梓「一年二組中野梓です。昆虫系女子です」

律「昆虫系女子…?肉食系とかそういうの?」

唯「きっと虫が好きなんだよー」

律「いやそんなストレートな」

澪「(カチカチ)今ググってみた。異性へのアプローチは積極的だけど、
  見た目がとっつきにくくて相手にされない、って意味らしい」

唯「さすが澪ちゃん!だてにパソコンばっかりしてるわけじゃないね!!」

紬「家でも毎日画面相手に笑顔の練習してるのよね♪」

澪「」

梓「へぇ、そんな意味だったんですね、知りませんでした」

律「えっ」

梓「いや、私虫が好きだからウケるかと思って言ってみただけです」

律「唯のであってた」

唯「じゃあじゃあ、どんな虫飼ってるの?」

梓「基本的に甲虫、今のメインはクワガタですね。多足類もキライじゃないです」

梓「でも一番好きなのは―」

澪「え、えっと!中野さんは、何のパートをやってるんだ?」

梓「パート?何のですか?」

澪「そりゃ楽器だけど…」

梓「えっ…なんでそんな事聞くんですか」

澪「えっ」

梓「えっ」

梓「一応親から無理やり教えられたので、ギター出来ます」

律「ってことは唯と一緒だな!」

唯「とりあえず、何か弾いてみてー?」

梓「好きで弾いてるわけじゃないんであんまり上手くないんですけど…」

唯「大丈夫、私が教えてあげるからっ!」

梓「えっ別にいいです」

唯「」

~演奏中~

唯律澪紬(ほんとにあんまり上手くない…)

梓「こんなんじゃダメですー!!」

律「突然キレた!?」

梓「いえ、なんとなく。とりあえずティーセット全部捨てましょう。あの棚に菌糸ビン置きたいです」

紬「」

梓「みなさんやる気がなさ過ぎです!こんなんじゃ私の夢の昆虫ジャズバーには程遠いです!」

律「何その夢」

梓「そんなんで私が店を開けると思ってるんですか!?私の役に立とうという気はないんですか!?」

律「何を言っているのかわからない…」

澪「ていうかなんでここに入ろうと思ったんだ…」

梓「ユルそうだったから?」

紬「とにかく考え直して梓ちゃん!ティータイムがなくなったら私の存在意義が!」

梓「心底どうでもいいです」

唯「ムギちゃんは確かにどうでもいいけどティータイムがなくなったら困るよぉ…」

澪「ムギはどうでもいいけどそれが本来の部活だろ!ここで一旦気持ちを…」

紬「」

律「お前ら酷いな…」

唯「そうだ!梓ちゃんの夢を昆虫ジャズバーから昆虫ジャズ喫茶に変更したらいいんだよ!」

律「その発想はなかったわ」

梓「人の将来の夢に干渉しないでください」

紬「そ、そうよ!それがいいわ!将来の夢を喫茶店にしたらここで予行演習が出来るでしょ!
  だからお願い!お金ならいくらでも出すから!!」

梓「そこまで言うなら…」

紬「ありがとうございます…ありがとうございますっ…!」ポロポロ

唯「よかったねムギちゃん!私もムギちゃんがティータイムを続けてくれて嬉しいよー♪」

澪「まぁ、練習もちゃんとするなら…」

律「軽音部って怖い」

唯「それにしてもさ、もったいないよぉー梓ちゃん」

梓「何がですか?」

唯「その髪型っ!せっかくの綺麗な黒髪なのにセットもしないでボサボサ、顔も見えないし
  これじゃあほんとに昆虫系だよぉ」

律「えっそんな見た目だったの?」

唯「ちょっと髪触らせてー?」

梓「チッ…別に構いませんよ」

唯「」



※いつものあずにゃんになりました

唯「///」ジュン

さわ子「ネコミミとか似合いそうよね」

梓「誰?」

さわ子「わたしです」

律「誰ですか」

さわ子「というわけで、新入部員の梓ちゃんにプレゼントです!」

つ[ネコミミ]

唯「つ、つけて!!つけてぇ!見たい見たい見たい!!」

梓「嫌ですよ気持ち悪い」

唯「」

律「まぁ…当たり前の反応だよなぁ」

梓「虫の足とかないんですか?」

さわ子「あるわよ」

律「虫ならいいんかい!あるんかい!」

紬(りっちゃん突っ込み楽しそう…)

ゴソゴソ

さわ「足をつけてみました」

梓「ど、どうですか///」テレテレ

律(誰が得するんだこれ…ていうかこれ、見た目がなんか、アレに…)

さわ(つけといてなんだけど、これはないわ)

