キンコンカンコン


ガチャッ

律「お待たせー!」

紬「あ、りっちゃん」

澪「何してたんだ?」

律「ちょっとなー」

澪「…?」


ベーンッ

唯「…違うかな」


律「唯は練習中か?」

澪「新しい和音の研究らしい」

律「基礎練習しろよっ」


ジャーンキィイィイィンズダダダダダカダドドン…

ベーンッダガドンッ


紬「今のよかったんじゃない?」

律「私が本気を出せばこんなもんよっ」

澪「だな、今の演奏は走ってなかったし」

律「いつもそうしろ、って声が聞こえる」

澪「わかってるなら直せ」

ムグググググ

唯「まぁまぁ二人共…」

紬「すぐこうなっちゃうのよね」


唯「いつも遠慮のない会話なんだよね」

紬「ケンカする程仲がいいっていう見本ね」

律「そうなんだよ! 仲がいいんだよ!」
唯「うわっ!? びっくりした…」


律「ムギはともかく、唯はまだ遠慮がある」

澪「そりゃ…男女だし、遠慮ぐらい普通…」

律「ていっ」ピシッ

澪「あいたっ」


律「ギターに興味を持って没頭するのもいい。…だが私達はチーム、音楽以外でも仲間意識を育むべきだ」


紬「りっちゃんがもっともらしい事を言ってる…」

澪「ここまでは建て前、本音はこれからだぞ」


唯「それじゃあ、俺はどうすれば?」

律「安心しろ平沢隊員、私がステージを用意した」



律「合宿をやるぞー!!」



唯「えっ」


澪「合宿…?」

律「そ、同じ釜の飯を食って友愛を深めるのだ」

紬「もしかして、お泊まり会?」

律「お泊まり会じゃない! 合宿だ合宿! 確かに泊まり有りだけど練習もするんだぞ!」

唯「泊まり!?」

律「逃げちゃ駄・目・よ、唯ちゅわん」

澪「それで遅れて来たのか…ッ」

律「ふふーん」つ【許可証】


律「皆の者、決戦は今週末土日だ! 遅れを取るな!」

紬「おー!」

澪「男の人とお泊まり…」プシューッ

唯「ンンッ あの、隊長殿」

律「なんだね、平沢隊員」

唯「合宿ってやっぱり学校の構内でやるんですか?」

律「バカモノ! 合宿といえば山に海に大自然の…」


律「自然の…」


唯澪紬「…?」

澪「で、結局海なの?山なの?」

紬「海?」

唯「山?」

律「え、えと…」



律「ムギの別荘!」

唯「別荘!?」

澪「律、考えてなかったなら正直に言うんだ。それに、いくらムギでも別荘までは流石に」

紬「いいけど、どの別荘?」

澪「あるの!?」

律「しかも複数!?」



憂「合宿?」

唯「そう、軽音部の合宿」モグモグ

憂「へー、何人ぐらい参加するの?」

唯「4人」パクパク

憂「そっかあ」

唯「寂しい?」

憂「そ、そんなことないよっ たった2日だし」

唯「バレバレだぞ、マイシスター」

憂「…お兄ちゃんは何でもお見通しなんだね」フッ

唯「コロッケが真っ黒になるまでソースかけてたらそりゃ分かるわ」


澪「どうしよう…男子と合宿とか恥ずかしいよ」

澪「律の事だから唯も同じ部屋で寝る事になるだろうし…」

澪「うう…」


ベビベビベイビベイビベイビベイベ


澪「律からメールだ…」



件名:non title
本文:ハレンチ女子高生



澪「律ーッッッ!!!!」




ディーアゴスティーニッ

律「澪、返信速すぎ」ププッ

律「これは楽しい合宿になりそうだな」パタン





律「前髪…下ろして集合場所行こうかな」


紬「佐々木! 今週末の予定の変更は済んだ!?」

「二件程日程調整が…」

紬「再来月まで待たせなさい!」

「お嬢様! Bランクまでの別荘は予定が…」

紬「優先度の低い予定をCに落として確保なさい!」

「清掃業者を入れる件はいかがしますか?」

紬「40秒で手配なさい!」

パラパーッパッパッパッパッパッパッパッパラパーッ

紬「りっちゃんからメールだー」

「お嬢様」

紬「佐々木ッ! 後になさい!」


週末

澪「お、ムギ」

紬「おはよう、澪ちゃん」

澪「早いな、まだ10分前なのに」

紬「そういう澪ちゃんだってー」

澪「実は緊張であまり寝れなかったんだ」

紬「私も楽しみであまり眠れなかったわー」

澪(…ハイになってるのかな、会話が微妙にずれてる)

