─────校門前

憂(うわ!待ってるし…)

憂(良く通報されなかったなぁ)

憂「お待たせしました」

キバヤシ「わざわざすまない」

憂「いえ、気にしないで下さい」

ナワヤ「唯ちゃんか?」

憂「え?そうですけど?」

ナワヤ「そ、そうか、ちょっと雰囲気が違うから」

タナカ(今朝と違って凄く落ち着いて見えますね)

ナワヤ(お前もそう思うか?)

憂「何かおかしいですか?」

タナカ「い、いや!別におかしくないよ!」

キバヤシ「朝も言ったんだが」

キバヤシ「君たちのケイ・オンブについて詳しく聞きたいんだ」

憂(軽音部って…軽音部は軽音部でしょ…)

憂(まさかお姉ちゃんだけじゃなくって軽音部の皆さんまで狙ってるんじゃ!)

憂「もう…関らないで下さい……」

キバヤシ「え?」

憂「もう軽音部に関らないで下さいと言ってるんです」

ナワヤ「どういう事だよ唯ちゃん!朝は…」

憂「皆さんを危ない目にあわせるわけには行きません」

憂「あなた方に軽音部を面白半分で詮索されて怒っているんです」

キバヤシ(───神の怒り!!)

ナワヤ「なんだよ面白半分って!俺たちはなぁ!」

キバヤシ「ナワヤ!」

ナワヤ「言わせろキバヤシ!俺たちは人類の破局を防ぐ為にやってるんだぞ!遊びじゃないんだ!」

憂(な、なんだってー!?)

憂(人類の破局を防ぐ??なにを言っているのかさっぱり判らない!!)

憂(やっぱり頭おかしい人たちじゃない!!)

憂(もう帰ったほうがいいよね…頭痛いよ…)

憂「…私から話せるのはこれだけです」

憂「気を付けて下さい、これは警告です」

キバヤシ「気をつける!?一体何に!!」

憂(警察に決まってるでしょ…)

憂「それでは、失礼します」

キバヤシ「待ってくれ!最後に一つだけ!」

憂「…………」

キバヤシ「君たちの言う正しい道とは一体何の事なんだ!!」

憂(うわあ…もういいや……)

憂「あなたたちがそれが分からない大人ではない事を祈っています」

憂「失礼します…」

キバヤシ「唯ちゃん!」



ナワヤ「────くそ!なんだったんだ一体!」

タナカ「唯ちゃん様子がおかしいでしたね…すごく冷たい感じがすると言うか…」

ナワヤ「まるで別人だったな…朝はあんなに元気だったのに」

キバヤシ「あれは何かが憑依していたような…」

キバヤシ「マヤの末裔……唯ちゃんはマヤの巫女なのかもしれない」

キバヤシ「ケイ・オンブは唯ちゃんの身体を借りて我々にメッセージを伝えたかったんじゃないだろうか」

タナカ「これ以上マヤの予言に関るな、と言うことですか?」

キバヤシ「それもあるが…」

キバヤシ「正しい道……それは我々で見つけなければいけないと言うことを…」

タナカ「それにしてもとんでもないことになってきましたね、僕らの身が危ないって…」

キバヤシ「忘れたのかタナカ、MMRは今まで強大な見えない敵と戦ってきたんだ」

キバヤシ「………闇の勢力……地球外知的生命体………レジデント・オブ・サン」

キバヤシ「そして…………ノストラダムス!!」

キバヤシ「人類の破局を防ぐ為にも、俺達はここで負けるわけには行かないんだよ!」

タナカ「そうですね!やりましょうキバヤシさん!」

タナカ「それにしても気になるのは唯ちゃんの言っていた正しい道ですよね」

ナワヤ「それが分かれば破局を回避できるかもしれないからな」

タナカ「正しい道か…………一体どういう…」

キバヤシ(道……つまりレイラインの事なのか………?)

