~侵入成功~
律「ヤベェ、ドキドキが止まんない。 いやいや、私は変質者かっての」

澪「スー……スー……」

律「ンだァその寝顔は。愉快に寝息立てやがって誘ってンのかァ!?」

律(…ゴクッ…最後までしなきゃ無罪だよな、たぶん。いや、そうに決まってる)

律「ハッ! いかんいかん!! 私は変態じゃない、違うぞ澪」

律「よし! 早いとこ証拠を見つけて退散す」

澪「んっ……ぅ…ん…」

律(…ゴクッ…いや、愛ゆえの行動なら何しても無罪だった気が)

澪「……う~ん、なんかうるさい…」

律「人参です」

澪「なんだ人参か……ムニャムニャ」

律(危ないとこだった)

律「ん? なんだ歌詞――」

律「こっ、これは!?」



律「先日の解読作業は御苦労だった」

梓「あの……私、昨日の記憶がないんですけど」

唯「ごっつぁんでした、あずにゃん」

律「今日も澪は当番だ。そして私の手には別の歌詞が」

紬「え? 昨日ので終わりじゃないの?」

律「私も驚きだよ。これを見てくれ」

紬「Please dont say……あら? 『Dont say “lazy”』の歌詞じゃない?」

梓「これがどうかしましだか?」

律「作詞は誰か知ってるよな」

唯「澪ちゃんでしょ?」

律「そうだ、つまりこれはいわば澪の思想」

唯「はい! また難しくてわかりません!」

律「じゃあぶっちゃけよう」

律「もしかして……澪は風俗で働いてるかも知れない」



梓「じょ、冗談はやめて下さい」

律「お前は昨日と全く同じ反応だな」

梓「だから昨日の記憶はないです」

唯「あずにゃん、昨日と同じことしようか」

紬「この音で思い出すかしら?」

ブィィィィィン

梓「モーター音? これがいったい――ムリムリムリムリムリムリムリムリ」

唯「おお、お帰りあずにゃん」

梓「ヤメテヤメテヤメテヤメテヤメテヤメテヤメテヤメテ」



律「ありゃ、また寝ちゃった」

紬「疲れているのよ。寝かせてあげましょう」

律「そうだな、それにここからは18禁だ」



律「さて、しょっぱなから横文字だ。ムギ、直訳たのむ」

紬「簡単にだと『怠け者と呼ばないで』かしら」

律「次に唯、『鴨の水掻き』ってことわざを知ってるか?」

唯「知りません!!」

紬「唯ちゃん、鴨が池を泳いでいるところを想像してみて?」

唯「ほのぼのしてるね」

紬「でもね、そんな鴨も水の中ではずっと足を動かしているの」

律「要するに見た目ではわからなくても人には見えない苦労があるということだ」

唯「!! 見た目はいつものあずにゃんでも股間はブルブルってことだね」

律「そういうことだ。ってかお前、梓が何をされてたか知ってたのか」

唯「ムギちゃんに教わりました」

紬「身体に教えました」

唯「でもこれがなんで風俗に?」

律「話はこうだ。【新人の澪。でも中々指名が入らず、オーナーには『しっかりやれ』としかられる】」

紬「可哀想な澪ちゃん……」

律「【澪は心の中でこう思う。『私だって頑張ってるのに……』】」

唯「りっちゃん! 今からお店に行こう、私たちで澪ちゃんを指名してあげよう!」

律「落ち着け唯。話が飛躍しすぎだ」

紬「りっちゃん、『本能に従順 忠実』って……ゴクリ」

律「それはエロい意味じゃないぞ、このドスケベめ」

紬「お恥ずかしい」

律「これは『だからたまに 休憩しちゃうんです』と合わせて」

紬「休憩!?」

律「それもエロくないぞ、この生きるリビドーめ」

紬「重ねてお恥ずかしい」

律「ちゃんときいてくれ、これは【私の決めた道だし、茨の道ってのもわかってる】」

紬「健気……澪ちゃん健気…」

律「そして【まだこれからだ! でも、たまにはグチをこぼしてもいいよね?】ってことなんだよ」

唯「努力家だもんね、澪ちゃん」

梓「……う~ん、なにかすごく嫌な夢を見ていた気がするです」

唯「あずにゃん! 澪ちゃんはね、澪ちゃんはいい子なんだよ」 ギュッ

梓「それは知ってます。あの、苦し……」

唯「…………フゥフゥハァハァ」

梓「!? 唯先輩、なんで腰を――にゃぁぁぁぁぁ」

唯「ハァハァあずにゃんってキレイな声してるね」

