ガチャッ

律「ただいまー」

澪「お邪魔します」

律「聡ー、いるかー」


聡「なーにねーちゃん…って、お兄さんが何故ここに?」

唯「あれ、サイレントヒルの子じゃん」

律「…なんか知り合いっぽいけど、まあいい。聡、唯の事頼んだ」

聡「え、ちょっとねーちゃん!」



聡「しかし兄ちゃんがねーちゃんのバンド仲間とは」

唯「世間は狭いねぇ」

聡「…澪さんの事、狙ってる?」

唯「…」



唯「はい?」


聡「じゃあさっきの髪の毛ふわふわの人?」

唯「ちょ、ちょっと待った」

聡「まさかどっもとか!」

唯「あ、あのな」

聡「いかんぞ二股は!」

唯「俺はそんなつもりは…」

聡「…まさかホモですか?」

唯(…間違いなく律の弟だ)


唯「ホモちゃうわ! ちゃんと女の子が好きです!」

聡「じゃあ部活以外に彼女がいるのか」

唯(思春期真っ盛りだなぁ…)

唯「いないよ、彼女募集中」

聡「じゃあやっぱり澪さん狙いか!」

唯「なぁ、さっきから律は候補から外してんだな」

聡「えー、だってねーちゃんガサツだし、男みたいなんだもん」

唯「あのなぁ、律は律でかわいいとこあるんだぞ」

ガランッ

律「」

唯聡「あ」


聡「ね、ねーちゃん」

律「…」

バタン

唯「…」

聡「な、なんかごめん」

唯「今スッゴい誤解されたよな」

聡「じゃ、じゃあこの際ねーちゃんで手を打つってのは」

唯「何でもかんでも恋愛に結びつけるな」

聡「わ、悪かったよ」


ガチャ バタン

澪「ど、どうした律」

律「な、何でもない」カアアアッ

澪「なんだか顔が赤いぞ」

律「き、気合いを入れたんだよ!」パンパンッ

澪「えっっ」ビクッ

律「いひゃい…」

律(落ち着け私! きっと聡が何か余計な事言ったから唯がフォローしただけなんだ!)

紬(りっちゃんかわいい!)


澪「じゃあな律」

律「おう、またな」

紬「次はみんなでウチに来てね」

律「是非とも行かせてもらいまっす!」

唯「…」

律「じゃあな、唯」

唯「おう、また明日部活で…」

バタン


律「…ふう」


律「やっぱり顔見ただけで動揺しちまった…」

デーアゴスティーニッ

律「メールだ…唯!?」



件名:non title
本文:かわいいって言ったのは本当だからな! それだけだ! おやすみ!



パタン

律「…えへへ」



律「おっはよー!」バンッ

紬「りっちゃん、おはよう」

律「早いなムギ」

紬「りっちゃんこそー」

律「まーなー」

紬「はい、お茶」

律「サンキュー」

ズズッ

紬「褒めてくれて良かったね」ボソッ

律「ブふっ!?」



律「もうすぐ二度目の合宿だな」

紬「今回は練習は抑え目にして思い切り楽しむのよね」

澪「ここ最近詰めてたからな。この辺で一度ブレイクしておこう」

唯「澪からお許しも出たし、遊ぶぞー!」

澪「わ、私だって遊びが嫌いな訳じゃないんだぞ」

紬「わかってるわよ」

律「前回あんなにはしゃいでたからなー」
澪「…むぅ」



律「おーつかれー」

澪「じゃあなー」

唯「おう、また明日」


紬「じゃあ私も帰るわね」

唯「あ、ムギ」

紬「なに?」

唯「ちゃんと寝てるか?」

紬「やーね、ちゃんと寝てるわよ」

唯「正直に言ってくれ」

紬「…」


唯「作曲に合宿先等々の手配に練習…、あまり寝れてないんだろ?」

紬「バレちゃったかー」

唯「ちょっと熱っぽそうな感じがしたんだよっと」ペタッ

紬「あ…」

唯「少し熱あるかな…、汗かかないムギが汗かいてたから変だとは思ってたけど」

紬(…今のは唯君が触れたからよっ)

