梓「私、寝っころがってあげますから。ささ」スッ

律「え、ええっ……」

梓「さ、早く」ゴロン

律「わ、わかったよ~……んっ」スッ

律「こ、これでいいか?」プルプル

律先輩は、和式トイレでおしっこするみたいに……私の顔にまたがりました。

梓「え、何恥ずかしい格好してるんですか?」

律「えっ……な、なにがだよっ!」

梓「別に、そんなに顔に近付けなくていいんですよ~」

梓「ただ立って、またがってくれるだけでいいの……見せたいんですか?」ニヤニヤ

律「っ……!」スクッ

梓(あはっ、可愛い……言いなりっちゃんですね)ゾクゾク

梓「えへへ、いい眺めです~」

律「……」モジモジ

梓「あ、そうだ律先輩。私の……おちんちん見たいですか?」

律「み、見たいっ!」

梓「ふふっ、即答ですね。嫌いじゃないですよ、そういうのって」

梓「じゃあ脱がしてもいいですよ」

律「そ、そいじゃあ早速……」ススッ

梓「あっ、待って下さいよ律先輩。足動かしちゃだめですよ」

律「ええっ……そ、そんな事言われたって……」

梓「ふふっ、腰は浮かせてあげますから、さ、どうぞ」スッ

律「うう……」

律「た、立ちながらじゃあ届かないよなぁ……んっ」スススッ

梓(わ、律先輩のアソコがどんどん近付いて……ふふっ)

律「も、もう少しでとど……ひゃうっ」ムニッ

梓(ああ~、いい匂い)クンクン

律「は、はぁ……あっ」スリスリ

梓(そんなに動かさないで下さいよ……興奮して大きくなっちゃう)ムクムク

律「あっ、あん……あ……おっきく……」

律「んっ、んっ……しょ」ズリッ

梓「……ぷは。ふふっ、やっと脱がせられましたね~」

律「う、うん。すごい、おっきいんだな……」ジーッ

梓「触りたかったら、触ってもいいんですよ? あ、足は動かしちゃだめですからね」

律「う、うん……わかったよ……」スッ

梓(ふあぁ……アソコいい匂い)クンクン

律「ん、んしょ……」ムニュッ

律「こ、これがおちんちん……」クイクイ

梓(……いや、横じゃなくて縦に動かして下さいよ)

律「け、結構硬いんだなぁ……」スリスリ

梓(あ、先っぽは気持ちいいかも)ピクッ

律「なあ梓。どこ触ると気持ちいいんだ?」フニフニ

梓(……お顔が埋まって喋れません)クンクン

律「ん~……」クイクイ

梓(それに、ちょっと湿ってきてるし……)ゾクゾク

梓(ん~……)ペロッ

律「ひゃっ! な、なに……!」ビクッ

梓(あ、クリトリスぷっくりしてる。ここかな)クリクリ

律「あ、あずさっ……そこ、やぁ……」ピクピク

梓「ふぁ、おいひ」ペロペロ

律「だ、だめだよあずさ……」

梓「ふふっ、可愛いですね律先輩」ハムッ

律「やあ、あっ……」ビクン

梓「ふ、ふふっ。そのまま……舐めて下さいよ、先輩」ハァハァ

律「あ、はあ……こ、これを」カアア

梓「歯はぶつけないで下さいね」

律「ん、あ~ん……」パクッ

梓(舐めてって言ったのに、くわえちゃって……)

律「んっ、んっ」チュプチュプ

梓「ドMでエッチなんて、変態さんですね」クスクス

律「う、うるへ~っ」ペロペロ

梓「ふふっ。舐めるのは止めないんですね~」

律「んっ、んっ、んっ」ペロペロ

梓「……」ジーッ

律「はぁはぁ……」クプクプ

梓「……」

律「あ、あずさ……私もペロペロして……」グイグイ

梓「え~、私はベタベタなパンツ見てるだけでいいんですけどね」

律「た、頼むからぁ……」ムズムズ

梓「あれ、私の命令するんですか?」

律「そ、そうじゃなくて~……」

梓(ああ、涙目な律先輩可愛いなあ。こんなエッチな部長だったなんて……)

梓「先輩……私のくわえてる間だけ、ペロペロしてあげますよ」

律「ふぇ……」

梓「別に無理に舐めないでいいですよ。ただお口に入れてるだけでいいんです」

律「そ、その間だけ……」ゴクッ

梓「はい、ペロペロしてあげますよ~」ニコニコ

律「う、うん……」

梓「あ、面倒なんでパンツ脱いじゃって下さいよ」

律「わ、わかった……」スルッ

梓「わ……糸引いちゃってますね」

律「だ、だって梓がペロペロするから……」

梓「ふふっ、今からもっとペロペロしてあげますよ」

律「う、うん……」

梓「じゃあ、どうぞ。あ、ちゃんとまたがって下さい」

律「んっ……」スッ

梓「ふふっ、お尻まで丸見えですよ」

律「い、言わないでよ……」モジモジ

梓「うふふっ、早くペロペロして下さい」

律「ん、ん……」スススッ

梓(にゃあ、近い近い近い)

