~放課後ティータイム~

紬「唯ちゃん、お湯入れてきてくれる?」

唯「うん!」

いつもと同じ音楽室
いつもと同じメンバー
今日も紬が家から持ってきた高価なお茶とお菓子を振る舞う
だが、事件はその時起こった

唯「はい、むぎちゃん」

紬「ありがとう」

唯が紬にティーポットを手渡そうとしたその時である

唯「うわっ」

足を滑らせその場に勢い良く転げる唯
ティーポットは宙を舞い、蓋が外れ、皆の頭上に降り注いだ

律「うわっちー!」

澪「ああっつぅぅぅぅ」

紬「もう唯ちゃんったら、ウフフ」
唯「あっつーいー!!!!」

律「何やってんだよ唯!」

唯「えへへ…ごめん~」

澪「おぉあつ…まったく…」

紬「皆、大丈夫?」

紬のみあっけらかんとしていたが、他の3人はその熱さに悲鳴をあげた
と、同時に何か違和感に気付く

律「ん…」ゴシゴシ
目を擦り紬を見つめる律
唯「あれ?」
目をパチクリさせ律を見つめる唯
澪「お、おい」
目を見開き唯を見つめる澪
紬「あら?」
いつもと変わらぬ眼差しで澪を見つめる紬

皆「誰?あなた達…?」

皆「…えぇぇぇぇぇ!?」

何と4人は男の姿へと変貌していた

唯「みんながお湯をかぶって男の子になっちゃった!」
澪「な、なんだ何がどうなって…」
律「あれ?私髪型変わってないな…」
紬「一体これは…」

その時、音楽室の扉が開く音がした
入ってきたのは1年生部員の中野梓だ

梓「すいません、遅く…」

梓「…え?」

梓の顔に不安な表情が宿る

梓「あの…どちら様ですか‥?」

唯「あっ!あずにゃーん!見てよこれ~」ガバッ

いつもの調子で梓に抱きつく唯
しかし梓は激しい剣幕でこれを振りほどいた

梓「う、うわぁぁ!ちょっと誰ですか!?や、やめてください!」

唯「あ、あずにゃーん…」

ここは女子校、男子生徒などいるわけもない
どこからどう見ても不審な男子高校生4人組を梓は警戒した

梓「あ、あなた達何なんですか…!今先生に…」

そう言い残すと梓は音楽室を後にする

律「ふぅ…やれやれ」

澪「どうなっちゃうんだろ…」

紬「でも何だか面白そうね」ウフフ

紬だけが呑気に微笑んだ

やがて梓が息を切らせながらさわ子を連れてきた
さわ子はワケがわからぬまま音楽室に入る

唯「あ、さわちゃんせんせ~」

さわ子「さ、さわちゃん!?」

梓「勝手に私達の部室でくつろがないでください!」

律「あのな…梓‥」

梓「な、何で私の名前を!」

まったく話にならない
豪を煮やした澪がさわ子に状況を説明した

澪「ってわけで…私達は紛れもなく軽音部の4人なんですよ‥」

さわ子「ふむ…確かにどこか面影があるわね‥」

唯「うーん美味しい~」

最初は慌てて混乱していた唯も既にお菓子に夢中であった

梓「そ、そんなの信じられません!」

紬「梓ちゃん…」

唯「あずにゃ~ん!ほら、アーン」

普段の調子で梓にケーキをアーンする唯
その光景はいつもの軽音部そのものであった

梓「……あっ‥唯先輩‥」

姿は違えど梓の目には唯の面影が映った

唯「あずにゃーん!やっと信じてくれた~」

再び梓に抱きつく唯

梓「ちょ、ちょっと!やめてください!」

とはいえ男に抱きつかれている事に変わりはない
梓は再び抱きつく唯を振りほどいた

さわ子「とりあえず、信じるって事でいいかしら?梓ちゃんも」

梓「は、はい…」

律「ふーよかったぁ」

澪「…全然よくないけどな」

さわ子「何かいつもと変わった事は無かったの?」

唯「えーっと、いつもみたいに普通にお菓子食べて~お茶してて~」

紬「唯ちゃんがティーポットを引っ繰り返しちゃったくらいね」

梓「わ、私先輩達がずっとこのままなんて嫌ですよ!」

さわ子「そうねぇとりあえず」

