――――――――――――――――――――

律「女子の風呂ってのはどうしてああ長いのか…」ヌギヌギ

律「おかげで寝ちまって入れなかったじゃねーか…」

ガラッ

律「おわっ広っ…さすがムギの別荘」チャプ

律「これだけ広いと独り占めするのも申し訳ないな~……」

唯「………」

律「………」

律唯「…………」

律「うわああああああああああっ!?ひっひひひ平沢!?」

唯「り、りっくん!?な、なんで…む、むこう向いててぇ!//」

律「す、すまん…って、なんでこんな時間に風呂入ってるんだよ!」

唯「な、なんだか寝付けなくて…」

唯(ほんと、なんでなんだろう)

唯(りっくんと一緒にいるって考えたら全然眠れないや…)

律「ほ、ほんとすまん…すぐ出てくから…って」チラリ

律(…ひ、平沢の濡れた髪…うなじ…)ゴクリ

唯「り、りっくん?」

律(…息子が)

澪『律~?唯どこいったか知らないか~?』

律「!?」バシャ

唯「み、みおちゃ…!?」ハッ

澪『ゆ、唯の声!?唯、中にいるのか?』

律(やばいやばいやばいやばい!!!)ガクガク

唯(ど、どうしようりっくん!!)ヒソヒソ

澪『唯、空けるぞ!』

ガラッ

唯「……」

澪「あれ…唯だけ…?」

唯「ど、どうしたの澪ちゃん」

澪「律が風呂に入るっていってたんだけど…」

唯「わ、私が入ってたから多分やめたんじゃないかな?」

澪「そ、そうか…」

澪「唯は見つかったし、ムギを起こしにいこうかな…」

唯「う、うん、そうしなよ!」

澪「それにしても律はどこに行ったんだ…」ピシャッ


…………ザバァ


律「っぷはぁ!!息が続かなくて死ぬかと思った!!」

唯「あ、危なかったあ…」ホー

律「澪に見つかってたら殴られるどころじゃすまなかったぜ…」

唯「り、りっくん近いよぉ…///」

律「あ、わ、わりー!すぐ出るから!!」バシャバシャ

唯「……はぁ//」

唯(私、今すっごく顔赤いよぉ…///)


――――――――――――――――――――

~数日後~

ジャランッジャランッ

唯「あ痛っ!」

律「どーしたー?」

唯「指の皮むけちった…」シクシク

澪「見えない聞こえない見えない聞こえない」ガクブルガクブル

律「だ、大丈夫かよ、待ってろ、絆創膏もってくる!」ダッ

唯「えっ、りっくん…」

律「ちょっと待ってろー!すぐ戻ってくるからなー!」ダダダダダ

唯「う、うん…」

澪「……」

唯「りっくんどこまで行っちゃったんだろう…」

澪「…なあ、唯」

唯「なあに~?澪ちゃん」

澪「律のこと、どう思う?」

唯「ふぇっ!?ど、どうって…?」

澪「好きとか、嫌いとか…」

唯「す、好きだよ!澪ちゃんもムギちゃんも!」

澪「…そ、そうか…」

唯「…でも、りっくんのはなんか違うかも…」

澪「……え……?」

唯「澪ちゃんやムギちゃんといるときはすごく楽しいよ」

唯「でも、りっくんはちょっと違うんだ」

澪「違う?」

唯「最近、りっくんと一緒にいるとドキドキするんだよぉ」

唯「それでね、りっくんがいなくなると急にせつなくなるの」

澪「唯……」

澪(やっぱり、唯は律のこと……)

唯「なんでだろ~?澪ちゃ~ん」

澪「ええぇぇぇえええええ!!?」

唯「こんなことはじめてだから全然わかんないよぉ」

澪(こ、これが天然の恐ろしさ…)

