現在の放課後ティータイムメンバー

顧問 山中さわ子

部長 田井中律(ドラム)
部員 秋山 DIO(ベース・ギター・作曲)
    琴吹 紬(キーボード)
    平沢 唯(ギター)

外部員 エンリコ・プッチ(作詞・編曲)





律「DIO-、歌詞出来たか?」

DIO「大丈夫だ。といっても作ったのはプッチだがな」

プッチ「ああ。我ながら会心の出来だよ」

さわ子「どんな感じになったんですか?良ければ見せてもらっても……」

プッチ「もちろん、そのために今日はここに来たんだからな」

律「えっとどれどれ?」

Look into my evil eyez
See somethin' inside 時代をも抱いて
お前を殺めんばかりの My mind
凍るような My spine
囚われたまま災いから
You wanna run away or wanna die?!
今 Sadistic な愛に支配されて
Oh,This world's so damn fine

律(うっわー……なんて言うかこれは……)

さわ子(曲には合ってるけど、女子高の文化祭には合わないかも……)

プッチ「どうかな?」

律(めっちゃ自信満々だァー!)

律「え、えっと……これはその……ゆ、唯はどう思う!?」

唯「かっこいい……」

律(うっとりしてるゥ!?)

唯「これすごいよプッチさん!読めない所もあるけど、でもすごくかっこいいのは分かるよ!!ありがとうプッチさん!!」

プッチ「礼ならDIOに言ってくれ。この歌詞は彼の歌詞なんだからな」

唯「ありがとね!DIOちゃん!!」

DIO「お前の喜びは分かったから抱きつくな。暑苦しい」

律(だ、駄目だ!唯はもう手遅れ……ムギは!?)

紬「素敵……」

律(こっちもうっとりしてるゥーーー!!?)
律「で、でも英語歌詞だぞ!?」

紬「良いと思います」

律「内容も意味不明だし!!」

紬「いいんじゃないですか?」

律「いや、この曲学園祭でやるとして、ムギはホントにこんな曲でいいのか!?」

紬「Oh,Yes...」

律(だ、駄目だこいつら……イカれてやがるッ!)

律(そ、そうださわちゃん!なんか微妙な顔してたし、顧問権限でこの歌詞を取りやめに!!)

律「さわちゃんはどうよ?この曲!!」

さわ子「そ、そうね……確かにこの曲は……」

さわ子(いや、ちょっと待って……この歌詞はプッチさんが作ったのよね?
    と言う事は、この歌詞を否定するとプッチさんの私に対する心象が悪くなるかも……)

さわ子「わ、私もぉ~、この歌詞、良いと思うなぁ~~」

律「何ィ!?」

DIO「満場一致か。ならばこの歌詞で問題ないな」

律「ちょちょちょちょっと待てよ!まだあたしは……」

DIO「俺の曲と言う事は歌うのはこのDIOでいいのか?」

プッチ「そのつもりで書いたんだが……どうだろう?」

唯「私は……まだギター弾きながら歌えるほどじゃないし……」

紬「私もその、歌はちょっと……」

DIO「フム、ならばこのDIOが歌おう」

律「人の話を聞けェ―――――z____!!」

律「だいたいなぁ!高校生が学園祭で歌うんだぞ?神父さんには悪いが、これは次回と言う事でェ」

DIO「そうか。と言う事はリツ、貴様はこのDIOの提案に反対ということか?」

律「いや、反対というか、なんというか……」

DIO「それに、曲について一任すると言ったのは貴様だろう。それがなんだ?自分の想像と違うから作りなおせ?
   何事も自分の思い通りになると思っているのか?それとも脳ミソがクソで出来ているのか?」

