―――午後!

唯「あうっ!…いたたたた。」

律「もうケツ痛すぎて椅子座りたくないよ…」

澪「部室に戻ってくるくだりは特に何もなかったな。」

梓「生徒会室では相変わらず何かゴソゴソやってましたけどね…」

紬「13:30…まだ先は長いのね…」

梓「あの~…なんかさっきより箱、増えてません?」

律「…中野よ、やはりお前も気付いていたか。さすがは来期部長候補だ」

澪「…もう箱はこりごりだ。このおっきいの邪魔だからこっちに…」ズリズリ…

律「開けてみようぜ~、澪ちゅわん」

澪「誰がその手に乗るか。こんな大きな箱、
  いかにも笑わせる仕掛けが入ってますよ~って主張しているようなm」

バリッ!!『ガーーーーッ!!!』

澪「ひぎぇぴぃぃぃぃぃぃっ!!!」

唯「ひゃああああああ!!」

律「ぎょええええええっ!!!」

紬「…」 ポカーン

オカルト研『…大成功。』

梓「…ぇ、えっ!??」

オカルト研『…。』 スタコラサッサ

唯「へ…何?大成功って…え?」

律「えーっと…あいつらも、さわちゃんからの刺客だよな…?
  だとするとあいつら、今回の企画の趣旨…間違えてるんじゃないのかな?」

唯「あっそっか!絶対驚いてはいけない方のアレだね!」

澪「アウアウアウアウアウアウアウアウアウアウアウア」

梓「ほら、澪先輩。いつまで泡吹いてるんですか。
  あと、あんまり変な叫び声とか倒れ方とかしないで下さい!二次災害につながりますから!」

―――14:00!

ガチャ

さわ子「はいみんな注目!今から一時間の間『サービスタイム』に入るわよ!!」

唯「?」

紬「サービス…タイムって、何ですか?」

律「あっ、もしかして今なら笑ってもOKとか?」

さわ子「残念、そんなに甘いものじゃあないんだけど…
    もし笑ってしまったとき、おしおきと同時にちょっとしたサービスが
    追加される、とだけ言っておこうかしら。」

律「サービスったって…絶対あたしらにとって
  プラスになるようなイベントは無いはずだぜ!」

澪「サービスでオシリを一度につき二回叩かれるとか…
  もしくはハリセンの代わりに竹刀で叩かれるとか…」

梓「それもはや暴力事件ですよ!」

唯「学校でこんなことやってる時点ですでにいかがわしいんだけどね!」

紬「唯ちゃん、それは流れ的に私達が口にしちゃいけないことよ。」

澪「痛いのはイヤ…絶対イヤ…;;」 ブルブル…

ピンポンパンポーン

唯「!?」

教師『ただいま、生徒のものと思われる落し物が職員室に届きました。
   心当たりのある生徒はすぐに申し出てください』

澪「…なんだ、ただの通常放送か。」

律「もしその落し物の主がこの中にいたとしたら勘弁だけどな」

澪「やめてくれよ。…大丈夫かな」 ガサゴソ

梓「あ、この場合困るのは落とした人じゃなくて
  落とし主の周りにいる人、ですから。」

教師『無地のピンクのノートなんですが…名前は書いてませんね。
   表紙には…なになに、『硝子の抒情詩(こころ)』…何ですかねこれ』

澪「!!!」

梓「ククッwwwヒッwwwww」

※既に笑いましたが、続けてご覧下さい。

教師『えーっと…タイトル「ラブリーマシュマロウィンク」…
  「年上の人に恋焦がれる少女の高ぶる気持ちを表現した詩」…』

澪「あ…あぁ…/////」カァァァァッ

律「…み、澪…お前まさか…」

教師『「あまくて やわらかくて 汚れなき真っ白なこの気持ち
   あなたのほっぺたに Kiss Kiss Kiss my Preasure」…』

律「あはははwwwwwあひーwwwwwwwwwwwww」

紬「くwwwくるひぃwwwwwwwふふwwwww」

澪「やめええええ!!わああああ!!!ぎゃあああああ!!!/////」ジタバタ…

教師『…以上の内容に心当たりのある人は、至急職員室まで…』

梓「だwwwwwとりにwwってwwwwwだれがwwwwwwww」

澪「…いっそ殺してくれ;;;」

デデーン  平沢、田井中、琴吹、中野、アウトーーー!!

