唯「どうしよう」

ドラ「やっちゃったね唯ちゃん」

唯「でもジャイアンがイジワルしてきたから……」

澪「た、大変なことってどうなったんだ?」

唯「今、空き地に行ったら一年間はハンバーグ食べられないよ」

澪「ひぃぃぃい」

ドラ「とにかく回収しに行かなきゃ」

澪「な、なにをだよ!?」

唯「うぅ…やだなぁ…」



─空き地─

唯「右手見つかった?」

澪「うわあああああもう帰るうううううう!!」

ドラ「ショックガン」ズバ

澪「ギャ!!」パタン

ドラ「騒ぎになるとまずい」

唯「そうだね、ごめんね澪ちゃん」

ドラ「いったん澪ちゃんを土管に隠しておこう」

     「唯ちゃん、足をもって」

唯「うぅ…重たいなぁ…」

ドラ「大体 集まったかなぁ。ジャイアン」

唯「あと何が足りないの?」

ドラ「ろっ骨が一本と脾臓が無いね」

唯「ひぞう?」

ドラ「古くなった赤血球を破壊してくれる臓器なんだよ」

唯「え~、破壊しちゃうの?なんか怖いなぁ…」

 「いらないんじゃない?見つからないし」

ドラ「大事なものなんだよ?」

     「脾臓を摘出した人がマラリアにかかると命にかかわるんだ」

唯「そっかぁマラリャだもんねぇ…」ブニ

 「わっ、なんか気持ち悪いモノふんだ!!うんち!?」

ドラ「あっ、それが脾臓だよ」

唯「これで直せるね」

ドラ「ろっ骨が足りないけど、まぁいいか」

     「復元光線」パー

ジャイアン「……ん?」

     「オレ、なにしてたんだっけ」

唯「わぁ、よかった!!元通りだよ!!」

 「ジャイアンよかったねぇ!!」スリスリ

ジャイアン「わっ、なんだよコイツ!!」

     「気安く抱きつくな!!」ドンッ

唯「わぁあ~」コテン

 「や、やったなぁ~!!」

 「タケコプター!!」ブルルルrィン

ブシャアアアアブバババッバババババb


……

澪「う~ん……ハッ」

 「わっ!?暗くて狭いよぉ!?」

 「わぁぁぁああああ!?」ジタバタ

澪「…ん?あぁ、なんだ。ここ土缶の中じゃないか」

 「唯たちのしわざだな…くそ、狭くて出にくいなぁ」ガサゴソ 

コツッ

澪「あれ?何だろう何かカタイものが指にあたったぞ」

 「細長いけど、この感触は木の枝とかじゃないよなぁ…」モゾモゾ

 「まぁいいや。ふぅ、やっと出られたぞ」

唯「左手見つかった?」

ドラ「こっちにあったよ」

唯「あっ、澪ちゃんだ!!」

 「またやっちゃったから手伝ってくれる?」

澪「ひいいいいぃい赤いいぃぃいいぃぃぃ!?」

ドラ「ショックガン」ズバ

澪「ギャ!!」パタン

唯「騒ぎになるとまずいって言ったのにね」

ドラ「バカだなぁ。本当にバカだなぁ」

唯「あれっ、澪ちゃんが持っているのって…」

ドラ「あっ、ろっ骨」

  「さっき見つからなかったヤツかな」

唯「わぁ、よかった~!!これで今度は完全に治るね!!」

 「結果オーライだね!!」

ドラ「調子いいなぁ」

唯「えへへ~」

ドラ「じゃあ復元光線で直すけど

   もう人に回転させたタケコプターを投げつけちゃダメだよ?」

唯「は~い」

スネ夫「わぁぁぁっぁぁぁぁあああ!!!!」

唯「あっ、スネ夫くん」

スネ夫「あ…空き地が血まみれ…!!!」

ドラ「ショックガン」ズバ

スネ夫「」シュゥゥゥ…

ドラ「あれ?スネ夫くんがなくなった」

唯「それ、ショックガンと違うよ?」

ドラ「あっ、鉄筋コンクリートのビルを

  一瞬で煙に変えるほどの威力を持つ

  熱線銃だった」

唯「わぁああダメだよ~」

ドラ「大丈夫、死体が見つからないなら

   警察は動かないよ」

第1話 おわり




─第2話─


紬「夏休みはフィンランドに行くの~」

唯「わぁ、いいな!!連れてって!!」

紬「えっ、ごめんね唯ちゃん」

 「これは家族旅行だから唯ちゃんは連れて行けないの…」

唯「そ、そんなぁ~」

澪「わがまま言っちゃダメだぞ唯」

律「ムギが困ってるだろ」

唯「ぶ~」

唯「ドラちゃん、私もフィンランドに行きたいよ~」

ドラ「なんだい、やぶからぼうに」

唯「ムギちゃんたら、家族でフィンランドに行くのに

  私を連れていってくれないんだ…」

ドラ「そりゃそうだろうね」

唯「えっ、そうかな」

ドラ「そうだよ」

  「むしろ何故キミが人ん家の家族旅行に

  連れていってもらえると思ったのかを知りたいよ」

唯「あっ…そういえばそうだなぁ」

唯「よく考えると恥ずかしいカン違いだったよー」

ドラ「21世紀のカン違いはレベルが違うなぁ」

唯「それはそうとハワイに行く道具出して~」

ドラ「フィンランドじゃなかったの?」

唯「よく考えたらフィンランドなんか大して興味がなかった」

