律「先日の解読作業も御苦労だった」

梓「あの……私、最近の記憶がないんですけど」

唯「メンバーが美味しくいただきました」

律「今日も澪は当番だ。そして私の手には最新の歌詞が」

紬「え? まだ続くの?」
律「私も驚きだよ。これを見てくれ」

紬「Its deep deep……あら? 『Listen!!』の歌詞じゃない?」

梓「これがどうかしましたか?」

律「作詞は誰か知ってるよな」

唯「澪ちゃんでしょ?」

律「そうだ、つまりこれはいわば澪だ」

唯「はい! また難しくてわかりません!」

律「じゃあぶっちゃけよう」



律「……悪い、まだ解析してない」

唯「えー イメージとかないのー?」

律「う~ん……強いて言えば私たちかな」

唯「私たち?」

律「あくまで想像だけどな、放課後ティータイムを歌ってる気がするんだよ」

梓「私にはよくわかんないです……」

律「まあ解読すれば多少なり澪のことがわかる。それだけでもやる価値があるだろ」

梓(珍しくまともなこと言ってる。ちょっと期待できるかも)



律「へへへ、ドコに火がついたのかのぅ」

唯「うひひ、澪ちゃんはヤラしいのぅ」

紬「むふふ、一緒にイこうよなんて大胆じゃのう」

梓(もうやだこの部活)

紬「落としたピック 折れたスティックねぇ……」

律「そういえば演奏中にピック落としたやつがいたよなー」

唯「!! スティックがすっぽ抜けた人もいたよねー」

律「ち、調子に乗ってトンちゃんでストロークを試みたやつもいたなー」

唯「……トチ狂ってドラムに飛び乗った人もいたよねー」

紬「昨日はみんなはしゃいでたものね」

梓「ムギ先輩もキーボード投げ飛ばしたじゃないですか」

律「しかもそれがアンプにぶつかって」

唯「『ボンッ』とか『ドカーン』とかそんな音がして」

律「よく生きてたな、私たち」

紬「それが実は奇跡」

律「やかましいわ」



律「じゃあ話を戻すか」

梓「サビに突入ですね」

唯「『We`ll sing』がひっかかりますなぁ」

紬「ハッ りっちゃんの『HTTに向けた歌』って予想が当たったのよ」

律「『私の歌声は5人の魂が詰まってるんだ!』ってことか」

唯「たまに私もボーカルやるけど、これは澪ちゃん一人のボーカルだもんね」

紬「唯ちゃんとのツインヴォーカルでの『Litsen!!』もきいてみたいわぁ」

唯「ムギちゃんもボーカルやってみようよ」

紬「私にヴォーカルは無理よ」

唯「……ボーカル」

紬「ヴォーカル」

唯「ボイス、ニョロボン、プチトマト、なかのあずさ」

紬「ヴォイス、ニョロヴォン、プチトメィトゥ、ナカナズサ」

唯(イラッ)

梓(小さくても世界でひとつ、今日死んでも悔やまないってくらい……かぁ)

梓(ホントにHTTが好きなんだなぁ、澪先輩)

唯「ん? どうかした、あずにゃん?」

梓「あ、この小さくてもってとこから考えたんですけど――」

律「やっぱり梓もそれが気になったか」

梓「じゃあ律先輩も?」

律「ああ、思ったんだがやっぱり澪って」

律・梓「エロいこと[放課後ティータイム]が大好きなん[ですね」だな」

梓「……Pardon?」

律「もうこの歌詞からエロマンティックがとまらないもんな」



梓「あの、意味が……」

律「おいおい、私に説明させる気か? わかってるくせに、このムッツリめ」

紬「シャッチョサン、スケベスケベ」

唯「りっちゃん隊長! 解説をお願いします」

律「ん? ほら『小さくてもイイ』とか『熱望を放つ』とか『全力でイきたい』とか――」

紬「りっちゃんダメ! こっちが恥ずかしくなっちゃう!」

唯「あ、あずにゃん! いつからそんなおませさんに!?」

梓「え!? 待ってください、私は別にこんな解釈は」

唯「あずにゃんのスケベ! 略して、あずケベ!」

律「アズカバンみたいだな。でも梓に罪はないぞ。悪いのはこの規制だらけの世の中だ!」

唯「そうだよ、馬鹿の一つ覚えみたいに何でもかんでも抑圧して……もう笑えないよ」

律「最終目標は『包丁は指を切るから使用禁止』か? それとも『溺れる人がいるからお風呂は禁止』か?」

紬「『臭い物に蓋』よりも『臭い物との付き合い方』を考えるべきなのよ!!」

梓(誰が収拾つけるんだろう)



