梓の部屋

梓「……」

澪「あ、梓」もじもじ

梓「なんですか、澪先輩」ニコニコ

澪「早速だけど、見せてくれないかな」

澪「その、お、おちんちんを……」

梓「ん。いいですよ」スッ

梓「じゃあ脱がして下さい」

澪「わ、私が?」

梓「はい。見たいんでしょ?」

澪「……見たいけど、ちょっと待ってくれないか」

澪「ま、まずはチュウってしたいな」カアアッ

梓「チュウー?」

澪「う、うん。ほら、いきなり下半身なんて見たら……さ」

梓「はぁ……まあ、私は構いませんけど。んっ」スッ

澪「っ……」

梓「どうしたんですか。チュウしないんですか?」スッ

澪「や、やっぱり……ギュッてしてから……」

梓(どんだけウブなんですかっ!)

澪「……」もじもじ

梓(あ、でも……こういう真っ白な人間をいじめて汚すって)

梓(すごい快感なんですよねぇ)ゾクゾク

梓「じゃあ、どうぞ」スッ

澪「……」

梓「どうしたんですか、私の胸に飛び込んできちゃっていいんですよ?」

澪「や、やっぱり……頭ナデナデから……」もじもじ

梓「ああっ、もう……もどかしいですっ!」プッツン

澪「え、ちょ、ちょっと! なにする……きゃあっ」ガバッ

梓「ふ、ふふっ。痛くしないですから、安心して下さい。ナデナデしながら、チュウってしながらペロペロしてあげますから……」

澪「あ、あずさぁ……」ウルッ

梓「その表情、たまりませんね……もう」チュッ

梓「可愛いですよ」ペロペロ

澪「やあっ、ほっぺた……舐めるなぁ」

梓「うふふっ、そんなに怯えなくても……」ナデナデ

澪「ん、んっ……」

梓「あははっ、頭撫でると大人しくなっちゃうんですね」

澪「う、うん。落ち着くから好きなんだ……」

梓「そんなにウブなのに、どうして私のおちんちんなんて見たいんですか?」ナデナデ

澪「た、単純に興味があるから……でも、やっぱり恥ずかしいから……」

梓「ムッツリタイプなんですね~」くすっ

澪「う、うるさいなっ……」プイッ

梓「ああ、でも。私ちょっとひねくれ者なんで」スルスル

澪「!!」

梓「ほら、先輩。早速私のおちんちん見せてあげますよ~」

澪「み、見てない……まだ見てないっ」ギュッ

梓「目つむってちゃ当たり前ですよ……ほらほら」ピタピタ

澪「ひゃあっ……か、顔になんか当たってる……」

梓「ふふっ、見たかったおちんちんが目の前にあるんですよ~」クイクイッ

澪「へ、変態だぁ……」グスッ

梓(先輩のお顔におちんちん押し付けて……ああ興奮する)

