――

律「復活ッ!田井中律復活ッ!!」

紬「なんとか、みんな揃ったわね」

梓「本当に良かったですね」

唯「よし!じゃーリハーサルだ!!」

律「んー……」

唯「どかした?りっちゃん?」

律「なーんか、このドラムセット使いにくいなーって……」

紬「使いにくいっていっても……軽音楽部にはこのドラムセットしか……」

律「あーーー!!DIOのドラムセット!!」

DIO「いきなりなんだ」

律「DIOのドラムセットだよ!!あれで練習しすぎて向こうに慣れてるんだ!」

DIO「……下らん。こちらでも一向に構わんだろうが」

律「いや、だってこれもうぼろぼろじゃんか!」

梓「でも、どこにあるんですか?そのドラムセット」

律「あたしの部屋。ちくしょー、運んでちゃ間に合わないし……」

DIO「ならば諦めろ」

唯「でも、それだとりっちゃん失敗する気がするな……私もギー太じゃないと失敗しちゃうもん!」

紬「まあ、慣れてた方が使いやすいって言うのはあるわね」

律「……そうだ、DIO!!」

DIO「断る」

律「まだ何も言ってないだろ!」

DIO「何故このDIOがドラムセットを取りに行かねばならんのだ」

律「いいじゃねーかよぅ!お前足速いし!力あるし!!」

DIO「コイツを使えばいいだろうが」

律「でも、あたしはDIOのドラムセットが使いたいんだよ!!」

唯「DIOちゃん!私からもお願い!!」

DIO「……しかしこのDIOは昼間に外に出るとだな」

紬「外は雨降る直前みたいな天気だし、大丈夫じゃないかな?」

DIO「MUMU!?し、しかし手続きがだな」

梓「その辺ならごり押しで何とかなると思いますけど」

DIO「貴様らどうあってもこのDIOに取りに行かせたいらしいな……」


――

DIO「クソッ!何故このDIOが女子供の使いッパシリなど……」

??「オラァッ!!」

DIO「グッ……何ィ!?このスタンドは……!!」

??「こんな所で何やってるのかは知らないが……」

DIO(何故こいつがここにッ!?いや、そんな事はどうでもいい……)

??「やはり昼間に出歩くテメェほど、気味が悪いもんは無いな」

DIO「何故邪魔をする、空条承太郎!!」

承太郎「学園祭はどうした?……人が集まる所を離れて何をするつもりだ、ええ、DIO?」

DIO「チィ!!ただでさえ時間が無いと言うのにッ!」

―― 本番10分前

DIO(律の家から学校までスタンドの力と吸血鬼の身体能力を持ってすれば2分……片付けられるか?8分で、承太郎をッ!?)

承太郎「叩きのめして学校に送り返してやるぜ……DIO」

DIO「しかし、尻尾巻いてヘーコラ逃げだすなんてのはこのDIOのプライドが絶対に許さんッ!!
    叩きのめすだとォ~~!?フン、二度と刃向かえぬよう、返り討ちにしてくれるわッ!!」

承太郎「オラァッ!!」

DIO「無駄ァッ!!」


―― 本番開始7分前

唯「……DIOちゃん、遅いね」

梓「……何か事件に巻き込まれたんじゃ」

紬「そんな事、あのDIOちゃんに限って無いと思うけど……」

律「……あたしちょっとDIO探してくる!!」

唯「りっちゃん!?」

律「大丈夫!すぐに戻ってくるから!!」

―― 同時刻

承太郎「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァッ!!」

DIO「クッ!」

DIO(やはり、昼間ではいつもの力が出ない……一体どうすれば……)

承太郎「オラァッ!!」

DIO(そうだ……『あそこ』だ……『あそこ』にこいつを誘導できれば……ッ!!)

DIO「クソッ!!」

承太郎(……逃げた?あのDIOが……?)

―― 本番開始6分前

DIO「ここだッ!!」

承太郎「ようやく、鬼ごっこは終わりか?」

DIO「ああ。終わった……このDIOの『完全勝利』でなァ―――――!!」

『       世       界         』   !     !

   ドォ―――――――――――z___________ ン


『    時    は    止    ま    っ    た    』


―― 一秒経過

DIO「この館の鉄柵を抜き!投げるッ!!」

―― 二秒経過

DIO「鉄柵はナイフと違って硬度も重量もあるからなァ――!!簡単に弾けると思うんじゃあないぞッ!!」

―― 三秒経過

DIO「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァッ!!」

―― 四秒経過

DIO「完全に包囲したッ!!喰らえェい!!」

承太郎「やれやれ……耄碌したかDIO?どうして俺が……時を止め、抵抗しなかったと思う?」

―― 五秒経過

DIO「ま、まさかッ!!」

承太郎「『俺が時を止めた』……テメェの手から鉄柵が無くなった時点でな。 追い詰めたつもりだろうが……どうだ?逆に追い詰められた気分は」

DIO「ば、馬鹿な……いつの間に、ここまで」

承太郎「行くぜ?」

承太郎「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァッ!!!」

『  そ   し   て   時   は   動   き   だ   す  』

承太郎「……やれやれだぜ」

   バァ――――――――――――√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ン  !!
                                              ――秋山DIO 『再起不能(リタイア)』?――

