梓「中野梓です。昆虫系女子です」
の書ききれなかった分を引き伸ばした番外編です。

虫分が足りないことを先に断っておきます、ごめんなさい。



おひるやすみ!


梓「冬、かぁ」モグモグ

梓「冬が来ると虫はみんな死んじゃう。死なない子たちも冬眠する」

梓「冬って、退屈」ハァ

純「梓ー、何黄昏ちゃってんのさ」

梓「あ、純…とか言う人」

純「私たち、半年以上友達やってるよね?」



ワイワイガヤガヤ

梓「…」モグモグ

純「…」モグモグ

ワイワイガヤガヤ

梓「…」モグモグ

純「イチゴオレうめえ」チューゴクゴク

梓「…ねえ知ってる?」

純「急にハイトーンな声出してどうしたの?」

梓「イチゴオーレは染色にコチニールカイガラムシを潰して作った染料を使ってるんだって」

純「…ふーん」ズゾゾープハッ

梓「……ッハァ゛ーーーー」

純「え、何そのあからさまにつまんなさそうな顔とため息」



―――



純「そういや憂はここ数日休んでるよね、梓なんでか知ってる?」

梓「純とか言う人はそんなことも知らないなんて、本当に憂の友達?」

純「その呼び方やめて、地味に傷つくから」

梓「オーストラリアに旅行に行ってるんだってさ、唯先輩が昨日言ってた」

純「アンタも昨日知ったんかい。にしても学校を堂々と休んで、いいご身分だねー」

純「また大好きなお姉ちゃんのためだったりして」

純「そこで私は考えた!今から話すことは、もしかしたら真理大発見な哲学!!」

梓(あ、どうでもよさそう。ご飯食べよう)

純「私が思うに!憂は存在しない!!あれは憂のお姉ちゃん、唯先輩の一部である!」キリッ

梓「ふんふん」モグモグ

純「あれに意思は存在せず、ただ唯先輩の…ナワバリ?を主張するために独立した(ry」

純「いわば…ファンネル、でもなく…分身、でもない……子機?」

梓「へー、純とか言う人は発想がおもしろいなー」

純「なんか私のことじゃないみたいだからやめて」



ほうかご!

