澪「ごめんね琴吹さん、律が無理矢理」

紬「いえいえ、キーボードくらいしかできませんが、私でよろしければ
入部させてください~」

澪「あ、ありがとう!これで、足りない部員は後一人だな!」

ふたりの会話は結構弾み、女子特有の空気みたいなのが生まれていた、
私も元は女なんだけど……

澪「それにしても、まさか律がナンパなんてするとは……」

紬「ナンパなんてされたことなかったので、びっくりしました~」

律「そーだなー、まさかアイツがなあ……
っておいおいちょっと待てよ、俺がナンパなんてしたんだよ!?」

紬「さっき」

澪「ムギに」

律「俺はちょっと明るいからそう見えるだけなんだよ、たぶん!」

澪「さっきのは明るいというより軽い」

律「う」

律「………さて、じゃあ後一人部員を確保するための作戦会議をはじめるとするか」

澪紬「「何事もなかったかのように話し始めた……」」

律「も、もう俺の事はいーだろー!?今は部員だ!」

紬「でも、いったい何を……」

律「それをこれから、考えるのさー」

澪「………………」

律「チラシはもう配ったから……」

澪「(腕組んで考える律って、なんか絵になるな……)

紬「何か特典が貰えるとか、例えば……」

律「車とか別荘とかはダメだぞ、ムギ」

紬「……すごーい、どうしてわかったの?」

律「そりゃ、伊達に強くてニュー……澪?」

澪「………はっ!!(な、なにを考えてるんだ私は!)」

律「おいおいどーした?」

紬「うふふ」


作戦会議の末、また貼り紙しつつチラシを配るという案に落ち着いた。
というか、これ以外にない。

紬「わたし、こんな風に友達と放課後にしゃべったりするの初めてで、楽しかったです。
また行きましょうね~」

澪「ああ、じゃあまた明日、部室で」

律「じゃな~………さて、行くか」

ムギは仲間に入ってくれた、後は唯だ。

唯は貼り紙してれば来るだろうと思っていたけど、ムギの件で

以前どおりに事が進まないというのもわかった、ここは確実に勧誘をしに行くか…?

澪「なんかだんだん現実的になってきたな…やっぱり、律はすごいよ」

律「何言ってるんだ、澪が頑張ったからだろ?俺はその手助けをしただけだよ」

澪「律のその……行動力のあるところとか……その……いいと思う」

律「そ、そうか?」

澪「うん」

………なんだこれ、澪が可愛いぞ

律「澪……顔赤いぞ」

そんな顔で見つめられたらこっちまで照れるからやめてくれ、とは言えなかった。

澪「律だって、赤いじゃないか」

律「これは、澪にうつされたんだ…」

澪「フフッ、なんだそれ」

律「澪が恥ずかしいこと言うからだ!」

澪「あ!人がせっかく褒めてやったのに!」

軽い口げんかをしながらの澪と二人きりの帰り道は、なんだかとっても幸せだった



今晩の澪のメール

『やっと部員が増えたな、ムギはいい人だし私も話しやすいよ』

『それも計算のうち?調子に乗るな馬鹿律』

『後一人も頑張って集めよう。おやすみ』



律「もう、四月も後、一週間……」

私の予想通り、誰も入部しないまま廃部までカウントダウン開始だ。

紬「誰も来てくれませんね……」

澪「このままだと廃部か…」

澪も紬も元気がない、まぁ当然か。私も唯が来ることを知らなかったら相当
焦っているに違いない、いや、実際焦っていた。

三人「………………」

空気が重い……

律「だ、大丈夫だって!きっと誰か入ってくれるよー……ははは……」

唯!早く来てくれっ!

