Ela desatinou_1968


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ela desatinou 正気を失った女性
Chico Buarque/1968


Ela desatinou
Viu chegar quarta-feira
Acabar brincadeira
Bandeiras se desmanchando
E ela inda está sambando
彼女は正気じゃなかった
水曜がきて
遊びが終わったのを見て
旗は引き裂かれ
そして彼女はまだサンバを踊っている

Ela desatinou
Viu morrer alegrias
Rasgar fantasias
Os dias sem sol raiando
E ela inda está sambando
彼女は正気じゃなかった
喜びが死ぬのを見て
衣装が外されるのを見て
照らす太陽がない日々に
彼女はまだサンバを踊っている

Ela não vê que toda gente
Já está sofrendo normalmente
Toda cidade anda esquecida
Da falsa vida da avenida onde
彼女は全員が
もういつも通りに苦しんでいるのを見ていない
街中が忘れて過ごしている
大通りの偽りの人生を

Ela desatinou
Viu morrer alegrias
Rasgar fantasias
Os dias sem sol raiando
E ela inda está sambando
(そしてその大通りで)
彼女は正気じゃなかった
喜びが死ぬのを見て
衣装が外されるのを見て
照らす太陽がない日々に
彼女はまだサンバを踊っている

Quem não inveja a infeliz
Feliz no seu mundo de cetim
Assim debochando
Da dor, do pecado
Do tempo perdido
Do jogo acabado
誰があわれな彼女を妬まないというんだ
レースでできた自分の世界で幸福な彼女を。
こうやってからかうんだ
苦しさや、罪や
あらかじめ失われた時間や
あらかじめ結果の決まった試合を。