──────公園

律「私昨日ここで練習したんだよな~」

梓「こんな所でですか?」

律「ほら、私の家ってドラム無いからさ」

律「だからこうやってそれっぽいもの叩いて練習してるんだよw」

律「いつもは家でやってるんだけど昨日はお客さんが来てたからな」

梓「へぇ…意外です…」

律「何だよ梓、意外って!まるで私が練習して無いみたいじゃないか!」

梓「え!?いや、その…」

律「こいつ!教育してやるぅ!うりうり!」

梓「ちょ!どこ触ってるんですか////」

紬(ほう…////)



ナワヤ「─────結局、今日は何も収穫は無しか」

タナカ「こうなったらりっちゃんに直接話を聞いたほうがいいかもしれませんね」

トマル「…あれ?あそこにいるのりっちゃんじゃ…」

タナカ「あ、本当だ、あの二人は友達かな」

キバヤシ「制服も同じだから学校も同じみたいだな」

ナワヤ「そういえば暗くて分からなかったけどここ夕べの公園だよな」

タナカ「あ!りっちゃんがまた儀式を行うみたいですよ!」

キバヤシ「…少し様子を見てみよう」



律「ここに座ればほら!ドラムみたいだろw」

梓「なるほど、すごい工夫です!」

律「ダカダカダーン!ジャンジャン!ってか!」

紬「キーボードだったらこの鉄棒が丁度いい高さね!」

紬「梓ちゃんはあのほうきなんかどうかしら?」

梓「わ、私は自分のギターで…////」

律「おーい、つれない事言うなよ梓ー」

梓「………ぎゅいんぎゅいん(はずかしい////)」

紬「ふふふ、こう言うのも楽しいわね♪」



キバヤシ「──────!!」

ナワヤ「おいキバヤシ!あの子達もりっちゃんと一緒に儀式を始めたぞ!?」

タナカ「どういうことなんですか!?」

キバヤシ「直接聞いたほうがいいな!!」



キバヤシ「───やあ、りっちゃん」

律「あ、キバヤシさんたち!」

紬「あら?りっちゃんのお知り合い?」

梓(見られちゃった////)

律「ほら、さっき話したMMRの人たち」

紬「まあ、この方達が!はじめまして!有名な方々とお伺いしました!」

キバヤシ「よろしく」

イケダ(まゆげふてえwwwwwwwwww)

ナワヤ「いやー、俺達もいつの間にか有名になっちまったもんだな!」

律「恥ずかしい所を見られちゃったなぁ」

キバヤシ「君達はここで何をしてたんだい?」

律「あ、それはちょっと言えないないですねw」

タナカ「そんな重要な事を?」

律「私らにとってはかなり重要ですよ!」

キバヤシ(秘密…重要………やはり2012年の終末に関する重要な儀式を!!)



唯「───お?あれりっちゃんたちだよね」

澪「ん?MMRの人たちもいるな、何やってるんだろ」

唯「ほんとだ!」

唯「おーい!りっちゃ~ん!ムギちゃ~ん!あずにゃ~ん!」

律「ありゃ?唯、澪!」

キバヤシ(あの子は朝の───!!)

唯「MMRのかたがた!今朝はどうもでした!」

キバヤシ「ああ、今朝は驚かせてすまなかった」

ナワヤ「キバヤシの奴がいきなりナンパするからびっくりしたぞ」

唯「えー!あれナンパだったんですか!?」

キバヤシ「ご、誤解だ!!」

キバヤシ「それより皆は知り合いかな?」

律「はい!みんな軽音部の仲間ですよ!」

キバヤシ(ケイオンブ?何だそれは…!?)



律「遊んでたら遅くなっちゃったな~」

律「ムギ、梓、練習どうする?」

紬「せっかくだからやっていきましょ!」

梓「そうですね!私もしっかり練習しておきたいし!」

キバヤシ(練習…………いったい何の)

律「それじゃキバヤシさんたち、聡をよろしくお願いします!」

キバヤシ「あ、ああ…」

ナワヤ「任せとけって!」

律「ムギ、梓、行こうぜ!」

唯「がんばってね、りっちゃん!」

澪「また明日な~」



唯「いっちゃったね」

澪「私たちも帰ろうか」

キバヤシ「君、えっと…」

唯「あ、唯です!平沢唯!」

キバヤシ「唯ちゃん、ケイオンブについて聞きたいんだが…」

唯「けい…おんぶ……軽音部は私たちの大事な居場所みたいなものかな?」

澪「だな!軽音部がないと私たちが出会うこともなかったし!」

タナカ「とても大事なものなんだね」

唯「当たり前です!無いと私たち存在すらしませんよ!」

澪「そうだな…世界が終わっちゃうようなものだよね」

キバヤシ「──────!!」

キバヤシ「存在しない……世界が………終わる?」

澪「そりゃあ軽音部があることでこの世界が成り立ってますからね」

キバヤシ「つまり神のようなものなのか?」

澪「?…まあ、神(かきふらい)の意思と言うかなんと言うか…」

唯「それならある意味神様なのかなぁ?」

キバヤシ(ケイ・オンブ────つまり彼女たちの神と言うことか)

澪「……唯、あまり遅くなると憂ちゃんが心配するぞ」

唯「あ、そうだね!そろそろ帰らないと…」

キバヤシ「遅くまですまなかった」

唯「いえいえ気にしないで下さい!お話できて光栄です!」

澪「それじゃ皆さん、さようなら」

ナワヤ「おう、気をつけろよ!」

キバヤシ「また、ケイ・オンブに関して詳しい話を聞かせてくれないか?」

唯「どんとこいですよ!」

唯「いこ!澪ちゃん!」



─────平沢家

唯「でねー!朝の人たちって本物のMMRだったんだよ!」

憂「へぇ~そうなんだ」

憂(あの怪しい人たち…)

唯「キバヤシさんは変な髪形だし、ナワヤさんは変な顔だしw」

唯「タナカさんはやっと顔覚えたよ~」

唯「基本的にこの3人しかまともに喋らないんだよね」

憂「へ、へぇ~」

憂「ねえ、お姉ちゃん、あんまりあの人たちに近づかない方がいいんじゃないかな…」

唯「なんで?皆良い人だったよ?」

憂「でも怪しい人たちだし」

唯「あはは、たしかに変な人たちだよねw」

唯「そういえば軽音部について色々聞きたいって言ってたなぁ…MMRも音楽に興味あるのかな?」

憂(まさかお姉ちゃんをたぶらかすつもりじゃ!?)


6