純「じゃねー」

梓「うん、また明日。……さて、部活いこ」

ドアガチャバタン

憂「よかったー!梓ちゃんまだ残ってた」

梓「あれ、憂?帰ってきてたんだ」

憂「うん、さっきね。梓ちゃんに会いたくなって学校来ちゃった♪少しお話しよ?」

梓「(ちょっと嬉しいかも…)えっと、いいよ。…オーストラリア、楽しかった?」

憂「うん!お土産も買ってきたよ!」

憂「はい、成田空港のペナント」

梓「」

梓「あ、ありがとう(喜ばなくちゃ…)」

憂「オーストラリアのお菓子も持ってきたよ、一緒に食べよっか?」ガサゴソ



―――



憂「…ってことらしいよ?面白いよねー」

梓「ふーん、誰もが杖を持っている、ねえ…」モグモグ

梓「あ、そういえばさ。唯先輩、最近あの薬」

憂「ビタミン剤だよ、梓ちゃん」

梓「…ビタミン剤、飲んでないよね?唯先輩」

梓「冬は虫が少ないし、確保大変でしょ?大丈夫なの?薬で抑えなくて」

憂「対策してるから大丈夫だよ!それに…飽きちゃった♪」

梓「何に」

憂「そういえば梓ちゃん、クリスマスって、予定ある?」

梓「ううん、特にないけど…親もいないし」

憂「あは♪やっぱりそうなんだー!」

梓「」イラッ

梓「…で、何?」

憂「うん、今年のクリスマスも、家でどうかなって話」

梓「えっと…何の話?」

憂「あ、ゴメンネ、梓ちゃんは今年が初めてだよね。
  去年、軽音部の皆さんと一緒にクリスマスパーティをやったの!」

梓「へぇー、そんなこともしてたんだ」

憂「それを、梓ちゃんから軽音部の皆さんに伝えてほしいなって」

梓「うん、構わないけど…なんで唯先輩じゃないの?」

憂「伝言の類は絶対忘れるお姉ちゃん可愛いっ!」

梓「うん、大体わかった」



―――



梓「今日は、クリスマスについて憂から伝言があります」

唯「そうなんだー?憂そんなの言ってなかったけどなー」

律「クリスマスってことは、あれか」

紬「まぁまぁ、話は後にしてお茶にしましょう。今日は趣向を凝らしてみました!」

紬「…っせい!」ドンッ

紬「と、いうことで今日は、コタツとミカンよー♪」

律「すげぇ!」

澪「よくこんなの持ち運んだな…」

ドアガチャバタン

さわ「みんな久しぶりー…って、ずいぶん様変わりしたわね、この部屋
  とりあえず私もおコタ入れてー」

唯「悪いねさわちゃん、このコタツ、6人用なんだ」

さわ「足りてるじゃん!」



律「コタツの中、あったかいナリィ…」ヌクヌク

澪「ミカン、おいしい…」モソモソ

唯「あずにゃん食べさせてー」

梓「…ミカンを見てると思い出します。幼さゆえに、残酷だったあの日」

澪「今日は何もない日常で終わってくれると思ってたのに!」

唯「断りすらされない」

梓「アブラムシ、知ってますよね」

さわ「ゴキブリのことでしょ?」

梓「ババア乙」

さわ「」

梓「あれ、紫とか黄色とかいて、カラフルですよね。それが梅の木なんかに大量に集まってて…」

澪「うわああああ…やめろー…」ガタガタ

梓「もう、そんなに怖がらなくても…わかりました、やめますよ」ハァ

澪「ほ、ほんとか…?」

梓「ただ、大量に集まった姿がそのミカンみたいだな、って話ですから」ニヤリ

澪「」

律(…あれ?残酷、ではないよな。それに見た目もたぶんそんなに…)

唯(なんであずにゃん途中でやめたんだろ…よし)

唯「澪ちゃん、いいこと教えてあげる!」

唯「まず、このりっちゃんのスティックと、ミカン一切れをまとめて澪ちゃんの手に乗せます!」

澪「?…あ、あぁ」

唯「…」ガシッ

澪「ヒッ…な、なんでそんなに私の手を強く掴むんだ…」

唯「ダメだよ力抜かなきゃー。リラックスリラーックス♪」

さわ「何々?面白そうね」

梓(何するつもりだろ、この人)

唯「こうやって手で包んで…わかる?柔らかいでしょ…」スッ

澪「あ…///」

紬「なんだかエロティックな光景ね…」ウットリ

律「ミカンとスティック握ってるだけだけどな」

唯「さて澪ちゃん。…突然だけどさっきのアブラムシの話、続きがあってね?」

澪「えっ」

唯「こっちが枝でぇ…ハァハァ、す、すすすごく気持ちいいんだよぉー///」ジュルリ

梓「まさか…しまった!(おとなしかったから気づかなかった!)」

唯「イメージしてね!今、澪ちゃんが握ってるのは…」

澪「な、なんd」

唯「アブラムシさんだよぉぉっ!!」ググッグチュップシャッ

澪「へぅっ」ガクン

唯「はぁぁっぁぁぁぁぁん////」クチュクチュ

梓「澪先輩!!」ダッ

澪「」

梓「…白目むいて気絶してる」

律「なまじ想像力が高いばかりに…あいつしばらくミカン食えねーな」

唯「かか可哀想なアブラムシさん…私がお汁をすすってあげるよぉ///」ペロペロゴクゴクグチュグチュ

紬「この状況、見た目だけなら十分いけるっ!」

さわ(こんな気持ち悪い部活になってたんだ)

梓(来るかも…)ササッ

唯「虫、むしぃ…!」ダダッ

梓「あれ…、かばんの方に…?」

唯「はぁ、はぁ、虫ぃ……ああ!ははっあったああ♪ひひひ!」ダラダラ

プシッギーッカパッ カランカラン

唯「…はあああ…」ザラーッ クチャクチャゴクン

唯「………っ!っっ!」ブルブルッ

唯「っはぁ…落ち着いたよぉ」

梓律紬さわ「」

梓「あ、あの…何食べたんですか…?」

唯「ただのミルワームの缶詰だよ?むき栗みたいな香りがしておいしいんだぁ」

梓(あれが憂の対策か。…ヤバい薬とか入ってないよね?)

律「っと、いっけね。梓の話忘れるところだった、それで、クリスマスが何だって?」

梓「あ、はい。クリスマスパーティの話です。今年もうちでどうですか、と」

律「そうなんだ?いやあ二年連続だとさすがに悪いかなって思ってたんだけど、
  憂ちゃんがいいって言うなら今年もお願いするか!」

唯「やったぁ!ぐっじょぶだよ憂ー!他のみんなも大丈夫?」

紬「私は大丈夫よ♪」

さわ「私はパス。先約があるの…性なる夜の、ね」キリッ

律「たぶんさわちゃんは誘われてないと思うけど」

さわ「フヒヒ、ごめんなさいねぇ?あなたたちはせいぜい子供らしく楽しんでちょうだい♪」

律(うぜぇ…)

唯「澪ちゃん…はいいや。もちろんあずにゃんは参加s…あずにゃん?」

梓「……はっ!ボーっとしてました、すいません!私は大丈夫です、空いてます」

律「よーし、んじゃあクリパは唯ん家に決定!各自交換用プレゼント忘れんなよ!」

律「では解散!」

梓「クリスマス、かぁ…」


2