律「じゃあいよいよラストだな!」

唯「ふむふむサビのリフレインですなぁ」

律「でもラストに『Listen!!』ってきてるのが特徴だな」

紬「『私の歌をきけぇ!』ってこと? もう立派な歌姫ね」

律「もっと何か隠されてそうだけどなぁ……あーむずがゆい!」

唯「!! じゃあ実際にきいてみようよ」



~『Listen!!』鑑賞中~
♪ウタウヨー
紬「そろそろ終わりね」

♪トレジャハビー
唯「澪ちゃんはいったい何を訴えてたのかな?」

♪リーッスーン
律「!!」



律「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっ!!」



律「そうか――そういうことだったのか」

唯「りっちゃん、なにかわかったの!? ムギちゃんは?」

紬「私はまだ……」

律「二人とも、この歌の最後だ! もう一回きいてみろ」



♪リーッスーン
紬「あっ!!」

唯「どうしたのムギちゃん!?」

紬「名前……呼んでた……」

律「……気づいたか、ムギ」

唯「名前?」

律「そうだ、この最後の部分で」

紬「『ムーギーちゃん』って」

律「違ぇよ」



梓「(お腹すいたから戻ろ)失礼しま――ん?」

♪リーッスーン
律「おお、梓か」

唯・紬「お帰りー」

梓「『Listen!!』ですか?」

唯「うん、ついに最終段階だよ!」

梓(まだやってたんだ)

唯「りっちゃんが言うには人の名前がきこえるらしいんだけど……」

梓「そういえば『Listen!!』の最後のとこ、なんか『りーつー』ってきこえますよね」

唯・紬「え!?」



♪リーッスーン
唯・紬「言ってるぅぅぅぅ!!」



律「……なあ、もしかして今日までの歌詞解読は間違ってたのかな」

唯「澪ちゃんは子どもどころか彼氏もいないのかもね」

紬「ひょっとして、全部特別な人に向けた歌だったのかしら」

唯「恥ずかしがり屋の澪ちゃんが……あんなに大声で『律!』って言ってたね」

紬「澪ちゃんが想いを届けたかったのはりっちゃんだったのよ」

律「……」

梓「どうしたんですか? 律先輩」

律「なぁ、私どうすれば……?」

唯「……行きなよ」

律「えっ」

唯「行きなよ、気持ちは決まってるんでしょ?」

律「でも、お前も澪のこと――」



パシィン!!



紬「りっちゃん!!」

律「!! ムギ――」

紬「澪ちゃんが待っているのはあなたなのよ」

紬「唯ちゃんでも梓ちゃんでも、ましてや私でもない。百合っちゃんを待ってるの」

律「でも私が行ったら……」

唯「……りっちゃん」

唯「――私は澪ちゃんが好きだよ」

律「じゃあ――」

唯「でもね、りっちゃんも好きだよ。それにムギちゃんもあずにゃんも大好き。ううん、放課後ティータイムが大好き!」

梓「唯先ぱ」

紬「(フルフル) ダメよ、梓ちゃん」

唯「だから、だから……二人が幸せなら私も幸せだよ」

律「――――っ!! スマン、ちょっと行ってくる」



唯「お幸せにね、りっちゃん」

紬(よっしゃ、百合ルートォ!)



澪(早く部活行かなきゃ)

律「澪ォォォォォォ!!」

澪「!? ちょっ、えっ、律!? なんでキスすンぐ、おい舌入れんな」

律「澪! 大事な話がある」

澪「えっ? なんだよ改まって」

律「実はな、最近お前の書いた歌詞を読み返してたんだ」

澪「はい?? なんでまたそんなこと……」

律「お前の気持ちが知りたかったんだよ」

澪「私の気持ち――!? お前……まさか気づいちゃったのか?」

律「(コクッ) ああ。わかったよ、お前の想い」

澪「……そっか。黙っててゴメン、でも誰にも相談できなかったんだ」

律(よっしゃ!! 澪しゃんはわしのもんじゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!)



