梓「ん…トイレ」

律「キャベツうめー!…zzz」

梓(…青虫?)

ジャーガチャバタン

梓「…あれ?」

唯「ブツブツ」クネクネ

梓「唯先輩が奇妙な動きをしている」

梓「どうせオナニーだろ。ほっとこ」

唯「あ、あずにゃーん!こっちおいでよー」

梓「ひっ!(後ろ向いてたのに何で?)」

梓「…」

唯「何してたのって聞かないの?」

梓「どうせオナニーだろうからいいです」

唯「違うよぉ!それじゃ私が四六時中オナニーしてる変な人みたいじゃん!」プンプン

梓(事実じゃん)

唯「私は今ね、さっきのトラップで捕まえた虫を見ながら、虫の勉強をしてたの」

梓「へぇ」

唯「やっぱり私って要領悪いから、こういうことでしか虫のことを覚えられないし…」

梓「この人はただの異常性愛オナニーキ○ガイだと思ってけど…意外だ」

唯「そういうのはモノローグにしてくれないかな」

唯「で、虫の動きを真似てみたり、よく観察してみたりして、虫の気持ちになってたの」

梓(この人はこの人なりに虫を愛そうとしていたのかも知れない…)

梓「へえ…!唯先輩ちょっと見直しました」

唯「あ、あずにゃんありがとー!あずにゃんに会えてよかったよー!!」バッドサッ

梓「もう、特別ですよ?…ところで、その虫たちはどこに?」

唯「え?えっとねー…見てたら途中で交尾始めちゃって、ムラムラきて」

梓「あれ…」

唯「…食べちゃった!私も交尾してるような気分になってさっきまでオナニーしてたんだぁ!」

梓「結局オナニーしてるし!見直した私が馬鹿だった!!」

唯「…あのさ、あずにゃん」ギュッ

梓「は、はい」

唯「これはつまり…OK、ってことでいいんだよね…?」ハァ…ハァ…

梓「」ゾクッ

唯「…最高の遺伝子残そうねっ!!」ガバッ

梓「うわああああ放せえええええええええ」ジタバタ

唯「ひひひ…あずにゃんあずにゃん♪捕食したいよあずにゃん♪」プチプチ

梓「このっ…やめっ…誰かあああ!!」ググググ…ガスッ

紬「●REC」

梓「!…っこの糞沢庵!!!見てないで助けろ!!」ジタバタ

唯「はぁーはぁーはぁーああああずにゃんの外羽根はがしちゃったぁ」ビリビリ

梓「いやあああああああああああ!!!!」

……



……

梓「ちょうどいいところにギターがあって助かった」

紬「チッ」

唯「あずにゃんしどい…」ドクドク

梓「死ねばよかったのに」ペッ

唯「なんでそんなこと言うの…?私あずにゃんのこと愛してるんだよ?」ウルウル

梓「せめてノーマルな愛なら良かったんだけど…」

唯「愛にノーマルもアブノーマルもないよ!二人はお互い虫のように愛し合うだけ!!」

梓「ていうか今のは立派な強姦だから。愛はないから」

唯「そっか、そうだよね…ごめんねあずにゃん」

梓「謝ったって許す気はないです。今後私に近寄らないで」

唯「でも…あずにゃんも悪いんだよ?」

梓「は?」

唯「真っ黒になったあずにゃんが…ゴキブリみたいに可愛いから!」

梓「」

紬(ああ…終わった)