沢「こんにちは~、入部希望者がいたわよ、よかったわね♪」

さわちゃんはまだ猫を被っている、今ここで顧問にしておくべきなのだろうが、
楽しみは後にとっておこう

澪「平沢 唯……やっぱギターだよな」

紬「楽しみですねー」

唯は本当にできるのかできないのかわからないやつだが、
とても優しくて、いいやつだということだけはわかる、だから、
今はこう言っておこう

律「よっしゃー!強力なメンバー加入!」



唯「うううぅ~~!どうしよぉ~!」

翌日、音楽室の前で怖気づいた唯を見つけた。実はギターができなくて、
私たちはそんな唯に期待して、プレッシャーを与えちまったんだよな。

懐かしい思い出にちょっとにやけながら私は後ろから唯の肩をつかんだ

唯「ひいいいいいいくぁwせdrftgyふじこlp;@」

唯、意味がわからないぞ

律「なにやってんの」

唯「もうりっちゃ~ん、驚かさないでよぉ!」

唯は私に向き直ると、今の私には強烈なスキンシップを取ってきた

律「ちょ、平沢さ………唯!?」

唯「んん~~………あれ?」

律「これは、まずいと、思います」

唯「ひ、ひょええええええええええ!!」

叫びたいのはこっちだよ、唯


唯「ごめんなさい……本当に自分でもなんで抱きつくなんてことを
してしまったのか……今は反省している」

律「あー、いや。役得だったということで」

澪「馬鹿律!」

拳骨くらった、痛い。

紬「紅茶どうぞー」

唯「あ、ありがとうございます…」

澪「えっと、平沢唯さん?」

唯「は、はいっ」

澪「入部希望の?」

唯「は、はいっ」

澪の顔がだんだん明るくなっていく。まぁこれで廃部は免れたんだから
当然っちゃあ当然だな、なんか私もうれしくなってきたぞ!

律「よーしムギ!お茶の用意だ!」

紬「もうやってるわ~」

律「あ、そう」

唯「お~いし~♪」

……唯はムギのケーキをずっと与え続ければ簡単に籠絡できるんじゃないか?
それにしても美味そうに食べるな唯は……きっと辞めるの止めようかな~って考えてるに違いない。

律「ゆ……ゴホン。平沢さんは、ギターが超上手いんだよな~?」

唯「え?わ、わた、あの」

律「どんなバンドが好きか~、好きなギタリストは?」

とりあえず話を進めたいので、あえて意地悪な質問を繰り出してみよう。

唯「じ、じ、じ…」

澪「ジェフベック?」

律「おーっ!!」

律「そーっかー、ジェフベックかー」

紬「どなた?」

澪「ロックギタ(中略)なギタリスト!」

唯「(ギタリストって、じで始まる人多いの!?)」

律「さっすが平沢さん、渋いね~平沢さんみたいな人が入ってくれてよかったなぁ~」

だ、だめだ……まだ笑うな……

紬「一週間以内に後一人集まらなかったら、廃部になるところだったんです~」

律「ほんっとうにありがと~!」ニヤニヤ

唯「~~~~~!!」

そろそろだっけ?

唯「あのっ!あの、申し訳ないんですけど、
実は入部するの止めさせてくださいって言いに来たんです!

澪「え?」

紬「へ?」

律「ニヤニヤ」

唯「ギターとか全然弾けないし……もっと違う楽器をやるんだと思って…」

澪「でも、うちの部に入ろうと思ったってことは音楽には興味あるってことよね?」

紬「ほかに入りたい部とかあるの?」

唯「ううん特には………うう、本当にごめんなさい、じゃあ……」

律「ああ、ちょっと待って!(とりあえず、お菓子で餌付けだ餌付け!おムギ!)」

おムギ「(アイアイサー!!)」

私達の必死の呼びかけ(?)もあって、唯はなんとか泣き出して(?)くれた。

律「じゃあ、俺達の演奏だけでも聴いて行ってよ!」

唯「え!?演奏してくれるの!?」

見事な食いつきっぷりだ…


律「…………………」

唯「(ベースとキーボードの人も上手いけど……)」

律「…………………」

唯「(素人の私でもわかるくらいドラムが上手い!)

