律「ちょっと準備してくる。いくぞ、梓」

梓「いやです! 嫌な予感しかしないです」

律「澪のことを知りたいだろ!?」

梓「う――それはまぁ」

律「お前が澪の潔白を示すんだ!」

梓「……変なことは絶対しないですよ?」

律「大丈夫、痛くはしない」 カチャン

唯「りっちゃんたち別室から出てこないね」

紬「きっとお楽しみ中なのよ」

アレ? リツセンパイ――ナンデスカソレェェェェェェェェェェ

唯「普段の行動ですら恥ずかしい状況ってなにかなぁ」  キャー! タスケテ- 

紬「まったく見当もつかないわね」   ダレカー  ユイセンパーイ! ムギセンパーイ!

唯「ムギちゃん、なんでビデオカメラのテープを入れ替えてるの?」 イヤデス! ゼッタイイヤデスー!



律「おっ待たせー。さぁ! とくと見よ!」

唯「やー! ……って、あずにゃんがいませんよ? りっちゃん隊員」

律「おーい早くしろー、強にするぞー」

梓「……」 プルプル

唯「おぉ、あずにゃんが内股でプルプルしてる」

紬「仔犬みたい ハァハァ」

律「梓、ちょっとギター弾いてみろ」

梓「……ムリ…デス」プルプル

唯「あずにゃん、どうしたの? 歩き方がぎこちなぃよ?」

紬「ハァハァじゃあ梓ちゃん、私と一緒に散歩しましょうか」

梓「………」プルプル

唯「あずにゃんがすごいシャイになってる!! りっちゃん、いったい何をしたの!?」

律「それはだな――ん? どうした?」

梓「……イワナイデ…クダサイ」プルプル

紬「ローター Fu Fu♪  ふるえる Fu Fu♪」

律「この通り、調教すれば普段の動作ですらままならなくなるわけだ」

梓「……アノ……コレ…ハズシ」

律「さらにマジ顔も解析できた」

紬「すごーい!!」

唯「りっちゃん探偵だね!」

律「ふふん。いいか?これをまずマジガオとする。そして次にマとジガオに分けるんだ」

梓「……ソレヨリ…コレヲ」

律「でもな、実はジガオじゃなくてジがO(オー)なんだよ」

梓「オネガイデス……コレハズシ」

律「あ、ゴメン梓。いま外してや」

紬「りっちゃーん、続き教えてー」

律「ああ、そんでな……」

梓(……ムリ…もう無理)

律「『ジ』はローマ字で『Zi』だな? このIをOに変えると……」

紬「『Zo』になるわね」

梓「…モウ…ゲンカイデ」

紬「あっ! わかったわ」

唯「なにかわかったのムギちゃん?」

紬「唯ちゃん、さっきの『マ』とくっつけてみて」

唯「『マ』と『Zo』つまり『ゾ』。くっつけて『マゾ』…あっ、マゾだ! 澪ちゃんはマゾだよ!!」

梓「……ソレハ…ハゥン……チガウデス」

紬「確かに……なにかが変ね」

梓「…ソウデス――(ムギ先輩…私に気づいて無視してる?)」

梓「アノ、マサカ…サッキカラ…ワタシニ……キヅイテテ…ムシ」

紬「あ、"キミのマジ顔"だから澪ちゃんはドSじゃない?」

律「なんてこった、互いにSとMをリバというわけか」

紬「SとM」

唯「SemeとMamoriだね」

紬「SoundとMusic。あら素敵」

律「SatoshiとMio――犯人はあのセンズリ猿かぁ!!」

梓「Stop…Movement……」

紬「りっちゃん、このラップも早く解読をしましょう」

唯「ほら、あずにゃんもこんなに震えて怒ってるよ?」

梓「……コレ…イイカゲン……ハズシテク」

律「梓、自然に話せよ」

梓「ダカラハズシニャァァァァ!? ナニカカワッタァァァァァァ」

紬「そんな気するのね?」

律「スイッチを最強にしてみた」

紬「実際に変わったのね」

唯「あずにゃん見てると今日もお股UZU☆UZU♪」

律「ほら、梓。どうしてほしいか言って見ろ」

梓「ダカラ…サッキカラ……コレハズ」

唯「りっちゃん! あずにゃんにはそれが難しいんだよ!」

梓「イヤ、ダカラハズ…ァッ…シテクダ」

紬「きっかけがわからなかったりするのよ!」

律「梓!! 段取りなんて考えなくていいんだよ!」

唯「グリーンダヨー」

律「おい唯、歌詞違うぞ」
唯「えへへ、つい言いたくなっちゃった」

紬「まぁ唯ちゃんったら」
唯・律・紬「Ha Ha Ha Ha Ha」

梓(あぁ……もういいや…)

