澪「ううっ……まだ口の中が苦いよ……」

梓「はい、麦茶ですよ」

澪「あ、ありがとう……」

梓「ふぅ、意外と澪先輩もエッチなんですね」

澪「そりゃあ私だって年頃女の子だから……興味はあるんだもん」

梓「ムッツリな人ほどエロいですもんね~」ナデナデ

澪「ムッツリって言うなっ」ム~ッ

梓「あははっ」

梓「さて、疲れたんでそろそろ眠りましょうか」

澪「あ、梓。あのっ、一つお願いが……」

梓「んっ、なんですか?」

澪「あ、明日さっ。学校行く前に……わ、私の……」もじもじ

梓「?」

澪「私のパンツの中に、射精してから……その……」

澪「梓の精子くっつけたまま、明日一日過ごしたいんだっ!」

梓(ああ、やっぱりこの人は)

澪「お願い。また胸でも口でも出せるよう頑張るからさっ、だから……」

私は明日、パンツに射精したら笑顔で言うのでしょう。

「澪先輩の変態」

「そのパンツ……あとでちゃんとペロペロする所見ながら……またお顔に出してあげますからね」

私も、澪先輩と同じ変態です。

でもいいですよね、恋人同士なんだから。

これくらい、きっと正常なんです、うん。

そう考えて……おやすみなさい、また明日。



次の日

憂「……あははっ、そうなんだ~」

梓「うん、あ、もう部室だからここでいいよ。悪いね、見送りなんて」

憂「ふふっ、今日はちょっと話たかっただけだから。じゃあまたね」

梓「うん、バイバイ憂」

憂「あ、梓ちゃん」

梓「んっ?」

憂「ん~……」チュッ

梓「……」

憂「あ、チューしても驚かない?」

梓「まあ、ね……」

憂「ふ~ん」

憂「なんだか梓ちゃん。どんどんナチュラルに変態さんになってるね」ニコニコ

梓「!」

梓「な、な、な……なにいってるのうい」

憂「ふふっ、なんか手慣れたな~って思って」

梓「そ、そんな事……」

憂「でもいい事だと思うよ。私はね」

梓「そうかな~……」

憂「うん、そうだよ」

梓「ん~……」


紬「……あら、梓ちゃんに憂ちゃん。部室の前で何してるの?」

憂「あ、こんにちは」

梓「ムギ先輩……」

憂「じゃあ、私は帰るからね。失礼しま~す」

紬「あらあら、ふふっ」

紬「さ、ともかく部室に入りましょう。梓ちゃん」

梓(ムギ先輩、綺麗な脚……下半身もムチムチしてて……)ゴクリ

紬「……梓ちゃん?」

梓「は、はっ!」

紬「どうしたの、ボーッとしちゃって」

梓「な、なんでも……なんでもないです」

紬「変な梓ちゃん~」クスッ

梓「……」

梓(これはヤバい)

紬「今お茶いれるわね~」

紬「~」カチャカチャ

梓(あ……ムギ先輩のお尻)

紬「~」

梓(エッチだなぁ、触りたいなあ。ペロペロ……したいなあ)ススッ

紬「……って、あれ梓ちゃん。どうして私の……スカート覗いてるの?」

梓「ん……」ジーッ

紬「そ、そんなに見ないで恥ずかしいわ」ササッ

梓「……」クルッ

紬「な~に、そんなにお尻が見たいのかしら~?」クスッ

梓「……」ジーッ

紬「あらあら、もう釘付けね~」

紬「でもそうね~。タダじゃ見せてあげない~」サッ

梓「あっ……」

紬「みんなにやってるみたいに……梓ちゃんのお家にご招待してくれないかしら~。そうしたら……」

梓「……」コクッコクッ

紬「うふふ、ありがとう梓ちゃん」

紬「じゃあ、また部活が終わったらね」ニコニコ

梓(……私、自然に覗いちゃってたよね)

梓(変態さんになってるね、かぁ……)

紬「クスッ……」


梓の家

ピンポ~ン

梓「い、いらっしゃい……」

紬「ふふっ、こんにちは梓ちゃん。お邪魔するわね」

梓「は、はい。どうぞ」

紬「うん」

梓「……」

紬「ねえ梓ちゃん」

梓「はい?」

紬「そんなに私のお尻見たいの?」

梓「見たい、です」

紬「私のお尻、好き?」

梓「好きです」

紬「そう……」

紬「そんなに好きなんだ~」

梓「はい、一日中でも見ていたいくらいです」

紬「……ふ~ん」クスッ

紬「じゃあ梓ちゃん。今日一日、私の『イス』にしてあげるわね~」

梓「……はい?」

紬「あ、でも私そこまで徹底していじめる性格ってわけじゃないのよ。痛い事はしないから、安心してね」

梓「あ、あの。言ってる意味がよくわからないんですけど……」


居間

梓「そ、それであの……どうすれば?」

紬「ふふっ、簡単よ。そのソファーに横になって」

梓「こ、こうですか?」ドサッ

紬「ええ。そうしたら私が……んっ」ススッ

梓「ム、ムギ先輩。お尻が、お尻が……」きゅう

紬「……ふふっ、窒息しない程度にちゃんと座ってあげる。一日中これで過ごすのよ~」クイクイッ

梓(にゃあ、押し付けてる、押し付けてるよぉ……)ドキドキ

紬「……あら、スカートが膨らんで……もうおっきくなっちゃったのかしら?」

梓(は、はい……)