唯「あ、あずにゃん?」

梓「て、照れます///」カァァァ

紬「えっ」

梓「しししかたないですね///ゴキブリ可愛いですもんね////」

梓「でも、あんまりそういう大胆な事は言わないでください///…恥ずかしい///」

唯「あずにゃん…ありがとう…ぅわああぁぁん!!」

梓「ゴキブリ…エヘヘ///」テレテレ

紬「ないわー」



憂「あ、梓ちゃーん!!」パタパタ

憂「うわぁ、すっごい焼けたねぇ」

梓「うん…唯先輩にゴキブリみたいって言われちゃった///」

憂「そうなんだぁ、良かったね!」

憂「合宿どうだった?」

梓「うん、楽しかった!収穫もあったしね」

梓「一本の木からコクワ6匹とか初めて!あとライトトラップもしちゃった!それから…」

憂「そっかぁ、梓ちゃんが楽しんでくれて私も嬉しいよ!」



憂「ところで梓ちゃん、軽音部の皆さんと合宿してみて、何か印象とか変わった?」

梓「そーだなー、澪先輩は…あ、今入院してるんだけど、仲良くなれたような気がする」

憂「うんうん」

梓「ムギ先輩はぶっちゃけ見損なった…あの人お金ぐらいしか存在価値ないよ」

憂「それでそれで?」

梓「律先輩はやっぱり思ってた通りの人だった!一緒にカブト育てるんだぁ♪」

憂「へぇー。やっぱりそういう場だと新しい発見もあるんだね!…で、お姉ちゃんは?」

梓「…唯先輩は、想像以上だった」

憂「えー、気になる!聞かせて聞かせて!」

梓「いや、そんないい話じゃないことを感じ取ってほしいんだけど」

梓「あの人は…好きとか嫌いとか以前に、虫に対して歪んだ性欲しか感じてない…」

梓「交尾中の虫を食べてそれをネタにオナニーしてたのは正直ドン引きした」

梓「というかその後犯されかけた」

憂「そうなんだ、良かったね梓ちゃん!!」

梓「…憂、冗談でも怒るよ?」

憂「何が?」ニコニコ

梓「ごめん、そういう子だったね…」

梓「まぁ、そういうことがあったんだよ。まだ興味が虫だけだからいいものの…」

憂(言えない…お姉ちゃんがカタツムリを大事なところに入れてオナニーして焼いて食べたなんて言えない…)

憂「でも…お姉ちゃんあったかかったでしょ?」

梓「抱きしめられたら怖気がするようになった。ぶっちゃけ怖い」

憂「そっかぁー、残念」

梓「…なんか憂って私のこと馬鹿にしてたりする?」



唯「あずにゃーん!新入部員だよ!!」

梓「こんな時期にですか!?ていうか夏休みまだ終わってないんですけど」

唯「いいから早く来て!早く早く!!」グイグイ

梓「ちょっ…引っ張らないでください!」

唯「あっごめん」パッ

梓「あっ…?唯先輩にしてはえらく聞き分けがいいですね」

唯「だってあずにゃん逃げるために前足切り離しちゃいそうだもん」

梓「は…?」



ドアガチャ

澪「…グスッ」

唯「新入部員の…あちゃー、名前まだ聞いてなかったや、えへへー」

梓「」

唯「すごいよこの子!ベースが得意なんだって!!しかも美人さんだよ!!」

梓(前から思ってたけど、この人本気で澪先輩のこと嫌いなんだろうなぁ)



澪「うわーん梓ー!!」

梓「よしよし」ナデナデ

唯「もー、冗談だったのに澪ちゃんったらぁ!」

梓「かなり気合入った、たちの悪い冗談ですね。もしかして昔はいじめっ子だったんですか?」

ドアガチャ

律「おーす。澪来てるかー?って、なんで泣いてるんだよ…」

律「しっかし、合宿終わったら一気に部室が賑やかになったよなぁ」

梓「ホクホクです♪」

紬「でも、なんというか…野性的な、においになってきたわね」

梓「ですね。あとハエ対策もしなくちゃです」

梓「あ、ゼリーも足りないですね、それに霧吹き増やしましょう」

梓「ケージも大型の用意したほうがかさばらなくていいかも…それから…」

律「あー待て待て、気持ちはわかるが、まずは澪の快気祝いだろ?」

梓「そうでした、澪先輩。言うのが遅れてしまってすいません。退院おめでとうございます!」

澪「うん、ありがとう」

唯「澪ちゃんって、またハチに刺されたら死ぬの?」

澪「えっ…なんでそんな事聞くんだ…」

唯「別にぃー。ところでさ、今度一緒に山に行こうね!…二人きりで」

澪「えっ怖い」

紬「…とにかく、澪ちゃん元気になって良かったわ♪じゃあ、さっそくお茶にしましょうか」



カチャカチャ

紬(…ハエうざっ)

