律「夏と言えば!」

梓「夏と……言えば?」

紬「夏と言えば!」

DIO「もうそんな時期か」

唯「合宿だーー!!」

――


律「という事で、今年も合宿をすることになりました。はい拍手!」

紬「ぱちぱち~」

唯「合宿だよあずにゃん!」

梓「合宿って……どこでするんですか?」

紬「今年も私の別荘です!」

梓(別荘!?)

唯「あずにゃん、合宿はいいよー、合宿は!なんてったってね~……えーと」

梓「言い淀むって事は……いい事ないんじゃ」

唯「DIOちゃんの腹筋が触れる!!」

唯「痛い……」

律「痛いよなー?アイツのアイアンクロー」

梓「つまり、強化合宿って事ですよね」

DIO「そうだ。と言ってもこいつらは昼間は遊んでばかりだがな」

梓「へ!?なんで……」

紬「DIOちゃんね、太陽の光アレルギーなのよ。太陽の光に当たると煙になっちゃうんだって」

梓「煙!?」

DIO「という事だ。昼間は俺が動けないから遊ぶしかないのだよ」

梓「でも、でも、お昼に練習してもいいんじゃないですかね?」

DIO「それは貴様らで話し合え。このDIOは知らん」

唯「まあまあ!夜は練習するんだし!」

紬「二日に一度だけどね」

梓「ふつかにいちど……」

律「よし、ムギ!しおり作るぞ、旅のしおり!修学旅行っぽくさ!」

紬「いいわね~」

――

唯「でぃーおーちゃーん!迎えにきったよー!!」

梓「……大きい」

唯「ほら、あずにゃんもDIOちゃんよぼ!!」

梓「あ、はい。でぃ」

唯「プッチさぁぁぁぁん!!!!」

梓(誰ー!?)
――

プッチ「そうか、もうそんな時期か」

唯「あれ。DIOちゃんから聞いてませんか?」

プッチ「いや、最近なにか嬉しそうにしていたから、何かあるのだろうとは思っていたが」

梓(蜜柑のスジみたいな髪型だなぁー……)