紬「♪イき先 膣上 マーキングして」



唯「次いこうか」

律「確認しとくけど、なぁ唯。ギターしてると爪って割れるもんか?」

唯「ううん、私は割れないよ。フレットに当たるから爪切っちゃってるもん」

律「だよなぁ」

紬「それがどうしたの?」

律「澪もそんなこと言ってた気がするんだけどさ、ほら歌詞に」

唯「爪割れた――澪ちゃん、いったい爪が割れるほど何をしたの!?」

紬「『風俗』、『爪』。まさかニギニギしてシュッシュッ!?」

律「その通りだムギ」

紬「じゃあグルーは……」

律「ヌルヌルでベトベトな液体……言わせんな恥ずかしい」

紬「ここは『手コキ専門店』であったことを喜ぶべきかしら?」

律「いや、悔しいが手コキはオプションのひとつだと思う」

紬「どうして?」

唯「りっちゃん、私おいてけぼり」

律「それだけでなんか達成感だからな、【手コキだけでイカせた!】ってことだろ」



唯(私だけ話に入れない……)

唯「ブーブー いいもんいいもん。あずにゃん、あずにゃん」

梓「ウーン ウーン アワビが襲って――ハッ なんだ夢か」

唯「あずにゃん、『手コキ』とか『ザーメン』って何?」

梓(どうして寝起き一発目からセクハラされてるんだろう)

紬「『セクハラ』ってことは知ってるのね?」

梓「人の心の中読まないで下さい!!」

唯「あずにゃん、教えて?」

梓「それは……その…」

律・紬「言ーえ! 言ーえ!」

梓「……を……で……ゴニョゴニョ」

律「ん~聞こえんなぁ」

梓「り、律先輩が教えればいいじゃないですか」

律「やっぱりこの大事なのはから愛せないまではオナニーだと思うんだ」

紬「性感帯の発掘とかをしてるのね。すると女性客もいるってことなのかしら!?」

梓「無視しないで下さい!!」

唯「私も無視しないで下さい」

律「梓が教えるまで唯にはこの家の敷居を跨がせん!!」

紬「まぁまぁお父さんったら」

梓「変なコントしないで下さい」

唯「あずにゃ~ん……お願いだよぅ…頼れるのはあずにゃんだけなんだ」

梓「……唯先輩、」



唯「学んできました!!」

紬「どうやって?」

唯「えっとジェスチャモガモガ」

梓「いいい言わなくていいです!!」

唯「ザーメンなんていうからわかんなかったよ。初めから精液って言ってくれればよかったのに」

紬「じゃあソレ自体は知づてたの?」

唯「年頃の乙女ですから」

梓「え゛!?」

律「むっつりスケベの梓はほっといて先にいくぞー」

律「問題です。見えないところとはなんのことでしょう! はい、琴吹さん」

紬「『×××』かしら」

梓「生々しいです!」

紬「あ! 『お×××』ね?」

律「丁寧に言っても一緒だ! はい、平沢さん。大ヒント、時間帯です」

唯「見えない時間帯……はい! 『夜』!」

律「正解! ということて澪は夜の鷹であることがわかってしまったわけだ」

梓「いまどき夜鷹なんて使いませんよ、やっぱり律先輩の勘違いで――」

唯「……あの、あずにゃん」

梓「?? なんですか?」

唯「夜鷹ってなに?」

梓「え!? 知らないんですか?」

紬「実は私も意味が……」

梓「え? うそ? みんな知ってると――ハッ」

律「じゃあ細かく解説してもらおうか、どんなコトをしているかまで」ニヤニヤ



唯「まさかそんな意味だったなんて ホフゥ」

紬「梓ちゃん物知りね」

律「耳年増ってやつだな」

梓「も、もういいです!! それより練習」

律「はい、中野さん。穴埋め問題です、『ムギちゃんのお×んこペロペロ』に入る文字をどうぞ」

梓「もう答えないです」

律「ヒントは『ムギちゃん』ってとこだな。正解したら特別なお菓子を(ムギから)贈呈!!」

梓「(お菓子!!)…………『ま』です」

律「埋めて答えて下さい」
梓「……お…ボソッ……ん…こ」

律「ブッブー 正解は『し』で『おしんこ』」

梓「にゃぁぁぁぁぁぁぁ」ダッ

唯「あずにゃんが逃げたー」

紬「甘味と純情を秤にかけた上でのこの結果、無理ないわ」

律「思春期真っ盛りの梓はほっといて先にいくぞー」


4