ドラ「そうだね。名前がフィンファンネルと似てるだけだもんね」

  「じゃあ、どこでもドアを出してもいいんだけど…」

唯「いいんだけど?」

ドラ「なんだかドラ焼きが食べたくなったなぁ」

唯「? 買ってくれば?」

ドラ「唯ちゃんは駆け引きというモノを知らないんだね」

ドラ「ドラ焼きを買いたいけれど お金がないんだ」

唯「ドラちゃんの道具でお金を作れないの?」

ドラ「あまり好き勝手に動くと

  タイムパトロールが 黙っちゃいない」

唯「そっかぁ」

ドラ「唯ちゃんは おこづかい持ってないの?」

唯「持ってるよ!」

ドラ「じゃあ…」

唯「?」

ドラ「ドラ焼きを買ってほしいって言いづらいなぁ」

  「あっ、言っちゃった」

唯「あっ、ドラ焼きを買ってほしかったんだね!!」

ドラ「よかった、伝わった」


……


ドラ「むしゃむしゃむしゃ」

唯「おいしそうだねぇ」

ドラ「脳がとろけるようだよ」

唯「あはは、ドラちゃんって脳みそ空っぽなのに~」

ドラ「ロボットだから脳はないけど

  心に痛みを感じる機能はあるんだよ」

唯「ごめんね…」


ドラ「じゃあ、お腹もいっぱいになったし

  ハワイに行こうか」

唯「やったー!!ハワイハワイ~♪」

テケテテン♪

ドラ「どこでもドア~」

 「さぁ唯ちゃん、ドアを開けば憧れのハワイだよ」

唯「よぉーし、れっつごー!!」

ガチャ

ドッボオォォオォォン

唯「わぁ!?海!?海の真ん中!?」

バチャバチャ

唯「あっぷあっぷ」ガバゴボ

ドラ「ちょっと場所がズレちゃったみたいだなぁ」

  「唯ちゃん、いったん戻って。そのままだと溺れちゃうよ」

唯「で、でも…ガバゲボ、ドアの位置が高くて手が届かないよぉぉ」

  「ドラちゃん、助けて~」ゴボゴボ

ドラ「なんだかドラ焼きが食べたくなったなぁ」

唯「? 買ってくれば?」バシャバチャ

ドラ「唯ちゃんは学習しないんだね」

唯「あっ、買ってくるよ!!だって私おこづかい持ってるから!!」バチャバチャ

ドラ「よくできました」


第2話 完



─第3話─


梓「唯先輩、そこっ!」

唯「えっ、敵が見えたの?」

  「あずにゃんニュータイプだったんだ!!」

梓「なに言ってんですか。今のはギターの間違いを指摘したんです」

唯「なんだ、そうなんだ~」ホッ

梓「なにホッとしてるんですか」

  「新歓ライブも近いんだから、ちゃんと練習しておいてください!!」

唯「うぅ…ごめんね…」グスッ



─平沢邸─

唯「ドラちゃ~ん、練習しないでもギターが上手になる道具出して~」

ドラ「唯ちゃんはそうやって、すぐラクして解決しようとする」

唯「私だって一生懸命やってるよ~…」

 「でも横で あずにゃんが怖い目で見張ってるかと思うと

  頭が真っ白になっちゃって…」

ドラ「ははぁ、唯ちゃんはプレッシャーに弱いんだね。それなら…」ゴソゴソ

テケテテン♪

ドラ「どくさいスイッチ~」

唯「なぁに、それ?」

ドラ「じゃまな者は消してしまえ」

  「すみごこちのいい世界にしようじゃないか」

唯「ドラえもんはそうやって、すぐラクして解決をしようとする」

唯「苦手だからってなんでも消してちゃ

  いつまでも立派な大人になれないよ!!」

ドラ「えらい!!そこによく気がついたね」

唯「だからギターが上手くなる道具出して~」

ドラ「唯ちゃんはそうやって、すぐラクして解決しようとする」

唯「なんだかデジャブを感じるね」

ドラ「そうだね」

唯「なにか時間を操作する道具を使ったんでしょ」

ドラ「使ってないよ」

ドラ「ようは思いこみだよ」

 「練習に対しても梓ちゃんに対しても

  苦手意識をなくしちゃえばいいんだ」ゴソゴソ

テケテテン♪

ドラ「オモイコミン~」

唯「えっ」

ドラ「これを一粒飲んで

  『梓ちゃんなんか怖くない、梓ちゃんは子猫』と思いこめば

  本当に子猫のように見えるんだ」  

唯「で、でも…ドラちゃんがポケットから出したのは

  ネズミの死体だよね…」フルフル

ドラ「あっ、間違えた」サッ

唯「間違えるにしたって

  なんでそんなもの出てきたの?」

ドラ「ボクは殺したネズミを次々と

   四次元ポケットに放り込むクセがあるんだ」

唯「わあああ!!怖いよおお!!」ウヒャー

ドラ「はい、これが本物のオモイコミン」ホレ

唯「手!!さっき、その手でネズミの死体をさわってたよ!!」

ドラ「それがどうした? ぼくドラえ~も~ん」

 「奇妙奇天烈摩訶不思議奇想天外四捨五入出前迅速落書無用」

唯「ドラちゃんが狂ったよ!!」

 「でも、これに比べればあずにゃんなんて怖くないかも!!」ワーッ

憂「よかったね お姉ちゃん!!」


第3話 完



2