ガラッ

唯「あ、ムギちゃん!どこ行ってたのぉ?」

紬「学園祭のステージを借りるための申請にいってたんだけど…」

澪「お疲れ、ムギ。それで、どうだったんだ?」

紬「軽音部はまだちゃんとした部として認められてないって断られちゃった…」

唯澪「…へ!?」

唯「部員が4人集まってれば大丈夫じゃなかったのぉ…?」

紬「そのはずなんだけれど…」

澪「と、とにかくどうして認められないのか聞きに行こう!」

――――――――――――――――――――

ガラッ

唯「たのもぅ!」

澪「変な入り方するな!」

和「あれ?唯?」

唯「へ?和くん!なんでここにぃ?」

和「なんでって…生徒会だからだけど?」

澪「唯…、こ、この人は…?」オトコノヒトコワイ…

澪「じゃあ、和くんと唯は幼なじみなんだ…」

唯「そうだよぉ」

和「家が近所だからよく家族ぐるみで交流があってね」

和「まあ、唯は妹みたいな感じかな」

唯「ぶ~、生まれたのは私のほうが早いよ!」フンス

澪「あはは、仲いいんだな」

澪(まるで、本当の兄妹みたいだ…)

澪(私と律も、こんなふうになれたらよかったのにな…)

和「う~ん…やっぱりリストには載ってないなあ」

唯「そんなぁ…」

和「…もしかして、部活申請用紙が出てないんじゃないかな?」

紬「部活申請用紙?」

澪「あれは確か律が書いてたはず…ってことは」

ガラッ

律「平沢あぁぁぁああ!絆創膏もってきたぞぉぉぉ!!」

澪「お前のせいかぁああああ!」ゴチンッ

律「ぶべらっ!!」ドサッ


和「…なんていうか、軽音部って唯にぴったりだと思うよ…」

唯「ふえ?」

律「あれ?真鍋!?」

和「やあ田井中、キミ軽音部なんだってね」

律「なんで真鍋が知ってるんだ?」

唯「私が教えたんだよぉ~」

律「んヴぇ!?」


律「唯と真鍋が幼なじみ………!?」

唯「そうだよ~」

和「相当驚いてるね」

律(平沢…まさか真鍋のことが好きだとか…?)ゴクリ

律(ま、まさかね~…)

和「…しょうがないな」

和「僕がなんとかしてあげるよ」

唯澪紬「本当っ!?」

唯「ありがと~和く~ん!」ダキッ

律「!?」


澪「ゆ、唯!なに和くんに抱きついてるんだ!」

和「唯、くるしい」

唯「あっ!ごめんねぇ、つい癖で」

律(癖!?癖がつくほど普段から抱きついてるってこと!?)

律「嘘だろ……」ズーン

紬「どうしたの?りっくん」

律(なんだよ…はじめっから勝ち目無かったのか……)

紬「りっくん?」

律(そりゃそうだよな……。真鍋のやつ、頭いいし、顔も悪くないし)

律(やっぱり俺なんかじゃ釣り合わないよなぁ…)

和「軽音部…っと。で、顧問は?」

唯澪紬「こもん?」

和「…キミ達って…」

――――――――――――――――――――

唯「山中先生~!」

さわ子「あら、平沢さん。どうしたの?」

唯「軽音部の」

澪紬「顧問になってください!」ニュッ

さわ「ごめんなさい、なってあげたいのはやまやまだけど」

さわ「私、吹奏楽部の顧問してるから、掛け持ちは……」ハッ

律「な、なんすか…」

さわ「………」

さわ(いい男………)

――――――――――――――――――――

ジャンジャンジャンジャンジャーン…

澪「…って感じのオリジナルなんですけど…どうですか?」

さわ「…そうねえ…いろいろ気になることはあるけれど…」

さわ「とりあえず、ボーカルはいないの?」

律唯澪紬「……あ」

さわ「…じゃあ、歌詞もまだとか…?」

澪(う~ん、歌詞か…)

