―喫茶店―

律「…ったく。ムギの電話番号は知ってるんだから、最初からこうやって呼び出せば良かったんだよ…」モグモグ

唯「もー、律っちゃんが思いっきり地面に叩き付けたからケータイにキズがついちゃったじゃない!」プンプン

律「だから何度も謝ってるだろー。ほれオカワリ好きなの頼んでいいから機嫌治せって」

唯「ほんと!?やたー、このジャンボストロベリーパフェがいい!」バッ

澪「コラ!残金60円のヤツが言うセリフじゃないだろ」

唯「ん…、あ!向こうから歩いてくるのってムギちゃんじゃないかな」モグモグ

律「おーい!ムギ、こっちだ!こっち!」ブンブン

紬「…………?」キョロキョロ

澪「おい、ムギのヤツ気付いて無いみたいだぞ。もっと声をはれよ」

律「あれ?おっかしーな。思いっきり目もあってたんだけど」

唯「むーぎぃちゃぁん!!こぉっちだよぉぉ!!」ブォンブォン

澪「!?ばっか!お前は大き過ぎだ。周りのお客さんの迷惑になるだろ!」

紬「……あぁ、そういう事ね」トコトコ

律「お、でもやっとこっちに気付いたみたいだぞ!」

紬「どうもこんにちは、紬だからムギです」ペコリ

澪「ん、なんだよその挨拶…?でも、ムギもあんまり変わって無いみたいで安心したよ」

唯「そだねぇ、私もムギちゃんに会いたかったよ!」

紬「わ、私もですよ…、えーっと……平沢さん!」キョロキョロ

律「何にしてもこれでまた軽音部のメンバーが揃ったな。四人揃えば文殊の知恵だぜ!」

澪「…………ん?」

唯「んー、どしたの澪ちゃん?ハトがマシンガン食らったような顔して」

澪「なんだかムギのヤツ、おかしくないか?」

唯「へ…?おかしいってどこが。別に寝癖も立ってないしいつものムギちゃんじゃないかな」モグモグ

唯「敢えて言うなら…、このストロベリーパフェ…。イチゴが凍り過ぎて歯が全く通らない事くらいかな!」シャクシャク

澪「…それは敢え無くていいから…、全くどうでもいいから」

律「ほらほら、ムギも遠慮せずに何でも頼んでいいぞー!」

紬「そ、そうですか?有り難うございます!」ペコリ

澪「だから、所持金60円のお前が言うセリフじゃないだろ!」

紬「あははっ、お二人とも仲が良いんですね!。…あ、すいません私ちょっとお手洗い行ってきますね」

唯「うん、行ってらっしゃいームギちゃん!何か適当に頼んどいてあげるね」



トタトタ

澪「おかしい……。やっぱり何かがおかしい…」

律「なんだよお前は、さっきから。一人でエンドレスなエイトでも体験してんのか?」モグモグ

唯「そうだよ、気になるから私達にも話してくれないかな?」パクパク

澪「こういう悲しくなるような事はあんまり言いたく無いんだけど……」

律「な、なんだよ澪…。脅かすんじゃねぇよ…!」

唯「そうだよ澪ちゃん!実はムギちゃんは私達だけの想像上の人物であって、あのムギちゃんは私達の記憶とは、全くの別人だとでも言うの!?」

澪「いや、なんだよそれッ!悲しい話じゃなくて怖い話だろソレ!!」

紬「ごめんなさい…、お手洗いが少し混んでいて…」スッ

澪「丁度良かったムギ。どうせだからこの際ハッキリしようじゃないか…!」

紬「え…?一体なんの事ですか、えっと……秋山さん」キョロキョロ

澪「その呼び方、そしてしゃべり方…。ムギ、お前高校の時の記憶、殆ど忘れてるんじゃないか!」ビッ!