紬「ふふっ、スカート脱がしちゃえ」プチプチ

梓「んっ……」スルッ

紬「わ~、すごい大きさね。もう下着パンパンじゃない~」

梓(だ、だってお尻に潰されてるから……)ムグムグ

紬「へぇ……」スッ

梓(あ、さ、先っぽ……もっとぉ……)ビクビク

紬「……」

紬「さ~て、ちょっとテレビでもお借りしようかしら~」ピタッ

梓(あ、あれ……)

紬「~♪」ピッ

梓「ム、ムギ先輩……」ムグムグ

紬「ん、な~に? もしかして重い?」

梓「い、いえ。そうじゃなくて……触ってはくれないんですか?」ムズムズ

紬「……」ムニュッ

梓「んー! んー!」ムグッ

梓(く、口……塞がれちゃった……でもいい匂い)クンクン

紬「ごめんね梓ちゃん。私イスと会話する趣味は持ってないの~」グイグイッ

梓(当たってる、お尻当たってるよぉ……)

紬「いいじゃない、触らなくてもビンビンなんだもの~」ニコニコ

梓(この人……本気でいじめるつもりだ)ゾクッ

紬「お腹が空いたり、苦しかったら言ってね。あ、あと私の体やおちんちんに触っちゃだめよ」

紬「あなたはイスなんだから」ニコニコ

梓(にゃあ……)

紬「ふふっ、いい子いい子」シコシコ

梓「んんっ!」ピクン

紬「あえぎ声くらいは許してあげる。しばらくは出してあげないけど~」シュッシュッ

梓(ううっ、天国と地獄だぁ……)ビクビクッ

紬「ふふっ、黙ったまま悶えちゃって……可愛い」

紬「でも、動かしてあげな~い」ピタッ

梓「や、やぁあ……もっとぉ……」もじもじ

紬「イスのおねだりなんて聞くわけないでしょ? さ、テレビテレビ~」

梓「にゃああ……」フルフル

紬「クスクス……」

紬「……あ」

梓「?」

紬「ちょっとお手洗い借りるわね~」スッ

梓「……」

紬「あ。ねえ梓ちゃん」

梓「は、はい?」

紬「おしっこ、どれくらい拭いてきた方がいいかしら? リクエスト聞いてあげる」くすっ

梓「ど、どういう事ですか……?」

紬「終わった後、どれくらい綺麗にしてきてほしい?」

梓「……え、それってリクエストすれば応えてくれるんですか?」

紬「いいわ、我慢してるご褒美よ~」

梓「だ、だったら……」

梓「ふ、拭かないで……」

紬「えっ?」

梓「だ、だしたらそのまま。パンツはいて戻ってきて下さいよ。イ、イスは待つしかありませんから……」

紬「……ふふっ、わかったわ~。ちょっと待っててね」

梓「……」ドキドキ

梓(おしっこまみれのムギ先輩のあそこが、私の顔の上に……)

梓(ああっ、考えただけでも興奮……うっ)シコシコ

梓「あ、だめ。手が勝手に……んっ」シコシコ

梓「ち、ちょっとくらいなら……」シコシコ

梓「はぁはぁ……」シュッシュッ

梓「あ、ムギ先輩……ムギ先輩……」シコシコ

梓「ああっ、ああ、きもちいぃよぅ……」

梓(ヤバい、出そう、出そう出そう)シコシコシコシコ

梓「はぁ、あ……イっ……」

紬「あらあら~。どうしてイスが自慰なんてしてるのかしら~」ニコニコ

梓「あっ……」

梓(む、夢中で……)

紬「せっかくおしっこ拭かないで来てあげたのに、残念だわ~」ニコニコ

梓(え、笑顔が怖い)

梓「ご、ごめんなさいっ」

紬「何を考えながらシコシコしてたのかしら~?」

梓「……ム、ムギ先輩の……おしっこ……」

紬「あらあら、もう少し我慢すればちゃんとお顔に座ってあげたのに~」

梓「ご、ごめんなさい……」

紬「でも、私でシコシコしてたのは素直に嬉しいわ」

梓「じ、じゃあ許して……」

紬「ん~……じゃあ」


9