律「何ですか?かずさん」

和「時間も遅いし送ってくよ」

律「い、いえそんな別に」

和「女の子が夜1人だなんて危ないだろ?そういうわけだから唯達は先に帰ってくれ」


唯「うん、じゃあ憂帰ろっか(和ちゃんのバカ)」

憂「そうだね(やった!お姉ちゃんと2人っきりだ)」



律「…………」

和「…………」

律「(何話せばいいんだろ)」

和「(会話が思いつかない)」

律和「「…………」」

律「あの!」

和「なんだ?」

律「あの…のどかに好きな人っていますか?」

和「えっ?のどかの好きな人?(俺の好きな人は唯だけど、のどかの好きな人だよな?」

律「はい」

和「え~と(唯が好きだなんて言ったらおかしいよな)いないと思うぞ」

律「本当ですか!?」

和「あ、ああ…多分」

律「よかった~」

和「なんで律が嬉しがるんだ?」

律「あ!いや……それは!」

和「……変な律」

律「……あの、かずさん」

和「今度は何だ?」

律「ちょっと相談があるんですけど」

和「相談?俺が答えれる事ならいいぞ」

律「のどかって、女の子同士の恋愛どう思ってるかわかりますか?」

和「は?」

律「だから和って女と付き合うのはありかな~って」

和「まてまて、何でそんな事を」

律「誰にも言わないでくださいね」

和「のどかの事が好き!?」

律「わ!わ!大きいです」

和「ご、ごめん(は?律が俺の事好き?意味わからん)」

律「のどかには内緒にしてくださいね」

和「わかったよ(もう知ってるけどな)」



律「それじゃあここでいいですよ」

和「そうか?なら気をつけてな」

律「はいかずさんも気をつけて」


……

和「ただいま~」

和母「和ちゃん遅かったわね」

和「友達と遊んでたんだよ、じゃあ部屋にいるから」

和母「ちゃんとお風呂入りなさいよ」

和「わかってるよ」



和「はぁ~今日は疲れた」

和「それにしても律の奴俺が好きだなんて……いや、好きなのはのどかの方か」

和「律の奴そっちの趣味だったのか?…いや俺は男だから普通なのか?でも澪の事が好きだとずっと思ってな」







和「律の奴、俺のどこが好きなんだ?」

和「ん?会長からメールが来てる」

和「な!!な!!何で会長があの写メを!?」

和「そうか!!あのシスコン性悪女がぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

憂「ふふふ」


……

和「憂鬱だ……学校に行けば会長にあってしまう……」

和「会長に会えばあの写メについて絶対聞いてくる……このネタに食い付かないわけがないからな、あの性悪女が」

会長「誰が性悪女ですか?」

和「えっ!?」

会長「誰が性悪女か教えてもらいたいですね、変態さん」


和「だれが変態だ!」

会長「こんな格好してる人が変態ではないと?」

和「そ、それは唯が無理やり」

会長「言い訳なんて男らしくないですよ。あ、この写メはとっても女の子らしいですけどね」

和「……くっ」

会長「さて、そろそろ私は行きます」

和「生徒会の仕事をさせに来たんじゃないのか?」

会長「今日は仕事はありませんよ、ただ和をからかいに来ただけです」

和「…………やっぱり性悪女だ」ボソッ

会長「何かいいましたか?」

和「いえ何も、会長さようなら」

会長「さようなら、変態さん」

和「変態って言うな!」


和「はぁ~、いつもの事ながら朝から疲れる」

澪「和、おはよう」

和「おはよう、澪」

澪「今日も生徒会の仕事があったの?」

和「今日は無かったわよ、でも少しやっかいな事があってね」

澪「やっかいな事?」

律「の~どか~」
ガラガラ

和「律?」

澪「どうしたんだ?律」


律「え~いいだろ」

和「本当に家はダメなのよ(俺が男だってバレる)」

律「え~」

澪「律!和がダメだって言ってるだろ」

先生「席に着け~授業を始めるぞ」

律「やば!授業始まるからクラスに戻らないと…あ、和!今度の休みに和の家行くから」

和「律!だからダメだって!!」


……

和「結局律が家に来る事になったのだが……」

ブーブー
和「律からメールだ、もうすぐ着くか……どうしよ」


ピンポーン
和「くそ!タイムアウトか……こうなったら」

ガチャ
和「いらっしゃい、律」

律「来たよ~和」