律「wwっひwww…澪、お前やっぱすげぇ…wwックwwww」

梓「あの先生…wwwよく最後までww真顔で読めましたよねwww」

唯「だ、大丈夫だよ澪ちゃんwwっwww…わたしは好き、だよwwっ…」

澪「はいはい何とでも言って下さい私気にしてませんからはっはっは」

紬「澪ちゃん…もはや傀儡と化してるわ。」

ゾロゾロ…

律「あっそうだ!澪以外全員ケツシバキだ…
  ちくしょう…サービスって何のことなんだ?梓、お前からいけ!」

梓「えぇ何でですかぁ!!」

梓「…わかりましたよ!どうせ叩かれるんですから!!
  ほら、サービスだか何だか知らないけど叩けばいいじゃないですか!
  もう慣れっこですから!」ズイッ

唯「おお~、あずにゃん挑発的!」

シバキ隊「…」ニヤッ

ペロンッ ワァ~オゥ!

梓「…えっ!?」

唯「へっ…?」

律「…う、嘘だろ?ぱ、ぱん…」

バチーン!!

梓「い…いやぁぁぁぁーっ////;;」

律「い、いや待て!ちょタンマ!!これはほら、ちょっと…」

ペロンッ バチーン!!

律「ぎゃあっ!! …ひっく、ちくしょお…////;;」

紬「イヤだぁ!やめて!お願い!!」

ペロンッ バチーン!!

唯「わ…わたしはほら、タイツも穿いてるし…そんなの…」

ペロンッ ズルッ バチーン!!

唯「はぅぅぅっ!!…そ、そんなぁぁ…////;;」

梓「うぅぅ…;;最っ低です…!
  恥ずかしいし、痛さ倍増だし…」

紬「ひどいわ…あんまりよ…;;;」

律「屈辱だ… 屈辱だぁー!!」

唯「タイツ取られちゃったよぉぉ!!;;;」

澪「…ご、ごめん…。私のせいでみんな…こ、こんな目に…」

律「キッ!…あぁそうだよ!澪があんなもの出してこなければあたし達は!!」

唯「ちょ、ちょっと澪ちゃん、律っちゃん…やめようよ…!」

律「お前はいいよなぁ!たった一人だけ辱めを逃れられてさぁ!」

澪「何だとぉ!?私だって全校放送であんなもの晒されて
  どれだけ心引き裂かれたと思ってんだ!!」

紬「も、もうやめよう…ね、二人とも…
  とにかく、今はこの状況を乗り切ることを考えないと。」

梓「…こんな状況が、あと50分以上も…」 ゾゾーッ

唯「無理だよ…耐えられないよぉ…;;」ポロポロ…

律「…そうだな。あとでさわちゃんブッ殺す!
  でもその前に今を乗り切らないとな!」

澪(いくらごほうびがあるからって、これはやりすぎ…さっきのベースの
  くだりもそうだけど、絶対先生にも何らかの仕返しをしてやる!!)

ガチャッ

和「ちょっといいかしら?」

梓(!! さっそく来た!今回最凶最悪の仕掛け人…)

律「ほう…真鍋さん、今回はどんなネタを持ってきたのかな?
  始めにいっておくが、もうそんな簡単にはのらないぜ!」

紬「というか…もうこんな精神状態じゃ
  何見せられてもそうそう笑う気なんて起きないわ。」

和「…でしょうね。仮にも今笑ってしまえば今までとは比べ物にならない
  苦痛が待っているからね。肉体的にも、精神的にも。」

唯「和ちゃん、いざ勝負!!」

和「いい度胸ね。でもあなた達は私には勝てない!」ダダッ

律「! …何をする気だ!?」

和「なぜなら、あなた達には情熱思想理念頭脳気h」ズッデーン!!

澪「うわぁっ!派手にコケた…!?」

唯「! の、のの和ちゃん!ス、スカートがっ!」

和「い、痛っ…ふにゃ?」ボロボロッ

澪「うっ… く…プフフフwwwなwww何その格好wwwwwwww」

デデーン  秋山、アウトーーー!!

