唯「……楽器」

紬「あら、どうかした?唯ちゃん」

唯「私も欲しいなぁー……楽器」

律「お、とうとう唯も本格的にギター初めて見るか?」

唯「だって、ベースをこう、ベベベベーン!って弾いてるDIOちゃん見てるとかっこいいし……私もああいう風になれるかな、って」

律「なれるなれる!DIOでも出来るんだから!!」

DIO「聞き捨てならんな」

唯「あ、DIOちゃ…………」

DIO「凡人に出来てこのDIOに出来ないことなど無い。しかし逆は多々ある。覚えておけ、リツ」

律「おい、DIO」

DIO「なんだ、リツ」

律「上半身裸で本読むなって言ってるだろ!!服を着ろォーーーー!!」

DIO「断る!」

紬「あらあら」

唯「DIOちゃんの裸って凄く綺麗だよね」

紬「なんていうかあれは一種の芸術よね」

律「そうか?普通だろあんなの」

唯「私もあれくらい綺麗になりたいな……ねぇりっちゃん!」

律「んー?」

唯「りっちゃんDIOちゃんと幼馴染なんでしょ?何すればあそこまで綺麗になるかとか知らない?」

律「……………………露出?」

唯「ろ、ろしゅつ」

律「いや、アイツ小学校のころから何故か本読むときは上半身裸でさぁー」

紬「きっとそれだわ」

唯「うう、脱がなきゃ……駄目かな?」

律「いやいや、今はそんな話じゃなくて。バイトだよバイト!!」

律「DIOのできそうなバイト探さなきゃアイツまたサボるぞ」

紬「んー……でも、高校生じゃできるアルバイトなんてそんなに数ないし」

唯「どれも屋外のバイトだからDIOちゃん出来ないしねぇ」

律「さて、どうすっかなぁ……」

唯「うむむー…………そうだ!」

律「お、何かあったか?」

唯「つまり、DIOちゃんが日光に当たらなければいいんだよね?」

紬「たぶん、それでいいはずだけど」

唯「分かった!ちょっと行ってくる!!」

律「あ、オイ!……行っちまった」

紬「何かいい物があるのかしら?」

律「んー、どうせくだらない案だと思うけどな」

――――

きぐるみ「……なんだこれは」

唯「わー、DIOちゃん似合う似合う!」

律「た、確かに……これなら日光に当たらない……ぷ、くくく」

きぐるみ「何を笑っている」

律「いやいや、なんにも。わ、笑ってなんか……くく」

きぐるみ「何を笑っているのだと聞いているのだ律ゥ!!」

律「だって!!DIOがきぐるみ!く、くま、くまのきぐるみ!!あっはっはっはっは!!!!」

きぐるみ「チィ!!犬畜生の分際で主人を笑おうと言うのか!!」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁ」

唯(六回?)

紬「とりあえず、アルバイトを始めましょう!」

律「よし!じゃあ、唯とあたしで交通量調査。ムギと……く、DIOで、ぷぷ、ティッシュ配りな!」

DIO「クソッ、覚えていろよ!!」

DIO(クソッ、帝王であるこのDIOがあろうことかきぐるみを着てティッシュ配りだと!?)

DIO「……受け取れ」

通行客「……」

DIO「チィ!」

DIO(覚えていろよ、リツ!この借りはデカいぞ!!)

DIO「……受け取れ」

通行客「……」

DIO(こ、コイツら……俺をコケにしやがってッ……!!)

紬「DIOちゃん、どう?」

DIO「……ツムギか」

紬「ほら、私の方はもうこんなに!」

DIO(負けている、だと!?このDIOが、ツムギごときにッ!!?劣っていると言うのか!!)

DIO「こうなれば奥の手だ」

紬「へ?奥の……」

『       世        界       』  !   !