澪「とりあえず…?」

さわ子は4人の姿に目をやる

さわ子「その姿、不気味だから着替えてくれる?」

そう、4人はずっと男になってからも今までの制服を着ていたのだ
確かにその姿は不気味としか言いようがない

律「いや…でもそんな事言っても着替えなんかないし」

澪「今日は体育無いからジャージも持ってきてないし…」

さわ子「ふっふっふ…」

(暗黒微笑)を浮かべるさわ子
取り出したのは1つのトランクであった

唯「何ですかそれ?」

律「なんかヤな予感…」

紬「ワクワク」

さわ子「こんな事もあろうかと作っておいたのよ~!」

さわ子「桜高制服男子Ver!」

取り出したのはブレザーの男子制服である
ネクタイの色などは唯達の学年の色だ

律「どんな事だよ…」

さわ子「ほら!着てみなさい!」

澪「で、でも…」

紬「私、着てみたいで~す!」

唯「あはっ私も私も~!」

澪「えぇ!?」

律「お前らなぁ…」

直ぐ様そこで着替えだす唯、スカートを脱ぎブラウスを脱ぎ捨てる

梓「ちょ!ちょっと唯先輩!!」

顔を真っ赤にしながら怒鳴る梓
普段は女子校であるがため皆恥じらいなくその場で着替えるが、今は状況が違う

唯「あ!そっかそっか」

紬「唯ちゃん、奥で着替えましょ」

紬が優しく微笑む

唯「ほ~い!」

梓「し、信じられません!無神経です!不潔です!」

梓の怒りは尚も納まらず唯にむけられていた

さわ子「ほら、あなた達も着替えないの?」

澪「そ、そんな事より元に戻る方法を…」

律「あー澪…」

澪「律!お前からも…」

律「…とりあえず私らも着替えようぜ?確かに不気味だこりゃ」

澪の姿と鏡に映った自分を見て律は呟いた

唯「じゃーん!」

紬「ど、どうですか?」

着替えを終えた唯と紬が出てくる

さわ子「よく似合ってるじゃなーい!いい男よ~」

さわ子の目にどこか怪しい輝が灯る

梓「はぁ…何でそんな呑気なんですか皆さんは…」

律「おーい、どうだ?」

澪「……」

着替えを終えた律と澪も奥から出てくる
嫌がっていたわりに、澪はネクタイまできちんと締め
律は律でカッターは着ずにブレザーの下にパーカーを着込んでいた

唯「あはっ似合う似合う~!」

紬「2人共よく似合ってるわ」

梓「……」

さわ子「ん~やはり私の目に狂いは無いわね!」

尚もどこか怪しい目で2人を見つめるさわ子 
一方梓は着替えた澪を見てから急におとなしくなっていた

唯「ねぇりっちゃん」

律「あん?」

唯「なんか股の辺りが落ち着かない…」

梓「!!」

律「あー…まぁそりゃ初めてついたもんだしなぁ」

澪「……」

紬「そうねぇ、落ち着かないものねぇ‥この…」梓「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

すかさず台詞をかき消す梓
しかし無理もない、唯達が着替えたのは制服だけで下着はそのままだった

律「なぁさわちゃん、下着ないの?」

さわ子「しまった…!うかつだったわ」

唯「なんか股に張りついてきもちわるぅいこれー」

梓「……」

澪「これから…どうしよう‥」

紬「大丈夫よ、きっとそのうち戻れるわよ」

澪「むぎ‥」

律「てか明日から学校どうすりゃいんだ?治るまで休むか?」

澪「バカ!そんなわけにいくか!」

梓「で、でもうちは女子校ですよ…大丈夫なんでしょうか‥」

唯「あ!女装していくとかは!?」

律「声でばれちまうよ…」

澪「う~ん…」

紬が皆に微笑む

紬「学校の方は任せて、今日中になんとかしておくわ」

澪「え?」

律「どうするんだ?」

紬「うふっ任せて」

唯「じゃあ明日はこの格好で登校だね!楽しみ~!」

澪「呑気だな唯は‥」


2