――――――――――――――――――――

~試験までのこり数日~

唯「澪ちゃん助けてぇぇぇ!!」

澪「ふぇっ!?勉強してきたんじゃないのぉ!?」

唯「できなかったぁ…」グスグス

紬「合格点が取れなかったら軽音部は廃部…」

唯「それだけは絶対イヤだよぉ!」

澪「…よし、今晩特訓だ!」

――――――――――――――――――――

唯「今日はお父さんもお母さんもいないから気兼ねしなくていいよ~」

澪「あれ?妹がいるっていってなかったか?」

唯「うん、憂だったら帰ってきてると思う」

紬「それだとお邪魔にならないかしら?」

唯「大丈夫だよぉ~」

律「大丈夫じゃねええええ!なんで俺までついて行くことになってんの!?」ズルズル

澪「当たり前だろ、軽音部の仲間の危機なんだからな」

律「平沢ぁぁ!俺は男だからなぁぁぁ!」ズルズル

唯「知ってるよ~?」

律「そういうことじゃねーーー!」ズルズル

唯「みんな、あがってあがって!」

澪紬「お邪魔しまーす」

律「…マース」ドヨーン

憂「お姉ちゃんおかえり~、あれ?おともだ…」

憂「……」

唯「ういー、どうしたのぉ」

憂「…はじめまして、妹の憂です。姉がお世話になってます」

紬「あらあら~」

澪「できた子だー…!」

律(なんでこっち睨んでるのこのコ!?)



~唯の部屋~

憂「みなさん、よかったらお茶どうぞ」

澪「あ、ありがとう」

紬「憂ちゃんは今何年生なの?」

憂「中三です」

律「受験生だな!」

憂「…」

律(無視された!?俺なにかしたか!?)

澪「どこ受けるか、もう決めてるの?」

憂「絶対桜ヶ丘にいきます」

紬「すごい自信ねぇ~」

憂(お姉ちゃんに変な虫が付かないように見張ってなくちゃ…)ジロリ

律(なんだろう、視線が痛い…)ダクダク

唯「おいでおいでぇ~」

澪「じゃあ教科書20ページから、この式を――」

唯「ふむふむ」

律「……」

律(暇だな…)

――――――――――――――――――――

唯「だめだぁ~集中力が続かなひぃ~」

澪「おいおい、まだ始めて30分しか…」

律「…すぅ…」zzZ

澪「ね、寝てるし…」

――――――――――――――――――――

唯「できたぁ!」

澪「これだけ解けたら大丈夫だろ」

紬「これで追試もばっちりね♪」

唯「ありがと~澪ちゃんムギちゃん!」

紬「それじゃあ私達はそろそろ…」

澪「あれ?律は?」

律「…すぴー」

澪「まだ寝てる…って唯のベッドでなにしてんだ!」

紬「りっくん帰るわよ~?」

律「…ぐが…」

澪「おい、律!」ユサユサ

律「…ぬ…」Zzz

紬「熟睡しちゃってるわね…」

唯「私があとで起こしておくよぉ」

澪「ん…じゃあ頼む」

澪(律のことだし変な気は起こさないだろう…)

紬「お邪魔しました~」

唯「澪ちゃんムギちゃん、ホントにありがと~!」

律「むぎゅ…」スピー

唯「こうしてみてるとホントに女の子みたい」

唯「…」ツンツン

律「…むぅぅ…」

唯「あははは」ツンツン

唯「……りっくん、ありがとうね」

唯「りっくんが背中を押してくれたから、私は軽音部にいるんだよ」

唯「りっくんがいなかったら、みんなとここまで仲良くなれなかったよ」

唯「ほんとうに、ありがとう」

唯「私、絶対に合格してみせるからね」

律「…すー…」zzz

律「……ん」ガバッ

唯「え?」

ドサッ

唯(え、ええええええ)

唯(りっくんに、抱きつかれた)

唯「り、りっくん、重たいよ…///」

律「…んが…」

唯「か、顔が近いよぉ…///」

唯「り、りっくぅん……///」

ガチャッ

憂「お姉ちゃーん、みんなもう帰っちゃっ……」

唯「う、憂!こ、これはね、違うんだよぉ」

憂「…おねえちゃん」

憂「彼氏ができたならそういってくれればいいのに…」ポロポロ

唯「え?う、憂、違」

憂「私、出かけてくるね」

唯「う、うい

バタン

唯「……」

律「…んも…」スピー


――――――――――――――――――――

澪「唯、試験大丈夫かな…」

律「大丈夫なんじゃねーのー」ポリポリ

澪「もっと心配しろぉ!」

紬「あれだけ勉強したんだもの、きっと大丈夫よ」

律(あの後、なぜか平沢にビンタで起こされたんだよな…)

~数日後~

ガラッ

唯「……」

澪「ゆ、唯、試験どうだった…?」

唯「…どうしよう澪ちゃん…」

律「だ、ダメだったのか…?」

唯「ひゃ、ひゃくてん取っちゃった…」

律澪紬「「「すごぉ!?」」」

澪「でもよかったぁ、とりあえずこれで一段落だな」

唯「みんなのおかげだよぉ、本当にありがとぉ」

律「いやぁ、それほどでもぉ!」

澪「お前はなにもしていなぁい!!」

唯「ぅぅ~…」ジト

律「な、なんで俺を睨むんですか平沢さん…」

唯(なんか、りっくんといるとドキドキするよぉ…//)