紬「イッちゃお イッちゃお イッちゃおーっ!♪」

唯「そう、イッちゃおー♪」



唯「あずにゃん、寝ちゃった……疲れてたのかな? よしよし」

律「最近練習ばっかだったからな、眠らせてやろう」

紬「起きたらみんなでお茶にしましょう」



律「さて、梓の協力のおかげで澪の本音がわかった」

紬「ちょっと辛かったけど……澪ちゃんが幸せならいいわよね?」

唯「うん、私たちがとやかくいっちゃダメだよ」

律「まぁ寂しいけど澪の門出を祝ってやろう」

唯・紬「賛成!」

律「みーお! みーお!」

唯・紬「みーお! みーお!」

澪「遅くなってゴメン! もう練習して――」

唯・律・紬「ぁあん?」

澪「遅くなったから怒ってるのか? ごめん、当番だった――」

律「黙れビッチ」

澪「え?」

唯「当番とか言って彼氏とチョメチョメしてたの!?」

澪「え? え?」

紬「梓ちゃんが可哀想……」

澪「え、なにこの風当たり」



~秋山宅~
律「なぁ悪かったって。つい熱くなっちゃったんだよ」

澪「グスッ グスッ だって……みんないきなり…私…嫌われちゃったの?」

律「(やだ可愛い。澪かわいいよ澪) 大丈夫、みんなお前が大好きだ」

澪「……ホント?」ニコッ

律「(ほんま澪しゃんは地上[ココ]に舞い降りた天使[エンジェル]やでぇ)

澪「私も…放課後ティータイムが大好きだ」

律「ハハっ、でも実は本当に"好き"な人いるんだろ? なーんて……」

澪「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!? いいいいいいいねぇし、超いねぇし!!」

律「え?」

澪「いやそのそれはLoveじゃなくてLikeというか……」

律「お前まさか――本当に恋人が出来」

澪「ち、違う!! まだ告白してないし第一そういう想いじゃなくて」

律「だったらお前のつくった歌は何をイメージしたんだ!」

澪「ああああれは――」

律「あれは?」

澪「――そ、そう人参だよ」

律「あぁん? 人参だぁ?」

澪「ほら、もっと人参に対して肯定的になりますようにって歌詞だよ」

律「なんだ人参か」



~田井中宅~
律(あんな嘘でだまされる訳ないだろ、私は暗号解読のプロだぞ?)

律(澪に彼氏か……)

律(私が澪の彼氏を奪ったら問題だよな、うん)

律(でも私が澪を奪う分には問題ないよな? 女同士だし)

律「ということで」



カチャカチャ
律「ん? 鍵がかかってる?  まったく、常識がないな」

Picking Now ガチでカチカチ Never Ending GirlS Fuck♪

律「よし、開いた! 放課後ショータイムだ!!」

             _____
           /´       `\
          /    ヘ、 ̄ ̄`ヽ\
.          /     /^´ ``´´´..^ }
        |    .. l  ⌒  ⌒ .} !
          {   |   |.( ●)(●).{ ! 澪ちゃんの家にと~つげ~き
         /  l   l (__人__) l l   ,,,
        ノ  (|   !  ` ⌒´  | !../⌒_)
         ̄/. |   !、_      j iノ  ノ
          _  .レ/レヘ/ ー   V ` /
      (⌒        ・   ・  |_,,,ノ
       ヽ_         |
            |           |
            |         |
            i      ̄\ ./
            \_     |/
             _ノ \___)
            (    _/
             |_ノ

イメージ映像


3