ドォ―――――――――√Z_________ン
      『  時  は  止  ま  っ  た  』

DIO「これが世界だ。もっとも、このDIOとて時を支配できるのはたったの5秒ほど。
   時の止まった世界で5秒と言うのもおかしいが、これは感覚的なもの。時間は無い、一気にケリをつけてやるッ!!
   このDIOにシカトブッこいた通行人どもの鞄の中に、ポケットティッシュを、突っ込んで、チャックを閉める!!」

―― 一秒経過

DIO「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!!」

―― 二秒経過

DIO「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!!!」

―― 三秒経過

DIO「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!!!!」

―― 四秒経過

DIO「WWWWWWWWWRRRRRRRRRRRRRRRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYAAAAAAAAA!!!!!」

―― 五秒経過

DIO「フン、こんなもんか」

 『  そ  し  て  時  は  動  き  だ  す  』


紬「手って……あら?」

DIO「どうやら、俺の勝ちのようだな」

紬「DIOちゃん、さっきまで山もりだったのに」

DIO「暑さにやられて目が霞んだんじゃあないのか?」

紬「疲れてるのかしら?」

DIO「休んでいるか?」

紬「ううん、がんばれます!!」

DIO「ならばラスト・スパートだ!WRRRYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!]

DIO「受け取れィ!!受け取れェェェェェエエエイ!!」

ざわ・・
                ざわ・・

紬「ふふ……元気ね、DIOちゃん」

紬「お願いしまーす!」



律「よぉーDIO、どうだった?」

DIO「このDIOに不可能など無い。全て配ってやったわ」

律「何ィ!?そ、それホントか、ムギ!?」

紬「はい。DIOちゃんったら私の分まで配ろうとして」

唯「わー、DIOちゃんはったらきものぉ~~」

――

紬「じゃあ、午後はどうましょっか?」

律「よし、じゃあDIO!あたしとどっちが早くティッシュ配れるか競争だ!!」

DIO「争いなど意味は持たない……が、相手が望むと言うのなら仕方がない。 力の差と言うモノをそのデコに叩き込んでやる!!」

律「ンだとォ~~~!絶対ぎゃふんと言わせてやるからな!!」


午後
交通量調査 唯・紬
ティッシュ配り 律・DIO


……

DIO(前半は……まるで午前と同じ、誰も受け取ろうとしない)

律「よぉ~っす、DIO。調子はどうだ?」

DIO(リツの奴め。モンキー並に努力はしているようだ)

律「なんだァー?お前全然じゃねーか!!」

DIO(しかし、これは『勝負』)

律「こりゃ、あたしの勝ち決定かなァ~」

DIO(勝負に必要なものは結果のみッ!!反則ゥ~~?そんなもの真剣勝負に存在しないッ!! このDIOにとって、『仮定』や、『方法』などッ!!!)

DIO「どうでもよいのだァーーーーーー!!」

律「な!?なにを」

『       世        界       』 !   !

