和「はぁ~…今日も生徒会の手伝いかよ」


律「のどか~!お~い、のどか~!」

和「あら律じゃない、早いのね」

律「ちょっとな、一緒に学校行こうぜ」

和「いいわよ」

律「えへへへ」

和「何がそんなにおかしいの?」

律「い、いや何でもないよ(和と一緒に学校に行けるから嬉しいなんて言えないよな)」

和「そう?」

律「そうそう!さぁ学校行こう」

和「そうね」

律「いいからいいから」

和「そう?ならお願いしようかしら」



和「失礼します」
ガラガラ

会長「来たわね和、あら?あなたは?」

律「あ、和の友達の田井中律です。今日は和の手伝いにきました」

会長「そう、手伝ってくれて助かるわ。ありがとうね」

律「なんだかいい人だな」

和「そうかしら?(猫被りやがってクソ女が)」

会長「和?」

和「か、会長はとても優しい人なのよ!!」

会長「それでは仕事を始めるわよ」


……

会長「みんなお疲れ様」

副会長「お疲れ様です」

会計「お疲れ様」

書記「おつかれ」

和「お疲れ様です」

律「ん~疲れた」


和「助かったわ律」

律「いいっていいって」

会長「田井中さん、ちょっといいかしら」

律「はい、何ですか?」

会長「和の事好きなんでしょ?」ボソッ

律「∑!!な!……な!!……な!」


会長「可愛いわね」

律「……和には秘密にしてください、女が好きだなんて和も変に思いますから」

会長「わかったわ(本当は男なんだけどね、でも面白くなってきたわね…これから楽しくなりそうね和」


和「くしゅん」

和「性悪会長でも噂してるのか?」


……

澪「和、一緒にお昼だよ」

和「いいわよ」

澪「相変わらず和のお弁当美味しそうだな」

和「そう?ありがとう、澪のお弁当も美味しそうよ」

澪「ありがとう和」

律「のどか~、みお~」
ガラガラ

澪「律」

和「どうしたの?」

律「2人とお昼たべようって思って、いいよな?」

和「私は別にいいわよ、澪もいいわよね?」

澪「………うん、いいよ」

律「和のお弁当美味しそうだな~」

和「一口食べる?」

律「いいのか?いただきま~す」

律「美味しい!美味しいよ和」

澪「和は料理上手いよな」

和「だからそんな事ないって(男が料理上手いって褒められてもな~)」


和「そういえば律、唯ちゃんと授業受けてる?」

律「ん?ああたまに寝てる時もあるけどな」

澪「それはお前もだろ」

和「唯と違うクラスだからノート取ってあげられないわ」

律「和ってば唯の奴甘やかしすぎだろ」


和「そうかしら?でも唯って心配なのよね」

律「唯も子供じゅないんだから和が気にかけなくても大丈夫だよ」

和「……でも」

澪「…………」

律「だいたい和はいつも唯が、唯がって」

和「別にそんなに言ってないわよ」


律「いや言ってるよ!!なぁ澪」


澪「えっ?あ、ああ…確かに和は少し唯の事気にし過ぎかも」

和「澪までそういうなんて(やばいな…そんなに唯が好きなのバレてるなのか?」

律「ほら澪もそう言ってるじゃないか」

和「……そうね(これから気をつけた方がいいな)」」


唯「うい~アイス」

憂「ご飯食べてからね」

ブーブーブー
唯「あ、メールだ…和ちゃんからだ」

憂「真鍋さんから?」

唯「うん、何だろ?」


唯「和ちゃん今度一緒に出かけようって」

憂「真鍋さんと2人で?」

唯「ん~どうだろ…多分2人だと思うけど」


憂「そうなんだ、お姉ちゃん!!私も行っていい?」

和「学校じゃあまり唯の事気にしてたら律達にバレちまうからな、休みの日にどっか誘うか」


和「さて、メールを送ったけどもしかしてこれってデートか?」

ブーブーブー
和「唯から返信だ、なになに…憂ちゃんも一緒に来るのか」

和「おれ憂ちゃんに嫌われてるからな~……はぁ~」



和「まぁ………3人でもデートだよな」


……

唯「お~い和ちゃん!」

和「遅いぞ唯」

唯「えへへ寝坊しちゃって」

憂「男なのにいちいち時間気にするんですね、それに遅刻て言っても10分ですよ?」

和「そ、そうだよな…あはは(やはり憂ちゃん苦手だ)」

唯「和ちゃん今日は男の子の格好だね」


和「今日は俺の秘密知ってるやつしかいないからな」

唯「やっぱり和ちゃんカッコイいね~」

和「そ、そうか?」

唯「うん!憂もそう思うわね」

憂「そうですね……とても女装趣味があるとは思えないですね」

和「ありがとう憂ちゃん(シスコンが)