唯「明日は練習休め。合宿には体調万全で行きたいだろ?」

紬「うん、ありがとう…」


紬「じゃあ私こっちだから…」

唯「じゃあ、合宿で」

紬「うん、また」



唯「ゆっくり休めよー!」




翌日


ガチャッ

紬「あれ、開いてる」


紬「おはよー」

唯「やっぱり来たか」

紬「唯君…!」

唯「ムギ、今日は休めって言ったろ」

紬「…嫌」

唯「ムギ…」


紬「私、軽音部休みたくない…!」

唯「駄目だ、熱が出る程疲れが溜まってるんだぞ」

紬「本当に大丈夫だって、私は…」

唯「いいから…帰るぞ!」ハシッ

紬「嫌ッ! はなしてッ!」バッ

唯「あっ!?」

タタタタッ

唯「無茶しやがって!」ダッ

唯「ムギ!」ダダダッ

紬「はぁ…はぁ…」タタッ


紬「あ…!?」ガクンッ

ドテッ

唯「はぁ…はぁ…」タッタッ

唯「大丈夫か?」

紬「…帰らない」

唯「ムギ、意外に頑固だな」



紬「私、軽音部の活動が好き。軽音部の活動を毎日毎日楽しみにしてる」

紬「それに、こんな大事な時期に練習休みたくない…」

唯「ムギ…」


唯(軽音部らしく演奏したいって言ってたムギが一番プレッシャー感じてたのかもな…)


唯「でもさ、今日明日に限らず、ムギが倒れたらみんな悲しむぞ」

紬「…あ」


唯「俺達は全員一緒で軽音部なんだ。ムギ一人が責任を負うことはない」

紬「でも…」

唯「ムギの友達は、そんなに信用できないかい?」

紬「!」



紬「ううん! 最高の友達よ」ニコッ

唯「よし! その笑顔が見たかったんだ」ポン

紬「…あ」


唯「じゃあ送るから帰ろうか」

紬「うん…あれ」ユラッ

ハシッ

唯「立てないか」

紬「うん、ちょっと疲れちゃった」

唯「ほら、負ぶさって」



紬「重くない?」

唯「平気平気」



唯「あ、校門に来てる車ってムギんちの…ってあら」

紬「すー…すー…」

唯「寝ちゃったか」

唯(まあ、高級車だしムギんちだろうな)

ガチャッ ゾロゾロ…

唯「あ、あの」

「紬お嬢様をお迎えに上がりました」

「起こさぬように丁重にお運びしなさい」

「御意」


「平沢唯様ですね」

唯「は、はい」

「我々のお嬢様への配慮が至らぬばかりに、ご迷惑をおかけしました」

唯「いえ、ムギも俺達の仲間ですから」

「…ありがとうございます」ペコリ

「どうぞこれからも、紬お嬢様をよろしくお願いいたします」

唯「ええ、もちろん」

「お嬢様は普通のご交友を望まれております」

「変に気負わないで下さい」

唯「あ、それは得意です」


「では失礼します」

唯「お大事にー」

「あ、それから一つ」

唯「ん?」


「お嬢様にもしもの事があったら…」ギラッ

唯「ひいっ!?」

「では、部活動頑張って下さい」ブロロン

唯「お、おだいじに…」


澪「おはよー」

紬「おはよう、今回の一位は澪ちゃんね」

澪「実は違うんだなー」

律「おっすムギ」

紬「りっちゃん、おはよう」

澪「律が行こう行こうってうるさくてさ」

澪「あとは唯だけか」

律「集合時間にはまだ余裕があるけど、唯だしなぁ」

澪「電話してみようかな」

紬「大丈夫よー」

律「じゃあ私、遅刻に100円」

澪「私も遅刻に100円」

紬「じゃあ私は間に合うに200円」

律「すごい自信だな」

紬「えへへ」ピピピッ



~朝

ピピピピ…

カチッ

唯「朝…か」

ムクリ

唯「ふぁ…」

シャッ

唯「いい天気だ…」


ガチャッ

憂「え、お兄ちゃん?」

唯「その反応はちょっと傷つくなー」

憂「ご、ごめん、おはようお兄ちゃん」

唯「おはよう憂」

憂「もうすぐご飯できるから顔洗ってきて」

唯「うーい」


キュッ トントン

唯「よいしょ」グイッ

唯「憂、行ってきます」

憂「うん、事故に気をつけてね」

唯「ああ」

バタンッ


ミーンミンミーン

唯「あつっ」



唯「おはよう」

紬「おはよう、唯君♪」

律「ぐはぁぁぁぁ!あと1分だったのにー!」

澪「唯、おはよう。律、100円ぐらいいいじゃないか」

律「唯!何時間通りに来てんだよー!」

唯「俺、何か悪いことした?」

紬「とってもグッジョブです♪」

ガタンゴトンガタン

澪「…」


律「くかー」←早起きしすぎで寝てる

紬「すぴー」←昨日1日寝た分早朝に目が覚めて今眠くなった

唯「ぐー」←慣れない事して疲れた


澪「近いのに遠いよ…」


律「お! 海が見えてきたぞ!」

紬「もう2駅で到着ね」

唯「なんかたぎってきたぞ!」

律「…で」


律「澪はまだ寝てるのか」

澪「むにゃ…」←沈黙に耐えきれず体力使い果たした

紬「昨日の夜、興奮して眠れなかったのよ」

唯「意外だな」


10