梓「澪先輩、おちんちんの感触はどうですか~?」ニヤニヤ

澪「ペ、ペタペタってしてる……」キュッ

梓「ふふっ、どんな匂いですか?」グイッ

澪「ひゃ、は、はにゃにおしつけるなぁっ……」クンクン

梓「くすっ、わざとですから。どうですか……おちんちんの匂い」

澪「ち、ちょっとだけ……汗とおしっこの匂いがする」

梓「へえ、そういうのは恥ずかしくなく言えるんだ」ピタピタ

澪「ううっ、それでほっぺた叩かないでぇ……」

梓「私としては、いい加減これを見て欲しいんですけどね~」クイクイ

澪「だ、だってやっぱり恥ずかしくて……」

梓「ふんふ~ん、私はそんなの知りませんけどね。よいしょっと」クルッ

澪「あ、梓……何してるんだ?」

梓「澪先輩のアソコチェックです。勝手に見ちゃいますからね~」モゾモゾ

梓「……あ、体勢変えても私のおちんちんは目の前にありますんで。勝手に見ちゃっていいですよ~」クイクイッ

澪「あ、梓。そんな恥ずかしい格好してんのか……」

梓「俗に言う、シックスナインの体勢ですよ~」

梓「さて、澪先輩のアソコは……」

梓「へえ、ピンクの下着……可愛いですね」

澪「見るな~見るな~……」もじもじ

梓「あははっ、先輩も好きに見ていいんですよ」ペタペタ

澪「ん、んんっ……口に当たっ……むぐっ」パクッ

梓「にゃ……ち、ちょっと。いきなりくわえるなんて、意外とエロいんですね」グイッ

澪「ふ、ふ~っ」むぐっ

梓「あ、歯当てちゃ嫌ですよ。普通にペロペロして下さい」

澪「ぬ、ぬひて~っ……!」

梓「聞こえませ~ん」クイクイッ

澪「むぐひゅ……!」ジワッ

梓「あははっ、おちんちんくわえながら濡れちゃってるじゃないですか~」クリクリ

澪「んふゅっ!」ビクッ

梓「わあ、ぴったり閉じて……ピンク? あははっ、綺麗ですね~」チュッ

澪「っ……ごほっごほっ。ぶはぁ……」

梓「……ああ、すいませんね。つい大きくなっちゃいました。苦しかったですか?」

澪「はぁ、はぁ……」トローン

梓「……って、もう普通に目開いちゃってるじゃないですか。エッチな顔しちゃって」

澪「だ、だってぇ……」

梓「どうですか、おちんちん初めて見た感想は?」

澪「な、なんだかグロテスクなんだな……」ジーッ

梓「小さい時はそうでもないんですけどね。大きくなるとやっぱり……」

澪「す、すごいんだな……」ムニムニ

梓「もう、ガン見じゃないですか」ニヤニヤ

澪「これが、男の人の……」ジーッ

梓(ムッツリな人ほど、性に触れる機会があるとエッチなんですよねぇ……)

澪「な、なあ梓。精液ってのはどうすれば出るんだ?」

梓「精液ですか? シコシコってやってたら適当に出ますよ」

澪「わ、私は真面目に聞いてるんだっ」

梓「そうですねぇ……手や口で動かすと出ますけど……ああ、あとはやっぱりアソコを使うと……」

澪「ア、アソコって、やっぱり挿入ってやつ……?」

梓「いえ、そういうのじゃなくても。澪先輩、ちょっと立ってみて下さいよ」

澪「う、うん?」スクッ

梓「それで、向こうむいて下さい」

澪「ん……しょ」クルッ

梓(えへへ、澪先輩のスカート)めくり

澪「きゃあっ!」

梓(パンツずらして……と)ズルッ

澪「な、な、な、なに……!?」

梓「んっ、素股ってやつですよ。ここにおちんちん挟んで……んっ」ヌルッ、ヌルッ

澪「やっ、お股にこすれて……」ピクッ

梓「ふふっ、こういう方法もあるんですよ~」クイクイッ

澪「ん、んんっ……」ビクン

梓(パンツで挟まれて、ちょうどいい圧迫感が気持ちいいです)パンパン

澪「あ、あずさぁ、なんかこれエロいぞっ……」ビクビク

梓「はぁ、はぁ。そういう……プレイですもん」

梓(犯してるみたいで興奮する)

