律「なあなあDIO、軽音部に入らないか?」

DIO「フン、下らんな。フーフー吹くならこのDIOのためにファンファーレでも吹いてろ」

律「なぁ、約束しただろ!一緒に武道館目指すって!!」

DIO「俺は音楽家が嫌いだ。怖いんじゃあない。
   何だかギタリストを見ていると腹が立ってくるんだ!」

律「いいじゃねーかよぅ。小学校からの仲だろ!!」

DIO「寝言は寝てから言うんだな。リツよ。
   さて、このDIOは文芸部へ行かせてもらうぞ」

律「ちょっと待てェエエ!!」

DIO「なんだ?」

律「お前。あの癖まだ治ってないんだよな?」

DIO「何のことだ?」

律「あの癖が残っている限り文芸部には入れないぞ!」

DIO「何のことだと聞いているんだ、リツ!!」

律「お前の本読むときに上半身裸になる癖だよ!!」

律「ほら、来い!」

DIO「何をする気だ」

律「お前を文芸部に野放しにしておくぐらいならあたしの手元に置いておく」

DIO「貴様、このDIOに向かってそんな口を聞いて許されると思っているのか?」

律「知るか馬鹿!ほら、音楽室行くぞ!!」

DIO「何故このDIOが音楽室なぞに行かなければならんのだ」

律「軽音部に入れるためだよ」

DIO「俺は文芸部に入ると言っているだろうが」

律「却下!」


――音楽室

律「こんちゃーっす!」

DIO「……」

律「……誰もいないのかな?」

DIO「見れば分かるだろう」

律「つーことはあれか。今日は部活の活動日じゃない!」

さわ子「あら、音楽室に何か用かしら?」

DIO「客人か。リツ、もてなしてやれ」

律「おうさ!……ってなんであたしを顎で使おうとしてんだ!」

DIO「このDIOは帝王、茶を出すのはそれに使える愚かな犬の仕事だろうが」

律「言ったなァーーー!!」

さわ子「……何者かしら、この二人」

律「廃部ゥ~~~~~!?」

さわ子「正確には『廃部寸前』ね。昨年度までで部員が皆卒業しちゃって……」

DIO「なんだこのドブ水のような物は。こんなもの飲めるか。
   ティーセットだ。リツ、明日までに用意しておけ」

律「自分で用意しろ!……何とかならないんですか!?」

さわ子「そうねぇ……今月中に四人、部員を集められれば廃部にならないだろうけど……」

DIO「オイ、リツ。茶菓子が無いではないか。買え」

律「自分で買って来い!!……四人。あたしと、DIOとあと二人か」

DIO「待て、リツ」

律「お、どうした?知り合いのあのロンゲでも紹介してくれるのか?」

DIO「どうしてこのDIOが入る事になっているんだ。俺は文芸部にだな」

律「うっさい!DIOはあたしと一緒に軽音部!!これは決定!!
  これからは部員集めの方法以外何も聞かないからな!!」

DIO「フン」

律「どうすっかなー」

DIO「……」

律「こう、下校途中の生徒を後ろからひっ捕まえるか?」

DIO「……」

律「DIOもなんか無いのか?」

DIO「このDIOは部員確保に協力しない」

律「この野郎!まだこの期に及んでそんな事を」

DIO「忘れたか、リツよ。このDIOは太陽の光アレルギーなのだ。
   室内の薄暗い光ならともかく、外に出れば黒焦げのフィルムのようになってしまう」

律「ん、そうだったな……じゃあ……」

ガチャ

紬「すみませ~~ん、合唱部の見学に」

DIO「」
律「」
紬「」

律「確保だ!DIO!!」

DIO「WWWWWRRRRRRRRRYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!」

紬「廃部寸前?」

律「うん!助けると思ってさ!!頼む、この通り!!名前貸してくれるだけでもいいし!!」

DIO「……」

紬「そっちの子は?」

律「あ、えっと」

DIO「秋山 DIOだ」