プッチ「夜までここに居るんだろう?何も無いところだがくつろいでいってくれ平沢唯くんと、えーと……君は?」

梓「み、みかん!?」

プッチ「蜜柑?蜜柑がどうかしたかい?」

梓「い、いえ」

プッチ「そう言えば君と会うのは初めてだったね。DIOから話は聞いているよ。えっと、確か…………中野」

唯「あずにゃんです!!」

プッチ「中野あずにゃん君、か」

梓「梓です」

プッチ「そうそう、小腹は空いていないかい?今から昼食にしようと思っていてね。良ければ君達の分も作るが……」

唯「ほんとですか!やったねあずにゃん!!」

梓「へ?」

唯「プッチさんの料理はおいしーんだよ!ほっぺた落ちちゃうよ!!」

梓「そうなんですか」

プッチ「あずにゃん君は甘いものが好きと聞いている。ついでに何か甘い物がないか探してこよう」

梓「梓です」

唯「よかったね、あずにゃん!」

梓「あずさです!!」

――

DIO「……今年はユイとアズサか」

唯「うん!あずにゃんも一緒だよ!!」

梓「……」

DIO「どうしたアズサよ。乗り気でないのなら来なければ良かっただろう」

梓「……DIO先輩!」

DIO「なんだ」

梓「私の名前は梓です……梓なんです!」

DIO「何を当たり前のことを言っている。それと抱きつくな、暑苦しい」

唯「変なあずにゃんだね」

プッチ「そろそろ日没だ。唯くんもあずにゃんくんも出発の用意をしてくれ」

唯「はーい!」

DIO「だ、そうだ。このDIOもやらねばならん事が残っている、さっさと離れろアズサ」

梓「……」

DIO「だから抱きつくなと言っているだろうがッ!!」

――

DIO「こいつらは、まったく学習というモノをしないらしいな」

唯「……」 すやすや
律「……」 すやすや
紬「……」 すやすや
梓「……」 すやすや

DIO「……次の駅、か」

――

唯「……アイス大盛りっ!!……あれ?」

DIO「何を騒いでいる」

唯「あれ、DIOちゃん。私のアイスは?」

DIO「寝ぼけるな。貴様は今の今まで寝ていたというのにどうすればアイスクリームが手に入るというのだ?」

唯「あー……私寝てたのかぁ!おはよう、DIOちゃん!」

DIO「もう夜中だ」

唯「へ?ああ!こんばんは!!」

DIO「貴様はやはり頭のネジが抜けているらしいな」

唯「……あれ?私背が高くなってる!DIOちゃんよりも高いよ!!」

DIO「周りをよく見てみろ」

唯「へ?…………これは!」

唯「右肩右側、平沢唯!!」

律「はっ!左肩左側、田井中律!!」

紬「……うーん。右肩左側、琴吹紬!」

梓「……」

律「ほら、梓!起きろ梓!」

梓「……ふぇ?」

紬「左肩右側ですよ」

梓「えっと、左肩右側……中野梓」

DIO「中央、秋山DIO」

律「完成!軽音部名物、横トーテムポール!どどーん!!」

紬「ぱちぱち~」

唯「綺麗に決まったね!!」

律「あー、また寝ちゃってたのか」

梓(四人を担いで歩くって……)

