唯「さ、さわちゃん先生!!」

紬「どうしてここに」

DIO「どうせ、俺達を驚かせるためにあとで合流しようとして遭難した。という所か」

梓「じゃあ、律先輩は?」

DIO「それはこのDIOにもわからん。こいつは肝試し程度で肝をつぶすような女じゃないしな」

梓「案外、DIO先輩をお化けと間違えてたりして」

紬「確かに、DIOちゃんを暗闇で見ると怖いわね」

DIO「フン」

さわ子「……あら?」

唯「おー、さわちゃん先生おはよー!」

律「……うーん」

DIO「起きたか」

律「……でぃお?」

DIO「ああ」

律「あたし……」

DIO「気絶していたのだ。あの肝試しの森の中でな」

律「そっか……さんきゅ」

DIO「気にするな」

律「……なぁ、DIO」

ガチャ

唯「りっちゃぁ~ん!起きたぁ~~!?」

律「……おお、唯!」

唯「りっちゃん、DIOちゃん!お風呂にはいろ、お風呂!!」

DIO「フン、断る」

唯「えぇ~~!!」

律「……もう!断るってお前なぁ!!裸の付き合いって奴があるだろ!!ほら、行くぞ!!」

DIO「去年は後れをとったが、今年は去年のようにはいかんぞ」

唯「ふっふっふ~、そういうと思って今年は」

紬「四人で!」

さわ子「引っ張っちゃおうかな~」

DIO「なにィ!?」

律「さあ、DIO!観念してレッツお風呂タイム!!」

DIO「KUUUAAAAAAAA!!やめんか貴様等!!そうだ、アズサ!こいつらを振りほどけェ!!」

梓「皆さん。お風呂わきましたよー」

DIO「貴様、裏切りやがったなァ――!!」

梓「ほら、DIO先輩もいつまでも嫌がってないで入りますよ」

DIO「馬鹿な、このDIOが……このDIOがァ――――――z_____!!!」

――

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド……

DIO「……」

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド……

さわ子「DIOちゃんって意外と筋骨隆々ね」

梓「意外でも何でもないと思いますけど」

DIO「なにをジロジロ見ている」

律「いやぁ~、この一年でDIOも色んなところが成長したなァー、ってさ」

DIO「その手をひっこめろ、リツ。このDIOの胸に触ろうとするんじゃあない」

律「んだよー。なんならあたしの触ってもいいぞ!ほれほれ」

DIO「いらん」

唯「……そーっと」

DIO「そしてユイ。何故貴様も腹筋を触ろうとしている」

唯「あ、えと……えへへへへ」

さわ子「ええい!まどろっこしい!!全方位から飛びかかれー!!」

DIO「やめろと言っているんだッ!!」

DIO「フン、このDIOの言う事を聞かんからこうなるんだ」

梓(あああ……死屍累々の山が……)

