――

梓「えっと、確かこの階段を上に……」

DIO「ふう、あいつらの帰りをただ待つだけというのもつまらないな。誰か見学にでも来ないものか……ん?」

梓「……」

DIO「ギターを背負っている……と言う事は新入部員か?」

DIO「しかし気になるのは……あの女、『音楽室が眼中にない』という事だ。この上……ジャズ研究会を目指しているのか?」

梓(……あの人、なんで上半身裸でこっちを見てるんだろう)

DIO「フフフ。このDIO直々に勧誘すると言うのも悪くない」

DIO「そこの女、軽音楽部に入らないか?」

梓(無視しよう…・…絡まれたら面倒だし)

かつ、かつ……


梓「!?」

梓(私は今、階段を上ってあの人を追い越したはずなのに……どうして元の場所に!?)

DIO「無視は良くないな。質問にはきちんと答えるようにと先生に教わらなかったか?」

梓(気のせい、だよね……)

かつ、かつ……


梓「え!?」

DIO「オイオイどうした。素っ頓狂な声を上げて。何かあったかい?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……

梓(気のせいなんかじゃない!『何か』が起こってる!!)


梓「くっ!!」
ダダダ……


梓「っまた!!」

DIO「フフン、無駄無駄無駄。ところで、その背中に担いでいるのは……ギターだな?」

梓「だったら、なんだっていうんです?」

DIO「そんなに身構えないでくれ。私もベースをやっていてね。少し『聴かせて』貰えると嬉しいんだが……」

梓(歩いても走っても上には行けない……一体どうすれば!?)

DIO「なぁ、『中野梓』?」

梓「な、なんで私の名前を!?」

DIO「さて、どうしてかな……フフフ」

梓(この場に留まるのはマズイ!今日はもう帰ろう)

ダダダ……


梓「……」

DIO「どうした。ハトが豆鉄砲食らったような顔して」

梓(ダメ、『降りる事』もできないッ!!)

梓(何が起こってるの!?『わけが分からない』!!)

DIO「そう怖がらないでくれ、取って食おうとしているんじゃあない。
   中野梓。このDIOは『ジャズ研究会』ではなく、『軽音楽部』の見学をしていけばどうだ、と誘っているのだ」

梓「どうして、その事を?」

DIO「どうしてかな?」

梓「……何をしてるんですか?」

DIO「さあな」

梓「私が動けないのも、あなたのせいですか?」

DIO「どうだろう?」

梓「つまりこういうことですか。私が『軽音楽部』を見学しない限りここから離れられない」

DIO「Exactly(その通りだ)」

梓「……あなたの言う事に従いたくなければどうすれば?」

DIO「断ってくれて構わない。ただ、『帰れ』ないだろうがなァー」

梓「……」

ドドドドドドドドドドドドドドドドドド……

DIO「どうする?見学していくかい?」

梓「……いやです」

DIO「そうか、それは悲しいな……
   見学したくなったらいつでも言ってくれ。俺はいつでもここにいるからな」

梓(……どうしよう。このままだとなにも出来ない。根競べに持ち込んでも、精神的優位が向こうにある以上負けは見えてる)

