和母「それで結局バレちゃったの?」

和「……そうです」

和母「どうするの?」

和「今度買い物に付き合う約束で言わない事になったけど」

和母「良かったわね(もしかして律って子は和ちゃんの事が好きなのかしら?)」

和「まぁバレたのが律で良かったかな」


和「律からメールがきてる、えっと今週の日曜日に買い物か」

和「えっと、だい…じょう…ぶっと」

和「それにしても今日は厄日だ」
ブーブー
和「今度は唯から電話だ、何だろ?」

唯「もしもし和ちゃん?」

和「なんだ?唯」


唯「今週の日曜日家で鍋するんだけど和ちゃん来れる?」

和「ゴメン唯、その日は用事があるんだ」

唯「え~!和ちゃん来てよ~」

和「スマン唯、その日は用事があるんだ」

唯「ぶ~!」

和「ゴメンな、また今度誘ってくれよ」

唯「うん、今度する時は絶対きてね」

和「そうするよ、じゃあ」

唯「バイバーイ」





和「唯には言えないよな、律にバレた事」


唯「え~!澪ちゃんもりっちゃんも来れないの?」

律「ゴメンな、その日は予定があるんだよ」

澪「ゴメン唯、私も予定が」

唯「ぶ~!ぶ~!」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁ」

梓「5回」

紬「今回は私と梓ちゃんが行くんだから」

梓「そうですよ唯先輩」

唯「………うん」

律「ゴメンな唯」

澪「今度は絶対行くから」

唯「もういいよ、今度は絶対来てね」


……

律「髪よし、服装よし……うん!大丈夫」

聡「姉ちゃん鏡の前で何してんの?それに何かいつもより気合い入ってないか?」

律「な!聡!?こ、これは違うぞ!!」

聡「何が?」

律「とにかく違うからな!!…行ってきます!」

聡「何だったんだろ」

律「のどか~!」

和「お、律の奴来たか」

律「のどかお待たせ、待った?」

和「いや、俺もついさっき来た所」

律「そっか……和カッコイい…」

和「∑な!!いきなり何言ってるんだよ!」

律「前にも思ってたけど男姿の和ってカッコイいよな」

和「な、な、な」

律「じゃあ行こうか和」

和「…………」

律「のどか~、早く~」

和「ああ、今いく」



唯「えへへゴメンね付き合わせて」

梓「いいですよ別に」

紬「私スーパー初めてなの、楽しみだわ~」

唯「やっぱりムギちゃんって」

梓「すごい」

紬「しゃらんらしゃらんら」



律「これなんかどうかな?」

和「う~ん…律ならこっちだろ」

律「そ、そう?」

和「ああ、律に絶対似合ってるって」

律「そ、そうか」



店員「ありがとうこざいました~」


和「ん?何か買ったのか?」

律「な、内緒」

和「気になるじゃないか」

律「だ、ダメ!見るな!!」



唯「あれ?りっちゃん?」

和「ゆ、唯なんでここに!?」

梓「律先輩こんにちわ」

唯「りっちゃんと…………(何でりっちゃんと和ちゃんが一緒にいるの?」


梓「律先輩、律先輩の隣にいる人は誰ですか?」

紬「そう!だ、誰なの?」

和「あ、い、いや…俺は……ゆ、唯なんとかしてくれ」ボソボソ

唯「和ちゃんの自業自得だよ」ボソボソ

和「たのむよ」ボソボソ

律「……………」ガシッ

和「!!!!」

唯「!!!!」

梓「わ!律先輩大胆です」

紬「り、りっちゃん?」


和「∑か、関係ってただの友達だよ」

唯「そうだよ、友達だよ!」

梓「何で唯先輩が言うんですか?」

唯「あ……いや…その……」

紬「そうよねそうよね……良かった」

律「…………違うだろ」

和「え?」

紬「What?」


律「私とこの人は付き合ってるんだよ」

和「な、な、な」

紬「………………」

唯「りっちゃんデタラメ言わないでよ!!」

梓「ゆ、唯先輩?」

紬「………………」

和「り、律何いっ」チュ

律「……本当だよ、だからこんな事だって」

和「∑り、律何を!?」

律「キスだよ、付き合ってるんだから普通でしょ?」

梓「……私初めて生でキス見ました」

ムギ「……………」

唯「……………のどかちゃん……本当なの?」

和「だから違うって」

梓「(のどかちゃん?)」

律「本当だよ、唯」

唯「っ!!!!」ダッダッダッダッ

和「唯!!」

梓「唯先輩!?」

ムギ「…………」

梓「ちょ、ちょっと早く動いてくださいよムギ先輩」

ムギ「……………」

梓「ああもう!私唯先輩追いかけますね」

和「俺も追いかけ…」

律「待ってよ!!行かないで……お願いだから」

和「でも……唯が…」

律「お願いだから………行くなよ……」

和「……律」






ダッダッダッダッ
唯「何でりっちゃんと和ちゃんが付き合ってるの!?やだよ…そんなの嫌だよ…和ちゃんを取らないでよりっちゃん」

唯「…うっ…うぅ……やだよぅ……やだよぅ……グズッ」

梓「………………唯先輩」


第2章完



6