律「あ~ん……」パクッ

梓(んっ……)ペロペロ

律「ん、はっ……」モゴモゴ

梓(必死にくわえちゃって、可愛い……くすっ)クチュクチュ

律「あ、あ……はぁっ!」ビクン

梓「ん……離したから中断ですよ」

律「な、なあ梓。一個相談なんだけどさ……」プルプル

梓「はい、なんでしょうか?」

律「口に含むだけじゃなくてさ……もしペロペロで梓をイカせられたら」

梓「イカせられたら、なんですか?」

律「……」

律「私をペ、ペットにしていいよっ!」

梓「へえ、ペット……ペットですか」

梓「でもそういうのって、普通は私をペットにするっていう条件じゃないんですか?」

律「……」

梓「……まあ、私をイカせられたら、それでいいですよ」

ちなみに、この間も律先輩はずっと私の顔にまたがったままです。

律「ほ、本当か!」

梓「はい、私がもし出しちゃったら……それで」

律「よ、よ~し。じゃあ……」

梓「ただしっ。先に律先輩がイっちゃったら罰ゲームですよ」

律「ば、罰って……?」

梓「ん~、そうだなぁ……」ニヤニヤ

梓「私、律先輩のはいてるパンツが欲しいなあ」

律「へ……私の?」

梓「はい、その汚れたパンツが欲しいです」

律「よ、汚れたってお前な……」

梓「ふふっ、誉め言葉ですよ。クンクンペロペロしたいんですよ」

律「い、以外と変態なんだな梓って……」

梓「ひきましたか?」

律「……ううん。パンツ、好きなんだな~って」

梓「ふふっ、じゃあ早くペロペロしと下さい」

律「ん……」あ~ん

梓(私も……)ペロペロ

律「ふっ、んっ……」クチュクチュ

梓「あっ、ん……」ピクッ

梓(ち、ちょっとだけ気持ちいいですけど……)

律「はぁ、はぁ」ペロペロ

梓(シックスナインなんて、エッチな事して……興奮する)クチュクチュ

律「ん……あんっ!」ピクッ

梓(でも、私はまだイキませんもの)ニマァ

律「……にゃ、あ、あずさ、ちょっとストップ」

梓「?」

梓「ぷは。なんですか、降参ですか?」

律「……違う違う。なあ、手でしてもいいか?」

梓「手……ですか?」

律「ああ、口じゃなくて手」

梓「まあ、別にいいですけど……」

律「ふふ~ん。オッケー、じゃあ……」スッ

梓「えっ……し、下着なんて持ってどうするんですか?」

律「こうするんだ、よっ」スポッ

梓「にゃ、お、おちんちんに……」

律「えへへ~、こういうプレイもあるんだよなっ」

梓(そ、それはちょっと反則ですよ……)ゾクゾク

律「ふふっ、じゃあ……」シコシコ

梓「にゃ、あっ……」

梓(やば、手触りが気持ちいいよぅ……)

律「ふふっ、どうしたんだ梓~。ペロペロ忘れてるのか~?」シュッシュッ

梓(だ、だって……律先輩の下着が私の……)ゾクッ

律「あれ、そんなに効果あったのかな~?」ニヤニヤ

律「ほらほら~、ペロペロしていいんだぞ~」フリフリ

梓(お、お尻ふられると余計に興奮しちゃって……)ギンギン

律「すごい、ピクピクだな……」

梓「にゃ、あ、あ……」ビクビク

律「ふ、ふふっ……」シコシコ

梓「あ、で、出そ……」

律「もう出ちゃうって……そんなに私の汚いパンツに出したいのか~?」

梓「う、ううっ……」

律「出したいなら出しちゃっていいぞ~。ほら、私のアソコが当たっていた汚い場所に……」

梓(そ、そういう事言われちゃったら……わ、私)