ペロンッ バチーン!!

澪「いやぁぁぁっ!!…グスッ;;最低////」

律「くっ…生徒会長ともあろう和が、そこまで…」

和「私は自分に与えられた職務は、より完璧に実行したい主義なの。
  たとえそれが、笑いの道であっても…
  だから私は、馬鹿になる必要があれば、誰にも負けないくらい馬鹿になってやるわ」

梓「何ですかそのサムライズム」

唯「和ちゃん…分かったよ。
  ならわたしも、全力で和ちゃんに対抗するよ!」

ダダダッ

和「!!?」

澪「えっ?ちょっと唯!ま、待て!!どこに行く!」

紬「に、逃げた…の?」

和「…ふふっ、なるほど。唯にしては賢い戦略ね。
  一旦この場から逃げて笑いの刺客から逃げようとするのも有効な手…」

律「んでもって、和は逃げるものは追わず、ってか。
  余裕があるってことは、何かしら手を打ってあるんだな」

和「ええ、もちろん。」

唯「…こうなったら、パンツ丸出しタイムが終わるまで
  学校内を走り回って時間を稼ぐ!
  途中で出てくる仕掛けもなるべく無視して走り続けるっ!!」

タタタタ…  タタタ…  タッタッ…  グデ~ン…

唯「ぜぇ…ぜぇ… やっぱりそんなの無理だぁ~!」

憂「! お、お姉ちゃん!?」

唯「え?あ、憂~!」

憂「どうしたの、汗だくだよ!?すっごく疲れてるみたいだし…」

唯「う… うん、ちょっとね。」

和「…実はね、都合のいいことに
  唯にうってつけの刺客をまだストックしてあるのよ。」ホジホジ

紬「唯ちゃんに…うってつけの?」

梓「…なるほど、見当はつきます。」

和「正直なところ唯は、私にとってはあなた達の中で一番の強敵だと思ってるわ。
  あの子天然でしょ?人が冗談でやってることも本気で受け止めちゃうから
  普通にボケたくらいじゃ簡単には通用しないとこもあるし」 パクッ

律「…それで、憂ちゃんを唯にぶつけるわけか。」

和「ただ面白おかしいことをするだけが、陥れる方法じゃないのよ…」

ナデナデ…

憂「よしよし。お姉ちゃん、私のココにおいで。」

唯「えっ… 憂、どうしたの?今日いつにもまして、その…」

コツンッ

唯「うわぁっ!顔近いよ憂~!!」

憂「へへ。お姉ちゃん…近くで見ると、かっわいいね。」

唯「え…ぇ、えへへへ…////」
 (ご、ごめん…みんな…;;;わたしやっぱり憂には勝てない…)

デデーン  平沢、アウトーーー!!

和「…堕ちたわね。このぶんでいけばおそらく時間内に
  もう数回程度はアウトになる運命ね。」 ボリボリ

律「くっ…しかし唯、お前はきっとよく頑張ったはずだ。
  この企画が終わったら、また心おきなくヘラヘラ笑おうな…」

梓「唯先輩…」ダッ

和「梓ちゃん、この部屋から出るのは自由だけど
  それは何か勝算があってのことかしら?」 ペロンッ ボリボリ

紬「…みんな… ゴメンッククwwwwブフフッwwwwwwww」

 デデーン  琴吹、アウトーーー!!

紬「そwwwそんなトコwwww掻いちゃww女の子がwwwwwww」

紬「…覚悟は出来てるわ。さぁ!!」 ペロンッ

バチーン!!

