律「はぁ…はぁ…」ドサッ

「田井中さん、大丈夫?」

「ごめんなさい、買い出し任せちゃって」
律「いいんだよ、発案者は私だし、部活の練習で途中で昨日も抜けてるし…」


紬「ふんふんふーん」ペタペタ


律「ムギ、練習行くぞ」

紬「待って、あと少しで色塗りが…」

律「時間がないんだ…みんな、後任せた!」グイッ

紬「ああっ りっちゃん待って」ワタワタ


律「…」ズカズカッ

紬「りっちゃん痛いっ」

律「…」ピタッ

紬「んむっ」ズボッ



紬「いたた…」

律「ムギは…ムギは軽音部がなくなってもいいのか?」

紬「え…」

律「唯と学校来れなくなってもいいのかよ!」

律「私は嫌だぞ…死に物狂いで練習するし、ライブは絶対に成功させる」

紬「りっちゃん…それじゃ駄目なの」

律「何がだよ! ライブが成功すれば全て丸く収まるんだぞ!」

紬「じゃあ訊くわ、『成功』って何」




律「…え?」


律「そ、そりゃあ上手い演奏が本番でできれば…」

紬「りっちゃん、それはプロの人達のライブでしょ? 私達の舞台は学園祭」

紬「練習の成果を出して上手い演奏をするのは勿論だけど、先生方や来賓の方々は別な所も見てるんじゃないかしら」

律「別な…とこ?」

紬「そう、私達の一番の持ち味…」




律「…あ」

律「ここは…学校で、私達は部活の発表をするんだ…」

紬「そう、だったらまず大切なのは、みんな仲良く…じゃないかしら」

律「わ、私…」

ストン

律「あれ…?」

紬「りっちゃん、大丈夫?」



律「腰抜けた…あはは…」

紬「よいしょっ」グイッ

律「…ごめん、ムギ」

紬「ん?」

律「私、焦ってた」

紬「ううん、私だって内心焦ってるもの。おあいこよ」

律「いや、ムギはこんな無茶しないじゃん」



紬「…ふふっ」

律「…何がおかしいんだよ」

紬「あのね、私も一度無茶してるの」

律「え、いつだよ」


紬「私一度部活を病欠したじゃない?」

律「ああ、合宿前日な」

紬「あの日、実は一度学校行ってるの」

律「そうなのか?」

紬「体調が悪いの唯君にバレてたんだけど、どうしても部活がしたくて…」

律「ムギにそんな一面が…」

紬「唯君に怒られちゃった」

紬「唯君がね、私達は全員一緒で軽音部だって言ってたの。りっちゃんが無理しても駄目だし、私が無理しても駄目」

紬「みんな軽音部が好きだから、一人が無理すれば、みんな無理したがるの」

律「…」




律「あ…!」

紬「行きましょう、澪ちゃんの所に」

律「ああ!」



澪「…」ドゥン

澪「駄目…もうベース弾けない……」

澪「律に合わせてリズム作るだけでも大変なのに、ボーカルも一緒になんて…」



澪「…疲れたよ」




澪「みんな…ごめん」コトッ




ガチャッ

律「澪ー!」



律「あれ、先に部室行った筈…」

紬「りっちゃん、あれ」

律「…澪のベース……」

紬「朝は持ってたわよね」

律「ああ、澪は部室に置いて帰らないから…」



律「一足遅かったか…」

紬「いいえ、勝負はこれからよりっちゃん」

律「これから…」

紬「私が唯君から走って逃げた時、唯君追いかけてくれたもの」

律(ムギ、…さりげなくいい思いしてんじゃん)


律「よし、こっからが女の見せどころだぜ!」

紬「おー!」




澪「…はぁ」トボトボ

澪「部活どころか学園祭の手伝いすらしないで何してんだろ、私…」


ダボトラボーダボトラボーツネニヒタムキナオレナノニ

澪「律から電話…」


澪「ごめん…もう練習できない」パタン



タダイマデンワニデルコトガデキマセン

律「…やっぱりそう簡単に捕まらないか」
紬「どうする、りっちゃん」

律「私は澪んちに行く。ムギは唯と合流してくれ」

紬「わかったわ」




ピッ プルルル…

ルスバンデンワニセツゾクシマス

紬「唯君まで出ないなんて…」



澪「はっしーるまっちーをみっおーろーしーてー」

澪「のーんびーりーくーもーがおーぉよーぉいーぃでっく」

澪「だか」

ダバダバダバダバダバダバ


澪「…ヘリコプター」




澪「はぁ…」



律「まだ帰ってきてないか…」

律「寄り道してるとは思ったけど、できれば的中して欲しくなかったな」


パカラッパカラッパカラッパカラッ アバレンボウショウグンデデーン


律「もしもし」

紬『りっちゃん? 唯君も音信不通なの』

律「マジかよ…、こんな時こそ頼りになるのに」

律「唯は後回しだ、澪を見つけるぞ」

紬『でも、一体どこに…』

律「大丈夫! 伊達に澪の相棒やってないって! 私を信じろ!」

紬『りっちゃん…!』

律「澪が練習を投げ出すなんてよっぽど苦しかったに違いない…。相棒として、なんとかしたい」

紬『協力するわ、早く見つけましょう』

律「ありがとうムギ」



唯「ひー、男子俺だけだからって力仕事全部は酷いよな…」

和「当日の当番無しなんだから文句言わない」

唯「へーい」

唯(でもこれで本番前のリハはたっぷりできるな)



唯「俺はこれでお暇するよ」

「平沢君お疲れ様ー」

唯「…お、着信に…メール有り」



唯「…! マズい!」



澪は多分商店街には行かない筈だ

河川敷側と神社側に分かれて探そう


どうして分かるの?


澪は落ち込むと人の少ない場所に行く事が多い! …気がするッ


りっちゃんが言うんだもの、きっと当たるわ!



紬「はっ…はっ…」タッタッタッ

ゴーゴーヘーヴンッ ドーコマデモユーコー

紬「! 唯君!」



紬『もしもし!』

唯「すまん! 今気づいて」

紬『話は後で! 今は澪ちゃんを見つけるのが先決よ』

唯「…ああ!」

紬『りっちゃんは河川敷、私は神社側を探すから唯君はその他人の少ない場所を探して!』

唯「了解!」



唯「…どこから探せばいいんだ…?」



澪「もう夜も遅いし、続きは明日にしよう?」

律「や、あともう少し…頼むよ、澪」

澪「でも、ここ最近毎日だぞ…」

律「頼む! できる限りのことはやっておきたい…後悔したくないんだ」

澪「律…」


澪「律…怒ってるかな」

澪「私、また肝心な時に逃げ出しちゃったよ…」


未完