和「母さんただいま~」

和母「和お帰りなさい」

和「俺、部屋で勉強するからご飯出来たら教えてくれ」

和母「わかったわ」

和「はぁ~やっと脱げたぜ…しかしいつまでたっても女物の服にはなれないな」

和「しかし何で俺が女子校に行ってんだよ…………いや理由はわかってるな」

和「俺はバカか……好きな女の子がいるからって女装してまで女子校に行くなんて……それでバレないってのもどうしたもんかねぇ」

和母「和ちゃ~ん、ご飯できたわよ~」

和「和ちゃんはやめろって言ってるだろ!今いくよ」



和「母さん前にも言ったが和ちゃんはやめろよな」

和母「え~和ちゃんって可愛いじゃない」

和「可愛いって…俺は男だ!!」


和母「女子高生行ってるのに?」

和「…………ちくしょう」


和「ん~…朝か、はぁ…今日も女装か」

和「でもまぁ……唯に会えるからいいか」





唯「和ちゃ~ん!お~い、和ちゃ~ん!」


和「お、今日は早いんだな唯、朝練か?」

唯「うん、昨日朝練しようって話しになって今日から始めたんだ」

和「はりきってんな軽音部」


唯「うん!………えへへ」


和「急にどうした?」

唯「和ちゃんの男口調久しぶりだな~って」

和「本来はこっちが素なんだけどな……今は女口調の方が多くなっちまった」

唯「それにしても和ちゃん」

和「唯なんだ?」

唯「その格好で男口調って変だね」

和「……それは言うなよ」

唯「じゃあ私部室行くね」

和「朝練がんばれよ」

唯「うん!和ちゃんまたね~」

和「またな」



和「くそ~、唯の奴急に現れやがって………でも一緒に登校なんて運がいいな」





和「さて…ここからは気を引き締めないとね…いいわね?真鍋和」

澪「和おはよう」

和「おはよう澪、朝練お疲れ様」

澪「あれ?和が何で朝練の事知ってるんだ?」

和「学校に行くときに唯あってね、その時に聞いたのよ」

澪「そうだったんだ」

和「それで唯は朝練ちゃんとしてた?」

澪「………練習してたと思うか?」



和「…するとは思えないわね」

澪「律も全然練習しなくてな、結局朝練にはならなかったんだ」

和「まぁ、そのメンバーならね」

澪「……それは私も入ってるのか?」

和「さあね、澪に任せるわ」

先生「よ~し授業始めるぞ」

澪「あ、先生来たからまた後でね」

和「ええ」

和「………(授業退屈だな~)」

和「(それにしても澪の奴あんなに近づきやがって……俺が男だって知ったらぶっ倒れちまうな)」

澪「…………」カキカキ

和「(前から思ってたが澪ってクラスの女子の中で一番可愛いよな…)」ジー

澪「…(何か姿勢を感じる気が)」カキカキ

和「(…って俺は何を考えてるんだ!俺が好きなのは唯だろ)」


澪「じゃあ和、私はこれから部活だから」

和「ええ、練習頑張ってね」

澪「……練習出来たらいいけどな」

和「…あは…はは」


