梓「……」ビンビン

梓「まだですよ。これ……綺麗にして下さいよ」スッ

さわ子「んっ……」

梓「ほら……」ズイッ

さわ子「……」ペロッ

梓「そう。先っぽだけじゃなくて、ちゃんと残っている精液も吸いとって……」

さわ子「んんっ……」チウウゥゥ

梓「……んっ。すごい、まだおちんちん小さくならない」クイッ

さわ子「ぷはっ。そういう薬だからね。まさか中に出されちゃうとは思ってなかったけど……」

梓「へぇ……」シコシコ

さわ子「……って、なんで私のお顔の前でシコシコしてるのかしら?」

梓「まだ、出し足りませんから」シュッシュッ

さわ子「もう……それで、私のお顔に出すのは決定済みなのかしら?」

梓「はい、まずは」シコシコ

さわ子「まずは……ね」

さわ子「あ、待って梓ちゃん。さすがに服は汚したくないから、脱いじゃうわね?」

梓「ええ、わかりましたよ」シコシコ

さわ子「んっ……」スルッ

梓「どこにかけようかな、どこにかけようかな」ハァハァ

さわ子「……興奮しすぎよ。あ、下着はどうすればいいかしら?」

梓「全部脱いで下さいよ、身体中を精液で汚さないと……おさまりませんから」シコシコ

さわ子「梓ちゃん、本当に発情しちゃってるわね……もう」スルッ

梓「まずはお顔……眼鏡にかけちゃいますよ~」

さわ子「……」スッ

梓「ふふっ、いい子ですね~。ついでにお口あけて、舌をべ~ってして下さいよ」

さわ子「……」レロッ

梓「あっ、でそう……」シコシコ ピュッピュッ

さわ子「んんっ……」ギュッ

梓「ふ、ふ。まだこんなに出ちゃうんだ」シコシコ

さわ子「……」ドロドロッ

梓「お顔べちゃべちゃですよ~。あ、これ、綺麗にするの忘れないで下さいね」スッ

さわ子「……あ~ん」パクッ

梓「ふ、ふふっ……」クイクイッ

さわ子「んっ、ふっ……」クプッ、クプッ

梓「……あっ、ついでにこのままお口に出しちゃいますね。もちろん、こぼしちゃだめですからねっ」グイッ

さわ子「ん、んんっ!」ペロッ

梓「そう、奥まで、奥まで……あっ、出る……」ビュルッ

さわ子「ん……ふっ」ゴクゴクゴクッ

梓「ふふっ、そんなに吸われてもまだ小さくなりそうにないですよ」クプッ

さわ子「……んっ」

梓「次はお尻にかけたいな~」ニコニコ

さわ子「……」クイッ

梓「あははっ、すぐにお尻向けてくれるんですね。もう……エッチなお尻ですね」シコシコ

さわ子「……」

梓「どこにかけようかな……」

梓「やっぱりお尻の穴ですかね」グイッ

さわ子「っ……!」カアアッ

梓「ふふっ、ピクピクしてる~」スッ

さわ子「さ、触っちゃやぁ……」

梓「さっきの精液ついてますよ。うわ、ねちょねちょ……」ツーッ

梓「まあ、これからまた精液ぶっかけるんですけどね」シコシコ

さわ子「う、ううっ……」カアアッ

梓「あ、出る……うっ」ドピュッ

さわ子「んっ……」

梓「……さすがにちょっと量が少なくなってきたかも。でもお尻ぐちょぐちょなんですけどね」クニュクニュ

梓「あはは、お尻から精液出ちゃってるみたい~」ツンッ

さわ子「……」カアアッ

梓「……ふうっ。さすがにちょっと疲れましたね。ちょっと休憩です」

さわ子「ん……もう終わりかしら?」

梓「休憩ですよ。あ、お顔とか拭かないといけませんよね……今ティッシュを……」

さわ子「あら、綺麗にするのは違うでしょ?」グイッ

梓「えっ、何が……にゃっ!」

さわ子「ふふっ」

梓「な、何するんですかぁ……」

さわ子「汚れた部分、綺麗にしてもらわなきゃね。まずは最初に出されちゃった中から……」ズイッ

梓「に、にゃああ、近い近い近い……」ポタッ

さわ子「ふふっ、お股とお尻から垂れちゃって……顔にかかっちゃったわね」グッ

梓「そ、そんな位置に押し付けられてたら当たり前……にゃっ」ポタポタッ

さわ子「ほら、早く綺麗にしてよね。たっぷり汚されちゃったから……」

梓「あ、ああっ……」

さわ子「まずは中の精液を全部かき出してもらおうかな、舌で……ね」

梓「ん、んんっ……」グチュグチュ

さわ子「うん、もっと奥まで……いいわよ」グイグイ

梓(ううっ、苦いし、すごいびちゃびちゃってしてる……そんなに押し付けないでよぅ……)ペロペロ

さわ子「ふふっ、次はお尻。精液ペロペロしなさい……」

梓「はっ、はっ、あ……」ペロッ

さわ子「私の穴、美味しい? こんなに汚したんだもん、美味しいに決まってるわよね」クイクイッ

梓(な、なんかスイッチ入ってるんですけど~)

