キンコンカンコン

「真鍋さんまだ帰らないの?」

和「うん、今日私日直だから日誌書いてから帰るわ」

「わかった、じゃあまた明日」

和「また明日」



ガタッ   スタスタ

和「いつまで死んでるの」スパンッ

唯「いてっ」


唯「あれ、みんなは…」

和「帰ったわよ。もう放課後なのよ?」

唯「なんと」

和「全く…しっかりしなさいよ」

唯「面目ない」

和「ほら、部活行きなさい」

唯「あいよ」ガタガタ



唯「和」

和「なに?」

唯「サンキューな」

ガラッ

和「やれやれ」


和「…これでよし、と」

和「さて、私も帰ろ」

ガラッ

律「あれ、和しかいないんだ」

和「…今日はとことん軽音部に縁があるわね」

澪「唯は?」

和「部活に行ったけど…?」

紬「入れ違いになったのかしら」



和(もしくは憂と仲直りしに行ったわね)



憂「…」スタスタ

憂「…はぁ」スタスタ


ザッ


唯「…」

憂「あ…、お兄ちゃん」

唯「憂」

憂「な、何? 私急いで晩御飯の支度しないといけないの」スタスタ

ガシッ

憂「!」

唯「話し合うぞ」



憂「わ、私は話し合うことなんか何にもないんだけど…」

唯「俺はある。その為に部活を休んできた」

憂「え…、でもお兄ちゃん部活楽しみに」

唯「してる。してるけど、だからと言って憂をないがしろにはしたくないから」

憂「あ…」


唯「憂、すまなかった。合宿だって俺浮かれてた」

憂「お兄ちゃん…」

ギュッ

憂「あ…」

唯「憂はしっかり者だけど寂しがり屋だからな」ナデナデ

憂「お、お兄ちゃんっ」

唯「…寂しかったろ」

憂「…」



憂「うん」キュッ



ガチャッ

唯「遅れやしたー!」

律「遅い!」

澪「遅すぎる!」

紬「もう下校時刻よ」

唯「遅刻してすいませんでした!一曲、一曲だけやらして! この通り!」パンッ

律「…仕方ないな」

唯「ありがとう! いいってよ!」


憂「失礼します…」

澪律紬「えっ」


律「え、誰?」

唯「妹、ほら時間ないよ」

澪「妹さんが何故ここに?」

唯「演奏聞かせたいから、ほらいくよ」

紬「えっ」


唯「STAY AWAY」

ジャーン…

ズンダッダッダガダッダッダカッカズンダッダカダガタンッ


唯「自由のー下にー生まれーたぁーwoo…」

ズガダガダンッ


パチパチパチ

憂「すごいです!」

律「ありがとうー」

唯「結構間違えたけどね」

澪「いつもは歌わないからな」

憂「そうなんですか?」

紬「憂ちゃんが来たから張り切ったのよー」

唯「あはは…」

憂「…」


憂「お兄ちゃん、本当に頑張ってるんだね」

唯「ああ、今は短い曲すらおぼつかないけどな」

澪「短いとは言ってもラルクはギターソロが難しいからなぁ」

律「しかも油断すると踊り始めるし」

紬「気持ちは分かるんだけどね」



唯「憂、俺この軽音部が気に入ってるんだ。ギターっていうやりたいことも見つけたし、最高のメンバーもいる」

唯「兄ちゃん頑張るからさ、応援してくれないかな」


憂「…うん、お兄ちゃん、頑張ってね!」


律「んじゃー解散」

唯「みんな、今日はありがとうね」

澪「気にするな、なかなかいい演奏だったし」

紬「唯君の歌も聞けたし♪」

唯「その話はいいって…」

律「今度カラオケもいいな」

紬「カラオケ! 行ってみたい!」

唯「帰るよ! おつかれ」

澪「おつかれー」


憂「あの」

律「何?」

憂「今後ともお兄ちゃんをよろしくお願いします」ペコ

紬「もちろん」

律「任せろっ」

澪「憂ちゃんも、今後ともよろしく」



憂「いい人達だね」

唯「だろ? 俺、入部して良かったって素直に思ってるもん」

憂「みんなかわいいし、ねっ」ニカッ

唯「…そういうこと言ってんじゃない」

憂「あ、否定はしないんだ」

唯「憂」

憂「あははっ」



憂「ね、手繋いで帰ろうよ」

唯「…」


唯「ん」スッ

憂「えへへ」キュッ




キンコンカンコン

律「もうすぐ夏休みだなー」

澪「最近そればかりだな」

律「だって楽しみじゃん!」

澪「通知票渡されるのも楽しみなんだ?」

律「うぐ…、そう言う澪は楽しみじゃないのかよ」

澪「…まぁ楽しみだな」

律「夏休みにやりたい事リスト作ってるのに落ち着いてますなぁ」

澪「!?」

律「にゅふふふふふ」

唯「夏休み、か」ジャカジャッ

唯「今年は部活も始めたし、アツい夏になりそうだ」ジャワーン

唯「夏の合宿は文化祭を意識してるだろうし」ジャカッ

唯「バリバリギターを弾けるな!」キュィィィィン

ガラッ

さわ子「平沢君、アンプを使うのは放課後にしましょう…?」ニコォ

唯「は、はいっ」




放課後


ガチャッ

律「おーす」

澪「ムギ、早いな」

紬「うん!」キラキラッ

律「なんだかムギが輝いてるぞ」

澪「どうしたんだ?」