和「さて…俺は帰るとするか」


会長「真鍋さ~ん!」

和「ん?」

会長「真鍋さ~ん!」


和「げっ!…あいつは生徒会長」

会長「はぁ…はぁ…真鍋さん、呼んでるんだから止まりなさいよ」

和「やなこった…どうせ生徒会の仕事を手伝わさせられるんだから」

会長「あなた生徒会でしょ?」

和「あれはお前が無理やり!!」

会長「お前?先輩であり会長の私に向かってお前呼ばわりですか?……随分偉くなったわね和」


和「∑はっ!!!す、スミマセン…スミマセン会長」ペコペコ

会長「いいのよ別に……和の秘密をバラすだけだし」

和「スミマセン!スミマセン!スミマセン!」ペコペコ

会長「なら手伝ってね?」

和「…………はい」
和「…………性悪会長」ボソ

会長「何か言った?」

和「いえ…なにも」

和「結局放課後まで手伝わさせられた……ちくしょう弱みさえ握られなければ」

和「まぁ……言ってもしょうがないか」


律「お~い!お~い!」

和「ん?」

律「お~い和待ってくれ~」

和「律?…どうしたの?律の家ってこっちじゃないでしょ?」


律「まぁな、ちょっと寄るとこがあってな…さっきたまたま和を見かけたんだよ」

和「それで私に声をかけたのね」

律「そういう事」

和「それで用事って何なの?」

律「い、いや…それは」

和「なによ、気になるじゃない」

律「いや~たははは」


和「で、用事って何なの?」

律「実は…………」

和「映画?」

律「ああ、今度見たい映画があるんだよ。それでチケット買っとこうかなって」

和「へぇ~どんな映画?」

律「アクション映画だよ、テレビで予告編見たんだけどさ、スゴく面白そうだったから楽しみなんだよな」

和「アクション映画なんて律らしいわね、誰と映画見るの?」

律「う~ん、一応弟を誘おうって思ってるんだけど、アイツ大丈夫かな…」

和「そこまで考えてなかったのね」

律「しょうがないだろ~予告見てすぐに見たくなったんだから」

和「その気持ちはわかるけどね」

律「う~ん………そうだ!!」

和「……何だか嫌な予感が」

律「和!一緒に映画行こう!!」

和「ち、ちょっと待って!!」ズルズル

律「けって~い」

和「ちょっと律!!」ズルズル





律「買った買った~…早く上映されないかな~」

和「まったく律ったら強引なんだから」

律「へへ、でもチケット買っちゃったからもう行くしかないよな?」

和「しょうがないわね」


和「………って事があって今度の休みに映画見に行くことになったんだ」

和母「まぁまぁ」ニヤニヤ

和「な、なんだよ、何ニヤついてるんだよ」

和母「だって和ちゃん、それってデートでしょ?」ニヤニヤ

和「∑で、デート!?」

和「違うって!律はただ一緒に行く相手を探してて、私がたまたまそこにいたから、誘われたんだよ」

和母「まぁ!もう名前で呼び合う仲なのね)

