憂「あははっ、お姉ちゃんのマネだよ~」

梓「そ、そういうドキっとする事は言わないの」ペシッ

憂「いたっ、えへへっ」

梓(もう、バカ……)

憂「早く手洗って戻ろう、ね?」

梓「私は下着変えないと……」

憂「……あ、ねえ梓ちゃん」

梓「んっ、な~に憂」

憂「私、ちょっといい事考えちゃったよ」

梓「いい事?」

憂「うん、あのね……」ヒソヒソ

梓「……」

憂「ねっ?」

梓「う~ん、純にバレないかなあ?」

憂「大丈夫、そこはバッチリだよ~」

梓「……うん」

憂「えへへ、決まりだね。じゃあ早速準備しちゃうね」

梓(大丈夫……だよね)

ガチャッ

憂「お待たせ純ちゃん」

純「あ、おかえり。ねえ何食べる?」

憂「えへへ、それなんだけどね……えいっ」スルッ

純「わわわ、何これ真っ暗……あ、アイマスク?」

憂「うん、アイマスク。ちょっとだけゲームしようよ」

純「ゲームって、一体なにするの?」

憂「えっとね~……お口だけで食べ物を当てるゲームだよ」

憂「ルールは食べ物を噛んじゃだめ、下と唇だけで食べ物を当てるの」

純「ふむふむ……」

憂「正解したらそれを食べていいんだよ~」

純「へえ、ちょっと面白そうだねそれ」

憂「でしょ~」


憂「じゃあ最初の問題、わかったら答えてね」スッ

梓(……チョコレートだ)

純「ん、もう舐めちゃっていいの?」

憂「絶対に噛んじゃだめだからね! ペロペロかお口に入れるだけだよ~」

純「じゃあ……んっ」ペロッ

純「あ、甘い~?」

憂「うふふ」

純「目隠しすると意外とわからないね……チョコレートかな?」

憂「せいか~い。はい、あ~んして」

純「あ~ん」パクッ

純「あま~い」ニコニコ

梓(純、チョコレート口についてるよ)

憂「……くすっ。じゃあ次ね」

憂「これは?」スッ

梓(切られたリンゴ、ちょっと難しいかな)

純「ん~……」ペロッ

純「舐めるだけじゃわからないや」

憂「口に含んでみれば~?」

純「ん、ん」パクッ

憂「わかる~?」

純「ふっ……この形にぃ……この酸味」チュウチュウ

純「……リンゴ?」

憂「当たり~、そのまま食べちゃっていいよ」

純「うんっ」シャグッ


憂「ふふっ。次はちょっと難しいよ~」スルッ

梓「にゃ……」

純「なんでも来いだよっ!」モグモグ

梓(食べ物じゃないんだけど……ね)


憂「はい、じゃあ……どうぞ」グッ

梓「んっ……」ピクン

梓(じ、純の顔のすぐ近くに、私のおちんちんが……)

純「すんすん、匂いは……なんか嗅いだ事ない匂いかな?」クンクン

梓(や……鼻息くすぐったいよ)ピクッ

憂「舐めてみれば?」くすくす

純「ん……んっ」ペロッ

純「……? 不思議な味、しょっぱいのかな?」ペロペロ

梓(先っぽ……いい)

憂「わかる~?」

純「う~ん……まだちょっとわからないかも」

憂「じゃあお口に入れて~」

純「んっ……」ヌルッ

梓「あっ……」

純「むぐ。形は、細長い感じかな?」ペロペロ

梓「っ……」

憂(声出しちゃだめだよ)ヒソヒソ

梓(わかってるって)ヒソヒソ

憂「味はどう?」

純「ん……ぷはっ。全体的にしょっぱいかな~。味が薄いのかな?」

梓「……」ズイッ

純「んっ……は、あっ……」ペロペロ

純「ほ、ほんなにおひつけちゃやは……ゲホッ、ゲホッ!」

憂(梓ちゃん、おさえておさえて)

梓(はぁ、はぁ……んっ)シコシコ

憂(梓ちゃん……)

憂「……純、お口開けてて」

純「ん? こう……」あ~ん

梓「はあ、はあ」シコシコ

憂「うん。もしかしたら飛んじゃうかもしれないから」

純(飛んじゃう?)

梓「はぁ、あ……出そう……あっ」ビュッビュッ

純「ん、んひゃっ。な、なにこれ……」ピチャッ

梓「はぁ……ふぅ」ピクピク

梓(純の顔にかけちゃった……)

憂「ふふっ、わかったかな?」

純「うひゃ~、ベタベタでよくわかんないよ~。降参降参~」

憂「ふふっ、正解はね……フランクフルトでした~」

純「あ~、そうだったんだ~。どうりでしょっぱいと思ったよ」

憂「ちなみにお顔に飛んじゃったのはケチャップとマスタードでした~。ちゃんと綺麗にしないとね」フキフキ

純「そうだったんだ~、残念」

梓(とりあえず、証拠は隠滅……と)

憂「じゃあ最後のはね……」スッ

梓(にゃ、う、うい? なんでういまで脱いで……)

憂「ふふっ、はい純ちゃんあ~ん」

純「あ~ん……」パクッ

純「む~、またしょっぱいのだね~」モゴモゴ

憂「そうでしょっ、難しいと思う……んっ」ピクン

梓(憂ってば、目隠ししてるからって大胆……)

純「ん~」ペロペロ

憂「ふふっ、そこの出っぱりが一番味がわかるかもね」ビクン

純「……ここ?」クリクリ

憂「あんっ、いいよお純……」

梓(憂って結構痴女)