紬「もうすぐ夏休みじゃない? 夏休みに何しようかなって考えたら…もうワクワクが止まらなくて」キラキラッ

澪「あはは…小学生じゃあるまいし」

紬「いいえ、今年の夏休みが今までの夏休みを遥かに凌駕する楽しさなのは間違いないわ」ググッ

紬「ほら、やりたい事リストも作ったし!」ジャーン

澪「!」

律「お揃いじゃーん」


唯「みんな、揃ってるかー」ガチャッ

律「一番最後に来た奴の台詞じゃないだろー」

澪「律も同じノリだけどな」

唯「いやー、ごめんごめん」

唯「これ作ってたら遅くなっちゃって」ペタ

澪「そ、それは!」

律「軽音部でやりたい事リストー!?」

紬「おおっ」

唯「今から計画しましょう、部長」


律「…で、三者三様のリストを提出してくれた訳だ」

紬「自信作ですっ」

律「…予算とかも考慮しながら選んでいくからな」

律「なんで私がアウェイなんだよ…」ボソッ

澪(軽音部入ってから律がなんだか真面目になった気がする)

律「えー、じゃあ同意見のから話し合うぞ」


律「えー、まずは夏休み合宿」

澪「これはやるべきだろ」

紬「前回大成功だったし」

律「じゃあ決定…」

さわ子「ちょっと待った」



澪「えっ」

律「さわちゃん…いたんだ」

さわ子「いました! 失礼な」

唯「律が呼んだのにな」


さわ子「あなた達、引率も無しに合宿する気?」

律「え、引率って必要なの?」

さわ子「当たり前でしょ」

澪「律…」

律「え、いやー…」

さわ子「それに前回って…、私は聞いてないわよ」

律「ぜ、前回はただのレクリエーションだったんだよ! 練習して、BBQして、解散!みたいな」

さわ子「へぇ…、じゃあこの平成2○年軽音部アルバムの写真は何?」

律「げっ」


さわ子「全く…他の部はともかく、あなた達軽音部は気をつけないと問題が大きくなりやすいんだからね」

澪「…どういう事です?」

さわ子「軽音部は、男子がいるからよ」

唯「…俺がいるから?」

紬「先生!」ガタッ

さわ子「落ち着いて、別に平沢君を差別してる訳ではないの」

澪「でもその言い方は…!」

さわ子「ごめんなさい、今はあなた達の顧問としてではなく、学校の教員として話をするわ」


さわ子「学校側も、男子の応募者がこんなに少ないとは思っていなかったから、平沢君の受け入れ体制がうやむやなまま新学期を迎えてしまったの」

さわ子「先生方も、最初はクラスの中で浮いてる平沢君を気にかけていたんだけど、部活を始めて徐々に溶け込んでいくのを見て、安心したの」

さわ子「その矢先、少数の男女合同合宿を軽音部が行ったことが分かって、職員の間で問題視されたの」

澪「そんな! 私達は確かに引率の先生と行きませんでしたけど、その他の何も問題行動は起こしてません!」

さわ子「そう、あなた達は問題無く合宿を終えた」


さわ子「結局、あなた達が問題を起こさなかった事で、様々な意見があったけど、今回はお咎め無しという事になったの」

律「ホッ」

さわ子「でも、二度目はないから」キッ

律「は、はいっ」


さわ子「学校側も平沢君に期待しているの。共学化の未来は平沢君に掛かっているわ」

唯「俺に…」

澪「なんだか大事になってきたな」

紬「なんだか…ドラマチック」


バタンッ

澪「さわ子先生行っちゃったな」

律「言いたい事言って、一緒に考えてくれないのかよー」

唯「…」

律「唯、黙ってないで何か対策案出せよー」

唯「…そうだ!」

紬「何々?」

律「妙案が浮かんだのか?」

唯「練習しよう!」

律「がっくし!」

澪「唯、今はそれどころじゃ…」

唯「いや、まず練習、特訓が必要だよ」

律「このままだと、軽音部がなくなるだけじゃなく、唯の在学も危ういかもしれないんだぞ」

唯「大丈夫、上手くいくって」

紬「澪ちゃん、りっちゃん、まず唯君の話を聞きましょう」

律「…むう」

唯「学校側は問題を起こしてなかったから、合宿での規則違反に目を瞑ってくれたんだろ?」

澪「そう言ってたな」

唯「だったら、普通に練習…規則を守って課外活動をするのは大丈夫、セーフティーだ」

律「でも、学校側の期待に応えないと規則違反の話を蒸し返してくるかもだぞ」

唯「だからこそ、夏休み中に練習して二学期の文化祭に備えるんだ」

紬「そっか! ライブが大盛況なら軽音部の実績になるわね!」

澪「なるほど…」

紬「私は唯君の案に賛成だな。私達らしさで勝負したいの」

律「始めてのライブが生きるか死ぬかの舞台か…燃えてきた!」

澪「…」

紬「…澪ちゃん?」

澪「そ、そんな大舞台…怖い」

律「澪! 今からそんな事言っててどうする!」

澪「だ、だって」ガクガク

唯「澪…」

唯「律、さっきムギは自分たちらしさで勝負したいって言ってただろ?」

律「あ…」

唯「俺達は俺達らしく、楽しく演奏できたらそれでいいんじゃないかな」

律「…そだな」


律「澪」ポンッ

澪「ひっ」ビクッ

律「プレッシャーかけてごめんな」ギュッ

澪「…あ」


7