承太郎「……なんだ、この違和感は」

承太郎「なにかがおかしい……なんだ……!?」

承太郎「『鉄柵』……どうしてDIOがばら撒いたはずの鉄柵がいつまで経っても地面に『落ちない』ッ!?」

承太郎「奇妙だッ!!もうとっくに時は動き始めている……どうしてこんな事がッ!?」


―― 本番開始5分前

DIO「君が居てくれて助かったよ。プッチ」

プッチ「外から君の叫び声が聞こえたから来てみれば……どうやらまた厄介な事に巻き込まれていたようだね」

DIO「やはり君は私の友だ。必ず私を救ってくれると信じていたよ」

プッチ「礼はいい。……それよりも、今日は学園祭じゃあ無かったか?」

DIO「ああ。急いでいるから私はもう行くよ」

プッチ「成功を祈っている」

                   ――空条承太郎 『再起不能』?――

―― 同時刻

律(あたしのせいだ……もし、もしDIOに何かあってたら……)

律(無事なのか?DIO……頼む、無事でいてくれ……DIO!!)


―― 本番開始3分前

DIO「なんとか、リツの家には辿りつけた……」

DIO「MU?窓にカギをかけているのかッ!?ええい、面倒だ!!」

バキィ!!

DIO「あった、このDIOが贈ったドラムセットッ!!」

DIO「しかし承太郎とやりあったせいで、スタンドパワーが切れかかっている……間にあうかッ!?」

DIO「クソッ、考えている時間も惜しいッ!!」

―― 本番開始2分前

DIO「……あれは……リツ?」

DIO「何をやっているんだッ、あの馬鹿は!!迷惑ばかりかけやがってッ!!」

DIO「クソッ、一旦道路に降りるしかないか」

ズダン!!

律「わわわ!でぃ、DIO!?どうして屋根の上から……」

DIO「説明している暇は無い!乗れ!急ぐぞッ!!」

律「ちょ、DIO!高い高い高い!!なんだよこの高さ!!お前何モンだよ!!」

DIO「昔から言っているだろう、吸血鬼だ!!」

律「信じられるか、そんな事!!」

DIO「少し口を閉じていろ、舌をかむぞ」

律「へ?ひゃああああああああああああええええええええ!!!?」

―― 本番開始1分前

唯「どうしよう、幕があいちゃうよ!!」

紬「……ベースもドラムもいないと、演奏なんか」

梓「待ちましょう」

唯「へ?」

梓「待って、待って待って。それでも駄目なら諦める。それでいいじゃないですか」

紬「……それしかないもんね」

梓「案外、驚かすのが好きだから時間ぎりぎりに表れるつもりなのかも」

唯「ああ!DIOちゃんならそういうのやりかねない!!」

紬「『何を青い顔をしている』とかいいながら?」

律「やばいDIO!あと30秒だ!!」

DIO「分かっているッ!!」

――

ジリリリリリリリリリリリリリリ

梓「……ベルが」

唯「大丈夫だよ、DIOちゃんだもん!」

紬「DIOちゃんだもんね」

――

律「DIO、ベルだ!幕が開くぞ!!」

DIO「フン、想定内だ!!」

『       世       界         』  !     !

   ドォ―――――――――――z___________ ン


『    時    は    止    ま    っ    た    』


梓「間にあわなかった……」

唯「そんな、DIOちゃん!」

DIO「なんだ?」

唯「へ!?」

DIO「ドラムセットを用意していたのだ。貴様等は後ろも見る琴のできん低脳か?」

紬「そんな、いつの間に!?」

律「あたしたち、今……講堂の外に……」

DIO「そんな事はどうでもいい。重要なのは『今、ここのステージの上』という事だ」

唯「そっか!!」

紬「なにはともあれ!」

律「放課後ティータイム!」

梓「全員集合、ですね!」

DIO「MU?待て、バンド名は『DIOの世界』じゃあないのか?」

律「いいから、ほら!前向けDIO!客の前だぞ!!」

ワアアアアア!!

唯「すっごい盛り上がりだね!!」

DIO「フン、このDIOが歌っているのだ。当然だろう」

律「そろそろ時間みたいだな!」
           ゜↓゜
紬「じゃあ、最後に〆の言葉でも残しておいた方がいいかしら?」

梓「はい、DIO先輩!〆お願いします!」

律「わ、ばか!!ライブ終わりのDIOにマイク渡すな!!」

梓「へ?」

唯『最後に!うちのDIOちゃんから一言!!』

DIO『フフフ……最高に『ハイ』ってやつだァ――――――――!!』

                                ――終