※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 2288暦の我がFCケルクホフ軍は、土曜交換にて猛将カラバッジォを獲得せり。軍神ロナウディーノの後のOHとしての活躍が見込まれども、FW交換が不発なれば、軍の打撃力は甚だあいなし。加えてはじめの3ゲエムでは得失点がマイナス10と、軍の進退はいかならむと思へし。
 されど、16節より援軍エフチェンコ将軍が到着せん。これにより勢ひを得た軍は降格戦線をたちまちのうちに突破したり。

将帥Mフィルマーニ監督評価3.47 
戦術:攻撃的→守備的 12勝12敗6分け 得点50失点52

ベルフラワーA・ティーム順位:6位


ポジシヲン 名前 期数 試合数 得点数 得点補助数 黄紙 赤紙 評価点 備考
LFW→OH カラバッジォ 2 30 12 8 1 0 2.50 OH固定後は安定※
LFW エフチェンコ 1 15 12 2 0 0 2.80 めざまし得点数なり
RFW バティス 1 30 10 10 3 0 2.70 よしなり
OH ロナウディーノ 7 15 4 4 0 0 2.60 幸くませ我が軍神
LWB ターヒュッツ 5 30 0 2 3 1 2.63 帳尻評価点なり
LDH ヒューズ 8 30 0 9 2 0 3.00 結果としてはよきなり
RDH ガルシア 6 30 1 5 0 0 2.73 よしなり
RWB カヌー 2 30 7 1 2 0 2.97 よしなり
LCB サントス 2 30 3 3 0 0 2.63 よしなり
CB ロスタ 3 30 0 0 1 2 2.77 よしなり
RCB ゴドフロア 6 30 1 1 2 0 2.47 ファツクユー大賞おめでたふ
GK ゲアトルーヅ 5 30 0 0 0 0 3.10 よしなり

カラバッジォは15節までLFWで、評価点は2.10
PKエフチェンコ、FKカラバッジォ、CKカラバッジォ