和「あがってちょうだい」

律「おじゃましま~す」


和「飲み物もってくるわね」

律「ありがと~」




和「お待たせ、お茶とせんべいがあったから持ってきたわ」

律「気が聞くな~和は」

和「それでどんな本を読みたいの?」


律「本?」

和「本を借りに来たんでしょ?」

律「あ~、そうだった」

和「そうだったって……あなたね…」

律「まぁまぁ、そう言えばかずさんいる?」

和「え?」ドキッ


律「だから和の双子の兄のかずさんだよ」

和「あ、ああ、かず兄さんね」

律「そうそう、この前のお礼がしたいんだけど、いるかな?」

和「ちょっと待ってて、呼んでくるわ」

律「ん~」


和「急いで服を変えてメガネも変えないと」

律「のどか~のどか~」

和「やば!律が呼んでる急がないと」


ガチャ
和「お待たせ」

律「あれ?かずさん?」

和「ああ久しぶりだな」

律「あれ?のどかはどこにいきましたか?」

和「のどかならトイレに行ったんだよ」

律「そうですか…あ、この前はありがとうございます」

和「その事なら前にもお礼もらったからいいよ」




律「わかりました……そういえばのどか遅いですね?」

和「∑!!俺呼んでくるよ!」


律「かずさんなに焦ってたんだろ」

和「今度はこっちの格好か」




和「お待たせ」


律「のどか遅いぞ~」

和「ごめんなさいちょっと体調が悪くて」

律「体調わるいのか?どれ私がおデコで測ってやるよ」

和「だ、大丈夫!さっきトイレ行ったから」

律「トイレでスッキリしたんだな」

和「律、下品よ」

律「あははは」


和「それでどんな本を読みたいの?」

律「あまり難しいのはな~、呼んでてワクワクする本とかないかな?」

和「それならファンタジーかミステリー物かしら」

律「なるほど」


律「じゃあこれ借りてくよ」

和「読み終わったら感想きかせてね」

律「楽しみにしといてよ」

和「えぇ、楽しみにしてるわ」

律「帰る前にかずさんにも挨拶したいんだけど」

和「え?べ、別に挨拶なんてしなくていいわ」

律「礼儀だからちゃんと挨拶しないと、かずさんどこにいるんだ?私が行くよ」

和「え、えっと…ちょっと待ってて!」


律「うん………行っちゃった」


和「今度はこっちか……って最初から俺が留守って事にしとけば良かったじゃないか!!」



和「はぁ…はぁ…お、お待たせ律、のどかの奴が来いって」

律「いえ、だいじょう…………えっ!?」

律「か、かずさん?そ、その格好は?」

和「∑っ!!!!」

和「(しまった!!下の服女物のままだ)え~っと……そう!俺女装趣味があるんだよ……はは…あはは」


律「じ~」

和「ほ、本当なんだ!実は俺女装するのが好きなんだよ」

律「じ~」

和「じゃ、じゃあ俺はこれで」


律「待ってください、のどか連れてきてもらえませんか?」

和「ああ、すぐ連れてくるよ」

律「やっぱり私も一緒に行きますよ」

和「いいって!律はそこにいろって!」

律「いえ、私も行きますよ」

和「い、いいから、な、そこにいろって」

和「やばいってやばいってバレたんじゃないのか?、しかも女装が趣味って……まぁ誤魔化すか」



和「お、おまたせ」

律「…………」

和「あのね、かず兄さんは女装の趣味が」

律「…………」ふにふに

和「な、何するのよ…」

律「う~ん、胸は柔らかいな」ふにふに

和「あ、当たり前でしょ?私は女なのよ」ふにふに

律「これじゃあ確かめられないな……よ~し」

和「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁそこはやめろ~~~」


和「ぜぇ……ぜぇ…ぜぇ…」

律「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ」

律「はぁ…はぁまさか和が男だったなんて」

和「ぜぇ…ぜぇ…頼むからこの事は……」

律「え~…どうしようかな~」

和「頼む!!絶対に言わないでくれ!!」

律「秘密にするから今度買い物に付き合ってよ」

和「そんな事でいいのか?」

律「それでいいよ、それと買い物に行くときは男の格好でね」

和「まぁ、律にはもうバレたからいいけど」




律「それじゃあな~」

和「ああ……じゃあな」


5