唯「わぁ~!!」

律「へへ、どうだった!?」

これくらいならお手の物よ…

澪「(律………)」

紬「(凄く上手……)」

唯「なんていうか…凄く言葉にしにくいんだけど…!」

律「うんうん」

唯「あんまり上手くないですね(総合的に見て)!!」

バッッサリだ

唯「でも、なんだかすごく楽しそうでした!私、この部に入部します!」

律「なんとか部員揃ったなー……一人楽器を扱えないやつがいるけど、はは」

これから本格的に練習が始まるまでも結構間があったよなー……ははは……はぁ

澪「まぁまぁ、本人はやる気あるみたいだし……たぶん」

律「ま、俺は練習しなくてももともとのスペックが高いからいいんだけどね~♪」

澪「(……本当に上手いから何も言えない)……あ、あんまり調子に乗るなよな!」

律「おおっと、大丈夫大丈夫。みんなの為に頑張るよ」

澪「そ、そういうことをさらっと言うな!」


今晩の澪のメール
『律、起きてる?』

『よかった…いや、特に話があるわけじゃないんだけど。なんか話したくって』

『部員、やっと揃ったな。私すごくわくわくしてる』

『律も?よかった、私だけなんじゃないかと思ってちょっと不安だったんだ』

『わ、私はちゃんと練習するから!律も練習しろよな、いくら上手いからって
、あんまり怠けてると私はすぐに追いつくぞ?』

『ちょ、土俵が違うとか言うな!気持ちの問題なんだよ!』

『いつか追いついてやるからなー!』



律「と、言うわけで週末、俺達は唯のギター、もといギー太を買いに行くことになったのである」

澪「律、誰と話してるんだ?」

律「ん?……誰だろう」

澪「……変な律」

紬「唯ちゃん遅いわねぇ~」

………唯は遅刻魔だからな

紬「そういえばりっちゃん」

律「ん?」

紬「りっちゃんはすごくドラム上手じゃない?」

律「まぁな!!」

澪「堂々と認めるな」

紬「だから、いつからやってるのかなーって」

澪「あ、それ私も気になってた」

律「う」

そうか…ムギはとにかく、今の澪は幼馴染じゃないんだ、知らないよな。

律「あ、あは、あははははははは!!」

紬「あー笑ってごまかしてる」

唯「みんな~~~~おぉ~~~~い」

律「あー!!唯ーーー!会いたかったよ~~!!」

澪紬「「む」」


……

紬「お金は大丈夫?」

唯「うん、お母さんに無理言って、五万円前借りさせてもらっちゃった!
これからは計画的に使わなきゃ、いけない……んだけど……この服、今なら
買える……!」

律「こらこら」

唯「あぁ、ちょっとみるだけだから~~」

大体唯が初めにこう言いだして、私が乗って、澪がため息ついてムギが苦笑するんだよな。
つーか私男なのに、普通に馴染めてるのが少し不思議だ。

ふつうこういうのって嫌なんじゃないか?……ま、考えても仕方ないか

律「………よし、ちょっと遊ぶか!」

澪「……はぁ~~」

紬「くすくす」


私達は今女性服売り場にいる。

私は周りに置いてある服なんかを見て、あーもうこういうの着れないんだなー
とか思っちゃったりしてしまってちょっと複雑な気分だ。

唯「りっちゃん、こーいうとこって男の子は苦手だったりしない?」

そりゃそう思われても仕方ないとは思うけど、あいにく中身は女なもんで。
でも最近妙に男らしくなってきた自分がいるのも事実だ。

元から?今元からって言ったやつ誰だ!

律「そ、そーだなー、ちょっと苦手かもなー」

唯「ほえー……誠に申し訳ない……」

律「いえいえ、お気になさらず……」

紬「りっちゃんりっちゃん!」

律「ん?」

唯と馬鹿なやりとりを繰り返していると、今度はムギに呼ばれた。

紬「ほら、この服澪ちゃんに似合ってると思わない~」

澪「む、ムギ……恥ずかしいってば……!」

紬「とっても似合ってるわ~」

澪「聞いてないし……」

紬「りっちゃんもそう思うわよね~?」

律「おお!ホントだ!」

澪「うっ、ううううう」

恥ずかしがりやがって澪、愛いやつめ……

律「あ、でも……」

私は棚に置かれている一つの服を手に取って、澪に渡した。

律「澪はこーいうのの方が好きなんじゃないか?」

澪「あ、うん」

律「ほーら、似合ってる似合ってる♪」

澪「……………」

紬「すごいわりっちゃん、澪ちゃんのことよく知ってるのね!ほんとに!」

律「まぁな!なんたって俺と澪は…………はっ」

しまった、また勢いで……!

律「ご、ごめんな澪、嫌だったか…?」

澪「……………」

律「m、澪さん??」

澪「………律」

律「はいっ!」

澪「この服買ってくる」

買うんかい!


紬「りっちゃんりっちゃん」

律「ん?」

紬「あ~んしてください♪」

律「なにぃ!?」

紬「私こうやってあ~んってするの夢だったの~」

澪「ムギ!やりすぎだっ、もうちょっと節操というものをだな」

おお、澪が怒ってる。

紬「ええ~?だって澪ちゃんもさっき服選んでもらってたじゃない」

澪「あ、あれは……!」

唯「りっちゃん、じゃあ私も後で何かしてもいいの?」

律「唯はさっき謙虚な日本人ごっこやっただろ?」

唯「あれカウントされるの!?」

紬「はいりっちゃん、あ~ん」

澪「くっ、律!私のも、私のも食べろ!」

唯「りっちゃん、カオスだよ!これがカオスってやつだよ!ついでに私のも食べて」

律「唯!何便乗してるんだ!」

唯「私だけ仲間はずれなんてずるいっ☆」

澪「律、食べろ」

紬「どうぞ~」

唯「なんか忘れてるような……まぁいいや、食べて~♪」

律「そんなに食えるか!!おい、ちょ、アッーーーー!!!」


3