律「みーーーんなーーーーーー!!!」

律「クリスマス会のチラシが出来ましたー!」

DIO「クリスマス会……?」

唯「おおー!楽しそう!!」

紬「いいわねー。クリスマス会!みんなで一緒に!」

律「そそ、皆で飯食って、ゲームして、プレゼント交換!」

DIO「なになに?『12月24日、ツムギの家に1000円を持って集まるべし』か」

紬「あ…………あの」

律「へ?どうかした?」

紬「ごめんなさい……私の家はちょっと……」

律「何か用事があるのか?」

紬「その、家族が人を呼んでパーティをやるみたいで……」

唯「あ、そうなんだ……じゃあどこでしよっか?」

紬「りっちゃんの家は?」

DIO「やめておけ。足の踏み場もないぞ、あそこは」

律「じゃあDIOの家か?」

唯「そうだ!DIOちゃんの家広いし、大丈夫そうだよね?」

DIO「残念だが、クリスマスにあの家を使うのは無理だ。プッチの教会の信者がクリスマスパーティをやるらしいからな」

律「駄目かぁ……」

紬「じゃあ、唯ちゃんの家は?」

唯「大丈夫だと思うよ。憂もいるし」

DIO「……あのよく出来た妹か」

律「あれ、DIOって憂ちゃんとあった事あったか?」

DIO「貴様等には関係ない」

律「へーへー。じゃあプレゼントかってクリスマスに唯の家に集合な!」

――
DIO「フン、クリスマス会だと?くだらんな」

プッチ「おや、DIO。今日も機嫌がよさそうで何よりだ」

DIO「ああ、プッチ。いい所に。君、今週末は空いてるかい?買い物に行きたいんだが」

プッチ「ほう、何を買うんだい?」

DIO「プレゼントを少々、な」

プッチ「とりあえずお金は結構下ろしてきているから、必要になったら言ってくれ」

DIO「すまないな、プッチ。……さて、何を買うか」

憂「あれ、DIOさん?」

DIO「貴様は……ウイか」

憂「お久しぶりです。いつも姉がお世話になっています」

DIO「ほう、すごい量の荷物だな。何をそんなに買い込んでいるのだ?」

憂「えっと、クリスマスパーティの料理の材料です。何を作ろうか考えてると買い込みすぎちゃって……」

DIO「ほう」

憂「期待してて下さいね!腕によりをかけて作りますから!!」

DIO「……生まれてくる順番を間違えたのか」

憂「何か言いましたか?」

DIO「いや……それよりもウイ、今急いでいるか?」

憂「へ?いえ……別に」

DIO「そうか、ならば丁度いい。買い物に付き合ってもらうぞ」

憂「あ、はい。分かりました」

憂「何を買うんですか?」

DIO「……何を買えばいい」

憂「へ?」

DIO「一つは買うモノが決まっているが、もう一つがまだ決まっていなくてな」

憂「えっと……じゃあ誰に送るものなんですか?」

DIO「プレゼント交換に出すものだ」

――

憂「これなんかどうでしょう?」

DIO「……こんなものを貰って喜ぶのか?」

憂「私は嬉しいですよ!」

DIO「よく分からんな……しかし、そういうことならこれにしておくか」

憂「それで、もう一つは何を買うんですか?」

DIO「……帽子だ」

憂「帽子?」

DIO「ニット帽を買おうと思ってな」

憂「ありがとうございました!荷物まで持ってもらって」

DIO「フン。情報に対して対価を払うのは当然だろう。
   それに、貧弱なモンキーごときが持つにはこの荷物は多すぎるだろうが。買い込みすぎだ、何度かに分けて買い出しに行け」