律「な、なんだって!?」

紬「えッ…!?いえ、そんな事は……」ビクッ

唯「そっかー!だから律っちゃんが最初に『ムギちゃん』って言ったのが自分だって気付かなかったんだね!」

紬「ご、ゴメンなさい…、なんだか悪い様な気がして言い出せ無かったんです……」ペコリ

澪「水臭いぞムギ。私達は例え卒業したって、軽音部。放課後ティータイムはいつまでも心の中で生き続けるんじゃなかったのか!」

紬「あ、秋山さん……」グスッ

澪「違うだろ?澪…だよ。後敬語も止める事!」ニコッ

唯「そうだ!私のケータイに高校の時の写真入ってるから一緒に思い出そ!」バッ

紬「ゆ、唯ちゃん…、有り難うね!」

澪「しかし、本当に気付かなかったのか?ムギの様子に」

律「いんや。あの眉毛見れば誰だって変わって無いと思うだろ。細マユになってればまだしも」

澪「眉毛でしかムギを判別してないのか、お前達は……」

唯「澪ちゃんー、律っちゃんー!ムギちゃん大体思い出したって」

紬「ごめんなさい皆…、大学の方が忙しくて…」

律「それは仕方ねーって、気にするな。唯なんかもっと酷いんだからな」

唯「ブーブー、私だってちゃんと覚えてる所は覚えてるもん!」

紬「あははっ、こうしていると本当に高校時代に戻ったみたいね…。また演奏してみたいな」

澪「そうだな…、ムギ。まさかキーボードの弾き方とか忘れて無いよな?」

紬「ふふっ。それは大丈夫よ。大学に進んでもキーボードの練習は続けてたから」

澪「そっか、なら安心だな。唯に爪の垢を煎じて飲ませてやりたいよ」

紬「澪ちゃんの方こそ錆付いてない?トロンボーンの腕」

澪「……いや!?それはお前の楽器だろッ!正確には違うけど…、って唯ぃぃぃッ!」

唯「ほぇ…?なんか違ったっけ」

律「お前、それ思い出させてるんじゃ無くて洗脳してるんだろうが!」グイッ!

唯「ぎぷぎぷ!?りっちゃんくるひぃよ!」バタバタ

紬「そうよ、フリー田井中ちゃん!唯ちゃんに酷い事するのは止めてあげて!」

律「お前かッ!?お前がさわちゃんにもチクッたんだな!!唯ぃぃ」グイッグイッ



梓「どうしたの憂?ご飯余ってるよ」モグモグ

憂「うん……なんだか食欲が無くって…」

純「ご飯の前にお菓子食べ過ぎるからじゃん」モグモグ



律「ほら、もっかい復唱してみる!」

唯「田井中律っちゃんは浪人生ですぅ!……ねぇもう良いかな?土下座し過ぎて額が律っちゃんみたいになるよ」

律「あぁ後、三十セット追加な…」

唯「さ、さんじゅっせっと!?」

澪「……と、言う訳なんだ。ムギお前の家に余ってないかな?」

紬「うーん…、カメなら沢山余ってるんだけど。トンちゃんタイプは無かったわね…、ごめんなさい」

澪「そうか…、こうなったら虱潰にペットショップをあたって見るしかないかな」

紬「そうねぇ…。ペットショップ…かぁ」

澪「ん?どうしたんだムギ」

紬「あ、いえ。何でもないのよ!気にしないで」




純「ふーん、本当に京都は碁盤目に家が建ってるんだ。凄いね」

憂「うん…、そうだね。凄いよねぇ」

純「何、まだお姉ちゃんの事気になってるの?本当心配性なんだねぇ憂は。梓も何とか言ってあげてよ!」

梓「う、うん………」

純「もしかしてアンタまで心配になってるの?勘弁してよ」

梓「あ、いやそういう訳じゃなくてさ…。私達が修学旅行の間って、唯先輩がトンちゃんの世話するんだよね?」

憂「え、それは勿論そうだけど。それがどうかしたの?」

純「あー、そういう事か、梓の方が心配性だったって訳ね。大丈夫だって、あの憂のお姉ちゃんだよ。万に一つも無いってば」

梓「うーん、私もそうだとは思うんだけど」


4