紬「?」ニコニコ


律「おっまたせー!」

澪「5分の遅刻だな」

律「待った?」

澪「だから5」

紬「ううん、今来たところなの」

律澪「…」

紬「私、これ一度言ってみたかったのー」

律「さ、さいですか」


憂「お兄ちゃん、今日から合宿何でしょ?」ユサユサ

唯「むにゃ」

憂「集合時間に遅れるよ?」ユサユサ

唯「ぐう」

憂「もーっ …お兄ちゃん、アイスだよー」

唯「…あいす」グイッ

憂「きゃっ」

ボスンッ

唯「…」ギュッ

憂「お、お兄ちゃん…」ドキドキ

唯「…このあいす…ぬるい」

憂「!」


バチンッ


唯「ありがとう憂、おかげでギリギリ間に合いそうだよ」

憂「本っっっっっ当にごめんなさい!」

唯「俺は感謝してるんだから、気にしない気にしない」

唯「じゃ、留守をよろしく」


憂「…」

憂「いってらっしゃーい!」



紬「唯君、遅いわね」

澪「寝坊か?」

律「携帯出ないし…何してんだ!?」



唯「みんなー!!」タタタタッ


律「唯!」

澪「…なんか顔腫れてるな」

紬「今朝、何があったのかしら」



唯「間に合ったぁ」ヘター

律「正直ヒヤヒヤしたぞ」

紬「でも間に合ってよかったわね」

澪「しかし、その顔といい遅刻といい、今朝何があったんだ?」

唯「いやー、ちょっと寝坊してしまって」

澪「それは分かるけど、顔と何か関係あるのか?」

唯「ああ、妹がビンタで起こしてくれてね」

律「どんな妹だ」


紬「…」コクリコクリ

律「ムギの奴、寝ちまったぞ」

澪「興奮して眠れなかったらしいからな」

律「ふっふっふっ」ウイーッ

澪「寝顔を撮るのはかわいそうじゃないか」ニヤニヤ

律「記念記念」ニヤニヤ


律「寄りかかられた平沢唯さん、感想を一言」

唯「すごく…いい匂いです」


パシャッ


紬「ごめんなさい、あまり寝てなくて」

唯「いいって」

(いい香りだったし…)
律V

唯「変なモノローグ入れないでくれ…」

律「唯が言ったんだろー」

唯「ばっ! あれは俺の類い希なるサービス精神が…」

紬「匂い…気に入らなかった?」

唯「! …いや、いい匂いでした」

紬「よかったー! この香水、控えめなんだけど男の人は気になっちゃうかなって心配してて…」


澪「ムギの方が何枚も上手だな」

律「そだな」


紬「ここがウチの別荘」

律「でっけー!?」

紬「ごめんなさい、もう少し大きいのを用意したかったんだけど…」

澪「まだ大きいのがあるのか…」

律「ウチより余裕でデカいぞ…」

唯「次元が違いすぎる…」

紬「みんなー、はやくはやく!」

唯「到着ー」

澪「一息ついたら早速」

律「海行くぞー!!」バッ

澪「練習だよ! 水着になるな!」

紬「私もー」バッ

澪「ムギまで…。唯もいるんだから少しは」

唯「呼んだ?」バッ

澪「お前まで水着になるなぁぁぁ!?」

唯「ごめん、海を見たら嬉しくてつい…」

律「澪ー、いつまで照れてんだよ」

澪「だって…あんな近距離で……」ブツブツ

律「まーた始まったよ」

紬「どうする?りっちゃん」

律「…よし、雨の港作戦だ」

律紬唯「…」

唯「もしかして天の岩戸作戦?」

律「そう、たぶんそれ」

律「外で楽しそうに遊んでいれば、寂しがり屋の澪は必ず出てくる」

紬「澪ちゃんの性格を熟知したりっちゃんならではの作戦ねっ」

唯「結構ポピュラーだし、単にはやく遊びたいだけのようn」ムグッ

律「早速作戦開始だ!」



一時間後

律「あー泳いだ泳いだ」

グーッ

律「あ」グーッ

紬「もうお昼だし、ご飯にしましょ」

律「賛成ー!」



紬「そういえば、澪ちゃんって来た?」

律「わ、忘れておっあ!?」




ドゥンドゥンドゥドゥッドゥードゥドゥーッ

澪「…ふう」


唯「やっぱり澪は上手いなぁ」


澪「!」

唯「よくそんな滑らかに指動くよなぁ」ベーベッベィン

唯「うっ」ベッベィッ

唯「この」ベインッッ

唯「…コツを教えて下さい」

澪「唯…」


ドゥドゥドゥドゥーンッ
ジャガジャガジャッジャーンッ

澪「うん、そんな感じ」

唯「本当! ありがとう」

澪「唯は飲み込み早いし、すぐ上手くなるよ」

唯「いやー、照れるな」



澪「遊びに行かなかったの?」

唯「行ったよ、行ったけど楽しくなかった」


唯「なんてーのかな…、枠が四つあって、三つは楽しいで埋まってる」

唯「でも一つは空っぽなんだ。一個でも欠けたら最高に楽しめない、つまんないんだ」

唯「だからこっち来ちまった」


澪「…でも、私とじゃ2つ空っぽなんじゃ」

ジャカッ

唯「この秘密特訓は加点法です。減点法は採用していませんっ」ジャカジャンッ

澪「…」ポカーン


4