ドォ――――――――――――――z_______________ ン


    『  時  は  止  ま  っ  た  』


――― 五秒経過

DIO「フフン!先ほどよりもより多くのティッシュを鞄に詰めてやったぞッ!  リツとの差は歴然!!勝ったッ!ティッシュ配り、完!!」

DIO「……どういうことだ……か、カラダが動かんッ!?」

??「俺が時を止めた……テメェが勝ち鬨をあげた時点でな」

DIO「こ、この能力……貴様、まさか……」

??「やれやれ、何をしてるのかと思えば……女子高生とティッシュ配りか。 しかし、テメェの事だ。ポケットティッシュに肉の芽でも潜ませているのか・も」

DIO「や、やめろ……やめろ!!」

??「全部テメェに突き返しておく。こっちの精神的安定のためにもな」

DIO「やめろォォ承太郎ォォォォォオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

承太郎「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァッ!!!!」

承太郎「358個……確かに全部突き返したぜ」


『  そ  し  て  時  は  動  き  だ  す  』


DIO「ォォォォォオオオオオオオオオオオ!!!!」

律「いきなりッ、て叫ぶなDIO!!」

DIO「畜生ッ!勝っていたッ!このDIOは勝っていたッ!!
   なのに、承太郎……この罪は重いぞッ!!!!」

律「じょーたろー?知り合いかそれ」

DIO「貴様には関係ない!!」

律「ったく、怒鳴るなっての……負けたからって荒れすぎだろ」

DIO「違う!俺は勝っていたんだ!!」

律「はいはい、でもどう見てもあたしの方が少ないからあたしの勝ちなー」

DIO「クソッ!!」

律「じゃあ、罰ゲーム受けてもらうからな」

DIO「フン」

律「覚悟してろよぉー。DIOが泣きたくなるほど酷いのにするからなァ!」

DIO「ほざけ、承太郎さえいなければ貴様など……貴様など……簡単に…………クソッ!」

唯「バイトしゅ~りょ~」

律「いやあ、いい汗かいたなー」

唯「ねー!今日のバイトだけで……アイスが、十個、二十個……沢山!!」

DIO「…………」

紬「DIOちゃん、元気ない?」

律「あたしにボロボロに負けたもんな!!」

DIO「……言っていればいい」

律「おっしゃ!言わせてもらお!!勝った勝ったDIOに勝った!!!ふっふぅ~」

唯「ふぅ~!」

DIO「……屈辱だ、クソッ」

律「じゃあ、罰ゲームだな」

DIO「何?」

律「言っただろ、罰ゲーム。DIOが泣くほどきっつい奴やらせるって!」

律「そうだな……うん、これがいい!」

DIO「……」

律「文化祭であたしたちはライブをする!これは決定事項だ。あたし、唯、ムギ、DIOの四人でな」

DIO「……それがどうした?」

律「こっからだぞ。そのライブで、DIO……お前、フリフリのメイド服着てボーカルしろ!」

DIO「……」

ドドドドドドドドドドドドドドドド……

DIO「リツ……どうやら貴様はよほど死にたいらしいな」

唯(お、怒ってる!あ、あの温厚なDIOちゃんが怒ってる……!)

紬(りっちゃん、それ以上言うと……DIOちゃんなら『殺り』かねない……!)

律「おんやァ~~?もしかしてDIOは約束を破ろうってのか?この地上で最強の生物って案外セッコイのなァー」

DIO「言わせておけば……貴様はァ!!WWRRRRRRRRRRRRYYYYYYYYYYYYAAAA!!」

律「ほい!」

唯「で!」
紬「で!?」

       「「デコピン!?」」


律「久しぶりに見たな。そこまで怒ったDIO」

DIO「……何のつもりだ」

律「ジョークだよ!元気づけのな!なんかDIO、今日あれから元気なかったし」

DIO「……MU?」

律「どうだぁ~、あたしのデコピンで元気注入できたか?」

DIO「貴様のデコピンにはそんな能力があるのか?」

律「おお!あたしのデコピンはなぁ、生命エネルギーを注入できるんだぞ!!死人だって生き返る!!」

DIO「……フフフ」
律「プ、くくくくく……」

DIO「ハァーッハッハッハッハッハッハァッ!!!!」
律「あっはっはっはっはっはっはっはっは!!!!」

唯「」
紬「」

DIO「帰るぞ、リツ」

律「おうともさ!!」

DIO「返事が違うぞ?」

律「わんわん!……って、コラー!」


唯「あの二人ってさ」

紬「?」

唯「不思議だよねー」

紬「ええと……」

唯「だって、私やムギちゃんだったらさ。デコピンした瞬間に死んでたかもしれないよ?」

紬「……少なくとも、りっちゃん以外だと、死んでたかも」

唯「だよね、だよね!!……どういう関係なのかなぁ?」

紬「関係…………ふふ」

唯「どうかした?」

紬「いやいや、なんにも」


律「ああ、メイド服だけど。着たいんなら着てもいいぞ?」

DIO「帝王に卑俗な衣を身に纏えと言うのか?そんなに給仕服を着ている奴がみたいなら自分で着るか、ユイやツムギに頼め」

律「DIOだからいいんじゃん!」

DIO「フン、断る」


3