紬「お二人はどういう関係なんですか?」

律「関係?っていわれても普通の」

DIO「主とその犬だ」

律「うおおおおおおい!!違うだろ!!」

紬「まぁ……」

DIO「犬は犬らしくしていろと言っただろうが。黙って座っていろ、リツ」

律「なんだとぉ~~!?」

DIO「返事は?」

律「わん!!……じゃなくて、ふざけてんじゃねーぞDIO!!」

律「たく!逃げられたらどうするんだよ!せっかく飛んできたカモだって言うのに」

DIO「舐めるな。このDIOがその気になれば……こんなナマっチョロい女一人、ここから出さぬくらい朝飯前だ」

律「そういう問題じゃなくて!!入部してもらわなきゃ困るんだよ!」

DIO「俺は困らない」

律「あたしは困る!!」

紬「ふふ……お二人は仲良しなんですね。
  何だか面白そうだし……キーボードくらいしかできませんが、それでもいいですか?」

DIO「構わん、入れ」

律「ありがとおおおおおお!!これであと一人だな、DIO!!」

DIO「文芸部」

律「却下!……どうして文芸部にそこまでこだわるんだよお前!!」

DIO「それで、貴様の名前は?」

律「無視かよ!!」

紬「琴吹紬です。よろしくね、りっちゃん、DIOちゃん」

律「さて、あと一人だけどどうする!?」

紬「うーん、もうほとんどの人が部活に入ってるだろうし」

DIO「……フム、良い腕だな。ツムギよ、この紅茶の入れ方はどこで習った?」

紬「斎藤が淹れているのを見て覚えたんです」

律「話を聞け!DIO、今度はお前も何か考えろよな!!」

DIO「焦りは禁物だ、リツ。日本にはこういう諺もあるだろう。『果報は寝て待て』」

律「動かなきゃ来るわけないだろ!」

DIO「ならば勝負してみるか。お前が探してくる方が早いか、このDIOがここで待っている方に来るか」

律「楽したいだけだろお前!」

DIO「日も沈んだ。今日は帰るぞリツ」

律「おう!じゃなくてだなDIO、お前少しは人の話を」

DIO「返事は?」

律「わん!!……あー、もう!!!!」

紬「あらあら」

イラッシャイマセー

律「で、どうする?」

DIO「このDIOは音楽室で待ち続ける。表には出られないからな」

律「あれどうだ?『今入ったら豪華特典ありますよ!奥さん!!』みたいなさ!!」

紬「景品って……車とか、別荘とか?」

律「いやいやいや」

DIO「そう言えば、エジプトにもう使っていない館があるな。そこをくれてやろう」

律(ってあるのかよ!?)

紬「遠すぎるんじゃないかな?」

律「そもそも別荘送るなんて言われたら怪しんで誰も来ないだろ」

DIO「イギリスに全焼した貴族の館もあるが」

紬「やっぱり遠いわねー」

律「別荘から離れろ!!」

紬「じゃあ、ポスターなんてどうかしら?」
DIO「ポスター……張り紙の事か」
律「おお、良いかもな!よし、作ってみよう!!」

―10分後

律「なぁ、DIO。それ、なんだ?」

DIO「カイロに住んでいる時に見た蠅だ。確か……ナイル・ウェウェ・バエといったか?」

律「お前それ見て軽音部に入りたいと思うか?」

DIO「仕方ないだろう。俺の能力はスケッチ向きなんだ。どうしてもとこれが気に食わないと言うなら……リツ、そこを動くな」

律「な、何する気だよ……」

DIO「無駄ァ!!」

紬「こ、これは」

律「あたしの顔、か?」

DIO「これならばどうだ。軽音部に関係しているし、文句は無いな」

律「た、確かに……いいのか、これ?」

紬「私の顔もお願いできますか?」

DIO「無駄無駄ァ!!」

唯「うーん、ニートはやだなぁ……」

唯「ん、これ……」

唯「優しそうな女の人(紬)の絵……上手だなぁ、美術部かな?」

唯「軽音部?」

唯「軽い、音楽…………」

うんたん!
         うんたん!