唯「ムギちゃん、あとどれくらいで着くの?」

紬「えーと、あと少しね」

DIO「起きたんなら降りろッ!!」

――

DIO「結局、別荘に着くまでこのDIOに担がせやがって……この貸しは重く付くぞ」

律「はいはい!じゃあ、もう夜も遅いし朝まで寝るか」

唯「そだね!おやすみぃ~」

梓「ね、寝ちゃうんですか?」

紬「朝までは外は街灯一つないし、遊べないじゃない?」

梓「だったら練習すれば……」

唯「遊べないなら仕方ないもんね!」

梓「練習……」

律「そーそー!仕方ない仕方ない!おやすみ~」

――

律「WWWWWWWWWMMMMMMMMMYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!」

唯「WWWWWMMMMMMMMMMYYYYYYYYYY!!!」

紬「うぅ~~~みぃ~~~~!!」

梓「な、何を……」

律「ほら、梓も!WWWWWWWWWMMMMMMMMMMMMMMMMYYYYY!!!」

梓「う、うみぃ~?」

律「よし!海入るぞ!!」

梓「なんだったんですか今の!!」

紬「DIOちゃんの真似合戦よ」

唯「そんなことよりほらほら!あずにゃんも泳ごうよ!!」

梓「わわわ!!」

紬「あらあら、元気ねぇ~」

律「お、それは!!」

紬「うん!今年も持ってきたの」

律「……ちょっと貸して」

唯「昆布星人だぞ~~~」

梓「食べられません!生の昆布なんて食べられません!!」

律「そぉい!」  パシャ

唯「ふぇ?」

梓「へ?」

律「油断したな唯、梓!保存、と」

唯「あー!また、また撮られたぁ~~~……」

紬「今年もDIOちゃん喜んでくれるといいわね」

梓「消して下さい!お願いだから消して下さいぃ~~……」

律「なっはっはー、人生とは思い通りに行かないものなのだよ。さ、ムギも泳ごうぜ!」

紬「うん!!」

DIO「もう、夕方か」

DIO「足音……今年はこちらから驚かせてやるか」

ドンドン

唯「秋山さーん!宅配便でーす!!!」

律「アイヤー!ワタシ東洋の薬売りネー!お薬持て来たヨー!!」

紬「コトブキ財団です!!頼まれていた伝書バト連れてきましたー!」

梓「起きてますかー、DIO先輩ー」

唯「ほら、あずにゃんも!!」

梓「……中野鯛焼き店でーす」

唯「DIOちゃん入る」


唯「よ~!……居ない?」

律「ホントだ」

紬「何処行ったんだろう?」

梓「案外私たちの後ろにいたりして」

DIO「いや、部屋の中に隠れているのかも知れんな」

唯「あー、DIOちゃん頭いいね~」

律「よっしゃ!部屋の中を探して……ってDIO!?」

紬「い、い、い、いつの間に後ろに!?」

梓「時を止めたんですか」

DIO「さぁ、どうだろうな。それよりも、もう日が沈む。これからはDIOの時間だ」

律「心臓に悪いだろうが!!」

紬「じゃあ、ご飯にしましょうか」

唯「今年はびーびーきゅーだよ!DIOちゃん、びーびーきゅー!!」

DIO「それは楽しみだ。さっさと用意するか」

梓「じゃあ、私コンロ用意してきますね」

律(……皆強くなったな)

DIO「なにをしているのだリツ。行くぞ」

律「あ、おお!」

DIO「肉が無いではないか。焼け」

梓「DIO先輩お肉ばっかり食べすぎですよ!もうちょっと野菜を食べるべきです!」

DIO「関係ない、焼け」

唯「ほら、DIOちゃん。ニンジンだよぉ~」

DIO[誰がそんな土臭い野菜なぞ食べるか」

紬「体壊すわよ~、はい、ピーマン!」

DIO「KUAAAA!!食わんと言っているだろうがッ!!」

律「……」

DIO「……おいリツ」

律「……なんだよ」

DIO「貴様は何故さっきから無言で俺に玉ねぎを突き付けているのだ」

律「……別に」

DIO「ええい、このDIOは食事くらい一人で出来る!!お前ら全員離れろ!!!」

唯「はーい」

律「……」


――――

律「第一回、軽音楽部肝試し大会~……」

唯「真っ暗だね」

DIO「フン、くだらんな」

梓「……」

DIO「離れろ、アズサ」

紬「じゃあ、チーム分けしましょうか!」

――

DIO「やれやれ、こんな所まで来て貴様と組むのか」

律「なんだ?あたしじゃ不服かぁ~?」

DIO「フン」

律「……なぁ、DIO」

DIO「なんだ」

律「最近DIOいろんな奴と仲良くなったよな」

DIO「知らん」

律「……そっか」

ガサガサ

律「……なぁDIO、今、向こうの方から音しなかったか?」

DIO「音だけではない。何かが『近付いて』来ている」

律「何か、って……ここ、ムギんちの所有地だろ?一体なにが……」

ガサガサ

DIO「下がれ、リツ!!」

『       世       界         』   !     !

   ドォ―――――――――――z___________ ン


『    時    は    止    ま    っ    た    』

―― 一秒経過

DIO「何者かは知らん、が……それは確認すれば済むだけの事」

―― 二秒経過

DIO「WWWWRRRRRYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!MUUN?貴様は……」

―― 三秒経過

DIO「さわ子……どうして貴様がここに」

『  そ   し   て   時   は   動   き   だ   す  』

さわ子「ここどこ~……皆ぁ~……」

DIO「おい、さわ子」

さわ子「ああ、DIOちゃんの幻が……私はここで死ぬのかしら……」

DIO「こいつ、疲弊しているらしいな。仕方ない。担いで帰るか」

さわ子「ああ、体が浮いて……パトラッシュが迎えに……」

――

律「でぃ、DIO……どこ行ったんだよぉ~……」

ガサガサ

律「ひぃ!!でぃ、DIOか!?」

ガサガサ

律「お、驚かすなよ!DIOなんだろ!?……なんだよな……?」

ガサガサ

律「あ……ああ……」

バタン!

DIO「MU?おい、リツ。貴様、こんな所で寝ていると風邪をひくぞ」

DIO「返事が無い……コイツも気絶しているのか」

DIO「ええい、世話の焼ける奴だ!!」

――


13