※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 2261暦の我が「FCケルクホフ」軍は、ガリアーノ・ルドルフ・ブラグスタッドなど、直近の補強ではなきなれど、将来の維持に欠かせぬ人材が集ひひぬ。「之を喜ばずとして何をか謂ふべき」と戦前の鼻息は甚だ荒きものがあつた。されど前期に引き続きヨハネスが過度の大叩き。将来の心配は大きなものはなかれども、我に怒りを抑へる術無し。

将帥J・フィルマーニ監督評価3.13  戦術:攻撃的
12勝10敗8分け 得点49失点48

ティーム順位:8位
ポジシヲン 名前 期数 試合数 得点数 得点補助数 黄紙 赤紙 評価点 備考
LFW ヨハネス 3 23 14 4 1 0 2.10 2週連続ファツクユー大賞戴冠
RFW バティス 3 30 9 9 1 0 2.90 めでたしなり
OH ロナウディーノ 3 30 17 16 1 0 3.63 軍神ここにあり
LWB エンヴェド 6 0 1 1 0 0 2.90 よしなり
LDH カルデロン 4 30 4 9 0 0 2.60 よしなり
RDH ターヒュッツ 5 5 1 0 1 0 3.60 よしなり
RDH マテレレ 1 25 0 1 2 0 2.64 よしなり
RWB 藤枝 4 30 3 1 1 0 2.10 最悪と謂ふ他なきなり
LCB マンチーニ 2 30 1 2 0 0 3.17 かしこしなり
CB ヒメネス 3 30 0 0 3 0 3.23 よしなり
RCB ギード 4 30 1 0 0 0 3.00 かしこしなり
GK ルイージ 7 30 0 0 5 0 3.53 いとかしこしなり