二項分布


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

二項分布(BinomialDistribution)

N個の2値データ集合のうち、真となる元の数mの確率分布。2値の出現確率\muと元の総数Nによって分布構造が決まる。

確率密度関数(確率質量関数)

{n\choose k}\mu^m(1-\mu)^{N-m}

実装例

言語

Python 2.6 + scipy + matplotlib

ソース


結果

  • グラフ
wikipedeaの例と同じ(色は違う)。
青:\mu=0.5 , N=20
赤:\mu=0.7 , N=20
緑:\mu=0.5 , N=40
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル


統計・機械学習


計算機


プログラミング



Raspberry Pi


その他



工事中


関係ない話題


管理者用



プロフィール

但馬慶行
(TAJIMA Yoshiyuki)

機械学習とロボットを趣味で勉強中。
連絡先はトップページ