唯(危なかった…)


唯(神様、私になんという試練をお与えになられたのですか…)


唯(…)



唯(開け!新世界!)クワッ

紬「へいらっしゃい♪」ズビシッ

唯「」



唯「ぎゃああああああああああ」

澪「唯…うるさい」ゴロッ



紬「やっぱり起きてたんだー」

唯「め…目潰しも一度やってみたかったのか?」

紬「目潰しは違うけど」

紬「唯君とお話したいなーって」

唯「あはは…じゃあムギが眠るまで付き合うよ」


紬「やったぁ!」

唯「…」

紬「…」

唯「ムギ?」

紬「ん?」

唯「話したかったんじゃないの?」

紬「うん」

唯「…」

紬「…」

唯「もしかして、話題考えてなかったの?」

紬「そうなのよー」

唯「オイ」


紬「どうしてだろ、いざ話すってなると上手く喋れないの」

唯「じゃあどうして喋れないな徹底討論しよう」

紬「唯君…天才?」

唯「や、冗談だけど」

紬「えー、私徹底討論も一度やってみたかったの」

唯「後幾つ夢あるんだよ!」

紬「ヒミツ」

紬「ごめんなさい、わざわざ起こしたのに…」

唯「あー…、あれだ」

唯「話題用意しとこうなんて思わなくていいからな?」

紬「え?」

唯「さっきはああ言ったけど、話題を用意しとくってなんか自然じゃないよな」

紬「うん」

唯「仲良くなれば会話なんか自然に生まれるって」

紬「! じゃあまずは仲良くならないとねっ」

唯「あれ? でも沢山会話して仲良くなるってこともあるし…」

紬「…あれ?」

紬「じゃあ手っ取り早く仲良くなりましょ!」

唯「どうやって?」

紬「こうやって」


プチッ

唯「えっ」


シュルッ

唯「ちょっ」


パサッ

唯「おい、まさか!」



律「部内恋愛は禁止だー!」

澪「エロスはいかんだろ!」

紬「ダブルコセガレ♪」ズビシシッ


澪律「」



唯「woo…」



澪「…いつから気付いてたんだ?」

紬「割と最初からよ♪」

律「結局みんなムギに踊らされていたのか…」

紬「人聞きの悪い事言わないでよー」

唯(本当は目潰ししたいだけなんじゃなかろうか)

紬「さ、みんなでお話しましょ♪」



澪「で、その店が駅前にあるんだけどな」

紬「あ、私行ってみたい」

澪「じゃあ今度3人で行くか」

律「え、私も?」

紬「行きたくないの?」

律「わ、私はガラじゃないからなぁ」

澪「私は唯の事を言ったんだぞ」

律「え"」

澪「本当は行きたいんだろー?」

律「澪ぉぉぉ」カァッ

紬「そうならりっちゃんも素直に言えばいいじゃない」

律「だ、だって…」


唯(話始めればやっぱり女の子な話題で持ちきりだな)

唯(いい感じに盛り上がってるし、ムギも御の字だろ)

