律「全員集まったな」

梓「いえ、まだ澪先輩が来てないです」

唯「澪ちゃんは当番で遅れるってよ」

律「そう、だからこそ『軽音部会議を行う』と言ったんだ」

紬「あら、澪ちゃんいなくて平気なの?」

律「理由はあとで話す。これを見てくれ」

紬「キミを見てると……あら? 『ふわふわ時間』の歌詞じゃない?」

梓「これがどうかしましたか?」

律「作詞は誰か知ってるよな」

唯「澪ちゃんでしょ?」

律「そうだ、つまりこればいわば澪の思想」

唯「はい! 難しくてわかりません!」

律「じゃあぶっちゃけよう」

律「たぶん……澪に男ができた」



梓「じょ、冗談はやめて下さい」

律「しかもだ、これには澪と彼氏の――アレが赤裸々に綴ってある可能性が」

紬「どういうこと?」

律「ちょっと最初のところを見てくれ」

梓「……別に普通だと思います」

律「よし、じゃあこれならどうだ? 『ハート』と『思い』に共通することを挙げてみろ」

紬「心臓……心……あっ! 気持ちは共通するわ!」

律「そう、じゃあ『気持ち』といったら体のどこを連想する? そこと歌詞を置き換えて見てくれ」

唯「気持ちは胸かなぁ? ん~っと、胸がマシュマロみたいに……………え? 」

律「……気づいたか」

紬「ま――まさか!?」

律「揉まれたんだよ」

梓「そんなのこじつけですよ!!」

律「認めたくないのはわかる! でも、でもな、梓……」

唯「……りっちゃん」

律「澪のおっぱいは本当にマシュマロみたいなんだよ」

梓「ななななな」

律「揉んだ私がいうから間違いない。あの感触は揉んだやつしかわからないんだ」

紬「なんてこと……」ハァハァ

唯「あ! じゃあこの夢の中ならってのは……」

律「……おそらくベッドでの出来事を表してるんだ」

紬「相手は寝ているから『横顔をずっと見てても気づかない』のね」

梓「違います! それは律先輩の勘違いです」

律「ほう」

梓「だってエッ――ゴホゴホじゃなくて、その……」

紬「もっとハッキリ!!」

梓「とととにかく、うさちゃんを抱いてってあるんですから独り寝のことですよ」

律「ふむ、これは検証の必要がある」

唯「でもうさぎの縫いぐるみはないよ」

律「よし! 唯、ちょっど梓を抱いて寝て見ろ」

唯・梓「え?」

紬「ビデオ撮影はまかせろーカチャカチャ」

梓「ヤメテ」

律「梓、どんな感じ?」

梓「苦しい……です…」

紬「唯ちゃんは?」

唯「…………」

梓「!? 唯先輩、なんで腰を擦り付け――にゃぁぁぁぁなんかヌルヌルしてきてるぅぅぅぅ」

律「なるほど……」

唯「フゥフゥあずにゃんってキレイな肌してるね」

梓「やめて下さい! 誰か、誰かー!!!」

唯「すぐ終わる、すぐ終わるから」

紬「ムラムラ時間♪ムラムラ時間♪ムラムラ時間♪」



唯「次は二番だね」

律「二番はっと……ふむ…まぁ特に怪しいところはないかな」

紬「ちょっといい、りっちゃん?」

律「どうしたムギ」

紬「うさちゃんはお気に入りなのに、くまちゃんはとっておきじゃない?」

唯「あーそうだね」

紬「これ、もしかしてくまちゃんって勝負下着のことなんじゃ……」

唯・律「!!」

律「有り得るな。いや、ても澪はクマのパンツを持ってないはずだ」

唯「りっちゃん詳しいね」

律「はっはっは、アイツの下着の趣味は熟知して――」

紬「りっちゃん?」

律「まさか、な……これはさすがにブツブツでもブツブツ」

紬「何か気づいたの?」

律「え? ああ、違う違う(これはさすがに無理がある)」

唯「そっか。でもこのOver heatってなにかな」

紬「たぶん『ドキドキしている』の表現ね」

律「ドキドキ――あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ガタッ

唯・紬「りっちゃん!?」

律「つながった……つながっちゃった…」

唯「何と何が?」

紬(唯ちゃんったら『ナニとナニがつながった』だなんて…)ドキド゛キ

律『勝負下着』と『ドキドキ』がだよ」

律「つまりだな――」

律「間違いない。澪は調教されてる」

律「くっそぉぉぉぉぉぉぉぉ先越されたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

唯「ま、待ってりっちゃん。話が急すぎるよ」

律「ハァハァ え? あぁ悪い。よし、順をおいて話すぞ、まず変なのはどこだ?」