唯「梓ちゃん可愛いよ!何つけてもかわいい!!」

律紬さわ「えっ」

唯「梓ちゃん、ゴk、ゴ、ゴ、ゴマダラカミキリみたい!」

梓「そんな///照れます///」

律「今ゴkって言ったよね」

紬「アンテナは反応するけど素直に喜べない」

唯「鳴いてみて!鳴いて早く!!!鳴いて!!早く!」

梓「…ギッ、ギィィィ////」

唯「可愛いいいいい!可愛い可愛い可愛い可愛いっ!」

唯「あだ名は、あずにゃんで決定だね!!」

梓「えっなんd」

唯「あずにゃんだね!」

梓「あn」

唯「あずにゃんだね!」



律「唯が壊れた」

唯「あずにゃんだね!」



律「歓迎会をしよう!」

唯「りっちゃーん、ほら、ディスクだよー楽しいよー…とって、こいっふっ!!」ギュワー

律「あんな遠くに飛ばされてとれるかっ!!」

唯「りっちゃんの駄犬!」

律「ブチ頃すぞヒューマン」

紬「とってきたー♪」

唯律「」

やいのやいの

梓「…あ、アリの巣発見。アリさんがんばれー」



澪「…」もくもく

梓「…」ジーッ

澪「(梓がこっち見てる…)…何?」

梓「あ…いえ、別に澪先輩ってぼっちなのかなとか思ってませんよ?」

澪「」

澪「わ、私だって別に好きでぼっちしてるわけじゃないし!!」

梓(ほんとにぼっちだったんだ…)

澪「弱みさえ握られてなければあのとき…」ブツブツ

梓「…まぁそんなことはどうでもいいんですが先輩」

梓「タカラダニ、って知ってます?」

梓「もうそろそろ出てきてもおかしくない頃、ですよね」

梓「あれは小学校の夏休みだった…」

澪「ダニってだけで聞く気しないからやめてお願い」

梓「そうですか?赤い無精ひげのポパイとか個人的にかなり笑えるエピソードなんですけど」

澪「で、それがどうしたの?(聞きたくないけど)」

梓「いえね、要するにアレって、木にもわりといるんですよね…」

梓「つまり、澪先輩の服の背中」

梓「赤くなってないかな、って」

澪「」



律「…お、すっかり澪と打ち解けたんだな!」

唯「澪ちゃんずるいー!」

梓「そろそろ私も皆さんと親睦を深めたいと思います。私の夢のために」

梓「というわけでエロDVD見ましょう!」

唯律澪紬「」

澪「おおおおお前ここ軽音部だぞ///」

梓「ここいつもお茶か缶蹴りしかしてないじゃないですか。虫の世話してる私のほうが有意義です」

律「缶蹴りはやったことないけどな」

梓「それに、私たちの年頃ってそういうの気になるお年頃じゃないですか。
  それなのに先輩たちは浮いた話の一つも無い。経験なしなんでしょ?」

梓「ぶっちゃけ気持ち悪い。あ、私は昆虫系だから仕方ないということでノーカン」

唯律澪紬「」

律(ていうか梓昆虫系じゃなくね?)

紬「で、でもりっちゃんと澪ちゃんは女同士の経験ならあるわ!!」

律澪(えっなんで知ってんの)

唯(私もあずにゃんとちゅっちゅしたいよぉ///)

梓「それこそありえない。不快です。死にます。そんな何も生み出さない組み合わせ、
  生物として終わってます」

唯律澪紬「」

梓「そんなことはどうでもいいんです!」バン!

梓「早く!早くっ見ましょう!!」ハァハァ

紬「クソッこんな場所にいられるか俺は(ry」ドアガチャバタン



ウイーン


キチ…ギチ…   ブゥーン…
    カサカサ…カサカサ…

梓「ハァハァハァハァ」

律「…おい」

梓「ハァハァ…ンッ…ンッ!…なんですか」

律「虫の交尾詰め合わせじゃねーかっ!!」

梓「当たり前で、ハァッ…しょう…ンッ」スリスリ

律「今までの私たち全否定のくだり完全にいらないよね」

梓「ン…でもぉっ、アンッ、すごく、エロ、ふぁっ、ぃ、ですよ」クチュクチュ

律「ていうか何ナチュラルにオナってんの」

唯「あずにゃん///」ジュン

梓「え、でも鑑賞会ってそういうもんでしょ」

律「え何で急に素になるの」

梓「もう、仕方ないですね」

梓「理解力のない先輩のためにオススメのシーンに飛ばすんで」

律「いや、もういいから」

唯「私は…オn、虫をもうちょっと見たいかなあ」

梓「お、唯先輩はなかなか見所がありますね」

唯(初めて唯先輩って言われた///)ポタポタ

梓「いいでしょう、今日家に来て下さい。徹夜で教育してあげますよ」

唯「はぁぁぁぁぁぁん///」プシャァァァァ

紬「百合の香りが私を呼んだ」

唯「あずにゃん!いっぱいオナニーしようね!あずにゃーん!!」ドロドロ

梓「あ、触らないで」

唯紬「」


2