キバヤシ「京都の地図はあるか?」

トマル「ありますよ、どうぞ」

ナワヤ「こうやって見るとほんと古い建物が多いんだな」

ナワヤ「配置も綺麗なもんだ」

タナカ「そういえば京都は風水に基づいて設計されているそうですよ」

トマル「風水って家具の配置で運気が変わるんですよね、不思議なものですね」

タナカ「ましてやこれだけの規模となると風水のエネルギーも相当なものだろうな」

キバヤシ(巨大な風水都市京都…)

キバヤシ(その京都を巡るレイライン………)

キバヤシ「ん?桜ヶ丘高校はレイラインの交差する場所にあるんだな」

タナカ「あ、言われて見ればそうですね」

キバヤシ(レイラインが交差する場所にある桜ヶ丘高校…)

キバヤシ(ケイ・オンブを信奉するりっちゃんたちが通うのも桜ヶ丘高校…)

キバヤシ「これは…もしかすると!!」

ナワヤ「何か分かったのか!?キバヤシ!」

キバヤシ「いや…俺自身まだ確証があるわけじゃない」

キバヤシ「だが桜ヶ丘高校にいけばハッキリするはずだ!!」

キバヤシ「明日、桜ヶ丘高校行ってみよう!!」



───────次の日

和「あら?」

和(あの人たち校門前で何やってるの?)

和「あの…ここで何をしているんですか?」

和(どう見ても変質者よね…)

キバヤシ「すまない、この学校に用事があったもので」

キバヤシ「我々はマガジンミステリールポルタージュ、通称MMRだ」

キバヤシ「俺はリーダーのキバヤシ」

和(えむえむあーる?…胡散臭いわね………)

キバヤシ「この学校に田井中律と言う子と、平沢唯と言う子が通っているハズなんだが、君は知っているだろうか?」

和「え?唯と律?」

キバヤシ「知っているのなら少し話をしたいんだ、それとこの学校についても」

和(どう見ても怪しいわよね…むさくるしいのが5人も集まって……)

和「えーと…」

和「さすがに生徒の私では何とも言えませんので、職員室で話をしてもらえますか?」



───────職員室

和「─────と、言うわけなんですけど…」

さわ子「えーっと……MMR…って……あれよねぇ…マガジンの……」

ナワヤ(良い女だなおい!)

さわ子(MMRってまだやってたんだ…)

さわ子(それにしてもリーダーのキバヤシ…なかなかイケメンね…)

キバヤシ「今回の調査で田井中律さんが2012年終末予言に関する重要な鍵を握っている事が判明したんです」

さわ子「はぁ!?りっちゃんが!??」

さわ子「へぇ~…そう…それはまた………」

さわ子(相変わらずぶっ飛んでるわね…何をどう捻ったらりっちゃんがそうなるのよ…)

キバヤシ「それで、今日は田井中さんとその友達についてお伺いしたくてやってきました」

さわ子「お友達って?」

キバヤシ「平沢唯さん、秋山澪さん、琴吹紬さん、中野梓さんについてです」

さわ子「あら、見事に軽音部メンバー勢ぞろいね」

キバヤシ(ケイ・オンブ────!!)

キバヤシ「ケイ・オンブを知っているんですか!?」

さわ子「知っているも何も…顧問ですから……」

キバヤシ「common………ケイ・オンブとは一般的なんですか?」

さわ子「え?一般的と言うか…まあ桜高では皆知ってるわよね」

和「はい」

キバヤシ(やはりこの学校───何かある!!)

さわ子「えーと…これから授業が始まるからまた放課後、音楽室に来て下さるかしら」

さわ子「皆、軽音部のメンバーだから一緒に活動してるわよ」

キバヤシ(ケイ・オンブの活動とは一体…)

キバヤシ(いや、それが今日解明するんだ!)

さわ子「部長の田井中さんにも伝えておくわ」

キバヤシ「分かりました、それではよろしくお願いします」



タナカ「────やりましたねキバヤシさん!」

ナワヤ「これでケイ・オンブの全貌が分かるかもしれないな!」

キバヤシ「…そうだな!」

キバヤシ「俺の中でもさっきの話でほぼ確証が取れた」

キバヤシ「やはりこの学校はケイ・オンブ…マヤに関して重大な秘密があるようだ!」

ナワヤ「それにしても山中さわ子先生、清楚で美人だったな…」

タナカ「いいかげんにしてください!もう!」


8