唯「!!」

唯「できるかも、軽音部!」

唯「それに、この人も優しそうだし……行ってみようかな」

――

律「じゃああたしは勧誘にいってくるから!」

DIO「勝手に行って来い。どうせ勝者はこのDIOと最初から決まっているんだ」

律「言ってろ。じゃあムギ、DIOの面倒頼むな」

紬「了解です!」

律「うう……もう皆部活に入ってる……誰かいないもんかなぁ……」

律「ん、あれは」

唯「……」

律「音楽室の前できょろきょろしている少女。手には紙」

律「入部希望者か!!」

唯「ひえ!?」

律「入部希望者だな!?」

唯「えっと、その、なんていうか、見学に……」

律「よっしゃああああ!!!まま、立ち話もなんだしさ。入った入った!!」

―――

律「たっだいまー!」

唯「お、お邪魔します……」

紬「まぁ!」

DIO「ほう」

律「こちら、入部希望の平沢唯さん!」

唯「い、いや、あの、その!!」

DIO「……一つ聞くがリツよ。そいつは何ができるのだ?
   カスタネットやハーモニカが出来ればいいんじゃない。ギター、ベースが必要だと考えて連れてきたのか?」

唯(えええええ!?か、かすたねっともはーもにかも駄目なの!?)

律「ん、どうなんだろ?……まぁ、自分から入ろうとしてたみたいだし、何か出来るんだろ」

DIO「そうか、ではユイ。聞くぞ……お前の尊敬する『バンドメンバー』は誰だ?」

唯(言わなきゃ!実は勘違いしてきましたって言わなきゃ!!)

DIO「どうした?早く答えろ」

唯「じ、じじじじじじじ!!」

律「ジミー・ペイジ?」

唯「ぺ、ペイジ!?」

DIO「ジョーンズ」

紬「プラントー!」

律「……いや、なんだよその流れ」

DIO「リツだな」

律「へ!?」

紬「しっかりしてよ、りっちゃん」

律「なにそれ!?」

DIO「まったく、新入部員にも後れを取るとはな……ヌケサクが」

律「オイ、今のカッチィ~~ンと来たぞ。訂正しろ!訂正!!」

唯「あ、あの!!」

律「ん?」

唯「じ、実は、私、その…………楽器とか、できなくて」

律「嘘!?じゃあなんで軽音部に?」

唯「その、軽ゥ~~い音楽なんだろうなァー、なんて思ったり、して……ハハハ…………ごめんなさい」

律「そ、そんなぁ~~~~~……」

DIO「そんな事は最初から知っている」

唯「へ!?」

律「な、何ィー!?」

律「お前、いつの間に?」

DIO「そんなもの手を見れば分かるだろうが。……さて、平沢唯よ」

唯「は、はい!?」

DIO「軽音部と言っても、ロクに活動はしない。ライブでもやるならこのDIOがギターとベースをすればいい」

律「出来るのかよ」

DIO「当然だ。このDIOに、不可能など、無いッ!!しかしだな、このままではこの部は潰れてしまう」

唯「へ?」

DIO「なにも無理に楽器をやれなどとは言わない。名を置くだけで構わん」

紬「もちろん、お茶を飲みに来てくれるだけでも!」

唯「そ、それは魅力的……」

DIO「入ってくれるな?」

唯「……はい!」

軽音部結成!
                              to be continued→



律「いやー、平沢さん、入ってくれてよかったな!!」

DIO「当然だ。そうなるように仕向けたのだからな」

律「はい?」

DIO「知らないのならば教えておいてやろう。
   吸血鬼の目は、瞳術に長けており、目を見ただけで相手を屈服させることができる」

律「……熱でもあるのか?DIO」

DIO「生態系の頂点に君臨するこのDIOが風邪などひくと思っているのか?」

律「ああ、頭がおかしいのは昔からだったな
  『自分は吸血鬼だー!』とか、『俺には時を止める能力があるんだー!』とか」

DIO「フン」



一旦おわり



2