紬「『恥ずかしがり屋の澪ちゃんが勝負下着を買う』かしら?」

唯「うん、大胆過ぎるよ」

律「確かに。そして私たちから見ても澪の性格が変わったようには見えない」

唯・紬「うん、うん」

律「すると、だ。こう考えられないか? 『誰かに無理やり買わされた』」

唯「異議あり!」

律「はい、唯隊員!」

唯「友達に貰った可能性があります!」

律「なるほど、有り得るな」

紬「澪ちゃんは断れそうにないものね」

律「でもな、それだと新たな問題が浮上するんだよ」

紬「『誰があげたか』、ね」

律「無論、私はまだあげてない」

紬「私もまだ買ってないわ」

唯「さわちゃんが怪しいなぁ……まさか和ちゃんとか?」

紬「みんなに聞き込みをすべきじゃないかしら」

唯「じゃあメールしてみるね」


件名:澪ちゃんにパンツかった人はいますか?

本文

どーも☆ いつもお世話になってまーす
すみませんが正直にお答えねがいます
けっこうビックリされたかもしれないけど
べつに変な意味じゃないですよ




唯「返信きたよ~」


件名:failure notice
本文
Hi. This is the qmail-send program k-on
Im afraid I wasnt able to deliver your message to the following addresses.
This is a permanent error; Ive given up. Sorry it didnt work out.
:
Sorry, no mailbox here by that name. vpopmail (#5.1.1)


唯「あれ? またメアド変えたのかな?」

律(アド変のメール来たよな?)ヒソヒソ

紬(そういえば一斉送信だったのに宛先には唯ちゃんの名前――)ヒソヒソ

唯「??」



唯「あ、さわちゃんだ」

律・紬(よかった、返信してくれた)


件名:Re:澪ちゃんのパンツくった人はいますか?

本文

.しらないわよ、そんなこと(^ω^;)
.ょっぽどの事情がなきゃ他人が買わないでしょ(-皿-)
.じょうしきで考えなさい!(`へ´) と、まぁそれは置いといて
.ょうするに「澪パンが変わった」ってことね!?
のぞいてみなきゃ詳しくはわからないけど
澪ちゃんも年頃だしね、あるでしょ?「よっぽどの事情」が
たとえば彼氏とか!?(*´エ`*)ピャァーン
んっふふ~何かわかったら教えてね♪
萌え萌えきゅん☆


紬「さわ子先生は今の澪ちゃんにも萌えられるかしら……」

律「おいやめろ」



唯「さわちゃんも『彼氏説』を提唱しました!」

律「どうやら私の予想が当たっちゃったようだ」

紬「じゃあ……彼氏に調教されて…」

唯「澪ちゃん…いったいどんなことをされたのかな?」

律「たぶん、デート中にお店でこう言うように命令をされたんだな」

紬「『もうひとこえ~』と」

律「違う! 『履いているだけで洪水になるくらいに、いやらしい下着を下さい』だ」

唯「そんな!? まさか紐だけとか……」

律「いや、綱かもしれないぞ」

紬「歌詞ではくまちゃんよね? くまは英語でbear、
別の意味では『産む』……」

唯「――生まれたままの姿」

律「剃られたのかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ 見てぇぇぇぇ!!」



律「グスッ グスッ 澪がここまで汚されてたなんて……」

唯「りっちゃん、泣いている暇はないよ」

紬「まだ歌詞は終わってないわ、私たちには真実を知る責任があるのよ」

律「ヒック あ゛あ゛、スマン。先に進もう」

唯「えっとじゃあ二番はこれでいい――」

律「……いや、二番は完全には終わってない」

唯「え? 二番はくまちゃんで終わりじゃないの?」

律「さっきスルーしたふとした仕草とかの謎が解けたんだ」

唯・紬「な、なんだってー」

律「これもまた調教の一環なんだよ」

唯「じゃあこれはいったい何を意味してるの?」

律「ふとした仕草ってのは想い人の仕草じゃなくて澪自身だ」

唯・紬「ええ!?」

唯「確かに澪ちゃんはシャイだけど……」

紬「さすがに普段の生活でドキドキはしないんじゃないかしら」

律「今から証明してみる。起きろ梓! 協力してくれ」

梓「――ハッ! 私は何を……え? なんで私の制服が乱れてるんですか??」

唯「ごっつぁんでした」


2