――――――――――――――――――――


澪「合宿をします!」

唯「がっしゅく?」

澪「そう、もうすぐ夏休みだし」

律「海か~?山か~?」

澪「遊びに行くんじゃありません!バンドの強化合宿!」

律「え~、練習ぅ~?」

澪「夏休みが終わったらもうすぐ学園祭でしょぉ!?」

紬「学園祭…」

澪「このままじゃあ学園祭でライブなんてできないぞ!」

律「でも泊まる場所とか、お金とかどうすんだ?」

唯「お金はあんまり持ってないよぉ…」

澪「う…」

紬「それならうちの別荘を使ったらどうかしら~」

律「別荘!?そんなもんあるの!?」

澪「ムギのうちって一体…」

唯「がっしゅく♪がっしゅくぅ~♪」

――――――――――――――――――――


憂「お姉ちゃん、朝だよ起きて~」

唯「ぅうん、もうちょっとぉ…」

憂「しょうがないなぁ…あれ?」

憂「お姉ちゃん、今日どこか出かけるの?この荷物…」

唯「はっ!?」ガバッ
唯「あぶないあぶない、今日は軽音部の合宿の日だったよぉ」イソイソ

憂「…え」

唯「あやうく寝坊するところだった…どうしたの憂?」

憂「だ、ダメーーーーーーーーーー!!」

――――――――――――――――――――

唯「なんとか間に合ったよぉ~…」

律「あれだけ寝坊するなっていったのになぁ~?」

唯「寝坊したわけじゃないよぉ、ただ憂が行かせてくれなくて」プンプン

澪「憂ちゃんが?なんで?」

唯「さあ~?誤解は解けたハズなんだけどなぁ」

律「ごかい?」

唯「な、なんでもないよっ//」

紬「……」スピー

――――――――――――――――――――

律「でっけぇ~…」

澪「これがムギの別荘…」

紬「ごめんなさい、一番小さいところしか借りられなかったの…」

律「これで一番小さいのかよ!」

唯「中も広いねぇ~!」

律「よーし、中を探索だ唯隊員!」ダダダダ

唯「アイアイサー!」ダダダダ

澪「お、おい律!唯!」

紬「うふふ…」

澪「まったく、遊びにきたんじゃないってのに…」

唯「ねえねえ、泳ぎに行こうよりっくん!」

律「え?いや、いいよ。澪達と泳いでこいって」

唯「えぇ~?どうしてぇ?」

律「軽音部の練習だっていうから来たけど、女子の中に男が一人いても邪魔なだけだろ?」

律「俺は中でゲームでもしてるからさ、三人で泳ぎに…」

唯「だめだよそんなの!」

唯「りっくんは軽音部のメンバーだけど、その前に私達の仲間だもん!」

唯「りっくんがいないとみんなだって楽しくないよ」

律「平沢…」

律「そうだよな…遠慮するなんて、ちょっと俺らしくなかったよな!」

唯「そうだよぉ、りっくんはいつでもずうずうしくないとダメだよ!」

律「どーいう意味だよそれぇ~!」グリグリ

唯「痛い痛い!痛いよりっく~ん!」グリグリ

律「あはは…」

唯「えへへへ…」

律「よーし、泳ぐぞぉー!」

唯「おおーーー!」

唯(りっくんがいないと、みんなと遊んでてもさみしいんだもん……)

唯(なんでだろう、わかんないよぉ…)


律「澪!ムギ!あっそぶぞぉーーーい!!」

唯「おぅいえーーーい!!」

――――――――――――――――――――

律「あぁ、腹いっぱい…」

唯「床がつめたくてきもちいぃ…」

唯「こうやって目を閉じると、なんか波に流されてるみたいな気がするよねぇ…」

律「ぉ、ほんとだ…」

律唯「おやすみなさーい…」

澪「練習始めるぞー!!」



唯「もうギターもてなーい」

澪「えぇ!?」

唯「だって重たいんだもーん」

唯「ごろごろー」

律「ごろごろー」

紬「汚れちゃうわよ~」

澪「だから軽いの選べって言ったのに…」

澪「そんなんで学園祭どうするつもりだよぉー」

律「メイド喫茶でもやりゃいいだろ~?」

澪「なんでメイド喫茶なんだよ…」

律「わかってないな~澪は~、メイドは男のロマンなんだよ」

澪「なんだよそれ…」

律「それに澪、メイド服似合いそうだしな~」

澪「な、なに言い出すんだ!///」

唯「う~ん澪ちゃんのメイド姿か~」

律唯「「いいね~」」

澪「や、やめろぉ!!///」

唯「ほへー、まさか露天風呂まであるとはねぇ~」チャポチャポ

紬「今日はほんとに楽しかったわ~」

澪「…うん」

澪「学園祭があるからって、焦ったり、必死になったり」

澪「でも、そんなに心配すること無かったのかもな…」

唯「そうだよぉ~」

アハハハハ…

律「長い…」


律「…」ウトウト

澪「あれ、律」

律「澪、風呂空いたか…?」

澪「なにいってんだ、もう朝だぞ」

律「え、ええぇぇぇ…」

フラフラ…

澪「どこいくんだ?」

律「汗かいたし…今からでも入ってくる…」フラフラ

澪「まったく…」

ガチャ

澪「唯ー、朝だぞー…」

澪「あれ、いない…?」


3