澪「な、なんだか襲われてるみたい……」ゾクッ

梓「ふ、ふふっ。澪先輩も気持ちいいですかぁ?」ユッサユッサ

澪「う、うん。いいところに当たって……きもちいぃ」ビクッ

梓「ねえ……澪先輩って、オナニーとかも好きそうですよねぇ」シュッシュッ

澪「う、うん。好きぃ……クリトリス毎日触ってる……」ビクビク

梓「へぇ……やっぱりエッチだ、ムッツリだ」ユッサユッサ

澪「う、うん。だから今……当たってて気持ちいい……」

梓「はぁ、はぁ……あっ、出そうですよ澪先輩」クイクイッ

澪「で、出る? 精液出るのか……」

梓「は、はい。出そう……」

澪「あ、じ、じゃあ体離さないと……汚れちゃ……」

グッ

梓「だめです。このまま、このまま……」ユッサユッサ

澪「あ、梓……あんっ!」ビクッ

梓「はぁ、はぁ。出る、パンツの中に……うっ……」ビクン

ドピュドピュ

澪「あっ、あん……あ、あったかい……」ガクガク

梓「はぁ。はぁ……」クイクイ

澪「う、ううっ。パンツがぐっしょりだ……」

澪「これが、精液……」ヌルッ

梓「あ、澪先輩。まだ……パンツ脱いじゃだめですよ」

澪「へっ……」

梓「えいっ」グイッ

澪「やあぁぁ! な、なんで下着食い込ませるんだよっ!」グチュッ

梓「ふふっ、たっぷり汚してやるです。擦り付けてやるです」スリスリ

澪「あ、赤ちゃんできちゃったらどうするんだぁ……」フルフル

梓「聞こえません~」クリクリ

澪「あ、ああっ……アソコと精液まざっちゃってるよぉ……」クチュ

梓「ふふっ、今日はお風呂入るまでこの下着で過ごさせますかね~」ニヤニヤ

澪「あ、赤ちゃんできちゃうぅ……」

……。

梓「じゃあ澪先輩。そろそろご飯にしましょうか」

澪「う、うん……でもその前に下着の着替えを……」

梓「いやいや、だからだめですってば。お風呂入るまで」

澪「あ、梓……」

梓「我慢したら、ご褒美あげますから、ね」

澪「ご褒美……?」

梓「はい、ご褒美です」

澪「……お菓子とか?」

梓「まあ、お菓子が欲しいならお菓子でもいいですけど。普通こういう時って……」

澪「?」

梓「とにかく、ご飯食べましょう。それからお風呂です」

澪「う、うん……ううっ、アソコが気持ち悪い……」

梓「ふふっ、しばらく私の精子くっつけながらの生活ですからね」

澪「……」カアアッ

梓「さ、ご飯ご飯」

……。

梓「ごちそうさま」

澪「ごちそうさま……でした」

梓「ふう、落ち着きましたね」

澪「う、うん……」もじもじ

梓「ふふっ、じゃあ澪先輩。ご褒美の時間です」

梓「澪先輩の言うこと、何でも一つだけ聞いてあげますよ?」

澪「えっ……」

澪「ほ、本当にいいのか?」

梓「はい、そのためのご褒美ですから」

澪「じ、じゃあ……」ゴクッ

澪「こ、恋人同士みたいにラブラブに過ごしたい」

梓「私と……ですか?」

澪「うん、できれば甘えたい……」カアアッ

梓「ふふっ、よく素直に言えましたね」ナデナデ

澪「あっ……」

梓「じゃあ澪先輩。今夜は恋人同士ですからね」

澪「う、うん。うん」ニコニコ


梓の部屋

梓「……」

ガチャッ

澪「はぁ、お風呂出たぞ……」

梓「おかえりなさい、先輩」

澪「うん。ただいま、えへへっ」チョコン

梓「ん……」

澪「ほらっ、私の体温かいだろ~」ギュッ

梓「そ、そうですね……」ドキッ

澪「ふふっ、梓のほっぺたモチモチだな」ペロペロ

梓「ひゃ……な、なんでいきなり大胆になってるんですかっ」

澪「恋人同士って、そういう事だろ?」ニコニコ

梓「た、確かにそういう事しても大丈夫ですけどぉ……」

澪「ふふっ、なあ梓。私のアソコ……ペロペロして」スッ

梓「は、はい……」

梓「って、あれ。さっきと下着変わってませんよ……?」

澪「ああ、梓に下着もペロペロしてほしくてな」

澪「精液と、私の愛液が混ざった下着を梓に……」

梓「……」ゴクッ

梓(い、意外と澪先輩もムッツリ変態さんですね……)

