紬「あの…憂ちゃん」

憂「はい、何ですか?」

紬「ちょっと言いにくいんだけど…こういうのって、よくないと思うの」

憂「えっと、どういうことでしょうか?」

紬「その、料理とか、みんなが楽しめるように、頑張ってくれたのは嬉しいんだけど」

憂「あぁ!…お姉ちゃん?」

唯「んー、いいんじゃないかなー?そろそろ」

憂「…そっか♪」

唯憂「みなさんちゅうもーく!」

紬「え?」

唯「サプラーーーイズ!!」

憂「皆さんごめんなさいっ!皆さんが食べている料理、佃煮と踊り食い以外は全て虫じゃありません!」

梓「…へ?」

唯「みんなに虫の良さを知ってもらおうと思って憂に協力してもらいました!」

憂(ケーキは本当にサナギなんだけど黙っておこう)

律「えっ?ちょっと待って、サプライズしすぎて何がなんだか」

唯「ちょっとしたジョークって奴だよぉー」

律「そのジョークのせいで最悪のクリスマスになりかけたんですけど!」

憂「スリリングでしたねっ♪」

律紬「」

梓「よ、よかったぁ…」



―――



ドアガチャ

澪「ふぅ…(これからどうしよう)」

梓「憂あんまりだよー…二度とこんなことしないでよね!」

梓(ちょっと澪先輩の気持ちがわかった気がする…)

憂「あはは、泣くほど嬉しいのかと思ってた♪でも、おいしいでしょ?ほら、あーん」

梓「…うん」パクッ

紬「唯ちゃん大変よ、梓ちゃんが取られちゃう!」ワクワク

唯「あー憂ずるいー!あずにゃんも、私にあーんしたら許してあげる!」

梓「別に許さなくていいです」

律「ハハ、梓は厳しいなー!」

ワイワイ

澪「…なんでさっきと空気が一変してるんだ?」

律「あ、澪ー!早くこっち来て食べようぜ!」

澪「えっヤダ」



和「…唯。そろそろいい頃合じゃないかしら?」

唯「そうだね!みんなー、プレゼント交換しようよ!!」

憂「うん、そうだね!」

梓律澪紬さわ(唯(先輩)(ちゃん)のだけは絶対に嫌だ)



~プレゼント交換中~



さわ「はいストップ!じゃありっちゃんから逆時計周りで発表よ」

律「おーし、あたしのは…」ビリビリゴソッ

律「可愛い置物だ。なんて言うんだっけ」

憂「スノーグローブです。私が作ったんですけど…」

律「自作なんだ!すげー…」

憂「こういうのって金額とか難しく考えちゃうから、自分で作るようにしてるんです」

梓(ペナント贈った子のセリフとは思えない)

紬「顔の形をした入れ物…?中身は…」

和「糊よ」

唯「あ、去年の海苔とかけてるんだね!和ちゃんおもしろーい!!」

和「唯が楽しんでくれて何よりだわ」ニコッ

紬「そ、そうなんだ…ありがとう(つまんねえ…)」

梓(ムギ先輩微妙そうな顔してる…それにしても懐かしいなぁ、小学校のとき使ったっけ)

さわ「次は…私ね。この重量感…っ、高級品のニオイ!」パカッ

さわ「」

梓「手、のおもちゃ?『加藤○の手』…誰?」

憂「マッサージ機だよ!」

紬「私のです…こないだ、冬のお祭りが珍しかったから、そこの射的で…」

さわ「クリスマスには独りがお似合いってかちくしょおおおおおお!!!」

紬「…で、使ってみたんだけどあんまり良くなくて」

さわ「しかも中古かよおおおおおおおお!!!!!」

カチッウィィィン

さわ「あっ///」

律「使うんかいっ!!」

憂「私は、シルバーのアクセサリーですね。…男物の」

唯「うーん、憂には似合わないよぉ」

さわ「本当はこんな場にあるべきじゃないんだけどね…ふふっ」ウィィィン

憂「いえ。でも私がつけるわけにもいきませんし、父親にプレゼントしても構いませんか?」

さわ「ええ、有効活用してくれるならそれで構わないわ」

律「ちょっとさわちゃんスイッチ切ってくれる?」

さわ「寂しいの」ウィィィン

唯「次は私だね!おっきな箱だなー」ワクワクパカッ

律「…」ニヤリ

ビョーンボコッ

唯「がぅっ」

澪「今年もそれかっ!」

律「あははははっ!学習しろよ唯ー!」ケラケラ

梓「ひ、酷いですよ律先輩っ…ププッ」

唯「あうー…舌噛んだ…」

憂「…」プルプル

唯「…憂?」

憂「ブフッ」

憂「ックヒッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャwwww」

唯梓律澪紬さわ「」

和「こんなに楽しそうな憂、久しぶりに見たわ」ホロリ

憂「ブエーッブエーッwww」


4