憂「あう……ごめんなさい」

DIO「今度から気を付けろ」

憂「はい!それじゃあ、クリスマスに!」

DIO「……ああ」

――

プッチ「悪いね、私の荷物まで持ってもらって」

DIO「気にしないでくれ。そんな重い荷物を持って君が倒れてしまっては困るからね」

プッチ「フフフ」

DIO「何を笑っているんだい?プッチ」

プッチ「これは予想でしかないけどね、DIO。先ほどの少女にもそう言いたかったんじゃあないか?」

DIO「……何を言っているのか分からないな」

プッチ「あくまで予想だ。気にしないでくれ」

DIO「やはり君は意地が悪いな、プッチ」

律「それでは、只今より軽音楽部主催!クリスマスパーティを始めます!!」

「「「「「かんぱーい!!!」」」」」

DIO「……フン」

唯「ほら、DIOちゃんかんぱーい!かんぱーい!!」

DIO「無理矢理グラスをぶつけようとするな」

和「あなたが……噂の秋山さん?」

DIO「……貴様は?」

唯「私の友達で和ちゃんだよ!」

和「よろしくね」

DIO「フン」

和「……聞いた通りの性格ね、まったく」

さわ子「秋山さん!プッチさんはどこにいるの!?」

DIO「プッチは今日は来ないぞ。教会のクリスマスパーティがあってるからな」

さわ子「ええええ!?せっかく会えると思っておめかししてきたのに……」

律「何でいるのかと思ったらそんな理由だったのかよ……」

さわ子「もうヤケクソよ!!ほら、プレゼント交換しましょう!!」

律「そういや、DIO。ちゃんとそれらしいプレゼント買って来てのか?」

DIO「貴様はこのDIOを馬鹿にしているのか」

律「いや、お前の事だから『ジョセフの搾りカスだッ!』とか言って死体でも押しつけてきそうだし」

DIO「……貴様の世界では死体はこんな小さな箱におさまるのか?」

紬「あら、可愛い箱。何が入ってるの?」

DIO「それは言えん」

律「まさか骨壷!?」

DIO「KUUUUUUUAAAAAAAAAAA!!!!」

律「痛たたたたたたたたた!!やめろDIO!!アイアンクローやめろ!!」

さわ子「ねー、始めましょうよぉ~」

和「もう少し待ったらどうですか?」

――

律「ごめんなさい、自分クリスマスだからって調子に乗ってました……」

DIO「フン!」

さわ子「じゃあ行くわよ!歌が終わったら交換終了!!せーの!!」

律「じんぐるべーるじんぐるべーる!!すっずっがーなるー!!」

唯「きょーはーたのしークリスマスーー!!」

紬「それそれー!」

DIO「WWWWWWWWRRRRRRRRRRRRYYYYYYYYYYYYYYY!!」

憂「わわわ、DIOさん速いです!回すの速いです!!」

DIO「関係ない!回せェーーー!!」

和「誰か秋山さん止めて!!これ危ないから!!!!」

――

DIO「さて、このDIOには何が来たのかな?」

DIO「MU?これは……ティーセットか」

紬「ああ、私のですね。気にいった?」

DIO「……ありがたく頂いておこう」

紬「そう。良かった!」

和「……これ」

DIO「ほう、貴様がこのDIOのプレゼントに当たったか。光栄に思え」

和「はぁ……」

律「なになに?何が入ってた?骨か?肉か?脊椎か?」

和「えっと……これ、ネックレス?」

DIO「銀は縁起が悪いが、こういうのが人気だと聞いたからな」

律「……なんかDIOっぽくないな」

DIO「当たり前だ。選んだのは俺ではないからな」

さわ子「もしかしてプッチさんが選んだものなの!?」

DIO「違う」

さわ子「チッ、違うのか!」

和「あってたらどうしようと思ってたんですか……」

さわ子「いや、それはね?えへへ」

和(取る気だったのか)
和「まあいいわ。ありがとうね、秋山さん」

DIO「DIOだ」

和「へ?」

DIO「秋山と呼ぶな。DIOの方が分かりやすいだろう」

和「ああ、そういうこと。……わかったわ。ありがとう、DIOちゃん」

DIO「ふん」

さわ子「じゃあじゃあDIOちゃん!私、プッチさんとお友達になりたいなー!」

DIO「アイツは神父だ。女とは関係を持とうとしないがそれでもいいのか?」

さわ子「え?……うーん」

――

律「いきなりですが、一発芸ターイム!!」

唯「え、ホントにやるの!!?」

憂(え、本当はやらないはずだったの!?)