梓「唯先輩……良かったんですか?」

唯「ふっふっふ、私には『澪ルート』『律ルート』以外にもあるのだよ」



澪「お前の想像通りだよ、それらは私が恋をしながら書いた歌詞だ」

律「澪……気づいてやれなくてゴメンな」



紬「(強いのね、唯ちゃん……) ふふっ、浮気者なんだから」

唯「えへへ、女の人っていくつも愛を持っているんだよ」



澪「お、おい、律が謝る必要ないだろ? 私だっていつから恋したかわからないんだぞ?」

澪「気がついた時には好きになった後だったよ」



紬「それは男の人だっちゃ」

唯「そうだっけ?」



澪「でも『好き』の一言は出せなかった。私は臆病だから……関係が壊れるのが怖かったんだ」

澪「かといって言わずにいるのも辛かった。胸が張り裂けそうなくらい」

律「だから歌詞に気持ちを込めたのか?」

澪「ああ、『いつか気づいて欲しい』なんて虫の良い考えと一緒にな」



唯「まあいいや、私にはあずにゃんがいるもん!!」

梓「うわっぷ、なんですか唐突に!」

唯「あずにゃ~ん」

梓「もう! 離れて下さ――」



律「よかったな、気づいてもらえたみたいだぞ?」 ニヤニヤ

澪「う、うるさい! ハッキリ言うなバカ律!!」



唯「……グスッ…ヒック」

梓「唯……先輩?」



律(ほんま澪しゃん[ワタシノヨメ]は聖母のごとく愛情に溢れた天使[ソノナミダノリユウヲカエルモノ]やでぇぇぇぇぇぇ)



唯「えへへ、あずにゃん……私……フラれちゃったんだね……」ポロポロ

紬「唯ちゃん……」

梓「……唯先輩、もっとぎゅっとしてもいいですよ」

唯「…………」 ギュッ



律「でもな、こうやってふざけてるけど、正直私も気づいたときは迷ったよ」

澪「……だよな。普通はそうだろ」

律「でもみんなに怒られちゃったよ。『あの恥ずかしがり屋の澪がここまで込めるほどの想いなんだぞ』ってな」

澪「そっかみんなが――待て、すると……みんな知って……?」



梓「(?? なんか変だな……) あの、唯先輩?」

唯「……フゥフゥ あずにゃんハァハァ慰めてくれるんだよねハァハァ」



律「そりゃあみんなで解読し」

澪「うわぁぁぁぁぁぁこれからどんな顔してみんなに会えばいいんだよぉぉぉぉぉ」


梓「!? ムギ先輩助け――」

紬「かかったわね! ほんわかエンドだと思ったら大間違いよ!!」

梓「なっ!? くそっ油断した! って腰を擦り付けないでください!」

梓「ちょっ、唯先輩やめ――リッスゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン(きいてー)!!」

唯「へぇ、あずにゃん、本当にやめていいの?」

梓「え? ……それは、もちろん――」



律「おい、別に照れる必要もないだろ? 人が人を好きになって何が悪いんだよ」

澪「で、でも――」

律「それに私が言うのもなんだけどさ」

律「お前が惚れたのは『そいつに惚れた』ってバレたら恥ずかしいような人間なのか?」

澪「!! 違う、それは違う! そういうわけじゃなくて、あの……その…」

律「なら安心したよ。ふふ、まぁそんなシャイな澪ちゃんが大好きなんだけどな」

澪「な――なに言ってるんだよ!!」



唯「もちろん?」

梓「――やさしくしてください」

紬「REC」



律「じゃあそろそろ部室に行くか、みんな待ってるだろうしな」

澪「うん。 あ! でもその前にお前にはちゃんと言っておかなきゃな」



唯「やばい 止まれない 止まらない」パンパン

紬「ぶちまけ合っちゃおう!」



律「(告白か) いいよ、もうわかってる」

澪「いや、ちゃんと私の口から言わせてくれ」

律「……わかった」

澪「そ、それで私が好きだった人なんだけどな」

律「(『それは律、お前だよ』か、わかってても照れるな)



唯「あずにゃんハァハァ……そろそろ……」

梓「え? じゃあストップ!」



澪「……や、やっぱ皆の前で言う!」

律「え? なんで?」

澪「やっぱ照れ臭くて……」

律(もう、焦らすなよ!)



唯「あずにゃん……焦らさないでよぅ…」

紬(台本どおりね、いいわよ梓ちゃん)


律「みんな!」

唯「あっ、りっちゃん! それに澪ちゃんも!」

澪(なんで服乱れてるんだ?)

律「澪! 頼む!」

澪「あ……うん。その、私には好きな人がいて……」

唯・紬・梓(私?)

澪「それでその人は――」

澪「この前から私の彼氏です。本当にありがとうございました」



全員「は?」

唯「……結局みーんな私たちの勘違いだったんだね」

律「残念だ。でも――」

紬「色々と考えて楽しかったわ」

澪「あの……」

梓「(チッ) なんですか、彼氏持ち先輩」

澪「新しい詞が出来たんだけど……」

全員「!!」



唯「新しい詞か」

律「今までのはミスばっかだったからな」

紬「じゃあリハってことにして、もっかい!」

梓「ハッ!」


おしまい