澪「はい、梓。舐めて……」スッ

梓「こ、この下着だけですか?」

澪「最初は、ね。その間、私は梓のアソコ舐めてあげる……梓も脱いで?」

梓「……」スッ

澪「ふふっ、はいじゃあ……舐めて」

梓「……」ペロペロ

梓(ううっ、精液の味がする。あと、ちょっとしょっぱいよ……)ペロペロ

澪「んっ……」ペロペロ

梓「は、あっ……」チュウチュウ

梓(パンツしゃぶりながら、おちんちんくわえられて……変態な事してる)ペロペロ

澪「んっ、んっ……」クチュッ

梓「はぁ、あ、あっ……」ビクビク

澪「ふ、ふふっ。梓、交代しよ」

梓「も、もうぅ……?」

澪「私も気持ちよくなりたいから……ほら、梓の下着ちょうだい。舐めて……」スッ

梓「んっ……」ペロペロ

澪「あっ、ん……梓のパンツ、おしっこの匂いがする……」クンクン

梓(だってまだ、お風呂入っていませんから)ペロペロ

澪「はぁ、気持ちいい……もっと舐めて……」ピクン

梓「はぁ、はぁ……私も澪先輩のパンツ……」クンクン

梓(手が勝手に……おちんちん触っちゃう)シコシコ

澪「んっ……あ、あずさ。シコシコしてる? 私のアソコとパンツ、クンクンペロペロしながら……」クンクン

梓「だ、だってぇ……」ペロペロクンクン

澪「梓は欲張りなんだ……んっ」ピクン

梓「はぁ、はぁ……」シコシコ

澪「へ、変態さんだな梓は」ペロペロ

梓(澪先輩だって……)ペロペロクンクンシコシコ

澪「ふ、ふふっ……」めくりっ

梓「あ……おっぱい……」

澪「ほらほら、これでまた興奮アップした、だろ?」ピクン

梓「う……」シコシコペロペロ

澪「あははっ、そんなに早くシコシコしちゃって……んっ」スッ

梓「やぁ……なんで離れちゃうんですかぁ……」シコシコシコシコ

澪「おあずけされた、犬みたいな顔……」

澪「大きくなったそれ……どうしたい?」クスッ

梓「どうしたいって……」

梓「お胸……おっぱいで出したいです」

澪「胸に?」

梓「いいえ、胸を使って……えいっ」ガバッ

澪「ひゃ! な、なんだよ梓っ……」

梓「ふふっ、おっきな胸。ほら……早く挟んで下さいよ。シコシコの続き、して下さい……」

澪「む、胸でなんてそんな……」カアアッ

梓「ほら、乳首いじってあげますからっ」クリクリ

澪「んんっ!」ビクッ

梓「あははっ、なんですかその反応。そんなに気持ちいいんですか~」スリスリ

澪「あっ、あ……んっ……!」

澪「も、もっと優しく……んっ!」ビクッ

梓「胸でシコシコしてくれたら、やめてあげますよ~」クリクリ

澪「わ、わかった。ちゃんとやるからぁ……」ウルッ

梓「じゃあ……はい」スッ

澪「ん、んっ……」ムニムニ

澪「ど、どうだ?」ムニムニ

梓「もっと強く挟んでも大丈夫ですよ」

澪「こ、こうかな……」ムニュッ

梓「ああ、いいですね。さっきより大分……」

澪「んっ、んっ……」ペロペロ

梓「あははっ、何も言ってないのにおちんちんの先っぽ舐めちゃうんですか~?」クリクリ

澪「んひゃ! ち、乳首だめぇ……」ビクッ

梓「ほらほら、早く出さないと止めてあげませんよ」クリクリ

澪「んっ、んっ、んっ……」ペロペロビクン

梓「はぁ、はぁ……興奮ですぐイキそうです」クイクイッ

澪「はっ、はっ……」ムニュッ

梓「あ、それ出る、あっ……!」ビクンビクン

ピュッ、ピュッ

澪「んっ!」ピクン

梓「はぁ、はぁ……はぁ……」クイクイッ

澪「あ、あず、けほっ……べえっ」ドロドロッ

梓「ふふっ、精子まみれの澪先輩可愛い……」ペロッ

澪「ひゃあ……」ゾクッ


8