律「一番手は……DIO!君に決めた!!」

DIO「なにィ?」

律「みんなをあっと言わせる一発芸をやってくれよな!!」

DIO(こいつ……何も聞いていないぞ!このDIOに赤っ恥をかかせようとしているのか!?
   何かないか!?何か……いい一発芸が……!)

DIO「一番、秋山 DIO……」

律(へへーんだ。アイアンクローのお返しだ!せいぜい惨めな姿をさらすんだな!!)

DIO「時を止める」

律「は!?お前何を」

『       世       界         』  !   !


 ドォ―――――――――――z___________ ン


『    時    は    止    ま    っ    た   』

―― 一秒経過
DIO「これが『世界』だ。もっとも、スタンドを知覚する事も出来ない貴様等には止まった時を感じることすらできんだろうがな」

―― 二秒経過
DIO「……ちょっと待て、せっかく時を止めたのはいいが誰も気がつかなければ意味がないじゃないか!」

―― 三秒経過
DIO「クソッ、考えが甘かったか!?どうする!!」

―― 四秒経過
DIO「駄目だ、時間が足りないッ!!限界だ!!」

―― 五秒経過

『  そ   し   て   時   は   動   き   だ   す  』

律「言ってんだよ!時止めるなんて……イカれてるのかー?」

DIO(どうする、どうする、どうする!?何かないのか、一発芸として使えそうな能力は……)

DIO「そうか!あれがあった!!」

律「へ?何かあるのか?」

DIO「記憶の海の中に沈んでいたが……思い出したぞ、『あれ』ならあるいは!」

紬「あれって?」

DIO「気化冷凍法だ」

憂「きか、れいとうほう?」

DIO「ちょっとした手品と思ってくれればいい。今から……そのびっくり箱を一瞬で凍らせてやろう」

さわ子「え、できるの?そんな事」

DIO「貸してみろ。行くぞッ!!無駄無駄無駄ァ――――――――――!!」

   カキィィーン

律「こ、凍ったッ!?」

DIO「フン!!」

和「そして砕いたッ!?」

唯「わー!すごいすごい!!ホントに凍っちゃった!!冷たいねー憂!」

憂「どうやったんだろう?」

さわ子「わ、私の貰ったプレゼントが……粉々に……」

DIO「さぁ、リツよ」

律「!!」

DIO「次は貴様だ。この企画を知らなかったこのDIOよりすごいものを見せてくれるのだろうなァー?」

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド……

律「えっと、その……はは」

DIO「ほら、早くしろ。皆期待しているぞ」

律「あ、あっと……」

――

律「くっそー!DIOのせいで恥かいただろー!!」

DIO「フン、俺に赤っ恥をかかせようとしていたくせによく言うわ」

律「それは謝ってるじゃんか!もう!」

律「お?」

DIO「雪か」

律「ホワイトクリスマスかー!なんか縁起いいな!」

DIO「寒いだけだ」

律「お前なぁ!もうちょっと感受性って奴を持てよ!!」

DIO「余計な御世話だ」

律「ちぇー、ロマンチックなのになー」

DIO「……おいリツ」

律「ん?なんだ?」

DIO「くれてやる。ありがたく受け取れ」

律「んー?これ……ニット帽か?」

DIO「貴様のデコを見ているとこちらまで寒くなるからな。隠しておけ」

律「お前はいつも一言多いんだよ!!……でも」

律「へへ、あったかいな。これ。さんきゅーDIO!」

DIO「フン、キリキリ歩け」


――

律「……来ない」

DIO「何をぶつぶつ言っている」

律「新入部員だよ!もう入学式から一週間もたつのに来てくれたのは憂ちゃんだけ!こりゃあ悲しいじゃありませんか!!」

唯「んーでも、どうしよっか?」

律「こうなったらあれをするしかないな」

紬「あれって?」

律「勧誘だよ!!」


10