DIO「その点アズサ。貴様はちゃんと理解しているようだな」

梓「は、はい」

DIO「このDIOはもう上がる。そいつ等は貴様が片付けておけ」

梓「は、はい」

――

DIO「……」

律「う~ら~め~し~や~」

DIO「何のつもりだ」

律「……ちぇ、もう少し驚いてくれてもいいじゃんか」

DIO「貴様が近付いて来ていることなど300m離れている時点から知っていたわ」

律「そか。そりゃばれて当然だわな」

DIO「フン」

律「隣座るぞ」

DIO「……」

律「うーん……海綺麗じゃないな。どうして夜の海ってこんなにおどろおどろしいのかな?」

DIO「海は空の光を反射しているだけだ。このDIOにとっての海はこの色でしかない。
   おどろおどろしいもクソもあるか」

律「へぇ~、やっぱりDIOは物知りだな」

DIO「……それで?」

律「へ?」

DIO「何か話があるのだろう?貴様から俺の方にすり寄ってくるときはいつもそうだ。入部の時といい、作曲の時といい」

律「……DIOに隠し事はできないな」

DIO「それに、今日の貴様は勢いが無い。何かあったと考えるのが当然だろう」

律「あー、ばれてた?」

DIO「ああ、バレバレだ」

律「……なぁ、DIO」

DIO「……」

律「…………お前さ」

DIO「……」

律「……野菜嫌いだったか?」

DIO「なに?」

律「いや、お前、肉しか食ってなかったし」

DIO「……気が乗らなかっただけだ。食いたくなれば食う。
    だいたい貴様等はこのDIOを檻の中のトラか何かと勘違いしているんじゃあないか?」

律「そうだよな!あれは悪かった!!」

DIO「話はそれだけか?」

律「ああ!お前野菜嫌いだったかな、ってずっと気になっててさ!!いやぁ~、胸がすっとした!!」

DIO「ならば帰るぞ。風が冷たくなってきた。湯冷めしてはかなわん」

律「だな!」

――

律「『野菜嫌いだったか?』って……何聞いてんだろ、あたし」

                                                  to be continued→




唯「うん!いい感じに纏まってきたね!!」

紬「これなら今年も成功しそうね」

律「事前にプッチさんとも打ち合わせ出来てるし、曲も軽音楽らしいのばっかりだ!」

DIO「奇妙だ」

梓「へ?」

DIO「この部がここまで順調に進んできた事があったか?……なにか抜けている気がする」

律「ったく、DIOは考えすぎなんだよ!!ここまで来て失敗なんて、なぁ?」

唯「ねぇ?」

ガチャ

和「ねぇ、じゃないわよ。まったく」

DIO「……貴様か。何の用だ」

和「何の用だも何も、これ。アンタ達バンド演奏する気らしいけど出し忘れてるでしょ?」

DIO「なんだそれは」

梓「えっと、『講堂使用許可』……」

和「これを出さなきゃバンドどころか講堂使うこともできないわよ」

――

DIO「何か言いたい事は?」

律「もう許して下さい……」

DIO「どうして貴様は!!大事な事をそうポンポンポンポン簡単に忘れられるんだッ!?
   抜けているのか!?頭のネジがッ!!」

律「うう……」

DIO「即刻仕上げろ。このDIOがこの本を読み終わるまでにな」

律「はい……」

DIO「返事は?」

律「……わん」

唯「久しぶりに見たね、このやりとり」

紬「そうね~、最近はDIOちゃん梓ちゃんに構いっきりだったから」

梓「昔は良くこんなやり取りがあってたんですか?」

さわ子「そういえば私も何度か見た事あるわね」

梓「そんなもんなんですか」

唯「そんなもんだよ!さ、皆で書こう!!」

梓「ところで、バンド名ってなんなんですか?」

唯「平沢唯と愉快な仲間たちだよね?」
紬「充電中でどう?」
律「ザ☆力こぶだな!」
DIO「DIOの世界だ」

梓「見事にバラバラですね」

唯「あれ、平沢唯と愉快な仲間たちじゃないの?」

DIO「何故貴様の名なのだ。DIOの世界で決まりだろう」

律「だから、個人名を入れるよりかは、ザ☆力こぶで」

紬「充電中でもいいと思うけど……」

??「待てェ――イ!名前が欲しいのならこのオレが『名付け親(ゴッド・ファーザー)』になってやろうッ!!
    そうだな、『放課後に皆で集まりお茶を飲む』という意味の『放課後」

さわ子「とりあえず、一晩考えてきたら?」

律「そだな。それが一番かな」

??「ムム!?旗色が悪いなッ!!撤退、撤退ィ―――――――!!」

律「おし、じゃあ今日はこれで終わり!!」

梓(今の人誰なんだろう)

梓「ところで唯先輩。ギター結構汚れてるけど、もしかしてビンテージか何かなんですか?」

唯「ビン……?」

DIO「こいつは手入れをサボっているだけだ。……音がでなくなっても知らんぞ」

唯「ええ!?で、出なくなるの?」

梓「極論ですけど……出なくなる事はあるんじゃないでしょうか?」

律「じゃあさ!今日いつもの店に行くってのはどうだ?そこでギターの整備もしてもらってさ!!」

唯「そうしようそうしよう!!音がでなくなったら大変だもんね!!」

――

??「いらっしゃいませェ―――― イ!!」

梓(あの人さっきの)

唯「ギターの整備をお願いしたいんですが……出来ますか?」

??「ブゥワァァァァカ者がァァァ――――!!ナチスの科学力は世界一ィ―――――!!
    ギターの整備なぞ!!このオレの体を弄るよりも!!!簡ッ単ッだろォ―――――がァ――――z_____!!」

唯「本当ですか!?良かったぁ~」

??「ちょっと待ってろィ!!すぐに作りたてのようにピッカピッカにしてやろう!!!」

DIO「なんだあのナチ公かぶれは……イカれてるのか?」

DIO「……これは」

律「お、なぁDIO。何見てんだ?」

DIO「……貴様には関係ない」

律「なんだよ!見せてくれたっていいだろこのこのぉ~」

DIO「やめろ、集中して読めんだろうが」

律「じゃあ一緒に読めばいいだろ!ケチ!!見せろって」

DIO「貴様には関係ないと言っているだろうが!!黙っていろ!!!!」

律「へ……」

紬「でぃ、DIOちゃん。何もそこまで」

DIO「フン」

律「な、なんだよ……怒鳴らなくてもいいだろ!!DIOの馬鹿!!!!」

ダダダ……

紬「あ、りっちゃん!!」

紬「DIOちゃん、あんな言い方しなくても……」

DIO「このDIOは二度『やめろ』といった。それだけだ」

紬「……うう」

唯「私、りっちゃん追いかけてくる!!」

梓「あ、唯先輩!」

??「ンなんだァ――――!?修羅場かァ―――?」

梓「あなたは黙って整備を続けてください」

??「ハッハ―――!!もう終わッとるわァ―――!!」

バッアァ―――――z_____ ン!!

??「ちょいとツマミがギクシャクするがァ、演奏に支障は生じんンンンン!!」

DIO「……帰る」

紬「あ、DIOちゃん!」

??「さて、修理費の方だが」

紬「後にしてください!!」

律「なんだよ、なんだよ!!あたし、悪いことしたか!?」

律「確かに……横から雑誌を覗こうとしたけど、あんなに怒鳴ること無いだろ!!」

律「なんだよ……ぐす……なんなんだよぉ…………」

律「別にケンカなんて昔からしてるのに……なんでこんなに悲しいんだよ……」

律「……ぐす」


14