~5分後~
紬「それでつい言っちゃったの、『その大きな口は誰かの命よりも誰かの悲しみを呑み込むためのものなのよ!!』ってね」

唯「ムギちゃんすごーい!」

律「さすがムギだな。まさか人喰いドラゴンに説教するとは」

梓「あの……少し休憩しませんか? 正直、もうなんの話だかわからないですし」



紬「さっきは心の中を全部出したからスッキリしたわ~」

唯「やっぱり本音で語ると気持ちいいね~」

律「澪はこれを伝えたかったんだな」

唯「でも次のウィットってなに?」

律「野球選手だよ」

梓「それはウイットモアです」

紬「スイませェん」

唯「それはブラックモアだよ」

梓「ていうか軽音部なんですからせめてリッチーの方をあげてくださいよ」



律「よし、ノってきた! サクサクいくぞ、次のキーワード!」

紬「えっと生まれるかしら」

律「うん、そのまま『第二子誕生』だ! はい次ってうぉぉぉぉぉぉぉい!?」

唯「あずにゃん2号だぁぁぁぁぁぁぁぁ」

梓「!? あの、あずにゃん2号は私の弟じゃないです」

紬「じゃあなんて名前なのかしら」

律「光より先ってことは――のぞみか? こだまか?」

紬「あずさ2号だけにね」

唯「やかましいわ」

梓「いえ、私は一人っ子」

唯「あずにゃん!! たとえ父親が違くてもあずにゃんの弟(妹)なんだよ!?」

唯「きっとあずにゃん2号もあずにゃんみたいに『にゃ~』ってかわいい子にきまってるよ!」

唯「だから独りぼっちだとか……そんな悲しいこと言わないで……」

佐天「初春……」

律「中の人ネタか」

紬「中野だけに『なかの人』ってやかましいわ」

梓「私、関係ないですよ」

紬「一度『やかましいわ』言って見たかったの~」

佐天「やかましいわ」



律「さて、澪の出産祝いは後で決めるとして、続けるぞ」

紬「走るリズム 狂ったチューニングね。これも放課後ティータイムなのかしら?」

梓「心当たりある人は手を挙げてください」

唯「りっちゃん、正直にいいなよ」

律「なんで私なんだよ!」

唯「だって澪ちゃん『律のドラムは走りすぎ』って言ってるじゃん」

律「ぐっ……じゃあ狂ったチューニングはどうなんだ?」

梓「唯先輩は音には敏感ですよ」

唯「それに毎回あずにゃんに調律してもらってます!」

梓「自慢することじゃないです」

紬「調教はしてないの?」

梓「わたしはされるほ――にゃぁぁぁぁぁぁ」

律「ほう、これは意外な事実」

紬「いえ、想定内よ」



唯「あずにゃん逃走しちゃった」

紬「お腹がすけば帰ってくるわよ」

律「続きは……またWeだな、それにひとりきりじゃないか」

紬「放課後ティータイムの歌ってのは決まり――どうしたの唯ちゃん?」

唯「……ムギちゃん、truthfulnessってなに?」

紬「誠実とか正直って意味かしら」

唯「……むむむ」

律「どうしたんだ」

唯「『やっと逢えた運命の人……届け! 私の正直な気持ち!!』」

律「おいおい、いきなり告白か? そもそも誰にだよ」

唯「違うよ、これは澪ちゃんの歌詞を訳したんだよ」

紬「待って、でも『Listen!!』は放課後ティータイムのことって……」



唯・律・紬(そんな、まさか私に惚れてた――!?)

澪『どうしよう、私……あいつを好きになっちゃったんだ…』

律(そ、そういえば澪と私って昔から仲良しだもんな)

澪『告白――ムリムリ! 言えっこないよ…グス…』

唯(澪ちゃんの意気地なし! 私はOKに決まってるのに)

澪『でも胸が苦しい……そうだ! この気持ちを歌にしよう』

紬(もう、澪ちゃんったら可愛いんだから!)

澪『あいつが気づいてくれますようにっと フフッ』

唯・律・紬(ほんま澪しゃんは乙女の心[ピュアピュアハート]を掻き鳴らす罪深き愛の奏者[ベーシスト]やでぇぇぇぇぇ)



律「ああああくまで推測だもんな!」

唯「そ、そう! ただの思いつきだよ」

紬「それより解読をしゅ、す、進めましょう!」

唯・律・紬(早く終わらせて逢いに行かなきゃ!!)

唯「(イラッ) また横文字だ」

律「メンドいから各自で直訳しろー。それで判断する」

『知りたい、生きたい、愛したい』
『生きるため、そして愛するために知りたい』
『愛に生きるため、知りたい』

紬「分かれたわね」

唯「どれが正しいのかな」

紬「イメージで判断するしかないわね」


律「……でも、何となくわかるよな?」

紬「うん、漠然とした共通点は感じるわ」

唯・律・紬(要するに『唯[律][ムギ]大好き!』だね[だな][よね])


7