唯「じゃあ行こっか」

和「まずは服でも見に行くか」

憂「そうですね」





唯「和ちゃん、憂どう?」

和「いいんじゃないか(か、可愛い)」

憂「お姉ちゃん凄く可愛いよ!!」

唯「憂ありがと~」

憂「えへへ」チラチラ

和「ん?」


憂「お姉ちゃん私にありがとうって」ボソッ

和「だから?」

憂「和さんは何も言われてませんね」ボソッ

和「そうだな(シスコン姉バカ女が)」

唯「和ちゃ~んこれ着てみてよ~」


和「な!これ女物の服じゃないか!!」

唯「和ちゃん似合うよきっと」

和「俺は男だって知ってるだろ?」

唯「え~!憂も似合うって思うよね?」

憂「はい、とってもよく似合うと思いますよ」ニヤニヤ

和「………(会長と同じタイプだな)」

和「……………」

唯「わ~!やっぱり和ちゃん可愛いよ~」

憂「と、とっても…くす…に、似合って…ふふ…ますよ」クスクス

和「…………(ちくしょう)」

唯「和ちゃん可愛いね、そうだ写メとろうよ」

和「な!!」

憂「そうだねそれがいいよ」クスクス

和「それだけはやめろ~!!」

ピロリン
憂「えへへ、撮っちゃいました」

和「(何が撮っちゃいましただよ、性悪妹)」

唯「憂ナイスだよ」

唯「それにしても可愛いね~」

憂「そうだね」ニヤニヤ


唯憂「「和ちゃん(さん)のゴスロリ姿!!」」

和「やめろぉぉぉぉぉぉ」




和「はぁ…大変な目にあった」

憂「和さん、和さん」

和「何?憂ちゃん」

憂「さっきの写メ会長さんに見せていいですか?」ニヤニヤ

和「な、何で憂ちゃんが性悪女の事を!!」

憂「入学したての頃教室がわからなくて迷ってた時に助けてくれたんです」

和「そうだったんだ」

憂「それよりさっきの性悪女って会長の事ですよね?」

和「ち、違う!違うから!頼むから会長には見せないでくれ」

憂「う~ん…どうしようかなぁ」ニヤニヤ

和「頼むから…な、憂ちゃん?」

憂「う~ん」



唯「うい~、和ちゃ~ん!!」

唯「早くきなよ~」
和「今行くよ!!……この話しは後でな」

憂「そうですね」


唯「次は和ちゃんの服見に行こうよ」

和「そうだな」



和「ん~…これいいな」

唯「和ちゃんそれ買うの?」

和「どうしようか迷ってるんだ」


唯「和ちゃん買いなよ!カッコイいよそれ」

和「唯がそういうなら」

憂「あんまり調子に乗らないでくださいね」ボソッ





唯「色々買ったね~」

憂「そうだねお姉ちゃん」


和「これからどうする?ご飯でも行くか?」

唯「いいね~行こうよ」

憂「そうですね」

和「ファミレスでいいよな?」

唯「私はそれでいいよ」

憂「私もいいですよ」

唯「う~ん、何頼もうかなぁ」

和「唯これなんかどうだ?」

唯「和ちゃん何?ってそれお子様ランチだよ~」

和「あはははは」

唯「ひどいよ~和ちゃん」

憂「……お子様ランチを頼むお姉ちゃん良い」

唯「ぶ~……あっ!?」


唯「りっちゃん!!」

律「唯!?何でここに?」

唯「ファミレスにいるんだからご飯食べるに決まってるよ~」

律「そうだよな…ははは」

律「憂ちゃんも一緒なんだな……あれ?そっちの人は?」

唯「∑はっ!!」

和「ど、どうも(な、なんで律がここにいるんだよぉぉぉぉ)」

律「えっと、あなたは?なんだか和に似てる気がするな~」

和「の、のどかの兄のかずって言うんだ、のどかとは双子の兄だから似てるんだよ(無理ありまくりだろこれ)」

律「そうなんですか!?だから和そっくりなんですね!!」

和「そうそう(信じたよ律の奴)」

唯「和ちゃん、和ちゃん、バレなくて良かったね」ボソボソ

和「まぁな」ボソボソ

律「良かったらみんなで食べないか?かずさんも一緒に」

唯「私はいいよ~」

憂「私もいいですよ」

和「お、俺は……」

唯「和ちゃん……ダメ?」

和「∑っ!!!!!(可愛すぎだろそれ)」

和「いいよ、一緒に食べよう」

律「ありがとうございます」

憂「…………」

律「あ、私は田井中律です、のどかにはお世話になってます。よろしくお願いします」

和「ど、どうも」


律「でさ和の奴が…」

唯「りっちゃんさっきから和ちゃんの話しばっかりだね」

律「そうか?」

憂「はい、ずっと和さんの話しですね」

律「そうかな~」

律「あの、かずさん」

和「何だ?律」

律「のどかの好きな物とか何ですか?」

和「えっ?のどかの好きな物?」

唯「りっちゃんどうしてそういう事聞くの?」

律「まぁいいだろ」

律「それで何かありますか?」

和「え~と…のどかは本が好きだな(律の奴どうしたんだろ)」

律「本ですか?ありがとうございます」

和「でものどかの好きな物なんか知ってどうするんだ?」

律「いや……その……あの……」

和「?」

唯「和ちゃん、和ちゃん」

和「何だ?唯」

唯「えいっ」パシッ

和「いたっ!何するんだよ唯」

唯「し~らない」

和「なんだよそれ」

憂「……お姉ちゃん」




唯「ごちそうさま~」

憂「美味しかったねお姉ちゃん」

律「ファミレスとは思えない美味しさだったな」

和「なかなか美味しかったな、ここは俺が出すよ」

律「そんな、悪いですよ」


和「いいって、元々唯達の分は払うつもりだったんだし」

律「でも~」

和「律は妙な所で気にし過ぎなんだよ、映画の時だって」

律「映画?なんでかずさんが映画の事知ってるんですか?」

和「∑っ!!のどかから聞いたんだよ」

律「そうですか」


和「とにかくここは俺が出すよ」

律「そこまで言うなら……じゃあお願いします」



唯「それじゃあ帰ろっか」

憂「少し遅くなっちゃったね」

律「そうだな~もう外が真っ暗だ」



律「じゃあ私はここで、唯、憂ちゃんじゃあな~かずさんさようなら」

唯「りっちゃんバイバーイ」

憂「さようなら律さん」

和「律ちょっと待て」


4