DIO「フフフ、楽しいなぁ。アズサよ」

梓「私は楽しくないです」

DIO「軽音部に入れば何が楽しいのか分かるぞ?」

梓「何か分からないけど、力づくで勧誘している人のいいなりになるのはごめんです」

DIO「フン、下らない真実を振りかざし、正義のヒーロー気取りか?」

梓「事実を事実として言っているだけです」

ドドドドドドドドドドドドドドドド……

DIO「フフフ……ハッハッハッハッハッハッハ!!
   気に行ったぞ中野梓!このDIOに対してその物言い。気に行ったッ!!入ってもらうぞ、軽音楽部にッ!!」

律「なーに廊下で大声出してんだお前は!」

DIO「帰ってきたのか、リツよ」

律「あー!お前何部室の外で上半身裸になってんだ!!わいせつ物陳列罪で訴えられ手もしらねーぞ!!」

DIO「ギャーギャー騒ぐな、五月蠅い」

梓「今だ!!」

ダダダ……

DIO「……貴様のせいで逃げられてしまったじゃあないか」

律「ん?今の子は?」

DIO「このDIOがせっかく勧誘していたと言うのに」

律「ということは今の子、一年生か!?」

DIO「どうもジャズ研究会を見に来たようだがな」

律「かー、惜しいことした!なんで部室の中に引きずり込まないんだよ!!」

DIO「貴様が来るまでは捕らえていたんだ」

律「なに言ってんだ、あの距離で」

DIO「貴様には理解できんだろうな」


――

唯「今日も見学来ないねー」

紬「もう入ってくれないのかも……」

DIO「さて、どうするね?部長殿よ?」

律「んー、新入生歓迎演奏とかどうだ?」

唯「あ、それいいかも!!」

DIO「成程、軽音楽部らしく攻めると言う事か」

紬「新曲もあるし、それの発表を兼ねてって言うのもいいかもね」

律「よし!じゃああたし場所押さえてくるからDIOたちはビラ作っといて!」

紬「まかせて!」



梓「……」

梓(あれ以来あの裸の人とはあってない……そろそろほとぼりも冷める頃かな)

ドドドドドドドドドドドドドドドド……

梓「!?」

きぐるみA「おねがいしまーす!」

きぐるみB「軽音楽部でーす!」

きぐるみC「……受け取れ」

きぐるみD「お願いしまーす!!」

梓(『居る』ッ!見えないけど確かに分かる……あの中に居る……この前の裸の人がッ!!)

梓(何とか関わり合いにならないように通り過ぎなくちゃ……)

きぐるみC「……あいつは」

きぐるみD「お?あれDIOが勧誘してた子じゃんか」

きぐるみC「すこし席を外すぞ」

きぐるみD「ちょっと待て!チラシ持ってけチラシ!」

きぐるみC「フン」

きぐるみC「何をコソコソ逃げようとしている?中野梓」

梓「……くっ!」

きぐるみC「オイオイ、久しぶりの再会というのに酷い反応だな。そんなに私が嫌いか?」

梓「何の用ですか」

きぐるみC「なに、今回はチラシを受け取ってもらおうと思っただけでな。どうだ?バンド公演をするんだが……」

梓「いりません、そこにあるごみ箱に捨てておいてください」

きぐるみC「三度目は無いぞ。『このチラシを受け取れ』」

梓「こちらも同じです。『いりません』」

きぐるみC「頑なに受け取ろうとしない、か。それもいい。それなら無理やりにでも受け取ってもらうまでだッ!!」

『       世       界         』   !   !

   ドォ―――――――――――z___________ ン


『    時    は    止    ま    っ    た    』


―― 一秒経過

DIO「向こうで配っている三人のチラシを回収しッ!!」

―― 二秒経過

DIO「それをアズサの頭上でブチ撒けるッ!!」

―― 三秒経過

DIO「さらにこのDIOのチラシをアズサめがけて手裏剣のように投げて360度を包囲ィ――!!」

―― 四秒経過

DIO「駄目押しにもう一枚、鞄の中に突っ込んでおいてやろう」

―― 五秒経過

『  そ   し   て   時   は   動   き   だ   す  』

梓「……な!?」

どしゃ!

DIO「MU?紙に埋もれてしまったか」

梓「きゅ~~~……」


――

DIO「……何故このDIOが説教を受けなきゃならんのだ」

和「アンタがチラシをばら撒いた揚句、一般生徒に迷惑をかけたからよ」

DIO「だからと言って貴様の指図を受ける理由は無いッ!」

和「……いいの?」

DIO「なにィ?」

和「あんまり逆らうようなら公演取り消しにするけど、いいの?」

DIO「クッ、卑怯者が!」

和「はいはい、いいから反省文書いて」

――

梓「……酷い目にあったなぁ」

梓「でも、チラシは受け取らなかったし。今回は私の勝ちだよね」

梓「……あれ?鞄の中に……『チラシ』!?」

梓「いつの間に!?……私に気付かれずに鞄の中に突っ込む余裕なんてなかったはず……」

梓「こんなの、時でも止めない限り出来っこない……」

梓「……時を止める?」

梓(ふざけたことだけど、これだと全部に説明がつく)

梓(時間を止めれば階段を上っても引きずり降ろせるし、チラシを調達する事も出来る)

梓(という事は、あの裸の人は……『時』を止めることができるッ!?)