梓「あっ、あっ、出る。出る……イッちゃうっ!」ビクンビクン

ピュッ、ピュッ。

律「うへぇ……一気にパンツべちゃくちゃだ」シコシコ

梓「も、もう動かしちゃだめですよっ! おちんちんムズムズしちゃうっ!」ピクピク

律「あははっ、なんだよ、そんなに悶えちゃって」シュッシュッ

梓「そ、それは本当に……だめえぇ!」ビクッビクッ

律「お、だんだんと小さくなって……」シコシコ

梓「にゃあっにゃあっにゃあっ!」

律「……は、はっ。終わったのかな」スッ

梓「う……う……」グッタリ

律「ふふっ、私の勝ちだなあずにゃんや」ヒラヒラ

梓「ううっ、これ見よがしにパンツ振り回さないで下さいよ……」

律「へへ~、梓はああいうのが好きなんだな」ニヤニヤ

梓「だ、だってパンツはすごい気持ちよくて……」

律「まあ、勝負は終わり。ってわけで」

律「わ、私をペットに……」カァァッ

梓「もう、Sになったと思ったらいきなりMですか……」

律「ど、どうしても勝ちたかったから……」

梓「……」キュン

梓「ま、まあ約束ですからね。ペットにくらいしてあげますよっ」

律「えへへ~」ニコニコ

梓(そんなに嬉しそうに笑わないで下さいよ、もう)

律「さあ、何でも言う事聞いてやるぞっ」ルンルン

梓「……じゃあ早速ですけど」

梓「そのパンツについた精液……ペロペロして下さいよ」

律「えっ……こ、これ?」

梓「はい、ペロペロです」

梓「返事」

律「んっ、は、はい……」

梓「ほ~ら、これですよこれ」スッ

律「ひ、広げないでよ……」

梓「ふふっ、真っ白い下着だから黄色いのが混ざって……エッチ」

律「恥ずかしいよ……」

梓「今からここ、ペロペロするんですよ?」

律「……」

梓「返事」

律「は、はい……」

梓「じゃあ」

律「んっ……」ペロッ

梓「どうですか味は?」

律「んん……ちょっとよくわからないかも。んっ」ペロペロ

梓「舐める姿が犬みたいですね~」ナデナデ

律「ふっ、ふっ」チュウウゥ

梓「ちゃんと全部舐めとって下さいね」

律「は、はひ……」ペロッ

律「……んっ」

梓「はい、ちゃんと舐めましたね~」ナデナデ

律「う、うん。恥ずかしいかったけどな……」

梓「律先輩がこんなに変態さんだったなんて、ちょっと驚きです」

律「おちんちん生えてる梓のが変態さんだよ~だ」チュッ

梓「にゃ……い、いきなりチューはっ……」

律「私ペットだから興奮すると止まらないんだ~」ニコニコ

梓「ま、待って……い、言う事聞かないと怒りま……」

律「えへへっ、あずにゃん~」ギュー

梓「に、にゃああああ……」

いじめ、いじめられて。

律先輩との夜は終わりました。



次の日、廊下

梓(ううっ……最近いじめられすぎて……)

梓(はぁ、最近(下半身)元気出ないなぁ……)トボトボ

さわ子「中野さん」

梓「……あ、さわ子先生。どうしたんですか?」

さわ子「ちょっと今からいいかしら。大事な話があるの」

梓「えっ、は、はぁ……」

梓(あれっ、私何かしたっけ? 部活の事なら私に言うわけでもないしなぁ……)

さわ子「じゃあ、部室で待ってるわね」

梓(う~ん、ちょっと不安です……)

ガチャッ

さわ子「来たわね」

梓「はい。あの、話って……」

さわ子「……」

さわ子「唯ちゃんから話を聞いたわよ」

梓「えっ、な、なにが……」

さわ子「あなたたち、夜な夜な高校生らしからぬ行為をしているんですってね?」

梓「えっと、あの……」

さわ子「……」

梓(どうしよう、どうしよう。すごい怒った顔してるよ~)アタフタ

さわ子「ど……」

梓「……」

さわ子「どうして私にも一声かけてくれなかったのよっ!!」

梓「ええぇぇ……」

さわ子「あのねっ、そういう事なら大人の私に任せなさいっ!」

梓「あ、あのぉ……」

さわ子「今日は、今日はどうするの。予定ある!?」

梓「いえ、別に特には……」

さわ子「じゃあじゃあ、一緒に行きましょう行きましょう!」

梓「い、行くってどこにですか?」

さわ子「もちろんっ」

さわ子「ラブホテルよっ!」フンス

梓(うわぁ、多分軽く問題だぁ……)


車の中

ブロロロロ

梓(でも、結局ついてきちゃう私)

さわ子「うふふ~、楽しみねえ」ワクワク

梓「あ、あの。私、ラブホテルなんて全然よくわからないんですけど……その、お金とか……」

さわ子「大丈夫よっ。その辺も含めて大人の私に任せない!」

梓(さわ子先生の目、すごいキラキラしてるなぁ……)

さわ子「あ、その前にご飯買っていきましょうか。コンビニ~」


4