和「それは女の子の時にそう呼んでるから……」

和母「でも浮気しちゃダメよ、唯ちゃんがいるんだから」

和「俺と唯はそんな関係じゃないって言ってるだろ!」


和母「でも和ちゃんはそんな関係になりたいのよね?」

和「………くっ」




和「はぁ……母さんの奴何がデートだよ」

和「あれ?でも男と女が2人で出かけるってデートなのか?…いやいや、律は俺が男だって知らないんだ、デートじゃないよな…………………違うよな?」


和「もう待ち合わせから10分が過ぎてる、律の奴映画に誘った本人が遅れてどうするんだよ」

律「ごめ~ん和、遅れちゃった」

和「遅いわよ律」

律「ごめんごめん、昨日の夜興奮してなかなか寝付けなくて」

和「律ってば子供じゃないんだから…」

律「しょうがないだろ、楽しみにしてたんだから、それより早く行こうぜ」

和「はいはい」

律「そうだ和、何か食べ物でも買うか?」

和「そうね、律は何が食べたいの?」

律「私はこのセットを頼もうかなって思ってるよ」

和「そう、わかったわ」




和「お待たせ」


和「はい律、律が食べたかったセットよ、ドリンクは適当なの頼んだけどいいわよね?」

律「悪いよ和、これぐらい自分で出すし、むしろ私が和に奢る気だったのに」

和「いいのよ、今日映画に誘ってくれたお礼にね」

律「お礼って私が無理やり……」

和「無理やりだったかもしれないけど、何だかんだ言って私も楽しみにしてたから」


律「でさ、そこで主人公が…」

和「ちょっと律、前見ながら階段登らないと危ないわよ」

律「へいきへいき、で今度は敵g∑わっ!!」

和「律あぶない!!」

律「はぁ…はぁ…ビックリした、和助かったよ」

和「だから前みて登りなさいって言ったでしょ」

律「面目ない」


律「…………」キラキラ

和「(律の奴あんなに目を輝かせて、凄く面白いんだな)」


律「ぉ~」ボソッ

和「(そう言えば唯と映画言っても、唯は途中で寝ちゃってたな)」

律「…………」キラキラ

和(それに比べて律はずっとワクワクしてるな)」

和「(あれ?俺ずっと律ばかり見てるじゃないか、映画に集中しなきゃ)」

律「おもしろかった~」

和「ふふっ、律ってば」

律「おもしろかったよな和!」

和「そうね、あそこのシーンはハラハラしたわ」

律「ああ、あのシーンだろ?私もハラハラしたよ、他にもあそこのシーンが…」

和「うんうん、あそこのシーンも迫力あったわね」

律「私に感謝だな!」

和「まったく、調子に乗らないの」

律「へへへ」

和「あ、私トイレに行ってくるから待ってて」

律「わかったよ」


律「……って和!そっちは男子トイレだぞ~」

和「(∑しまった!いつも外じゃ男子トイレ使ってたからいつもの癖で……)あ!本当だわ、私間違えたみたい」

律「和がこんなミスするなんて新鮮だな、何だか珍しいものが見れたな」



和「ごめんなさい、待たせたわね」

律「よし、じゃあ行くか」

和「行くってどこに?」

律「買い物だよ、せっかく和とお出かけなんだからもっと楽しまないとな」

和「しょうがないわね、つきあうわ」

律「やった~、まずは洋服みに行こう」



和「お、これ格好いいな」


律「男者の服なんか見て…まさか彼氏にプレゼントか!?」

和「∑ち、違うって自分に」

律「自分に?」

和「ち、違うわよ、私に似合うかな~って(俺は何言ってんだよ)」

律「なら試着してみろよ」

和「えっ!?」


律「ほら、いいからいいから」

和「ちょっと律!」




律「おぉ~!格好いい、まるで男の子みたいだな」

和「そうかしら?(本当は男なんだけどな)」

律「うん、凄く格好いいよ」

和「ありがとうって言うべきなのかしら?(まぁ格好いいって言われて嫌じゃないよ)」



律「いや~買った買った~」

和「律ってばたくさん買ったわね」

律「よ~し次はご飯だな」

和「もうこんな時間だしちょうどいいわね」

律「そう言えばこの近くに新しいパスタの店が出来たんだよ、そこにしないか?」

和「いいわよ」

律「うまい!うまいぞ和」

和「わかったから落ち着いて食べなさい」

律「だってこんなに美味しいんだからしょうがないだろ」

和「確かに美味しいわね」



律「じゃあここは私が出すよ」

和「悪いわよ」

律「いいっていいって、映画の時のお礼だよ」


和「でも値段が全然違うし…」

律「いいからいいから」

和「そう?ならお願いしようかしら」

律「そうそう」



店員「○○○○円になります」

律「あ、あれ?あれれ?」

和「律どうしたの?」

律「……お金足りない」



和「だったら私の分は自分で出すわ」

律「じ、実は…」

和「自分の分も足りない!?」

律「…さっき買い物したからお金が全然なくて」

和「はぁ~…いいわよ私が出すわ」

律「い、いや悪いよ!」

和「でもお金ないんでしょ?」

律「……それはそうだけど」

和「なら決まりね」


和「すみません、私が払います」





律「はぁ~」

和「どうしたのよ律」


律「だって和にお礼が出来るって思ったのに、また貸しができちゃったから」

和「いいってば気にするなよ、俺は律と出かけて楽しかったし」

律「えっ!?」ドキ

和「(∑しまった!最後で油断した!!)い、今のは何でもないわよ」

律「そ、そうだよな」ドキドキ

和「そ、そうよ」ドキドキ


律和「「あははははは」」ドキドキ ドキドキ

律「(う~…なんだか胸がドキドキする)」

和「(くそっ、バレてないかで胸がドキドキする)」


2