紬「…うぅっ;;////」

和「敗者ながらあっぱれだわ、その心意気。
  だてにお嬢様やってるわけじゃないのね」 グシャグシャ

澪「もう…もうこれ以上犠牲者を出してたまるか!」

和「サービスタイムはあと半分以上も残っているのよ。
  まだまだあなた達にはオシリを晒してもらうわよ」 ボサボサ

律「わぁぁぁぁぁっ!!」ダダダダ

澪「!!? どうしたんだ律!?」

律「とぉりゃあ!」ズシン

和「なっ!?…何のつもりなの?」

律「こうやって、和を押さえ込んじまえば…身動きが取れない!
  身動きが取れなければ…笑わせるモーションも取れるはずがない!!」

和「くっ…だが甘いわね、私がこの身体に何か仕込んでいたら」

律「ハッタリだな。さっきあれだけ派手にズッコケりゃ
  そんなもの何もないってことぐらい分かるぜ!パンツも普通だったし」

澪「…大丈夫、ちょっと汚いだけでパンツに異常はないぞ!」ジー

和「な、何やってるの澪!!////」カァァァ

律「あれあれ~?さっきまであんなみっともなくパンツ見せまくってたのに
  何で急に恥ずかしがるのかな~会長さん?」

和「うっ…ぅぅ!!」ジタバタ

律「…お前はすごいよ。自分のプライドをあれだけ捨ててまで
  信念を貫こうとするなんて…女子高生…いや、人の鑑だよ。」

澪「梓!ムギ!これが和のパンツだ!」ガシッ

梓「こ…これが生徒会長の下着…」

和「や、もうやめて!見ないで!お願い!!」バタバタ…

紬「さっきと言ってることとやってることが違うわよ」

バン!!

唯「みんな!待たせたねっ!!」

梓「ゆ、唯先輩…ってにゃあああ!!何て格好してるんですかっ!」

唯「わたし、気付いたんだ!
  最初からスカートなんて穿いていなければ…パンツをパンツと思わなければ
  耐えられるような、そんな気がして!」

澪「そ…そんな無茶苦茶な発想…クッwwwww」

律「プフッwwwwwお前wwwその発想どっからwwwwww」

 デデーン  秋山、田井中、アウトーーー!!

和「…そうくるなんて、さすがの私でも全く想定してなかったわ…」


唯「和ちゃん!そんな格好して笑わせようったってそうはいかないよ!
  だって、わたしも同じ格好してるもん!!」フンス

和「!! なるほど…恥ずかしささえ我慢すれば
  痛い思いはしなくてもすむって、ね…とことん想定外だわ、この子。」

ペロンッ バチーン!!

澪「でも味方を巻き込むことないだろぉーっ!!」

律「…く、痛っ。…いや、それだけじゃないよ和。
  お前は、もはや完全に、唯には負けているんだよ。なぜなら…」

和「えっ…」

唯「?」

律「…正直、今の今まで、あたし達は忘れていたんだ。
  これが『笑ってはいけない軽音部24時』というゲームだ、ということに…」

梓「律先輩…」

律「ただひたすら、己の意地をかけて笑わせるか耐えるか。
  それに徹して…殺伐としてて…何見せられても、とても
  素直に笑える精神状態じゃなかった。」

和「いや、それがまさに笑ってはいけないシリーズでしょう…」

律「だが唯は違った!こんな状況でも素直な馬鹿をやって笑わせてくれた!
  自分を捨ててひたすら笑いのツボを攻撃することに徹するのではなくて…
 『笑い』として本当に強い者はどっちだ?和なら言わずとも分かるよな…」

澪「…深いような、でもよく考えると何かおかしいような…」

紬「…!! 唯ちゃん、そ…そのオシリ…」

ボロボロ…

唯「えっ…あぁ、憂につかまっちゃって、あの後何度抱きつかれても顔がゆるんじゃってさ…
  もう椅子にも座れないよ…。」

澪「そ、そんな状況なのに…お前ってやつは… クッwwwクスクスwwwww;;」

唯「憂ったら、途中で泣き出しちゃって『私も一緒に罰を受ける!』なんて
  言うもんだから…それ聞いてまた笑っちゃって。」

律「スゴイなお前wwwwww;;」

 デデーン  秋山、田井中、アウトーーー!!

和「…。」

ペロンッ バチーン!!

澪「あがぁぁっ!!」

律「…ちくしょーっ!
  唯、お前が帰ってきてからやたら叩かれてる気がするぞー!!」

唯「えぇっ!?ご…ごめんっ…」

紬&梓「…プッwwwwww」

 デデーン  琴吹、中野、アウトーーー!!


4