――――――――――――――――――――

~翌日~

律「歌詞ができたぁ!?」

澪「あ、ああ…」

唯「見せて見せて~!」

澪「え、も、もう!?」

紬「私も見たいわ~」

澪「で、でも…恥ずかしいし…//」モジモジ

律「じれってええぇぇぇ!!」バシッ

澪「あ、あああああ!///」

君を見てるといつもハート DOKI☆DOKI

揺れる思いはマシュマロみたいに ふわ ふわ(ハート

律さわ「せ、背中がかゆいぃぃぃ…!」

澪「私としては、いいかんじに書けたと思うんだけど…」モジモジ

律「う…」

澪「やっぱり、ダメかな…」

律(そ、そんな瞳で見つめられるとおおおお)

律「い、いいんじゃないかな!?ね、さわちゃん!」

さわ「え!?え、ええ…そ、そうね!ちょっとイメージと違ったけれど!」

唯「すごくいいよぉ…」キラキラ

紬「ほおおおお…」ウットリ

律「じゃ、じゃあこの歌詞でいくか…」

唯「おお~」パチパチ

紬「よかったわね、澪ちゃん」

澪「う、うん…」

律「じゃあ澪がボーカルな~」

澪「む、無理無理無理!こんな恥ずかしい歌詞なんか歌えないよぉ!」

律「おい作詞者」

さわ「秋山さんがダメとなると…」

唯「はい!私歌いたいです!」

律「おお、じゃあとりあえず歌ってもらいますか!」


――――――――――――――――――――

唯「ギターを弾きながら歌が歌えない…」シクシク

律「ダメじゃん…」

さわ「仕方ないわねぇ、先生が特訓してあげる」

唯「せ、先生…!」

さわ「振り落とされないようについてきな!」ダダダダ

唯「ラジャー!!」ダダダダ

澪「唯、大丈夫かな…」

紬「心配だわ…」


――――――――――――――――――――

唯「りっくーん」

律「おー、どした平沢~?」

唯「いっしょに帰ろうよぉ」

律「そうだな、今日はみんな用事があるみたいだし、先帰ろうぜ」

唯「うん!」

律「さわちゃんとの特訓はどうなんだ?」

唯「うん、あれから毎日放課後に猛練習してるよ!」

律「そうか~、期待してるぜ~?」

唯「まかせてよ!」フンス

律「歯ギター」

唯「それは習ってないよぉ!」

律「あははははっ」


テクテク

律「…なあ、唯」

唯「なあに?」

律「真鍋と付き合ってんの?」

唯「ふぇっ!?ど、どうして?」

律「…この前さ、真鍋に抱きついてたじゃん」

唯「う、うん」

律「あれ見たときさ、なんか唯と真鍋がすごい仲良さそうに見えて」

律「二人がすごいお似合いに見えたんだよなぁ」

唯「りっくん…」

律「だからさ、二人がもし付き合ってるんなら、隠さないで教えてくれよ」

唯「…」

律「ほら、俺達って会う機会多いだろ?もしそうなら、真鍋に遠慮しなきゃって思って」

唯「………」

唯「りっくん、私と和くんは小さいときからいっしょで、兄妹みたいなものなんだ」

律「…うん」

唯「だから、抱きつくのはスキンシップみたいなもので、恋愛とかそういうのじゃないんだよぉ」

律「…そうなのか……。ごめん、変な勘違いしちゃって……」

唯「だからね、りっくんは遠慮なんかすることないんだよ」


ギュッ


律「……え……」

律(平沢に………抱きつかれた……?)


律「ひ、ひひひひひらひゃわっ!?」

唯「和くんの次は、りっくんに抱きついてあげる…///」ギュ

唯「りっくんも、和くんと同じくらい、私にとって大切な人だから…」

唯(……ううん、本当はそれ以上だよ)

唯(自分の気持ちに気付いちゃったから………)



唯(―――――私、りっくんのことが好きなんだ)


律「………唯………」

唯「!?り、りっくん…!?///」カアア

律「あっ違、ご、ごめんなんかつい!//」

唯「い、いいよ……」ギュッ

律「え……?」

唯「唯で………いいよ………///」

律「……うん………」


――――――――――――――――――――

4