和「唯ちゃーん」

唯「あ、のほろちゃーん」

和「唯ちゃんもう私の漢字読めるようになったんだ!すごいね!」

和「でももうちょっとおとなになるまでいつもみたいに呼んでほしいな」

唯「わかったーえへへへー」




和「唯って天才だと思わない?」

律「わかったから続けて」




ブーン ブーン

和「なんか虫が多いねー」

唯「くさいよぉー」グスン

和「あ、唯ちゃんのお洋服についてる!」

唯「ほんとだぁー。つかまえよう」

ソーッ

唯「とった!」グシャ




澪「やめてえええええ」ガタガタ

梓「話を聞く限りだと、マルカメムシ、ですかね?私もあれはあまり好きではないです…」

和「その通りよ、触覚の子。その知識は唯譲りかしら?」

梓「違います(なんかウザいなこの人)」




唯「うええぇ…」グスグス

和「唯ちゃん、元気出して!ほら、ムギチョコたべよ?」

唯「うん…」ガサッ

唯「あっ」ツルッザザー

唯「…ぅ」ブワワッ

和「ゆ、ゆいちゃん!拾おう?ね?」

唯「…ぅん」グスッ




和「ああ唯…なんて可愛いのかしら…」ハァー…

和「唯という天使をこの世に遣わしてしまった神様のミスに感謝しないと…」

律「回想の和がいい子過ぎて限りなく嘘っぽいんだけど…」

和「あら、一字一句違わないわ。私、記憶力には自信があるの」クイッ

律「どうしてこうなった」




唯「」ヒョイパク

和「唯ちゃーん…きれいにしないで食べたらばっちいんだよ…」

唯「」ヒョイパクヒョイパク

和「あれ…そっちにはムギチョコこぼれてないよー?」

唯「…」ヒョイ

和「…?待って唯ちゃん、それ…!ちょっと待って!…ダメーー!!」

唯「」


パク





シャリ







澪「…ぅっ!」ダッドアガチャバタン

和「あら、クラスメートの秋山さんはお手洗い?」

梓「澪先輩には刺激が強すぎたか…」

紬「唯ちゃん…ちょっとアレだと思ってたけどまさかそこまでとは…」

律「似てなくも…ないけど、さすがになあ…」

梓(あれ…?みんなやってると思ってたのに…噛んではいないけど)




大量発生を描写し忘れていたせいでわかりにくくなって申し訳ない

唯が食べたのはマルカメムシです




和「…で、それが食虫との出会いってわけね」

和「唯いわく、「苦くて辛くてピリピリするけど癖になる味」だそうよ」

和「唯って何でも愛せる力を持ってるのね。本当にすごいわ。あと可愛い」

和「ふう、気が済んだわ。じゃあ私生徒会行くね」ドアガチャバタン



律「よく考えたら、なんでドアの前にいたんだろ…」

紬「そういうのって、あまり考えないほうがいいと思うの」

梓「しかし、今の話を聞く限りだと、幼稚園の時点で唯先輩は食虫に抵抗がなかったと考えられますね」

律「「癖になる」とかどう考えても何回も食ってるな」

紬「意外と根が深い問題ね…憂ちゃんの料理だけではもしかしたらダメかも…」

梓「習慣として定着して、しかも唯先輩には倫理観が全く無い」

梓「やめさせることは恐らく不可能でしょうね…」

律「とにかく、今後も何か手段を考えないと軽音部の存続に関わるな…」

紬「各自の課題ね」

梓「とりあえず、私は憂と相談してみます」



ドアガチャバタン

澪「ハァ…ハァ……話は、まとまった…のか?」

律「(くさっ)ああ、とりあえずここで虫を食わせないようにすることを目標とした」

澪「そうか…いい案はあるのか?」

紬「(くさっ)うーん、今は何も出来ないわ。憂ちゃんしだいってところかしら」

澪「何故顔を背ける。でも今は待つしかないのか…はぁーっ」

梓「澪先輩、さっきから臭いんで喋らないで息しないで」

澪「」



憂「それでねー、最近は私も食用n」

梓「憂、ちょっと相談聞いてほしい…」

憂「なあに、梓ちゃん?」

梓「まず聞きたいんだけど、唯先輩ってさ、もしかして結構昔から…虫食べてた?」

憂「食べてたけど?」

梓「(やっぱり…!)えーと、やっぱり、生きたやつを…捕まえて、だよね」

憂「違うよー!お姉ちゃんがそんな変なことするわけないじゃない、梓ちゃんおもしろーい!」

梓「えっ」

憂「となりのおばあちゃんがくれるイナゴの佃煮とか蜂の子とか」

梓「え、でも今現在唯先輩は生きてるのを食べてるよね(あれ…?)」

憂「うん!」

梓「え、今変って」

憂「お姉ちゃんがすることが変なわけないよ♪」

梓(ダメだこの子…話がまるで通じない…)

憂「今度蜂の巣取りに行くんだけど、梓ちゃんも一緒にどうかな?」

梓「いや…遠慮しとく」

憂「あ、そういや梓ちゃん相談があるんじゃなかったの?」

梓「それもいいや…」ハァ…

憂「……ふーん…そっか♪」ニコッ


7