律「む、なんだよ!そんな言い方しなくてもいいだろ!!」

DIO「黙れッ!!この歌詞の侮辱はそのままこのDIOへの『挑戦』と受け取らせてもらうッ!!
   口の悪い犬には……お仕置きせんとなァ~~?」

律「ヒィ!?」

――

DIO「で、何か言いたい事は?」

律「……ごめんなさい。あたしが間違ってました」

DIO「フン、だったら最初から逆らうんじゃあない」

律「……はい」

DIO「返事は?」

律「……わん」

唯「りっちゃん、大丈夫?」

律「……くぅん」

紬「大丈夫。もうDIOちゃんも怒ってないわよ」

律「わんわん」

DIO「おいリツ。いつまで犬ッコロの真似などしているのだ。とっとと練習を始めるぞ。
   なんせもう学園祭まで時間がないのだからなァ」

律「うう……覚えてろよ、DIO……」

DIO「ならば次回からはお前とプッチで歌詞を作ればいいだろう。ただし曲を作るのはこのDIOだがな」

律「そうさせてもらうよ!」

紬「じゃあそろそろ、お茶片付けますね」

プッチ「おっと、その前に最後に一杯、頂けるかな?」

唯「じゃあじゃあ私もー!」

さわ子「私も貰えるかしら?」

DIO「ならば俺ももらおうか」

律「練習するんじゃねぇーのかよ!!」

DIO「一服終わってからでも遅くは無いさ」


……

DIO「とうとう本番当日」

DIO「というのに、どうして誰も音楽室におらんのだッ!?」

DIO「まさか奴ら……放棄する気か?」

DIO「……仕方ない。首根っこをひっ捉えて連行してやるッ!」

――

唯「いらっしゃーい!いらっしゃーい!!」

ドドドドドドドドドドドドドドドドドド……

唯「ん?……この威圧感、さては」
唯「居るのは分かってるんだぞ!出て来いDIOちゃん!!」

DIO「ほう、よく分かったな」

唯「えへへ、当然だよ!なんたって友達だからね!!えっへん!!……で、焼きそば一つでいいんだよね?」

DIO「違う、リハーサルだ。音楽室へ行くぞ」

唯「ふぇ?えっと……ごめん!朝一番最初に当番になってて」

DIO「そんなものその辺のモンキーにやらせればいいだろう。行くぞ」

唯「うわっとぉい!おぉ~~、DIOちゃんすごいねー!!私肩に担がれるの初めてだよ!!」

DIO「黙って口を閉じてスカートを押さえていろ。舌を噛んで死んでも知らんぞ」

律「はいどうもー!っと、結構客が多いな……」

ドドドドドドドドドドドドドドドド……

律「……このいやーな感じ……もしかして」

唯「おおーい!りっちゃん!!迎えに来たよぉ~!!」

律「意外ッ!それは『唯』!!じゃなくて、なにやってんだ唯。DIOの肩の上で」

DIO「リハーサルをするぞ、音楽室に来い」

律「あー……悪いDIO!流石にあたしはこっから動けなくてさ!」

DIO「フン、関係ない。動けないなら無理矢理連れていくまでだ」

律「わっちょぉ!?馬鹿、DIO!見える!!スカートの中が見える!!」

DIO「だまってスカートを押さえていろ。……さて、後はツムギか」

唯「ムギちゃんならお化け役だって言ってたよ!」

DIO「ホウ……ならばこの中、という事か」

律「おろせって言ってるだろ!!」

DIO「黙っていろと言っているのだ。黙らんと足を持って運ぶぞ」

律「う、うう……」

紬「うらめしや~」

ドドドドドドドドドドドド……

紬「あら、この感じ」

唯「私だ!」

律「それにあたしだ!!」

DIO「さらにこのDIOだ」

紬「まぁ、楽しそう。私も担いでもらえるの?」

DIO「リハーサルをするぞ。ついてこい」

紬「……ごめんねDIOちゃん。次のお化け役が来るまで……」

DIO「関係ない。ユイ、ちょっと首の方に寄れ」

唯「らじゃ!よいしょ、よいしょ」

紬「あら、結構高いのね~」

唯「ちゃんとスカート押さえておかないと中身見えちゃうから、気を付けてねムギちゃん!」

紬「分かった。よいしょ~」

DIO「フン、最初から素直について来ていればよかったのだ。さっさと音楽室に行くぞ」

さわ子「あら、音楽室には誰もいないのね。……練習はいいのかしら?」

DIO「問題ない。今から練習するのだからな」

さわ子「DIOちゃん!……えぇ!?」

唯「右肩右側、平沢唯!!」

