談に聞こえない…)

澪「私だって虫の苦手を治そうとしてるんだぞ?」

律「へえー、梓ちゃんってば澪ちゃん以下のヘタレなんだー?キャワイー♪」

梓「なっ…!やってやるです!!」

律「よーし、その意気だ!」

唯(簡単に乗せられちゃうあずにゃん可愛い…)

梓「…でも、期待はしないでください」

澪「え?」

梓「私と猫は永遠に分かり合えないだろうと思っていますから」

律「梓…何があったんだ?」

梓「ごめんなさい、今は…言いたくありません。でもいつか必ずお話しします」

唯「あずにゃん…辛いことがあったんだね」

梓「いえ、それにいつまでも過去に縛られていてはダメですよね!」

律「そうだぞ梓!そんな辛い思い出忘れちまえー!」

梓「頑張ります!あ、澪先輩が幼虫を育てるのが先ですからね?」



なかのけ!



梓(大変なことになってしまった)

梓(澪先輩の幼虫ももう終齢まで育ってるし、成虫になるのも時間の問題…)

梓「…腹をくくれ中野梓、お前はトンボだ、不退転だ」

梓(あ、でも実際にくくったらちぎれちゃったんだよね、トンボ)

梓「じゃなくて。…まずは徐々に慣らしていかないと」



ファンシーショップ!



ガヤガヤ カワイー

梓「猫、グッズ…」

梓(なんで本物を飼わないんだろう。飼えないにしても、ぬいぐるみとか見た目が全然違うのに)

梓「私にはわからない…律先輩が私から隠れる理由も」

律「」

律「こ、これは、そう弟!弟に買うために来ただけだからっ!!」

梓「落ち着いて下さい、それはそれでアレです」

梓「律先輩は身も心も少年だと思ってたのに…最近イメージ崩壊です」ハァ

律「女だから別にいいだろ!女の子なんだから!わたくし女の子っ!」

律「そういう梓だって。何か買いに来たんだろ?」

梓「勉強の一環です。猫グッズ買ったらさっさと帰ります」

梓「よくわかんないし、この辺のちっこいのでいいや」チャラ

律「おっと!そんなんじゃダメダメですわ梓ちゅわん。ゼーンゼン可愛くない!」

律「せっかくだからこのりっちゃんが梓のために素敵なのをチョイスしてやろう!」

梓(別に何だっていいんだけどなあ…)

律「小物の入門編としてはー…このキーホルダーだな、こっちのも目立つし…」



つぎのひ!



梓(…結局色々買わされてしまった。まあいいや、昨日買った本読もっと)ペラッ

「中野さーん、聞きたいことが…あれ?可愛いキーホルダーつけてるね」
「ほら、あの店のじゃない?中野さん行ったんだ」

梓「ちょっと昨日、ね(何この食いつき…)」

「よく見るとストラップもじゃん!猫好きなんだ、意外ー!」

梓「そういうわけじゃないけど…」

「私いい店知ってるんだけど、今度教えてあげる!」

梓「えっ?ちょっとあの」


憂「梓ちゃんがカゴメカゴメされてるね、純ちゃん」

純「梓を置いてどんどん話が勝手に進んでいってる…恐るべき猫グッズの魔力」



梓「まさか今週も別の店で買うことになるなんて…」

梓「私の意思に関係なく猫グッズが増えていく…財布はそれに反比例…うう」

カシャカシャカシャカシャ ピッ

梓「はい、澪先輩?」

澪『梓ぁ、大変なんだ!幼虫が!エカテリーナが病気かも知れない!』

梓「え!?何があったんですか!詳しく教えて下さい!」

澪『葉っぱだって洗ってたのに…ううっ、どうしたらいいかわからないよお…』

梓「今から向かいますから、落ち着いて下さい!」


6