梓「はぁ…このハエに囲まれると安心します…」

澪「で、でも、ぅわっ、食べ物とかにたかってくるんじゃないのか?」ビクビク

梓「いえ、これは腐った木なんかに集まるやつですから大丈夫です」

プーン…ポチャッ

澪「」

梓「まぁ…普通に止まること、飲み物に突入することはありますけど」

唯「あずにゃんあずにゃん!このハエ、潰すと腐葉土みたいな臭いがするよ!」

梓「そうですね、今言ったような生活ですから。ていうか食事中にそんなことしないで」

ワイワイ

律「…ふふ」

律(最初はどうなるかと思ったけど、今じゃすっかり梓も軽音部の一員、って感じだな)

唯「あ、アソコに塗ってみよう///」クパァ

澪「」

紬「唯ちゃん…///」

梓「話聞けよ」

律(代わりに一人、残念なことになってるんだけどな…)



律「っと、もうこんな時間か。今日は解散すっか」

澪「あ、あの…久しぶりに全員そろったから、練習したい…」

律「え、何の?」

澪「演奏に決まってるだろ!!」ゴツン

律「いちち…じょーだんじょーだん!すっかり元気になったみたいだな、澪!」

紬「なんだか久しぶりに楽器を触る気がするわ…」

律「ていうかまともに触ったの新歓が最後だからな…」

唯「あんまり久しぶりすぎてどれが私の楽器か忘れちゃったよぉ」

律「ギターだろっ」

唯「えへへ、そだった♪久しぶりだねー、ギ、ギ…なんだっけ」

律(唯は完全に音楽から興味を失ったようだ)

唯「…ギチュウ?」

律「ボールでまとめて狩るの楽しいよな!ってギー太だギー太!」

紬(りっちゃんがノリツッコミまでするようになってる…!)



律「んじゃ、やるかー」

梓「…あ、そうだ!」

律「どしたー梓?」

梓「こうなるだろうって思って、ちょっとしたサプライズを用意したんです!」

梓「ちょっと待っててください!!」タタタタタ

律「あー、暗くなってきたから早く頼むな!」

律(梓も気を遣うようになったんだなぁ…)

澪「気持ちは嬉しいけど…練習が始まらない…」



梓「と、いうわけで。臨時メンバーのクツワムシくんたちです」

ワシャワシャワシャワシャ

律澪「」

唯「お、おいしそうだねぇ、色合いもなんだかエッチだよぉ…///」クチュクチュ

梓「…唯先輩、この子達は近年生息数が減ってます」

梓「だから、唯先輩みたいなゴミの性欲を満たすために命を奪うなんて事は絶対にしてはダメです」

梓「食べたら軽蔑します。またギー太で殴りますよ」

唯「うわあステキな虫さんたちだね!演奏の幅が増えるよ!やったねあずにゃん!」

梓「よろしい」

律「…で、どうすんのそれ」

梓「彼らは恥ずかしがりやなのでまずはカーテンを閉めて、灯りを消しましょう」

律「えっ演奏できないんだけど」

梓「先輩黙ってください、気配を消してください、唯先輩は消えてください、彼らは臆病なんです」

唯「」

梓「じゃあ電気消しますね」

パチン


ガチャガチャガチャ ガチャガチャガチャガチャガチャ
ガチャガチャガチャガチャガチャ
律「うるせガチャガチャガチャぇぇ!」  ガチャガチャガチャガチャ
ガチャガチャガチャガチャガチャ ガチャガチャガチャガチャガチャ
澪「見えない聞こガチャえな…ガチャガチャガチャガチャこえるよ!!」ガチャ


4