純「……んっ」ペロペロ

憂「どう、どう。わかる純ちゃん」ビクビク

純「わかんな~い」クチュクチュ

憂「ふ、ふふっ。お顔ベタベタだね、こ、降参?」

純「……降参。最後の二つは難しすぎるよ~」パクッ

憂「あっ……う、うん……じゃあこの問題は終わりねっ!」サッ

純「あれ、正解は……」スルッ

梓「じ、純! まだ外しちゃだめぇ!」

梓(下半身裸の憂があぁ……)ギュッ

純「えっ……」

梓「……ふう、ギリギリセーフ」

純「……あのお梓ちゃん。何か私に当たってるんですけど」グイッ

梓「へ……えっ」

純「股間のこれ、一体なに?」

梓「……」

憂「……」

梓「け、携帯……」

純「……」

純「そっか、携帯じゃあ仕方ないね」

梓「う、うん。そうだね携帯」

憂「あ、あははっ。よかったね携帯で」

梓(もう、憂が調子にのるから!)ヒソヒソ

憂(ごめんね梓ちゃん)ヒソヒソ

梓(全く……)


夕暮れ時

純「お邪魔しましたあ」

憂「また明日ね、梓ちゃん」

梓「うん、また……」

バタン

梓「……」

梓(ああっ、どっと疲れた……つい勢いで出しちゃったけど)

梓(やっぱりおちんちん痛い……っていうかまた小さくならないんですけど)ビンビン

梓(バイアグラってこんなに効くんだなぁ……)

ピリリッ

梓「ん、メールだ……純から?」

純『しょっぱいフランクフルト、ごちそうさまっ。今度はしっかり食べるからねっ! また食べたいな、梓のフランクフルト』

梓「……」

梓「憂、これはもしかして。バレちゃったのかなあ」

梓「あははっ、意外と憂の時もわかってたりして……ね」

梓「……」

梓「まあ……いいや。今はもう……」

梓「おやすみなさい」バッタリ


……ピリリッ

純『P.S.最後の食材、あとでこっそり教えてねっ!』

やっぱりわかってなかった純ちゃんでしたとさ。


月曜日

ガチャッ

梓「こんにちは~」

澪「!!」びくっ

梓「あ、澪先輩。お疲れさまです、一人ですか?」

澪「あ、ああ。梓も……一人か?」

梓「はい。今日はちょっと早く来たつもりなんですけど、先越されちゃってましたね」

澪「う、うん。そうだな~」そわそわ

梓「……どうかしましたか?」

澪「な、なんでもないよっ!」

梓「変な澪先輩」くすっ

澪「……」そわそわ

梓「……」

澪「……」ガタガタ

梓「どうしたんですか、落ち着かない感じで」

澪「べ、別に……」

梓「何か私に言いたい事でもあるんですか?」

澪「う、あ……うん」コクッ

梓(あれ、私またなんかしちゃったっけか……?)

梓「……で、なんですか一体」

澪「あ、あの、あの、あのさ……」

澪「わ、私も……み、見たい……」

梓「? 何がですか?」

澪「あ、梓の、その……」カアアッ

梓「私の?」

澪「……い……言えるかぁああっ!」プルプル

梓「……さっきから何一人で悶えてるんですか、澪先輩は」

梓(先輩……お顔真っ赤)

澪「だ、だって、恥ずかしくて……」

梓「恥ずかしい?」

澪「う、うん。恥ずかしい。口にだして言えない単語……」

梓(……ははぁ~ん、なるほどね)

梓「くすっ、澪先輩も見たいんですか私のおちんちんが?」

澪「……」

梓「ん、どうなんですか。素直に言ったら、いい事あるかもしれませんよ~?」

澪「み、見たい……」

梓「へえ、何をですか?」

澪「い、言わないとだめ?」

梓「ええ、ちゃんと単語言ってくれないとわかりませんよ~」ニヤニヤ

澪「ううっ……」カアアッ

澪「お……」

澪「い、いや。男性器を……だ」

梓「ああ、そうやって逃げるのは無しですから。やり直しですね」ニヤニヤ

澪「あ、あずさぁ……」

梓「言わないなら見せてあげませんよ~?」

澪「……ちん」ポソッ

梓「はい?」

澪「梓のおちんちん……見たい……」カアアッ

梓「あははっ、どんだけウブなんですか澪先輩」

澪「だって恥ずかしいんだよ……仕方ないだろっ!」

梓「ふふっ、今さら凄んでも怖くないですけどね」

梓「……まあ、約束です。いいですよ」

澪「ほ、本当か?」

梓「ただし、今日家にお泊まりする事が条件です。その方がゆっくりできますしね」

澪「う、うん……わかった」

バタッ

律「お~っすお二人さん」

澪「あっ……」

梓「……ふふっ、待ってますからね」ヒソヒソ

唯「あずにゃ~ん」ギュッ

梓「にゃあああ!」

澪(あ、梓の……見れるんだ)カアアッ

律「ん、澪。顔が赤いけど熱でもあるのか~?」

澪「な、なんでもないっ!」

紬「うふふっ、変な澪ちゃん」

唯「あずにゃ~ん」ギュッ

梓「にゃあああ」

澪「へ……えへへっ」ニヤニヤ


……

ピンポーン

ガチャッ

梓「いらっしゃい。澪先輩」

澪「……」コクッ

梓「あれ、荷物持ちに帰ったのに制服のままですか?」

澪「ふふっ、少しでも早く来たかったからな」

梓「……へえ、そんなに。まあいいや、上がって下さいよ」

澪「……お邪魔します」

梓「とりあえず、私の部屋へどうぞ」


7