さわ子「……あ、忘れてたわ」

さわ子「私も梓ちゃん汚さないとね……」

梓(えっ……)

さわ子「は~い梓ちゃん。お顔はそのままね~」クチュクチュ

梓(せ、先生の指が……おまんこの中入っちゃってる……)ジーッ

さわ子「ふ、ふふっ。ちゃんと見ててね。あと、舌も出してないとだめよ」グチュッ

梓「は、はひ……」あ~ん

さわ子「いい子ね……待ってて、すぐに出すから」グチュグチュ

梓(出す……?)フルフル

さわ子「んっ、んっ、んっ」クチュクチュ

梓(そんなに早く出し入れして、痛くないのかなあ)ジーッ

さわ子「はあっ、あっ、あっ……」グッチュ

梓(すごい……エッチな音してる)

さわ子「あっ、出るわ、出るわよ……んっ!」グシュッ

梓(えっ……)

プシャアアアアアッ

梓「ん、んんんにゃっ……!」
さわ子「はぁ、あ、あっ……」ブルブル

梓(何これ……おしっこ……? でも、全然苦くない……)ペロッ

さわ子「ふ、ふっ……お顔びっしょりよ梓ちゃん」

梓「ん、んっ……」ギュッ

さわ子「さすがにおしっこかけるわけにはいかないから、潮で……ね」クスッ

梓(これが、潮……)

さわ子「はい、お顔拭きましょうね」フキフキ

梓「んっ……」

さわ子「ふふっ、梓ちゃん汚しちゃった」チュッ

梓「にゃ……」

さわ子「疲れたわね、ちょっと休憩しましょうか」ニコッ

梓(いつもの先生の笑顔だ……)ホッ

さわ子「ふふっ、これをしたかったからラブホを選んだの。お家だと汚れちゃうから……」

梓(そっか、そういう選択もあるんだ)

梓(先生って、やっぱり大人なんだなぁ)

さわ子「……それでね、唯ちゃんたらね」

さわ子「あ、梓ちゃん?」

梓「……す~っ、すぅ」

さわ子「寝てる。疲れちゃったのかな」

さわ子「何回も出したからね~……」クスッ

梓「すう、すう」

さわ子「ふふっ、可愛いっ」チュッ

梓「ん、にゃ……」ギュッ

さわ子「あらあら、甘えんぼさんね」クスクス

さわ子「いい子いい子」ナデナデ

梓「ん……」

さわ子「おやすみ、梓ちゃん」チュッ

梓「すう、すう……」ムクッ

さわ子「……」

さわ子「寝てる間に、もう一回出しちゃえ」クスッ

梓「ん……」

さわ子「おやすみ、梓ちゃん……」スススッ

……。


次の日の朝

梓「すう、すう」

クチュッ、クチュッ

梓(ん……お股に違和感が……)

チュッ、チュッ

梓(あ、気持ちいい。なんだろう、夢?)

「んっ、んっ……」ペロペロ

梓(あ、出る……)ビクン

ビュルルル

梓「んっ、んっ……」

さわ子「朝からいっぱいね」クスッ

梓「あ、あれ……先生?」ピクピク

さわ子「おはよう梓ちゃん。たくさん出たわよ~」

梓「……」

梓「にゃああっ! な、な、な、なにやってるんですかぁ……!」

さわ子「ふふっ、元気だったからつい、いじめちゃった」

梓「もう……」

さわ子「さ、そろそろ支度しなきゃ」

梓「もう……そんな時間なんですか? ちょっと、残念です」シュン

さわ子「ふふっ、そんなにコスプレルームが気に入った?」

梓「コスプレじゃありません。ホテルが……」

さわ子「うふふ、なんでもいいわ」グッ

そう言って、私の手をとった先生の顔は、もう学校で見せるいつもの表情に変わっていました。

車の後ろでは、昨日までのピカピカ光っていたお城はもうすっかり無くなってしまっていて……。

梓(なんだか、夢の中にいたみたい)

少し私が、大人になれた一日でした。



日曜日

梓(ううっ、昨日から出しすぎちゃっておちんちん痛いよぉ……)

梓(でも、まだ薬のせいかビンビンしてるし……)

梓(今日はお家おやすみ、っと)バッタリ

……。

ピンポーン

ピンポーン

梓(あれ……お客さんかな?)