紬「ね、唯君」コソッ

唯「ん?」

紬「さっきはごめんね、それとありがとう」

唯「や、気にしなくていいって」



紬「さっきの続きはいつか、ね」ボソッ

唯「えっ」



紬「あ! 私もそれ持ってるー」


唯「え、紬さん、続きって」



澪「唯、起きろ」

唯「…ん」

紬「合宿だよ、寝てたら損だよ…」

唯「あと5分…」

律「なーにが後5分だ、もう朝だっつーの」

唯「じゃあ10分…」

律「延びてる延びてる…」

澪「布団ひっぺがすぞー」グッ

澪「…っん、掴んで離さない…」

律「スッポンかよ」


紬「私にやらせて」

律「ムギが?」

澪「ビクともしないぞ」

律「澪の馬鹿力で駄目なんだぞ?ムギj」
澪「誰が馬鹿力だって?」ギュウウウッ

律「ミオシャンジャアリマヘヌ」パシパシ



紬「私、布団ひっぺがすのが夢だったのー」

澪「ムギほど夢見がちな高校生もいないな」

律「夢見がちって、使い方合ってるのか?」


紬「いくぞーっ」

律「いけいけー」

澪「思い切りやっちゃえ」

紬「ちょいやー!」バサッ

律澪「おおっ」

ズルッ



紬「えっ」

律澪「スッポンだったー!?」


澪「まさか唯ごとひっぺがすとは…」

紬「夢敗れたわ…」

律「ムギ的には許されないんだ、アレ…」


唯「憂…寒いよ」


澪「…憂?」

紬「唯君の妹さんかな」

律「この状況でも妹の名前しか出てこないとは…」



唯「今日で合宿も終わりかー」ベベン

律「土日だけだとちょっと短いなー」

唯「最低でも3日は欲しいな」ベベン

紬「そうねー、夏休みにもう一回やりたいわねー」

唯「その折には澪に宿題見せてもらおー」ベベン


澪「見せない。後そのベベンって何だよ」

唯「宿題見せてくれたら教える」ベベン


律「しかし、最初乗り気じゃなかった唯が最初に名残惜しむとはなー」

唯「こんなに楽しいなら最初からテンション上げてけばよかったよー」

澪「そうだな、遊んだ分みんなのモチベーション上がって練習もはかどったし」

紬「甘酸っぱい思い出もあったし」

澪律唯「!?」カアッ


紬「また合宿しようね!」ニコッ



ガタンゴトン


唯「楽しかったなー、合宿」



律「くかー…」

澪「むにゃ…」

紬「すー…すー…」



唯「みんな器用に寄りかかるよな…暑い…」

律「くかー…」←左肩

澪「むにゃ…」←右肩

紬「すーすー…」←膝枕

唯「誰もいない車両で助かった…てか他のシート使え!」



ガチャッ

唯「ただいま」

憂「…」

唯「憂、ただいm」

憂「お兄ちゃん」

唯「は、はい」

憂「軽音部って、女子ばっかりなんだ」

唯「あ、ああ」

憂「何で黙ってたの?」メラッ

唯「ひい!?」


唯「お、落ち着け憂」

憂「これが落ち着いていられますか!」

唯「だ、だって前に学校に俺しか男子いないって言ったじゃん!」

憂「…」

唯(収まった…?)



憂「お兄ちゃんのドスケベ!」ダッ

唯「ええっ」



翌日


和「唯、おはよう」

唯「オハヨウゴザイマス」ズーン

和「ど、どうしたのよ」

唯「イヤチョットネ」

ガチャッ

憂「あ、和ちゃんおはよう」

和「おはよう」

唯「ウイ…」

憂「ぷいっ」

唯「ウワアアアアアア」

和「け、喧嘩したんだ…」



唯「」グモーッ

律「なんだ? この湿っぽい物体は」

澪「かろうじて唯の名残はあるな」

紬「風水的によくなさそうだね」

唯「」ズモーッ

和「ああ、唯ね、今妹と喧嘩中らしいの」

澪「事もなげにプライベート情報を提供だと…?」

律「何故私達より唯に詳しいんだ!」

紬「これは強力なライバルの予感!」

和「…軽音部は唯にぴったりだわ」

唯「」


澪「へぇ、唯の幼なじみ」

和「ええ、幼稚園からの腐れ縁でね」

律「私と澪みたいだな」

紬「りっちゃん達も幼稚園から?」

澪「私達は小学校からかな」

紬「じゃあ和ちゃん達の勝ち?」

澪「どうでもいいけど、審査基準年数だけか」

律「どうでも良くない! 私と澪以上の仲ってどんなだよ!」

紬「レベルしムグッ」

和「や、本当にただの古い知り合いだから」


唯「」


律「何がきっかけなんだ?」

和「人に話す程の事じゃないんだけど…」
紬「私聞きたいなー」

和「あ」

キンコンカンコン

澪「二人とも、戻るぞ」

スタスタ…


和「そんなに唯が気になるのかしら」


キンコンカンコン


唯「」

澪「まだ死んでる…」

律「ほっとけ、今回のターゲットは別だ」

紬「和ちゃん、一緒にご飯食べていい?」

和「いいけど、あなた達も物好きね」

律「軽音部ですから!」

澪「言ってて悲しくないか?」

和「なるほど…」

澪「アンタも失礼だな」



憂「のどかちゃん、おままごとしよう」

和「いいよ」

憂「じゃあわたしおかーさん」

和「わたしはおとーさん」

憂「じゃあこどもやくは…」

和「だれかつれてこないと」

憂「だいじょうぶ」



憂「おにーちゃーん」


和(あ、おなじくみのこだ)

唯「よんだ?」

憂「おままごとしよう」

唯「しかたないな」

憂「おにーちゃんはこどもやくだからいつもどおりにしてて」

唯「わかった」


和「ただいま」

憂「おかえりなさい」

憂「ごはんにしますか?おふろにしますか?」

和「ごはんにする」

憂「はい」


唯「おかーさん、あいすたべたい」

憂「もうすぐごはんができるからがまんなさい」

和「ゆい、ただいま」

唯「おとーさんおかえり」

唯「おかーさん、あいす」

憂「ゆいちゃん、めっ」

唯「むーっ」

和(…こどもだ)



和「最初はそんな感じだったわ」

澪「じゃあ憂ちゃんの方が先なんだ」

和「ええ。憂とは頻繁に遊んでたけど、唯とはあんまり遊んだりしてないわね」

律「友達の兄弟とは結構仲良くなったりするんじゃないか?」

和「でも唯ったら兄なのに憂に面倒みられてるのよ?」

紬「なんだか意外」

澪「いや、たまに垣間見えるだろ」

律「うん」

紬「でも学校生活では結構しっかりしてるんじゃない?」

澪「この間の中間テストも乗り切ったらしいし」

律「部活でもたまに助けられてるし」

和「まぁ…中学ぐらいから多少マシになったわね」チラッ


唯「」


和「本当に多少ね」


6