おまけ!


律「おーす澪!あけましておめでとうございます!ってなー♪」

澪「ああ、今年もよろしく。にしてもまだ律だけか…みんな遅いな?」

律「澪しゃんみたいに晴れ着に時間かけてるんじゃないかしらん?」

澪「なっ…、いいだろ、これぐらいしか機会ないんだから!」ペシッ

紬「新年から二人とも仲良しね♪」ホワホワ

律「ムギじゃーん、あけおめー!」

紬「あけおめー♪」

澪(よかった…私だけが晴れ着じゃない)



―――


ワイワイ

梓「あ、先輩たち」

梓(この服、変じゃないかな…)ドキドキ

梓「あっあの!あけましておめでとうございます!!」

律「お、梓か、あけm…その格好って」

梓「はいっ!私晴れ着って着たことないから…」

梓「澪先輩がくれた服着てみました♪」

律「そっか、あはは…(う、うーん…梓にはちょっと…サイズも明らかに大きいし)」

紬「ダサッ」ボソッ

澪「よく似合ってるよ梓!やっぱり梓もオシャレするべきだよ!今度一緒に服買いに行こう?」

梓「えっと、はい(私、オシャレしてるんだぁ…)///」テレテレ

律「さて、あと一人だな、いつものことだが遅刻しすぎだろー」



「おーーいみんなぁーーーー!!」 



澪「噂をすれば影がさす、だな。…どうした梓、なんで私の後ろに隠れるんだ?」

律(完全に怯えてる…うう、罪悪感が)

唯「みんなおはよー!!」ブンブン

紬「唯ちゃんおはよう♪」

唯「あずにゃんおはよー!」ダキッ

梓「」ビクッ

唯「愛してるよ…梓」ボソッ

梓「ふふふざけふざけたことを言わないでください!」ガタガタ

律(必死で平静を装うのが痛々しい…)

紬「梓ちゃん、寒いのね…唯ちゃんもっとあっためてあげて♪」

唯「がってん!」ギューー

唯「あずにゃん、交尾して一緒に暖かくなろう…クリスマスみたいに」キリッ

梓「ひっ」ゾワワッ

律「唯、本気で怯えてるからそろそろ放してやれー」

唯「はーい♪…また後でね、梓」ボソッ

梓(怖かった…)ペタン

紬「愛ねぇ」ウットリ

律「いや、もう戻れないレベルで愛から離れてると思う」

澪(あれ、なんか置いてけぼり食らってる気がする)



―――


律「よーし、お賽銭入れたかー!手ぇ叩いたかー!」

唯「早く寝ろよー!」

律「…ってオイオイ」

律「では今年の抱負をお願いしましょー!」

律「武道館…とは今更言わないので、てきとーになー」

唯「はーい!…あずにゃんを虫にするあずにゃんを虫にするあz(ry」

梓「お願いですから黙ってください!!」

澪「そうだぞ、唯もたまには静かに振舞ってみたらどうだ?」

唯「わかったよぉー」ブーブー

唯「…ブツブツブツブツブツブツ」

律「時々虫って聞こえて逆に怖い」

律「…」

澪「…」

紬「…」

唯「ブツブツ」

梓「……(何、お願いしよっかな)」

梓(澪先輩とは、冬のうちに山に行って、冬眠中の虫探しを一緒にしたい
  夏にはみんなで蛍も見に行きたいな)

梓(律先輩とは…夏に虫捕り勝負したい。セミ、クワ、カブト…あ、また戦わせたい)

梓(ムギ先輩は…ひどいときがあるけど、ほとんど一対一で放したことが無いや。
  もっとムギ先輩のことが知りたいな)

梓(唯先輩は…まともになって欲しい。はじめの頃みたいになったら、きっと…)



梓「うーん…」

律「じゃあ行くかー!…梓?いつまでお願いしてんだー?」

澪「いいじゃないか、ゆっくり考えさせたら…ふふっ」

律「…そだな!」


梓「…あ、そっか」

梓(今年も、みんなと一緒に過ごせますように)



End