ピンポーン

ピンポーン

梓(うるさいなぁ……はいはい)トタトタ

梓「は~い」ガチャッ

純「やっほ~、遊びに来たよ」

梓「あ、純……」

梓「……えっと、何しにきたの?」

純「ひどいな~。遊ぶ約束してたじゃん~」

梓「そうだっけ?」

梓(連日のゴタゴタで忘れてたよ……)

純「お邪魔しま~す」

憂「しま~す」

梓「……あれ、憂も?」

憂「うん、しま~す」ニコニコ



梓の部屋

憂「じゃあなにして遊ぼっか?」

梓「お昼寝する~」バッタリ

純「って、ちょっとちょっと梓!」

梓「ん~……」ムニャムニャ

憂「すっごいお疲れみたいだね~」

純「もう……じゃあ私もお昼寝するっ!」モフッ

梓「きゅう……!」

純「えへへっ、あずさあずさ~」バタバタ

梓(あんまり暴れないでよ純~)

コツン

梓(コツン?)

純「あれ……なんだろ、この出っぱり?」スリスリ

憂(あ)

梓(あ……)ムズッ

純「ん~……梓何これ~。携帯電話? 違うよね……」スリスリ

梓(あ、あまり撫でないでよ純)

純「ん~、不思議な手触りだね~」グリグリ

憂「純ちゃん、え~い!」ポフッ

純「きゃっ、な、なによ憂」

憂「私も一緒にお昼寝する~」

純「せっかくのお休みなのに……まあ、たまにはいっか」

憂「うふふ」

梓(憂、助けてくれた?)うとうと

純「す~っ」


梓「うとうと……」

梓(結局三人で同じ布団に入っちゃった)

梓(まあ、この方が静かでいいし……)

憂「……」スッ

梓「にゃ……!?」

憂「……くすっ」ギュッ

梓(う、うい……何いきなり握ってるのさ)

憂「……いたずら」ヒソッ

梓(じ、純にバレたらどうするのっ……!)ピクッ

憂「……ふふっ」モゾッ

梓「手……パンツの中に入れないで」ヒソヒソ

純「すう、すう」

憂「平気だよっ」シュッシュッ

梓「ふぁ……」

憂「くすくす、あんまり声出すと起きちゃうよ~」シコシコ

憂「……なんかすごいおっきくない?」ヒソヒソ

梓「い、色々あったのよ……」ピクン

憂「ふ~ん」シコシコ

梓(そ、そんな笑顔で気持ちよくしないでよ)ゾクゾク

純「う~ん」ギュッ

梓「あ……」

憂「ふふっ、くっつかれちゃったね」シコシコ

梓「で、でも止めないんだね」

憂「止めてあげな~い」

梓「じ、純が起きちゃうよぉ……」

憂「起きたら止めてあげる」くすくす

梓「な、なによそれぇ……」

憂「出ちゃうのが先かな~」

梓「あ、あっ……」

純「んっ……あずさっ?」

梓「え、あ、あっ……純?」

憂「くすっ……」シコシコ

梓(えっ、憂……手……)

純「ん~、何か言った~?」うとうと

憂「……」シュッシュッ

梓「な、なんでもっ……んっ」ピク

梓(止めて、くれないの!?)

純「梓、具合悪い?」

憂「本当、具合悪そうだよ~」シコシコシコシコ

梓「は……あっ」ピクン

梓(そんなに早く動かしちゃ、出ちゃう……)

純「どうしたの梓、大丈夫?」
梓「だいじょ……ぶ。もう、すぐ……んっ」ビクビク

憂「……イっちゃえ」ヒソヒソ

シコシコ シュッシュッ

梓「っ……んっ!」ビクビクッ

ピュッピュッ

梓(……出ちゃった。パンツの中にベッタリ)

純「……梓?」

梓「ん、んっ」ピクッ

憂「梓ちゃん大丈夫?」ニコニコ

梓「平気……だよ」

梓「んっ……うん」

純「あ、呼吸が戻った? 本当に大丈夫そうだね」

憂「……」ギュッ

梓(うい、パンツの中から手を出してよぉ……)

純「……ふぁ~あ。ちょっと寝たら何だかお腹すいちゃったよ」

純「みんなで何か食べようよ」

梓(ぐっちゃになった下着着替えたらね……)

梓「そ、その前にちょっとトイレいってくるね」

憂「あ、私も~」スッ

バタン

憂「ふふっ、バレなくてよかったね」

梓「もうっ、何やってるのさ憂」

憂「もうあずにゃん……なんで勝手に出しちゃうかな~?」

梓「!」


6