紬「右肩左側、琴吹紬!!」

律「左肩、田井中律!!」

DIO「…………」

唯「ほら、DIOちゃんも!」

DIO「……中央、秋山DIO」

さわ子「……えっと?」

唯「さぁ練習だー!」

紬「頑張ろー!」

律「ええい、こうなりゃヤケクソだー!!」

さわ子「あ、あの……秋山さん、さっきのって?」

DIO「気にするな」

――

律「うん。前よりも格段に上手くなってるな」

紬「これなら本番も大丈夫そうね」

唯「DIOちゃんの歌!前にもましてカッコよくなってるしね!」

DIO「フン、当然だ」

さわ子「本当、ここまですごいとは思わなかったわー」

律「そういやさわちゃんはどうしてここに?」

さわ子「ああ、そうそう!衣装を作ってきたの!!皆の分ね」

紬「本当ですか?ありがとうございます!」

唯「わー、これ可愛いー!」

さわ子「DIOちゃんのは、これね!」

DIO「不要だ」

さわ子「へ?」

DIO「このDIOの衣装は……直に届く」

さわ子「えっと、それは」

ガチャ

プッチ「丁度いいタイミングだったようだね」

さわ子「プッチさん!」

プッチ「ほら、DIO。頼まれていた、昔の君の正装だ」

DIO「すまないね、プッチ。時間が無かっただろう?」

プッチ「気にしないでくれ。私とDIOとの仲じゃあないか。それに、私も期待しているからね」

律「……DIO、その衣装は?」

DIO「昔この俺がエジプトに住んでいた時の服だ」

律「黄色と黒か……なるほど、白いライトには映えるな」

唯「髪の色ともよくあってるしね」

紬「ところどころにあるハートマークも可愛い!」

DIO「フフン、当然だ。このDIOに似合わん服など無い」

さわ子「そっかぁ……DIOちゃんのためにフリフリのメイド服を作ってきたんだけど……こっちは」

DIO「WWWWWWWWRRRRRRRRRRRRRRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!」

さわ子「ああ、DIOちゃんやめて!破らないで!!メイド服破らないでぇ~!!」

DIO「さて、そろそろだな」

唯「き、緊張するね!」

律「かかか固くなるな唯!だだだ大丈夫大丈夫!!」

紬「ほら、二人とも落ち着いて」

DIO「何を緊張する必要がある。貴様等はこのDIOというメインディッシュの付け合わせのパセリのような物だ。
    心配しなくても貴様等を見る奴などいない」

律「む!?言ってくれるじゃねーかDIO!!」

唯「でもでも、そう考えると結構、落ちつけるね。DIOちゃんが守ってくれてるみたいで」

DIO「貴様等はいつも通りに演奏していればいい」

紬「ようは、いつも通りに行きましょうって事ね」

唯「よーし!DIOちゃん!私いつも通りにするよ!」

DIO「そんな宣言必要ない」

律「……そろそろだな」

  『次は軽音楽部の演奏です』

DIO「よし、行くぞッ!!」

「「「おー!!!」」」

――

唯「ふぃ~、おわったぁ~」

紬「お疲れ様。お茶入ったわよ」

律「お、サンキュ!」

唯「あれ、DIOちゃんは?」

律「あー、表で観客だった人たちにに引っ張られてるよ。アイツ、性格はアレだけど顔はいいから」

紬「かっこよかったもんね。今日のDIOちゃん」

律「しかし、途中でアドリブ入れた時はどうなるかと思ったぞ」

唯「ああ、あの『ザ・ワールド!!』ってやつだね!でも、かっこよかったからいいじゃん!!」

律「ま、『世界』って単語がアイツらしいよな」

 ガラッ

DIO「……」

律「おお、お疲れ」

DIO「今日が曇りで助かった……晴れていたらと思うと……」

紬「はい、お茶。大変だったね」

DIO「しかし、これでもう終わりか……あっけなかったな」

唯「だねー。ねね、今度はさ、もっといっぱい演奏しようよ!」

紬「いいわね。今度は唯ちゃんも歌ってみる?」

唯「え、いいの!?」

紬「一曲くらいいでしょ?DIOちゃん」

DIO「……フン」

律「その前に!」

唯「へ?」

律「今度から歌詞は私も作るからな」

DIO「勝手に言ってろ」

                        to be continued→




9