梓「流石にありえないか、それは」

梓「でも……行ってみようかな、公演」

――

梓(わ、人がいっぱい……)

DIO「しかし暇人もいたもんだな。ここまで聞きに来るとは」

梓(あ、あの人の声だ)

DIO「次の曲は……文化祭で聞いた奴も多いだろう。ユイではなくこのDIOが歌う『VOODOOKINGDOM』だ」

梓(あの人、ボーカルだったんだ……)

律「わんつーすりーふぉー!」

――

梓「……」

憂「あれ、中野さん?」

律「結局、見学ゼロかー……」

紬「唯ちゃんの歌も良かったのにね……」

唯「そう言えば、プッチさんの新しく書いてきた『エイジャ』って曲、どんな内容なの?」

DIO「なんでも、完全な生命を生みだす秘宝だと言っていたな」

唯「ふぇ~」

ガチャ

さわ子「みんなー!新入部員よ!!」

律「マジでさわちゃん!?」

さわ子「マジもマジ!大マジよ!!ほら、入ってらっしゃい」

梓「……」

律「あ、この子……」

DIO「……ようやく来たか」

梓「……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

DIO「……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

さわ子「な、なんでDIOちゃんと中野さんはにらみ合ってるの?」

律「あたしにも、なんだかさっぱり……」

唯「く、空気が重い……」

紬「そ、そうだ!私お茶淹れてきますね!!」

律「わ、待てムギ!逃げるな!!」

紬「空気が、空気が」


DIO「外野が五月蠅いな。少し黙らせるか?」

梓「心配いりません。声は聞こえます」

DIO「フン、ならばそちらから話を始めてはどうだ?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

*1 ))


DIO「あれだけ抵抗していたのに、すんなりと入ってくれるのだな」

梓「別に軽音楽部に入ろうと思ったんじゃありません。少しでも上を目指そうとして、残った所が軽音楽部だっただけです」

DIO「フン、口は達者だな。ギターの方はどれほどなのか」

梓「少なくとも、迷惑はかけないと思います」

DIO「そうか……フフフ」

梓「な、何がおかしいんですか?」

DIO「モンキーにもなれない小動物がいっちょ前にこのDIOを警戒しているようなのでな。
   最初にあった時も言っただろう?身構えなくてもいい、と」

梓「……でも」

DIO「でも、なんだ」

梓「時を止めたりしませんか?」

*2 ))

DIO「成程、気付いていたか。……あれはこのDIOも戯れが過ぎたと反省している。この場では使わないと誓おう」

*3 ))

梓「信用できません」

DIO「信用できないならそれでもいい」

DIO「貴様がどんな理由からこの部に入ろうとしたかも、俺にどんな感情を抱いているかも関係ない。
   中華の王だった奴の言葉にこう言ったモノがある。『唯才のみを挙げよ』
   俺は貴様の才を信じ、貴様を歓迎しよう」

梓「……はぁ」

DIO「さて、それでは立ち話もなんだしそこに座ってくれ。お茶にしよう。
   ツムギ、頼めるかな?」

紬「は、はい!」

梓「あの、練習は……?」

DIO「一服してからでも遅くは無いさ」

梓「そう、ですか?」

DIO「ああ。お茶でも飲みながら話しでもしよう。それが友好関係を築く第一歩だ」

梓「じゃあ、お言葉に甘えさせて頂きます」


新入部員!

                         to be continued→



11